【2024年5月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

グランドニッコー東京台場の朝食!The Grill on 30thの洋食と和食、玉かがりの寿司をブログレポート!

グランドニッコー東京台場の朝食をブログレポート(Top画像)

グランドニッコー東京台場の朝食!The Grill on 30thの洋食と和食、玉かがりの寿司をブログレポート!

「グランドニッコー東京台場」には、レストラン3箇所とルームサービスで朝食をいただくことができます。選択肢が多くて悩みますが今回は朝からお寿司がいただけるという珍しさから「鮨 玉かがり」を選択しました。当記事では、朝食会場の選択肢からメニュー、価格、提供内容まで詳しくご紹介していきたいと思います。

更新履歴(2023年4月18日):レストランThe Grill on 30thの洋食と和食の様子を追記しました。

目次

グランドニッコー東京台場とは

東京ベイエリア「お台場」に位置する大型シティーホテル

「グランドニッコー東京台場」は、オークラニッコーホテルズ系列のホテルです。日本国内初の「グランドニッコー」ブランドとして2016年7月1日にオープンしました。

その名前のとおり東京のベイエリア「お台場」に位置しており、ホテルの客室やレストランからは東京湾岸のベイビューや東京タワーなどの眺望を楽しむことができます。

客室数は882室で、レストラン&バー9ヶ所のほか、ウエディングチャペルや宴会場、フィットネスクラブなども備える大規模なシティーホテルとなっています。

グランドニッコー東京台場の外観

 

One Harmony(ワンハーモニー)やiPrefer(アイプリファー)のエリート特典を利用可能

「グランドニッコー東京台場」は、会員プログラムとしてオークラニッコーホテルズ「One Harmony(ワンハーモニー)」を利用しています。

そのため、こちらのホテルへの宿泊でポイントを貯めたり、エリート特典を利用することができます。

また、国際的なホテルグループとしては「プリファードホテルズ&リゾーツ」に加盟しており、その会員プログラムである「iPrefer(アイプリファー)」のエリート特典も利用することができます。

 

グランドニッコー東京台場の朝食会場の選択肢とメニュー、価格

朝食はレストラン3軒とルームダイニングを合わせた4箇所で提供

「グランドニッコー東京台場」には多くのダイニング施設が入居しています。そのうち、朝食を提供しているのは以下3軒になります。

また、朝食はルームサービスでも提供しており客室でいただくことができます。つまり、朝食会場の選択肢としてはレストラン3軒+ルームサービスの合計4か所ということになりますね。

<朝食会場の選択肢>

  • GARDEN DINING(ガーデンダイニング)
  • The Grill on 30th(ザ グリル オン サーティース)
  • 鮨 玉かがり 天ぷら 玉衣

 

選択肢が豊富に用意されているのは、さすが大型ホテルといった感じで嬉しいところです。各会場の営業時間とメニュー、価格を表でまとめると以下のようになります(2023年4月時点)。

基本的にはどの会場でいただいても朝食の価格は「3,800円(税サ込)」という感じになっていますね。

<朝食会場のまとめ>

会場 営業時間 メニュー
GARDEN DINING(ガーデンダイニング) 7:00 – 10:00 洋食セット¥3,800
和定食¥3,800
お子様(0~12歳以下) ¥2,000
The Grill on 30th(ザ グリル オン サーティース) 7:00 – 10:00 洋食セット¥3,800
和定食¥3,800
お子様(0~12歳以下) ¥2,000
鮨 玉かがり 天ぷら 玉衣 7:00 – 10:00
月・土・日曜・祝日のみ
寿司定食¥3,800
ルームサービス 7:00 – 11:00 アメリカンブレックファスト¥3,800
和定食¥3,800

 

エグゼクティブフロア宿泊者は「The Grill on 30th」と「鮨 玉かがり 天ぷら 玉衣」から選択可能

今回私は「エグゼクティブフロア」に宿泊していました。エグゼクティブフロア宿泊特典は以下なります。

朝食は「The Grill on 30th」と「鮨 玉かがり 天ぷら 玉衣」から選択可能となっていました。また、コロナ禍ではルームサービスも選択可能となっています。

<エグゼクティブフロア宿泊特典>

  • エグゼクティブフロア専用ラウンジ
    • 1日3回のフードプレゼンテーション
  • ビューラウンジ
    • View Lounge on 27th
  • フィットネスクラブ
    • フィットネス「Le CLUB」
  • ミーティングスペース
  • 朝食
    • 「The Grill on 30th」で洋食セット(一部取り分けブッフェスタイル)または、和定食
    • 「鮨 玉かがり 天ぷら 玉衣」で寿司定食
    • ※ルームサービスも選択可能な場あり
  • ウェルカムサービス
    • 冷蔵庫内のお飲み物無料
    • ウェルカムスイーツ
  • Cafe&Teaサービス
    • ネスプレッソおよびルピシアの紅茶
  • 駐車場1滞在1室1台分無料

