【10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

思慕昔(スムージー)台北の場所と行き方、メニュー、待ち時間は?マンゴーかき氷をレポート!

思慕昔(スムージー)台北の場所と行き方、メニュー、待ち時間は?マンゴーかき氷をレポート!

「思慕昔(スムージー)」はマンゴーかき氷の人気店です。かつて、CNNの「台湾で必食の美食」として紹介されたほどの有名店もあります。「思慕昔(スムージー)」は台北に4店舗、台中に1店舗を展開していますが、今回は永康街にある本店に伺ってみましたので、その様子をレポートしたいと思います。当記事では、「思慕昔(スムージー)」本店の場所と行き方から、メニュー、料金、行列、待ち時間、看板メニューである「マンゴーかき氷」まで、詳しくご紹介していきたいと思います。

思慕昔(スムージー)とは

台湾で食べたいスイーツといえば、やっぱり「マンゴーかき氷」ですよね。日本より暖かい気候である台湾でいただく「マンゴーかき氷」は最高です。

台湾に「マンゴーかき氷」はいくつもありますが、その中でも今回ご紹介する「思慕昔(スムージー)」は、人気、知名度ともに抜群のお店です。CNNの「台湾で必食の美食」として紹介された実績もあります。

「思慕昔(スムージー)」はその人気が故に、台北に4店舗、台中に1店舗を展開しています。具体的には以下になります。

<思慕昔(スムージー)の店舗一覧>

思慕昔本館 <=今回伺った店舗

  • 住所:台北市大安区永康街15号1階
  • 営業時間:9:30~23:00

 

思慕昔本館2階 <=本館の2階にあるだけで同じ店舗です

  • 住所:台北市大安区永康街15号2階
  • 営業時間:12:00~22:00

 

思慕昔二館

  • 住所:台北市麗水街16号
  • 営業時間:Sun~Thu:12:00~22:00、Fri~Sat:12:00~22:30

 

思慕昔 Taipei 101 Branch

  • 住所:台北市信義區市府路45號B1(Food court)
  • 営業時間:Sun~Thu:11:00~21:30、Fri~Sat:11:00~22:00

 

思慕昔士林店

  • 住所:台北市士林区基河路15号
  • 営業時間:Mon~Thu:14:00~00:00、Fri~Sun:13:00~22:30

 

思慕昔 台中メガストア

  • 台中市北區雙十路一段103號
  • Tel: +886-4-2225-6888
  • AM 11:00 ~ PM 11:00

 

「思慕昔本館2階」は、「思慕昔本館」と同じ場所で営業している同じ店舗になります。1階(オープンエア)と2階(室内)かの違いだけです。ただし、営業時間が異なっているため注意が必要です。

また、「思慕昔本館」のすぐ近く(徒歩3分ぐらいの距離)には、「思慕昔二館」という別の店舗もあります。同じ永康街の中でも2店舗を擁しているというのは、その人気のほどが伺えますね。

今回は、本店である「思慕昔本館」に伺ってみました。

 

思慕昔(スムージー)の場所と行き方、営業時間

「思慕昔(スムージー)」の本店は、台湾の台北市、グルメストリートである「永康街」に位置しています。

営業時間は前述のとおり「9:30~23:00」となっています。夜11時まで営業していますので、ディナーや夜市散策の後のデザートとしても利用できます。営業時間が長いというのは、時間のない観光客には嬉しいポイントでもありますね。

<思慕昔(スムージー)本店の基本情報>

  • 住所:台北市大安区永康街15号1階
  • 営業時間:9:30~23:00
  • 最寄駅:MRT東門駅から徒歩5分程度

 

「思慕昔(スムージー)」の本店の最寄駅は、MRT東門駅となっています。駅からは徒歩5分ほどの距離にあります。永康街のメインストリートを半ばほど進んだ交差点の角に位置しています。

 

「思慕昔(スムージー)」の本店の周辺地図はこちらになります。

 

ちなみに、先日ご紹介した「鼎泰豊(ディンタイフォン )」や「高記(カオチー)」からも徒歩数分となりますので、これらのお店を利用した後のデザートとしての利用もオススメです。

 

スポンサーリンク

思慕昔(スムージー)のお店の外観と行列、待ち時間

「思慕昔(スムージー)」の本店のお店の外観はこんな感じです。黄色い2階建の建物が目印です。終日、人で賑わっていますので、まず見落とすことはないと思います。

 

上の写真を見ていただくとわかりますが、お店の1階席はオープンエアになっています。この写真の右側から2階へと続く階段があり ます。2階席は室内となっています。

 

当記事では、ずっと「思慕昔(スムージー)」とご紹介していますが、英語の名称は「SMOOTHIE HOUSE(スムージーハウス)」となります。

 

お店の至るところに、CNNの「台湾で必食の美食」として紹介された実績が、誇らしげに掲示されています。

 

我々が訪れたのは、日本でいうところのゴールデンウィーク(GW)中の平日の12時半ごろでした。ちょど良い時間にもかかわらず、この日は行列ができておらず、すぐにオーダーすることができました。

もしお店の前に行列ができている場合は、本店からちょっと離れた(徒歩3分ぐらい)、2号店である「思慕昔二館」の方も覗いてみるとよいかもしれません。こちらの2号店は、1号店に比べると、混雑具合はかなり穏やかだそうです。

