【10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

インターコンチネンタル横浜Pier 8の朝食をブログレポート!ブランチも利用可能!<クラブラウンジ>

インターコンチネンタル横浜Pier8(ピア8)の朝食をブログレポート!ブランチも利用可能!<クラブラウンジ>

インターコンチネンタル横浜Pier 8の朝食をブログレポート!ブランチも利用可能!<クラブラウンジ>

「インターコンチネンタル横浜Pier 8」のクラブフロア宿泊の場合、朝食の提供場所を「インルームダイニング(ルームサービス)」と「クラブラウンジ」で選択することができます。また、クラブラウンジの場合、通常の「朝食」に加えて「ブランチ」もいただくことができるようになっています。当記事では、このクラブラウンジの朝食とブランチの様子を詳しくご紹介したいと思います。

インターコンチネンタル横浜Pier 8とは

横浜「みなとみらい21新港地区」に新オープンしたIHGのホテル

「インターコンチネンタル横浜Pier 8」は、世界的なホテルチェーンである「インターコンチネンタルホテルズグループ (IHG)」のホテルです。2019年10月に、横浜の「みなとみらい21新港地区」にオープンしました。

インターコンチネンタル横浜Pier8の外観

 

客船ターミナル兼商業施設である「横浜ハンマーヘッド」に入居

「インターコンチネンタル横浜Pier 8」が入居するのは、新港ふ頭客船ターミナルが横浜市と連携して開発を進めた「ハンマーヘッド」と呼ばれる客船ターミナル兼商業施設です。1階から5階および屋上までを占めています。

客船ターミナルということで、港に突き出たような構造となっており、建物の3方を海に囲まれているのが特徴です。建物自体も低層となっているため海との距離がとても近く、波のここち良い音や潮の匂いを感じることができます。

 

「インターコンチネンタル横浜Pier 8」の公式サイトはこちらになります。最新情報はこちらからもご確認ください。

参考 Topページインターコンチネンタル横浜Pier 8

 

インターコンチネンタル横浜Pier 8:クラブフロア宿泊の朝食の選択肢

スポンサーリンク

クラブラウンジ「クラブインターコンチネンタル」とは

「インターコンチネンタル横浜Pier 8」の最上階である5階はクラブフロアとなっています。そして、同じく5階には、クラブフロア宿泊者専用ラウンジであるクラブラウンジが用意されています。

こちらのクラブラウンジは「クラブインターコンチネンタル」という名称で運営されています。

インターコンチネンタル横浜Pier8のクラブラウンジ

 

「クラブインターコンチネンタル」の営業時間とタイムスケジュール

この「クラブインターコンチネンタル」では、朝食、アフタヌーンティー、イブニングカクテル、ナイトキャップの4つの時間で、専用キッチンで調理したフードや、幅広い品揃えを誇るドリンクをいただくことができます。

営業時間とタイムスケジュールをまとめると以下のようになります。

<営業時間とタイムスケジュール>

  • 営業時間:7:00 – 21:00
    • 朝食:7:00 – 12:00
    • アフタヌーンティー:15:00 – 17:00
    • カクテルタイム:17:30 – 19:30
    • ナイトキャップ:19:30 – 21:00(ラストオーダー 20:30)

 

MEMO

以前は朝食が「13時まで」提供されていましたが、11月からは12時までに変更になりました。また、アフタヌーンティーのスタートも以前は「14時から」でしたが、これも「15時から」に変更になっています。

 

クラブフロア宿泊は朝食を「インルームダイニング(ルームサービス)」と「クラブラウンジ」で選択可能

「インターコンチネンタル横浜Pier 8」のクラブフロア宿泊者の場合は、朝食の提供場所を「インルームダイニング(ルームサービス)」と「クラブラウンジ」で選択することができます。

インターコンチネンタル横浜Pier8のクラブフロアの朝食の選択肢

 

「インルームダイニング」を選択した場合、基本は朝食セットメニューを1人1つずつ選択する形になります。

「クラブラウンジ」を選択した場合も、セットメニューをオーダーする形になるのは同じですが、メニュー内容を相談しながらアレンジすることができますし、ドリンクなどは自由にいただくことができます。

また、上記タイムテーブルには明記されていませんが、午前11時以降になると朝食メニューの構成に若干変化があり「ブランチ」も提供されるようになります。

そこで今回は、より自由度の高い「クラブラウンジ」の方で朝食をいただくことにしました。

 