 

MEMO

ホテルの外観からロビー、客室までの様子は宿泊記としてこちらの記事でまとめております。合わせてご参照ください。

 

グランドニッコー東京台場の朝食をブログレポート:「玉かがり」の寿司定食

こちら「グランドニッコー東京台場」には、2022年3月中旬と2023年4月上旬の2回宿泊しました。

2022年3月中旬には「玉かがり」で、2023年4月には「The Grill on 30th」で朝食を体験しましたので、ここではその様子を順番にご紹介していきたいと思います。

まずは「鮨 玉かがり」からご紹介していきます。

全体像と雰囲気

「鮨 玉かがり 天ぷら 玉衣」はホテルの最上階となる30階に位置しています。シックな看板が目印です。

グランドニッコー東京台場の朝食:鮨 玉かがりの外観(エントランス)

 

エントランスをちょっと中に入るとレセプションがあります。こちらで部屋番号と人数を伝えて利用します。

グランドニッコー東京台場の朝食:鮨 玉かがりのレセプション

 

レストランの内観はこんな感じです。シェードで目隠しになっていますが、左手には寿司カウンターが用意されています。右手は個室エリアになっておりテーブル席がいくつか用意されています。

グランドニッコー東京台場の朝食:鮨 玉かがりの内観(全体像)

 

寿司カウンターはこんな感じです。背面は窓になっていて湾岸ビューの眺望を楽しめるようになっています。

グランドニッコー東京台場の朝食:鮨 玉かがりの内観(カウンター席)

 

今回我々はテーブル席が並ぶ個室エリアの方に案内されました。

グランドニッコー東京台場の朝食:鮨 玉かがりの内観(テーブル席)

 

個室エリアからの眺望はこんな感じです。船の科学館や大井埠頭の景色を楽しめるようになっていました。

グランドニッコー東京台場の朝食:鮨 玉かがりの眺望

 

メニューと価格

寿司定食は「江戸の朝寿司」という名称で提供されています。価格は3,500円となっています(注:2023年4月時点では3,800円となっています)。

また、お子様メニューとして量が少なめの2,000円と1,200円のセットも用意されていました。

グランドニッコー東京台場の朝食(鮨 玉かがり):メニュー

 

寿司定食

席につくと、まずはお茶が提供されます。

グランドニッコー東京台場の朝食(鮨 玉かがり):お茶

 

お茶を飲みながら景色を楽しんでいるとフードがやってきます。フードはこんな感じでお盆に乗せられて一気にやってきます。

グランドニッコー東京台場の朝食(鮨 玉かがり):寿司定食(全体像)

 

まずこちらはメインとなる「お寿司」です。全部で7貫の提供となっています。

オーダー後に職人さんが握ってくれますので、しゃりはふんわりしていていい感じです。ネタはいたって普通ですね。

グランドニッコー東京台場の朝食(鮨 玉かがり):寿司定食(鮨)

 

いくらは軍艦ではなく皿盛りになっています。朝からいくらをいただけるのは嬉しいですね。

グランドニッコー東京台場の朝食(鮨 玉かがり):寿司定食(いくら丼)

 

そしてこちらは「紙鍋」です。かにやホタテといった海鮮とキノコや白菜などの組み合わせとなっています。

その場で火をつけて調理するため熱々の状態でいただけます。薄味ながら出汁が効いていて美味しくいただきました。

グランドニッコー東京台場の朝食(鮨 玉かがり):寿司定食(鍋)

 

利用した感想

朝食メニューでお寿司を提供しているところは多くなく、珍しさもあって今回利用してみました。

朝からお寿司をいただけるというのはちょっとした贅沢な気分を味わうことができて良いですね。お寿司は7貫とちょっと少なめですが、紙鍋もあるため満足度は高いです。ちょうど良く満腹になります。

ただ、ホテルのお寿司屋さんということでネタにも期待しましたが、そこはいたってと普通でした。味については価格なりということで、あまり期待しずぎないほうが良いかなあ、という感じでした。

 

グランドニッコー東京台場の朝食をブログレポート:「The Grill on 30th」の洋食と和食

さて、それでは続いては、2023年4月に体験した「The Grill on 30th」の洋食と和食の様子をご紹介したいと思います。

全体像と雰囲気

「The Grill on 30th」はホテルの最上階である30階に位置しています。前半でご紹介した「鮨 玉かがり」とはちょうど反対側のフロアとなっています。

 

