【10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

W台北(W Taipei)宿泊記:SPGアメックスでスイートルームにアップグレード!お部屋レポート

W台北(W Taipei)宿泊記:SPGアメックスでスイートルームにアップグレード!お部屋レポート

今回は「W台北(W Taipei)」の宿泊記をお送りします。「W台北」はスターウッド(SPG)系列のホテルであり、我々は「SPGアメックス」の利用で貯めたスターポイントを利用して、ポイントでの無料宿泊としてこちらのホテルに滞在しました。SPGの「プラチナ会員」としての宿泊になりますので、アップグレードに期待がかかるところだったのですが、なんと、スイートルームへのアップグレードに成功しました。当記事は、「W台北」宿泊記の初回として、場所と行き方、アップグレードの結果、お部屋の様子まで、詳しくご紹介していきたいと思います。

W台北(W Taipei)とは

「W台北(W Taipei)」は世界的なホテルグループである「スターウッド(SPG)」系列のホテルです。ブランドとしては、その名前のとおり「W(ダブリュー)」となります。

Wはスターウッド(SPG)の中ではちょっと異色なブランドで、デザイン性に優れたブティックホテルを展開しています。同じスターウッド(SPG)のブランドである「ウェスティン」や「シェラトン」に比べて、比較的若い世代をターゲットにしています。

ちなみに、ブランド名の「W」由来は「Whatever / Whenever(お望みの物を/お望みの時に)」という経営理念からきているそうです。

日本には「W」のブランドのホテルはありませんが、同じようなコンセプトのブランドとしては、マリオットの「MOXY(モクシー)」があります。MOXYをラグジュアリーにしたものが「W」という印象です。

 

スターウッド(SPG)のホテルはカテゴリーによってそのホテルを格付けしていますが、「W台北」は、上から2つ目の「カテゴリー6」に位置付けられています。

 

W台北(W Taipei):基本情報

W台北(W Taipei)の場所とアクセス

「W台北(W Taipei)」は、台北のビジネスの中心地である「市政府駅」エリアに位置しています。ホテルの周辺には、ビルやデパートなどが立ち並んでいます。また、台北のシンボルである「台北101」にも徒歩でアクセスすることもできます。

最寄り駅はMRTの「市政府駅」となります。「市政府駅」までは徒歩2-3分いうことで、非常にアクセスの良い立地となっています。また、台湾(台北)はタクシー代がとても安いため、荷物が多い場合は、タクシーでのアクセスがオススメです。

<W台北へのアクセス>

  • MRT「市政府駅」:徒歩2-3分
  • タクシー:市内であれば100TWDから200TWD程度

 

「W台北」の周辺地図はこちらになります。

 

ちなみに、台湾旅行の1泊目には「ル メリディアン台北」に宿泊していましたが、「ル メリディアン台北」からは徒歩5分程度の、非常に近い場所になります。ですので、ホテルホッピングするのには便利な立地となっています。

 

W台北(W Taipei)のチェックイン&チェックアウト時間

「W台北(W Taipei)」のチェックイン、およびチェックアウト時間は以下になっています。標準的な時間設定となっています。

<W台北のチェックイン&チェックアウト時間>

  • チェックイン時間:15:00
  • チェックアウト時間:12:00

 

W台北(W Taipei):予約したお部屋とコスト

W台北(W Taipei):利用したポイント数

今回、こちらの「W台北(W Taipei)」には、SPGアメックスのスターポイントを利用して無料宿泊しました。

「W台北(W Taipei)」は、前述のとおり、SPGのカテゴリーでは「カテゴリー6」のホテルになります。無料宿泊に必要なスターポイント数は「20,000ポイント」となります(ピーク時には25,000ポイントが必要ですが、我々の宿泊のタイミングはピークではありませんでした)。

<カテゴリーと無料宿泊に必要なスターポイント数>

カテゴリー無料宿泊に必要なポイント数
13,000
24,000
37,000
410,000
512,000~16,000
620,000~25,000 <=今回利用
730,000~35,000

 