 

「思慕昔(スムージー)」の2号店の周辺地図はこちらになります。

 

思慕昔(スムージー)のメニューと料金

「思慕昔(スムージー)」の本店では、メニューはお店の支払いカウンターの上に掲示されています。写真付きでわかりやすいですね。また、中国語に加え、英語と日本語での表記もあり、とても親切です。

 

CNNで紹介された「超級雪酪芒果雪花冰(スーパーソルベとマンゴー雪花氷)」と、一番人気の「手工鮮奶酪芒果雪花冰(マンゴーと手作りパンナコッタ雪花氷)」がオススメメニューとなっています。

違いは、かき氷の上のトッピングが、ソルベかパンナコッタかというところだけです。ベースは、「雪花氷」と呼ばれる台湾特有の、味のついたふわふわかき氷となっています。

価格は、どちらも「220TWD(=約840円)」で同じですね。

<オススメとなっているメニュー>

  • 超級雪酪芒果雪花冰(スーパーソルベとマンゴー雪花氷):220TWD(=約840円)
  • 手工鮮奶酪芒果雪花冰(マンゴーと手作りパンナコッタ雪花氷):220TWD(=約840円)

 

我々は今回、「超級雪酪芒果雪花冰(スーパーソルベとマンゴー雪花氷)」を注文しました。

 

スポンサーリンク

思慕昔(スムージー)のオーダー方法と店内の様子

「思慕昔(スムージー)」の本店では、基本、セルフサービスになっています。オーダーは支払いカウンターで行い、料金を支払うと、こちらの写真のようなレシートをいただけます。レシートには番号が書かれています。

 

自分の順番が来ると、受け取りカウンターに番号が表示されます。自分の番号が表示されたら、商品を受け取りましょう。

 

スプーンも必要数分を自分でピックアップします。

 

思慕昔(スムージー)のマンゴーかき氷のレポート

そんなこんなで、オーダーしてから5分ほどで、待望の「マンゴーかき氷」がやってきました。実物の写真はこんな感じです。シロップたっぷりで、つやつやのピカピカですね。

 

味の方は、かなり甘めの仕上がりになっています。また、マンゴーがゴロゴロとたっぷり入っています。さすが、CNNの「台湾で必食の美食」として紹介されただけあり、間違いのない美味しさです。

ただ、写真だと大きさがわかりづらいですが、かなりの大きさがあります。ですので、2人で1品でちょうど良いと思います。一人1品だと、後半ちょっとつらいかもしれませんね。

 

我々は、こちらの「思慕昔(スムージー)」に伺う前(前日および前々日)に、同じく「マンゴーかき氷」の有名店である「アイスモンスター 」と「冰讃(ピンザン)」にも伺っていました。

 

「思慕昔(スムージー)」は、味とボリューム的には、「アイスモンスター」に近い感じになっています。ただ、店内が非常に寒かった「アイスモンスター 」に比べて、「思慕昔(スムージー)」の1階席はオープンエアとなっており、程よい暑さの中で「マンゴーかき氷」をいただくことができました。

そういう意味では、「アイスモンスター」よりも「思慕昔(スムージー)」の方が、美味しく感じましたね。やはり、かき氷をいただく上では、周りの環境は重要だと思います。

一方で、「冰讃(ピンザン)」の生マンゴーには及ばず、やはり「冰讃(ピンザン)」は別格だな、とも感じました。

ただし、「思慕昔(スムージー)」や「アイスモンスター」も夏場になると、生マンゴーが提供されるようになるらしいので、そうなったら、また状況がわかるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

台湾旅行2018のスケジュール

今回のゴールデンウィークの台湾旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、4泊5日のスケジュールとなります。

今回の記事は、台湾旅行3日目のおやつタイムの様子になります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:羽田から台北(松山)に移動(JL97便)、ル・メリディアン台北宿泊
  • 2日目:龍山寺観光、W台北宿泊
  • 3日目:九份観光、ウェスティン台北宿泊 <=今ココ
  • 4日目:101観光、シェラトン・グランド台北宿泊
  • 5日目:台北(桃園)から成田に移動(CI104便)

 

今回の台湾旅行は、陸マイラー活動で貯めたマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な旅を実現しています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

思慕昔(スムージー)台北の場所と行き方、メニュー、待ち時間は?マンゴーかき氷をレポート!のまとめ

今回は、「思慕昔(スムージー)」のマンゴーかき氷をご紹介しました。

「思慕昔(スムージー)」はかつて、CNNの「台湾で必食の美食」として紹介されたほどの有名店であり、その看板メニューである「マンゴーかき氷」は間違いのない美味しさでした。

「思慕昔(スムージー)」の本店は、永康街というグルメストリートに位置しており、近くには、「鼎泰豊(ディンタイフォン )」や「高記(カオチー)」など、違うジャンルの有名店もあります。

これらのお店と「はしご」して利用するのが便利で、また、満足度が高く、オススメでもあります。

 

==>次の記事

 

<==前の記事

 

<<台湾(台北)旅行記2018の目次、記事一覧>>

 

海外旅行好きな方は以下の記事も注目です。ハワイと香港、シンガポールで、貯めたマイルとSPGアメックスを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な海外旅行を実現しています。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: