【2022年9月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

ハイアットリージェンシー東京ベイの朝食をブログレポート!レストランでビュッフェを体験!

ハイアットリージェンシー東京ベイの朝食をブログレポート(Top画像)

ハイアットリージェンシー東京ベイの朝食をブログレポート!レストランでビュッフェを体験!

ハイアットリージェンシー東京ベイの朝食はロビー階に位置するレストラン「ザ ガーデン ブラッスリー&バー」でいただきました。こちらの朝食は和洋ビュッフェになっており充実した品揃えになっていました。当記事では、外観と内観から営業時間(提供時間)、価格(料金)、ドリンクとフードの品揃え、感想まで詳しくご紹介していきます。

ハイアットリージェンシー東京ベイとは

2021年7月にリニューアルオープンしたハイアット系列のホテル

ハイアットリージェンシー東京ベイは、世界的なホテルチェーンである「ハイアットホテルアンドリゾーツ」系列のホテルです。

もともとは「ハイアットプレイス」ブランドのホテルとしてオープンしましたが、2021年7月に「ハイアットリージェンシー」ブランドとしてリニューアルオープンしました。

ハイアットリージェンシー東京ベイの外観

 

客室数は10室のスイートを含む全350室と中規模なホテルですが、東京湾を一望できるオーシャンビュールームや、広々としたテラス付きのテラスルーム、最大6名で利用できるファミリールームなど、目的に応じて使い分け可能な多様な客室を備えています。

また、ホテルの9階以上にはクラブフロアが設けられており、滞在中に専用のクラブラウンジでフードプレゼンテーションを楽しむことができます。

オールデイダイニングや寿司、鉄板焼き、ルーフトップバーなど多彩なダイニングを備えており、朝食からランチ、ディナー、バータイムまでホテルでホテルで楽しむことができます。

その他には、ホテル1階にジム(フィットネス施設)とビジネスセンターなども備えています。

 

ハイアットリージェンシー東京ベイの朝食会場の選択肢

朝食はレストラン「ザ ガーデン ブラッスリー&バー」で提供

ハイアットリージェンシー東京ベイには、以下4つのダイニング施設を備えています。このうち、朝食を提供しているのは「ザ ガーデン ブラッスリー&バー」になります。

そのため、朝食付きプランで宿泊した際には「ザ ガーデン ブラッスリー&バー」で朝食をいただく形になります。

<ダイニング施設一覧>

  • ザ ガーデン ブラッスリー&バー(1階)<=朝食
  • すし絵馬(2階)
  • 鉄板焼富貴亭(2階)
  • ルーフトップ バー(ルーフトップ)

 

また、ハイアットリージェンシー東京ベイには、クラブルームおよびスイートルーム宿泊者が利用可能なクラブラウンジを備えています。

私は今回クラブルームに宿泊していましたが、私が利用したタイミング(2022年8月末)では、クラブラウンジの朝食はレストランに振替になってました。

 

レストラン「ザ ガーデン ブラッスリー&バー」の営業時間と朝食の提供時間、価格

「ザ ガーデン ブラッスリー&バー」はホテルのロビーフロアである1階に位置しています。

ホテルのオールデイダイニングとしての役割を担っており、朝食からランチ、ディナーまで営業しています。朝食は「7:00~10:30」の時間で提供しています。

<営業時間>

  • 朝食<=今回利用
    • 7:00~10:30
  • ランチ
    • 11:30~14:30
  • ティータイム
    • 14:30~17:00
  • ディナー
    • 17:30~21:00 (月~木)
    • 17:30~22:00 (金~日、祝、祝前日)

 

朝食の時間帯はビュッフェの提供となっており、料金は以下になります。

<朝食ビュッフェの価格(税・サービス料込み)>

  • 大人:3,740円
  • 小学生:1,870円

 