「The Grill on 30th」の手前側はバーエリアとなっています。奥がレストランエリアとなっています。朝食利用の場合は奥に進んでいきます。

 

レストランエリアの全体像はこんな感じになっています。楕円形の形状になっており、窓を向くようにテーブル席がずらずらっと並べれています。

 

窓からはお台場エリアを一望するような素晴らしい眺望を楽しむことができます。

 

メニューと価格

朝食メニューはこちらになります。まず、メインを「洋朝食」と「和朝食」から選択します。どちらも価格は3,800円(税サ込)となっています。

また、キッズメニューも用意されています。こちらの価格は2,000円となっています。

メインを選択すると自動的に「サイドブッフェ」が付いてくる形になっています。「メイン+サイドブッフェ」のハーフビュッフェ形式ですね。

 

ちなみに、洋朝食の場合はメインディッシュとサイドディッシュをいくつかの選択肢から選ぶことができます。具体的には以下のようになっていました。

<洋朝食>

  • メインディッシュ
    • スクランブルエッグ/目玉焼き/オムレツ/東京フレンチトースト
  • サイドディッシュ
    • ソーセージ/スモーク濃いめの厚切りベーコン/ロースハム

 

今回は夫婦二人で利用したため、「洋朝食」と「和朝食」を1つずつオーダーしました。

 

朝食ビュッフェの提供内容(ドリンク)

オーダーを済ませると、メインが来るまでの間にビュッフェを利用します。ドリンクもビュッフェからピックアップしてくるシステムになっています。

ドリンクで目立っていたのはこちらの「生メロンジュース」と「東京牛乳」です。

「生メロンジュース」はホテルでその場で絞ったもの、「東京牛乳」は多摩地区の酪農家で毎朝限定されているもということで、どちらもとても美味しそうですね。特別感があります。

 

ジュースは「オレンジ」「アップル」「グレープフルーツ」「キャロット」の4種類が用意されていました。

 

コーヒーはサーバーでの用意になります。

 

また、紅茶はティーバッグが用意されていました。全部で8種類ほどということで種類豊富となっていますね。

 

朝食ビュッフェの提供内容(フード)

続いてはフードの品揃えを確認していきたいと思います。

パン

こちらのビュッフェではパンの品揃えが非常に充実していました。

こちらはクロワッサンとチョコシュネック、カレーパイ、アップルパイ、などなど。

 

どれもホテルのベーカリーでの焼きたてになっています。クロワッサンが美味しそうですね。

 

食パンやロールパンなんかもあります。

 

トースターも用意されていますので、好みに応じて温めていただくこともできますね。

 

サラダ

こちらはサラダのコーナーです。レタスやトマト、サーモンに加えて、ドレッシングも3種類ほど用意されていました。

 

ごぼうサラダやかぼちゃサラダ、鶏とブロッコリーのサラダなんかもあります。

 

フルーツ

こちらはフルーツのコーナーです。いちごやパイナップル、オレンジ、ライチ、などなど。特にいちごが新鮮で美味しそうでした。

 

シリアル

こちらはシリアルのコーナーです。コーンフレークとグラノーラの2種類が用意されていました。

 

ヨーグルト

こちらはヨーグルトのコーナーです。「多摩東京のはちみつ」と「フランボワーズソース」が用意されていて美味しそうです。

 

グラタン&ラザニア

ホットミールはメインでの提供となるため、基本的にはビュッフェには並べられていません。ただ、グラタンとラザニアだけは例外のようでビュッフェに並べられていました。

頻繁にローテーションされており、焼きたてのものが並べられていて美味しそうでした。

 

洋朝食

そんなこんなで、まずはビュッフェからジュースとサラダをいただいてきました。

「メロンジュース」は搾りたてというだけあってフレッシュで美味しいです。甘めはちょっと少なめに感じましたが、メロンをそのまま食べているようで良いですね。

 

パンはホテルのベーカリーで焼き上げているということで、どれもサクサクで美味でした。思わず食べすぎてしまいそうです。

スープはきのこのポタージュがありましたが、こちらも濃厚でパンとの相性が良好でした。

 

そして、こちらが洋朝食になります。メインとしては「オムレツ」、サイドには「ソーセージ」を選択しました。

オムレツは表面はしっとり艶やか、中は半熟トロトロで絶妙な火加減でした。ソーセージもジューシーでトータルとして満足度の高い内容となっていました。

 