W台北(W Taipei):予約した客室のカテゴリー

予約した客室のカテゴリーは、一番スタンダートである「ワンダフルルーム」となります。

<客室のカテゴリーと無料宿泊に必要なポイント数>

  • ワンダフルルーム:20,000ポイント

 

スターポイントを利用した無料宿泊の場合は、税金等はかかりません。台湾のホテルの場合は、ハワイと違ってリゾートフィーも必要ないため、完全無料で宿泊することができます。

 

スポンサーリンク

W台北(W Taipei)宿泊記:ホテル外観、ロビーの様子

前置きが少々長くなりましたが、ここからは「W台北(W Taipei)」の宿泊記をお送りしたいと思います。まずは、ホテルの外観、ロビーなどの様子をご紹介していきます。

ホテルの外観

「W台北」の外観はこんな感じです。赤のネオンが眩しい、スタイリッシュなデザインのホテルです。

 

「W台北」自体は、こちらのビルの10階から31階までを利用して営業しています。ちなみに、同じビルには「統一時代」というデパートも営業しています。

 

ロビーの様子

ホテルの1階は車寄せになっていて、そこからホテルの中に入ることができます。中に入るとこんな感じで、大型のソファーが並べられたロビーとなっています。とてもおしゃれな雰囲気で、美術館のようです。

 

1階のロビーにあるのはポーター用のデスクのみで、レセプションは10階にあります。ですので、スーツケースなど荷物がある場合は1階で預けて、チェックインのために10階に向かいます。

10階はこんな感じになっています。こちらの写真は夜の様子なのですが、全体的に照明が落とされていて、ノリの良い感じの音楽がかけられています。雰囲気的にはナイトクラブのような感じです。

 

10階の一角には、こちらの写真のようなレセプションがあります。ホテルの規模からすると、こじんまりとしたレセプションです。

 

ちなみに、同じ10階には、ビュッフェレストランと屋外プールが用意されています。別記事で詳しくご紹介しようと思いますが、とってもおしゃれで居心地の良いプールです。

 

W台北(W Taipei)宿泊記:チェックインの様子とアップグレードの結果

スポンサーリンク

チェックインの様子

「W台北」には、クラブラウンジなどはありませんので、どのステータスの会員であろうと、さきほどのレセプションでチェックインすることになります。

今回は夫婦2名での利用となりますが、我々はSPGのプラチナ会員となっていますので、その特典として、客室のアップグレードを受けることができます。ただし、客室のアップグレードは100%保証されたものではなく、当日の空室状況によりけりなので、チェックインの際はいつもドキドキ、緊張します。

 

アップグレードの結果

そして、気になるアップグレード結果はというと、

「ワンダフルルーム」から「ファンタスティックスイート」への大幅アップグレードに成功しました。

ル・メリディアン台北に続き、2連続でのスイートへのアップグレードとなりました。しかも今回は、ジュニアスイートでなく、本当のスイートです。かなりテンションがアップしました(笑)。

そして、これはもちろん、プラチナ会員の特典によるアップグレードですので、コストは発生していません。無料でのアップグレードです。ありがたいことですね。

 

W台北の客室のグレードは以下のようになってます。当初予約から比較すると、5段階のアップグレードということになりました。

<W台北の客室のグレード>

  • ワンダフルルーム <=当初予約
  • ファビュラスルーム
  • スペクタキュラールーム
  • クールコーナールーム
  • マーベラススイート
  • ファンタスティックスイート <=アップグレード結果
  • WOWスイート
  • エクストリームWOWスイート

 

ちょっといやらしいですが、私が宿泊した日付で「ファンタスティックスイート」のお部屋を現金で予約しようとした場合、税込で「19,502TWD」となっていました。日本円では「約72,200円」です。

<全額現金で支払った場合>

  • 客室のカテゴリー:ファンタスティックスイート
  • 必要な現金(税込):19,502TWD(=約72,200円)

 

今回はポイントによる無料宿泊ですので、「約72,200円」の価値がある素晴らしいお部屋に、完全無料で宿泊できてしまったということになります。夢のような気分です。

 