ハイアットリージェンシー東京ベイの朝食をブログレポート:レストランでビュッフェを体験

さて、それではここからは、レストラン「ザ ガーデン ブラッスリー&バー」で体験した朝食ビュッフェの様子をご紹介していきたい思います。

利用したのは2022年8月下旬の週末になります。

スポンサーリンク

レストランの外観

レストラン「ザ ガーデン ブラッスリー&バー」はホテルのロビーフロアである1階に位置しています。レセプションから左手奥に進んだところにエントランスがあります。

こちらのエントランス脇に受付があり、部屋番号と名前、人数を告げてから利用します。

ハイアットリージェンシー東京ベイの朝食:レストランの外観

 

朝食の時間帯は非常に混雑すると伺っていたため、私は普段よりもちょっと早めの7時半ごろにレストランに伺いました。

その早めのタイミングでも、エントランス前には5組ほど並んでおり、レストラン内は満席となっていました。私の場合は、運良く15分ぐらいの待ち時間で席に案内いただくことができました。

しかしながら、8時以降の時間帯では場合によって1時間ほど待つこともあるとのことで注意が必要です。

ホテルが発表している土日祝における混雑予想は以下になります。8時から9時半は非常に混雑するようですので、できればこの時間帯は避けて利用するようにしましょう。

レストラン朝食の混雑予想(土日祝)

レストラン朝食の混雑予想(土日祝)

 

レストランの全体像と雰囲気

レストラン「ザ ガーデン ブラッスリー&バー」の内観はこんな感じになっています。壁一面が床から天井までの窓になっており、明るく開放感の高い空間になっています。

会場の中央部分にはテーブル席がずらずらっと並べられていますが満席になっている様子が伺えますね。店内は終始、非常に混雑していました。

ちなみに、お店の外にはテラス席も設けられており、そちらで朝食をいただくこともできるようになっています。店内席に比べると人気が低いようで、テラス席でもOKであれば優先的に案内されているようでした。

ハイアットリージェンシー東京ベイの朝食:レストランの内観(テーブル&チェア)

 

店内は一部オープンキッチンとなっており、スタッフが調理する様子を垣間見ることができます。また、キッチン近くのエリアにはビュッフェテーブルがずらずらっと並べれています。

こちらの朝食はフルビュッフェとなっており、ドリンクもフードもセルフサービスで自分で好きなものをピックアップしてくるというスタイルになっています。

ハイアットリージェンシー東京ベイの朝食:レストランの内観(ビュッフェテーブル)

 

朝食ビュッフェの品揃え:ドリンク

それではここから朝食ビュッフェの品揃えを確認していきたいと思います。まずはドリンクからです。

コールドドリンク

こちらはコールドドリンクのカウンターになります。この日は、オレンジジュース、アップルジュース、トマトジュース、アイスティー、アイスコーヒーの5種類が用意されていました。

氷の上に乗せられたディズプレイが涼しげで良いですね。

朝食ビュッフェの品揃え:ドリンク(ジュース)

 

ホットドリンク

こちらはホットドリンクのコーナーです。コーヒーはマシンでの用意になっていました。ボタンひとつで好みのコーヒーメニューを作成してくれるためとれも便利です。

その場で豆から挽いてくれるタイプになっていて味の方も上々でした。

朝食ビュッフェの品揃え:ドリンク(コーヒー)

 

紅茶と日本茶はティーバッグでの用意となっていました。紅茶のブランドは「AHMAD TEA(アーマッドティー)」ですね。こちらのホテルだけでなく、ホテルステイではよくお目にかかるブランドです。

なかなか美味しい紅茶で個人的には好みです。ブラックティーだけでなくハーブティーも用意されていて良いですね。

朝食ビュッフェの品揃え:ドリンク(紅茶)

 

朝食ビュッフェの品揃え:フード

続いてはフードの品揃えを確認していきたいと思います。

サラダ

まずこちらはサラダのコーナーですね。「ミックスグリーンリーフ」のほか「チェリートマト」や「きゅうり」「コーン」など定番の食材が並べられています。

朝食ビュッフェの品揃え:フード(サラダ)

 

ドレッシングは「和風ドレッシング」「フレンチドレッシング」「サウザンドレッシング」の3種類が用意されていました。

また、オリーブオイルやバルサミコ酢なども用意されていますので、自分好みにカスタマイズすることもできますね。

朝食ビュッフェの品揃え:フード(ドレッシング)