和朝食

続いてこちらが和定食です。ご飯とお味噌汁に加えて2段のお重に入ってやってきました。

 

お重を展開するとこんな感じになっていました。焼き魚をメインに和のお惣菜が所狭しと並べられています。華やかで見た目も綺麗ですね。

この日の焼き魚は「銀鱈」でしたが、ふんわりとした仕上がりで美味でした。お惣菜はどれも丁寧な作りで味が良く、こちらも満足度の高い内容になっていました。

 

利用した感想

今回は「The Grill on 30th」で洋朝食と和朝食をいただきました。どちらのメインも味が良く満足度の高い内容になっていました。

また、洋朝食と和朝食のどちらを選択してもビュッフェを利用できるのは嬉しいところですね。

ビュッフェではパンのレベルが高いため、メインでも洋朝食を選択した方が全体的なバランスが良くなるのではないかと思います。

個人的には「玉かがり」でよりも、こちら「The Grill on 30th」の方が好みでした。次に宿泊する機会があっても、またリピートさせていただきたいと思います。

 

グランドニッコー東京台場の場所とアクセス

ゆりかもめ線「台場駅」から直結の便利なアクセス

「グランドニッコー東京台場」の最寄駅は、ゆりかもめ線の「台場駅」です。駅からはデッキで直結しており、徒歩1分ほどでホテルのエントランスにアクセスできます。

<最寄駅>

  • ゆりかもめ線「台場駅」:徒歩1分以内
     

ホテルの周辺地図は以下になります。「フジテレビ」と隣接しており、徒歩圏内には「アクアシティお台場」や「ダイバーシティ東京プラザ」など商業施設が多数用意されています。

観光やショッピングに特に便利な立地と言えますね。周辺地図はこちらになります。

 

グランドニッコー東京台場の宿泊料金

無料宿泊特典+アップグレードアワード利用の価格

今回こちらの「グランドニッコー東京台場」には、オークラニッコーホテルズ(One Harmony)の無料宿泊券を利用しました。この無料宿泊券は年50,000ポイント以上で獲得することができます。

 

今回は、無料宿泊券2枚で「レギュラーフロアスーペリア」を予約し、そこから12,000ポイントを利用し「エグゼクティブフロアスーペリア」にアップグレードしました。

無料宿泊券を利用した予約とポイントを利用したアップグレード(アップグレードアワード)が併用できるのは便利ですね。

MEMO

オークラニッコーホテルズ(One Harmony)のポイントはJALマイルからの移行で獲得できます。無宿泊でも上級会員になれるためなかなか便利です。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

ホテル予約サイトでの価格

「グランドニッコー東京台場」のエグゼクティブフロアの宿泊料金は、ホテル予約サイトを経由した場合、セール時で3万円前後からとなっていました。

現在はコロナ禍ということで特典豊富なエグゼクティブフロアでも比較的リーズナブルに宿泊できるのは嬉しいですね。

グランドニッコー東京台場の宿泊料金(一休の価格例)

 

一休をはじめとしたホテル予約サイトの最新価格は以下からご確認ください。

  • 一休の最新価格は「こちら
  • 楽天トラベルの最新価格は「こちら
  • Yahoo!トラベルの最新価格は「こちら
  • じゃらんの最新価格は「こちら

 

グランドニッコー東京台場の宿泊記はYouTubeにも公開中

「グランドニッコー東京台場」の宿泊記は動画にまとめてYouTubeでも公開しています。ホテルの空気感は動画の方が感じやすいと思いますので、ぜひ合わせてご参照ください。

 

まとめ

今回は、「グランドニッコー東京台場」の朝食をレポートしました。

記事の前半では「鮨 玉かがり」の寿司定食をご紹介しました。朝食でお寿司がいただけるというのは珍しいですね。ちょっとした贅沢な気分を味わうことができました。

記事の後半では「The Grill on 30th」の洋朝食と和朝食をご紹介しました。どちらを選択してもビュッフェが利用できるというのは嬉しいところです。満足度の高い内容になっていました。

こちらのホテルは大型ホテルというだけあって朝食会場の選択肢は豊富です。洋食から和食、お寿司まで好みに合わせて選べるのは嬉しいですね。

 

次の記事では、フィットネスクラブ「Le CLUB」のプールとサウナ、ジムの様子をご紹介したいと思います。

==>次の記事

 

<==前の記事

 

MEMO

こちら「グランドニッコー東京台場」では以前アフタヌーンティーも体験しましたが素晴らしい内容でした。詳細はこちらの記事を合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

オークラニッコーホテルズ(One Harmony)関連記事