インターコンチネンタル横浜Pier 8の朝食をブログレポート:朝食&ブランチ

それではここかはら、クラブラウンジで実際に体験した「朝食」と「ブランチ」の様子をご紹介したいと思います。私が利用したのは、2020年11月上旬になります。

「アフタヌーンティー」「カクテルタイム」「ナイトキャップ」については別記事にまとめておりますので、こちらも合わせてご参照ください。

 

クラブラウンジ:朝食の様子

さて、まずは朝食の様子からご紹介したいと思います。まずは8時ごろにクラブラウンジの方に伺ってみました。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝食」:クラブラウンジ の雰囲気

 

クラブラウンジは朝の光を浴びて、明るく開放的で、すがすがしい雰囲気になっていました。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝食」:テーブルセット

 

朝食:メニュー

テーブルに案内されると、メニューが提供されます。メニューはこちらのように、朝食セットが紹介されています。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝食」:メニュー1

 

選択できる朝食セットは全部で4種類になっています。具体的には以下のようになります。

<朝食メニュー(11時まで)>

  • コンチネンタルブレックファスト
  • アメリカンブレックファスト
  • RISE&SHINE
  • 和朝食

 

「コンチネンタルブレックファスト」は一番シンプルな内容で、ジュース、サラダ、フルーツ、ヨーグルト(またはシリアル)、パンのセットになっています。

「アメリカンブレックファスト」にすると、「コンチネンタルブレックファスト」のヨーグルト(またはシリアル)の代わりに、卵料理とサイドディッシュを選択できるようになります。

「アメリカンブレックファスト」で選択できるメニューは以下になります。卵料理は「フライドエッグ」や「スクランブルエッグ」「ミックスオムレツ」などの8種類から、サイドディッシュも「ソーセージ」や「ベーコン」「ハム」などの8種類からということで、豊富な選択肢が用意されていますね。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝食」:メニュー2

 

続いて、「RISE&SHINE」と「和朝食」のメニューはこちらになります。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝食」:メニュー3

 

「RISE&SHINE」にすると、「アメリカンブレックファスト」の卵料理の代わりにメインを肉料理・魚料理から選択することができるようになります。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝食」:メニュー4

 

肉料理は「信玄鶏もも肉のハーブソテー」「ニュージーランド産 牧草牛フィレ肉のステーキ」、魚料理は「メカジキのグリル」となっており、朝食というよりは、ランチやディナーのようなラインナップになっています。非常に豪華な構成ですね。

サイドディッシュも「温野菜」や「グリルドトマト」「茸ソテー」など5種類から選択することができます。

 

ドリンクについては、コーヒー、または紅茶からの選択になります。こちらも種類豊富となっています。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝食」:メニュー5

 

注意点としては、「和朝食」は午前11時までの提供となっている点です。「和朝食」を狙っている場合は早めに訪れて注文するようにしましょう。

そんなこんなで今回は、夫婦2人で「RISE&SHINE」と「和朝食」をそれぞれ注文することにしました。

 

朝食:実食(RISE&SHINE)

まずは、「RISE&SHINE」の内容からご紹介したいと思います。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝食」:ドリンク

 

「RISE&SHINE」の場合、まずは前菜となるパンとサラダ、スープがやってきます。スープは季節感のある「かぼちゃのスープ」で良いですね。サラダも野菜が新鮮です。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝食」:サラダ、パン、スープ

 

パンは何も指定しなかったので、最初はプレーンなものがやってきました。好みに合わせてクロワッサンやデニッシュも選択することができます。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝食」:クロワッサン

 

そしてこちらがメインになります。この日は「ニュージーランド産 牧草牛フィレ肉のステーキ」をオーダーしてみました。付け合わせは、ハッシュポテトと茸ソテー、グリルドトマトとなっています。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝食」:メイン(ステーキ)

 

焼き加減はこんな感じで、ほんのりとピンクがかって良い感じです。「朝からステーキはちょっと重いかな?」と思いましたが、フィレ肉ということで食感もやわらかく、ソースもサッパリとしたタイプだったため、意外とペロリといただくことができました。朝ステーキもアリかもしれません。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝食」:ステーキ(断面)

 

スポンサーリンク

朝食:実食(和朝食)