 

コールドミール

続いてはこちらはコールドミールのコーナーです。「サラミ」と「サーモン」「チキン」などが並べられてます。「ケッパー」や「オニオン」といった薬味も合わせて用意されていました。

朝食ビュッフェの品揃え:フード(サーモン&ハム)

 

フルーツ

こちらはフルーツのコーナーです。フルーツは「オレンジ」「メロン」「パイナップル」の3種類が用意されていました。

朝食ビュッフェの品揃え:フード(フルーツ)

 

スポンサーリンク

シリアル

フルーツの隣にはシリアルも並べられていました。定番の「コーンフレーク」や「グラノーラ」の他、ドライフルーツなども用意されていました。

朝食ビュッフェの品揃え:フード(シリアル)

 

パン

続いてはパンのコーナーです。

パンのコーナーは充実しており、「クロワッサン」「バターロール」「ミルクロール」といった朝食の定番から、「シナモンロール」「パンオショコラ」といった甘めのパンまで品数豊富に用意されていました。

朝食ビュッフェの品揃え:フード(パン1)

 

食パンはスタンダードのものとカラフルなものの2種類が用意されれていました。トースターもありますので、好みに応じて温めてからいただくこともできます。

朝食ビュッフェの品揃え:フード(パン2)

 

ジャムは「BEERENBERG(ビアレンバーグ)」になっていました。「はちみつ」と「オレンジマーマレード」「ストロベリー」の3種類が用意されていました。

朝食ビュッフェの品揃え:フード(ジャム)

 

ヨーグルト

ヨーグルトはパンコーナーの一角に用意されていました。既製品のパックが1種類となっていました。

朝食ビュッフェの品揃え:フード(バターとヨーグルト)

 

ホットミール

続いてはホットミールのコーナーです。

こちらは「ポテト」と「グリル野菜」などなど。

朝食ビュッフェの品揃え:フード(ホットミール1)

 

こちらは「焼き魚」と「ベーコン」。

朝食ビュッフェの品揃え:フード(ホットミール2)

 

こちらは「スクランブルエッグ」と「ワッフル」。いずれも朝食の定番ですね。回転が早いようで、次々に新しいものが補充されていました。

朝食ビュッフェの品揃え:フード(ホットミール3)

 

スープとして「ミネストローネ」も用意されていました。また、「カレー」なんかもありました。

朝食ビュッフェの品揃え:フード(ホットミール4)

 

エッグステーション

ホットミールコーナーの一角にはエッグステーションも用意されていました。こちらのエッグステーションでは「オムレツ」が提供されていました。

具材を自分で選択できるようになっていました。出来立てをいただけるというのはやっぱり嬉しいですね。

朝食ビュッフェの品揃え:フード(エッグステーション)

 

和食

ビュッフェカウンターの一角には和食の用意もありました。こちらは「筑前煮」「ひじきの煮物」「かまぼこ」などなど。

朝食ビュッフェの品揃え:フード(和食1)

 

「納豆」や「漬物」なども用意されています。

朝食ビュッフェの品揃え:フード(和食2)

 

「おかゆ」なんかの用意もありました。ただ、品揃え的にはちょっと寂しいですね。

朝食ビュッフェの品揃え:フード(和食3)

 

朝食ビュッフェでいただいたもの

そんなこんなで、この日いただいたものをご紹介したいと思います。

こちらはサラダとコールドミール各種。野菜はちょっと新鮮さに欠ける感じはありましたが、ハムとサーモンは悪くありません。まずまずといった感じ。

朝食ビュッフェの品揃え:実食(コールドミール)

 

こちらはパン各種。クロワッサンは安定の美味しさですね。朝食には欠かせません。

朝食ビュッフェの品揃え:実食(パン)

 

こちらはホットミール各種。出来立てのオムレツはやっぱり美味しいです。チーズを入れていただいてとろっとした仕上がりも良かったです。

その他ホットミールに関しては、いたって普通と言った感じでしょうか。ソーセージがちょっと美味しくなかったかな。

朝食ビュッフェの品揃え:実食(ホットミール)

 

最後はフルーツとヨーグルトをいただいてフィニッシュにしました。

朝食ビュッフェの品揃え:実食(フルーツとヨーグルト)

 

朝食を利用した感想

レストラン「ザ ガーデン ブラッスリー&バー」の朝食ビュッフェは、和洋折衷でドリンクもフードも定番を中心とした品揃えになっていました。

品揃えは悪くはないのですが、味の方はいたって普通で特徴の無い内容と感じました。料金は大人3,740円となっていましたが、正直、価格とのバランスが悪いと感じてしまいました。

今回は会場が終始混雑していて落ち着いて食事できなかったため、よりそのように感じたのかもしれません。

朝食付きの宿泊プランの場合は良いと思いますが、わざわざ別料金を払って(その上長蛇の列に並んで)まで利用する価値はないかもしれません。

 

スポンサーリンク

ハイアットリージェンシー東京ベイの宿泊料金

通常の客室もクラブルームもリーズナブルな価格設定が魅力

ハイアットリージェンシー東京ベイの宿泊料金は、非常にリーズナブルです。平日であればスタンダードな客室が1室1万円台から、クラブルームでも1室2万円台から宿泊することができます。

こちらは公式サイトのセールプランの例です。税金・サービス料別ですが、リーズナブルな価格設定になっているのが確認できますね。

ハイアットリージェンシー東京ベイの宿泊料金:キング

ハイアットリージェンシー東京ベイの宿泊料金:クラブキング

 

ハイアットの会員でない方は、ホテル予約サイトの利用も便利です。最新の宿泊価格を以下リンクからご確認ください。

<最新の宿泊料金>

 

MEMO

ハイアットの会員プログラム「ワールドオブハイアット」についてはこちらの記事をご参照ください。

 

ハイアットリージェンシー東京ベイの場所とアクセス

新浦安の舞浜ベイエリアに位置するホテル

ハイアットリージェンシー東京ベイは、潮風に揺れるヤシの木が印象的な美しい街並みの新浦安・舞浜ベイエリアに位置しています。

東京都心からわずか30分の距離にありながら、リゾートの気分を味わうことができます。

新浦安駅および東京ディズニーリゾートとの間で無料シャトルバスを運行

最寄駅は、JR京葉線・武蔵野線「新浦安駅」です。駅からは距離が離れていますが、新浦安駅南口より無料シャトルバスが運行されています。所要時間は約8分となっています、

駅からはタクシーで700円から800円ほどの料金となっていますので、シャトルバスの時間が合わない場合はタクシーの利用も便利です。

<最寄駅とそこからのアクセス>

  • JR京葉線・武蔵野線「新浦安駅」下車
    • 新浦安駅南口より無料シャトルバス:約8分
    • 新浦安駅南口より路線バス:3系統もしくは23系統「総合公園」行、約10分。「了徳寺大学」バス停下車、徒歩1分。
    • 新浦安駅南口よりタクシー:約8分、700円から800円ほど

 

また、東京ディズニーリゾートから距離が近く、無料シャトルバスによる送迎サービスも提供されています。無料シャトルバスの時刻表はホテルの公式サイトからご確認ください。

公式サイト「ハイアットリージェンシー東京ベイ」

 

ハイアットリージェンシー東京ベイのシャトルバス

 

ハイアットリージェンシー東京ベイの周辺地図はこちらになります。

浦安市総合公園に面するように位置しており、ホテルの客室からは公園越しにオーシャンビューを楽しむことができます。

 

まとめ

今回は、ハイアットリージェンシー東京ベイの朝食レポートとして、レストランの外観と内観から営業時間(提供時間)、価格(料金)、ドリンクとフードの品揃え、感想まで詳しくご紹介しました。

和洋折衷の朝食ビュッフェとなっており、品揃え、味、クオリティーともにいたって普通で、特徴を感じられない内容でした。

朝食付きプランの場合は良いと思いますが、個人的には価格とのバランスは悪いと感じました。

土日祝の8時から9時半の間は非常に混雑しますので、利用する場合はこの時間帯を避けて利用するのが良いと思います。

 

それでは、また!

 

ハイアット関連記事