W台北(W Taipei)宿泊記:スイートルームのお部屋レポート

お部屋レポート(スイートルーム):お部屋の全体像

それでは、アップグレードしていただいた「ファンタスティックスイート」のお部屋をご紹介していきたいと思います。

今回アサインされたのは19階のお部屋です。19階の角部屋になります。

 

こちらの客室は、大きくリビングルームと寝室の2部屋構成となっています。入り口を開けると、まずは広々としたリビングルームに出ます。こちらの写真の正面に見える緑のボックスは、ミニバー(Wミックスバーという名前あり)です。

 

リビングルームはこちらの写真のようになっています。6、7人ぐらいが座れそうな、大型のソファーセットが配置されています。照明や壁に飾られたオブジェもおしゃれですね。また、客室の片面全てが窓になっており、非常に明るく開放感のある空間になっています。

 

こちらは、ソファー側から部屋の奥の方を見たものです。正面には52インチの大型の液晶テレビとビジネスデスクがあります。また、ボーズ社の2.1インチサラウンドシステムも完備されています。

 

部屋の奥の方に進んでいくと、寝室に出ます。キングベッドが1ベットの配置となっています。

 

ベッドのサイドデスクには、無料のお水が置かれています。無料のお水は至るところに用意されており、1部屋全部でどれくらいあるのかわからないぐらいです。少なくとも6本以上はあったと思います。

 

ベッドから窓側を見るとこんな感じになります。こちら寝室側にも42インチの大型液晶テレビが用意されています。また、部屋の奥には、バスタブが用意されています。

 

驚くことに、こちらのバスタブと寝室には、何の仕切りもありません。寝室の中にバスタブが用意されているような感じです。かなり、いやらしい作りですね(笑)。

 

ちなみに、こちらのお部屋は夜になるとぐっと大人な雰囲気になります。

 

ランタンをイメージした間接照明が効果的で、高層ビル群の中で客室が漂っているような浮遊感があります。

 

お部屋レポート(スイートルーム):眺望

こちらのお部屋は、客室からの眺望も最高です。ボタン一つで動くシェードを開けると、台北のシンボルである「台北101」を正面に見据えることができます。

 

絶景ですね。

 

夜になると「台北101」もライトアップされ、また違った姿を楽しむことができます。

 

お部屋レポート(スイートルーム):バスルームとアメニティー

続いては、バスルームとアメニティーを、もう少し詳しくご紹介していきます。

バスルームは先ほどご紹介したとおり、寝室の一角に配置されています。ガラスで仕切られたバスルームというのは何度か経験したことがありましたが、バスルームとの仕切りが全くない、というのは初めての経験です。

 

また、シェードを開けるとビューバスになるのは良いのですが、周りのビルからも多分、丸見えです。どこまでも破廉恥な作りのバスルームです(笑)。

 

ちなみに、バスタブ本体にはハンドシャワーが内蔵されていますが、シャワールームも別に用意されています。ただ、こちらのシャワールームもガラス張りなので、外から丸見えです。逃げ場なしです。

 

これだけ部屋が広いのに、シンクは小さめで、かつ、シングルボールです。

 

シンクの周辺には、タオルなどの他に、無料のお水の他、各種アメニティーも用意されています。歯ブラシやドライヤー、カミソリ、ソーイングキットなどもありますね。赤い木のようなオブジェがジュエリースタンドになっていて、とても使い勝手が良かったです。

 

アメニティーは「bliss spa」というブランドのものでした。レモンとハーブの絵が書かれていることからわかるように、非常に爽やかでフレッシュな香り。乳液や化粧水の他、シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュ、石鹸など、必要なものは一通り用意されていました。サイズもかなり大きいです。

 

お部屋レポート(スイートルーム):設備

続いては、客室内の設備を確認していきましょう。こちらは、入り口脇に用意されていたミニバー(Wミックスバー)です。扉を開けると、ネスプレッソのコーヒーメーカーやティーセットの他、洋酒やスナックなども並べられています。

 