続いてこちらは「和朝食」となります。お盆にのったワンプレートで一気にやってきます。「焼き魚」を中心に「だし巻き卵」「揚げ出し豆腐」「煮物」「香の物」「ご飯」「味噌汁」と、なかなか品数豊富です。見た目も綺麗ですね。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝食」:和食

 

中でも、焼き魚は、この日は「鮭の粕漬け」になっており、甘めの味わいと、表面がカリッと、中はしっとりとした食感が絶品でした。とても良い素材を利用されているのがうかがえます。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝食」:鮭の塩焼き

 

また、煮物のかぼちゃには、秋の紅葉を思わせる飾り包丁があしらわれていました。細かい仕事が丁寧ですね。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝食」:小鉢1

 

味付けは全体的にやさしめで、朝にはピッタリな感じでした。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝食」:小鉢2

 

どれもとても美味しく、満足度の高い朝食となりました。

 

クラブラウンジ:ブランチの様子

11時を過ぎるとクラブラウンジの朝食メニューには「ブランチメニュー」が追加されます。我々は、11時半ごろに再度クラブラウンジを訪れてみました。

インターコンチネンタル横浜Pier8「ブランチ」:クラブラウンジ の雰囲気

 

ブランチ:メニュー

11時を過ぎると、朝食メニューとして用意されていた「和朝食」がなくなり、代わりに「Pier 8 ブランチ」というメニューが追加になります。こちらがブランチメニューですね。

インターコンチネンタル横浜Pier8「ブランチ」:メニュー1

 

また、「コンチネンタルブレックファスト」と「アメリカンブレックファスト」「RISE&SHINE」は引き続きオーダーすることができますので、11時以降に選択できるメニューは以下ということになります。

<朝食メニュー(11時から)>

  • コンチネンタルブレックファスト
  • アメリカンブレックファスト
  • RISE&SHINE
  • Pier 8 ブランチ<=NEW!

 

「Pier 8 ブランチ」のメニューはこちらになります。ジュース、サラダ、スープ、メインという構成になっています。サラダとスープは朝食とは異なったものになっており、こだわりを感じします。朝食とブランチ、両方を利用した場合でも飽きることなく楽しむことができますね。

インターコンチネンタル横浜Pier8「ブランチ」:メニュー2

 

メインについては、ワッフル、フレンチトースト、エッグベネディクト、の3種類から選択できるようになっています。これらは、朝食にはなかった新な選択肢になっています。スイーツなども選択できるのは嬉しいですね。

そんなこんなで、我々は夫婦で「フレンチトースト」と「エッグベネディクト」をそれぞれオーダーすることにしました。

 

ブランチ:実食(Pier 8 ブランチ)

「Pier 8 ブランチ」の様子はこちらになります。まず最初にスープとサラダがやってきました。スープは「ストラッチャテッラ」という、パルミジャーノ・レッジャーノを溶き合わせたローマ風のものになっています。ほうれん草なども入った思ったよりも優しい味わいで落ち着きます。サラダも小海老とオレンジのカクテルサラダとなっており、本格的な作りです。どちらも美味しいです。

インターコンチネンタル横浜Pier8「ブランチ」:スープ、サラダ

 

そして、こちらがお待ちかねのメインになります。まずは「エッグベネディクト」ですね。こちらのエッグベネディクトは、サーモンとベーコンが両方サンドされた豪華仕様でした。2ポーションあり、ボリュームもありますね。

インターコンチネンタル横浜Pier8「ブランチ」:メイン(エッグベネディクト)

 

黄身の状態はこんな感じです。ドロっとした感じでなかなか良いです。味の方も、サーモンとベーコン、黄身、オランデーソースのバランスがとてもよく、抜群でした。

インターコンチネンタル横浜Pier8「ブランチ」:エッグベネディクト(断面)

 

続いてこちらは「フレンチトースト」。ベリーやマスカットに加えて、ココアパウダーでアレンジされています。こちらのフレンチトーストは、中がふわふわでプリンのような仕上がりになっていました。メープルシロップをかけても甘さは丁度よく、絶品の味わいでした。

インターコンチネンタル横浜Pier8「ブランチ」:メイン(フレンチトースト)

 

ブランチとしてこれだけのクオリティーのものを提供されているのは驚異的ですね。今回は朝食もいただいましたので、ちょっと早めのランチ兼デザートといった位置づけとなりましたが、非常に満足できる内容でした。

朝食のタイムテーブルで、朝食とブランチの2回を楽しめてしまうというのはお得すぎますね。このブランチというシステムがなくならないことを願うばかりです。

 

インターコンチネンタル横浜Pier 8:ホテル周辺を散策

人の少ない朝に散策できるのはホテル宿泊者の特権

朝食をいただいた後は、ホテル周辺を散策するのがオススメです。みなとみらい21地区は東京近郊でも有数の観光地となりますので、昼間は人でごった返していますが、朝の時間帯であれば人もまばらです。混雑を回避して散策を楽しむことができます。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝の散策」:みなとみらい21の風景1

 

こちらは横浜の観光名所でもある「赤レンガ倉庫」。朝9時半ごろだったと思いますが、人はまだポツポツといった感じです。こんな風景を楽しめるのは、近隣のホテル宿泊者の特権ですね。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝の散策」:みなとみらい21の風景2

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝の散策」:みなとみらい21の風景3

 

また、「インターコンチネンタル横浜Pier 8」のすぐ近くに位置する海上保安庁の建物には「海上保安資料館 横浜館」という資料館があります。

こちらでは、九州南西海域工作船事件の工作船及び回収物などが保存・展示されています。朝10時オープンで入場無料となっていますので、散策の途中に寄ってみるのも良いかもしれませんね。

インターコンチネンタル横浜Pier8「朝の散策」:みなとみらい21の風景4

 

「海上保安資料館 横浜館」の公式サイトはこちらになります。

参考 Topページ海上保安資料館 横浜館

 

インターコンチネンタル横浜Pier 8:予約した客室と価格

スポンサーリンク

予約サイトである「一休」経由の宿泊がお得

今回、こちらの「インターコンチネンタル横浜Pier 8」の宿泊には、予約サイトである「一休」を利用しました。

「【最大20%オフ!】いますぐ予約&あとで支払い(クラブ&スイート)」というもので、客室のグレードとしては「クラブ ダブル シティビュー」を選択しました。

元値は「66,300円」でしたが、ポイントの即時利用と「GoToTravel割引」で「41,438円」で利用することができました。

また、地域共通クーポンとして「10,000円」分も獲得できましたので、実質31,438円ほどで利用できたということになります。人気高級ホテルのクラブフロアとしてはリーズナブルな価格で利用することができました。

<宿泊コスト>

  • 宿泊料:66,300円
  • ポイント即時割引:-1,657円
  • GoToTravel割引:-23,205円
  • 差し引き:41,438円
  • 地域共通クーポン:+10,000円

 

一休では今回ご紹介した以外でも、いろいろな特典のついた豊富なプランが用意されています。「インターコンチネンタル横浜Pier 8」の最新価格はこちらからご確認ください。

「インターコンチネンタル横浜Pier 8」の最新価格はこちら!

 

また、東京近郊における「GoToトラベルキャンペーン」のおすすめホテルはこちらの記事でもご紹介しております。合わせてご参照ください。

 

インターコンチネンタル横浜Pier 8の宿泊記はYouTubeでも公開中

「インターコンチネンタル横浜Pier 8」の宿泊記は動画にまとめてYouTubeでも公開しております。

こちらの動画では、ホテルの外観からロビー、客室、ルーフトップ、クルーズまでまとめてご紹介しております。

ホテルの空気感は動画の方が把握しやすいと思いますので、こちらもぜひ併せてご鑑賞ください。

 

まとめ

今回は、「インターコンチネンタル横浜Pier 8」のクラブラウンジで体験した「朝食」と「ブランチ」の様子を詳しくご紹介しました。

「朝食」と「ブランチ」、両方を利用してみましたが、どちらも非常にレベルが高く大満足の内容となっていました。朝食のタイムテーブルで2回楽しめるというのはお得すぎますね。

前回の記事でご紹介した「アフタヌーンティー」や「カクテルタイム」のレベルの高さも考慮すると、こちらのクラブラウンジは東京都近郊のホテルの中でもトップレベルのグルメラウンジであると言えますね。またすぐにでも伺いたいぐらいです。

 

次の記事では、クラブフロア宿泊者は無料で利用することができる「クルーズ(クルージング)」の様子をご紹介したいと思います。無料とは思えない素晴らしい内容でした。

==>次の記事

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

インターコンチネンタルホテル(IHG)関連記事

 

東京近郊のラグジュアリーホテル宿泊記