下の段には冷蔵庫もあり、中はソフトドリンクやビール、ワインなどでぎっしりです。コーヒーや紅茶などは無料ですが、それ以外は当然ながら有料なので、基本は触らない方が良さそうですね。

 

こちらはクローゼットです。スーツケースも置けるような、かなり大型のクローゼットが用意されています。中には、バスローブの他、アイロンやアイロン台などもあります。なんとアイロンは2種類も用意されていました。こだわりがありますね。

 

下段の引き出しを開けると、金庫(セーフティーボックス)もありました。

 

こちらは、靴べらとシューケアセットなどなど。

 

使い捨てのスリッパの用意もありました。意外としっかりした作りのもので、裏には「W」のマーク付きです。

 

こちらはトイレです。さすがに、トイレにはちゃんと扉がありますので安心です。ちなみに、安心のウォシュレット付きです。

 

スポンサーリンク

お部屋レポート(スイートルーム):ウェルカムギフト

最後に、ウェルカムギフトをご紹介します。こちら「W台北」のウェルカムギフトは、炭酸水とスナックのセットになっていました。炭酸水は見てのとおりの「サンペレグリノ」です。

 

スナックの中身は、「M&M’s」と「ナッツ」となっていました。ウェルカムギフトも「W」のイメージ通り、スタイリッシュな感じですね。

 

SPGおよびマリオットの上級会員(ゴールド、プラチナ)に簡単になる方法

SPGおよびマリオットの上級会員である「ゴールド会員資格」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスは、もれなくSPGおよびマリオットのゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

私の場合は、SPGおよびマリオットの「ゴールド会員」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、SPGおよびマリオットの「プラチナ会員」の資格も獲得しました。

 

プラチナ会員になると、SPGのホテルでもクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになり、また、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まるため、SPGでのホテル宿泊をより楽しむことができます。

 

「プラチナチャレンジ」を利用すると、比較的容易に「プラチナ会員」の資格を獲得することができます。プラチナチャレンジの詳細はこちらをご参照ください。

 

台湾旅行2018のスケジュール

今回のゴールデンウィークの台湾旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、4泊5日のスケジュールとなります。

今回の記事は、台湾旅行2日目の、「W台北」の宿泊の様子となります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:羽田から台北(松山)に移動(JL97便)、ル・メリディアン台北宿泊
  • 2日目:龍山寺観光、W台北宿泊 <=今ココ
  • 3日目:九份観光、ウェスティン台北宿泊
  • 4日目:101観光、シェラトン・グランド台北宿泊
  • 5日目:台北(桃園)から成田に移動(CI104便)

 

今回の台湾旅行は、陸マイラー活動で貯めたマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な旅を実現しています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

W台北(W Taipei)宿泊記:SPGアメックスでスイートルームにアップグレード!お部屋レポートのまとめ

今回は「W台北(W Taipei)」の宿泊記をお送りしました。我々は「SPGアメックス」のスターポイントを利用して、ポイントでの無料宿泊としてこちらのホテルに滞在したわけですが、SPGの「プラチナ会員」の特典として、スイートルームに無償アップグレードしていただきました。

アサインされたスイートルーム(ファンタスティックスイート)は広さも十分、眺望も抜群で、洗練されたデザインの素晴らしいお部屋でした。あまりの素晴らしさに感動してしまいました。

SPGアメックスを持っていなければ、そして、SPGのプラチナ会員になっていなければ、海外旅行でスイートルームに宿泊する経験なんて、きっとできていなかったと思います。SPGアメックスのおかげで、想像さえしなかったようなことが、実現できています。SPGアメックス 様様ですね。

次回は、「W台北」におけるSPGプラチナ特典と、カクテルタイムや朝食の様子などをご紹介したいと思います。

 

次の記事==>

 

<==前の記事

 

<<台湾(台北)旅行記2018の目次、記事一覧>>

 

海外旅行好きな方は以下の記事も注目です。ハワイと香港、シンガポールで、貯めたマイルとSPGアメックスを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な海外旅行を実現しています。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: