【10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:朝食はオアシスガーデンで絶品ビュッフェを堪能!SPGプラチナ特典

f:id:pipinobu:20180129172202j:plain

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:朝食はオアシスガーデンで絶品ビュッフェを堪能!SPGプラチナ特典

今回は「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」での朝食の様子をご紹介します。SPGプラチナ会員の場合、朝食会場を2箇所から選択可能です。それは、クラブラウンジと「オアシスガーデン」です。オアシスガーデンはオールデイダイニングとして、一般の方にも解放されているレストランであり、朝食時のひとりあたりの価格は3,900円となっているため、お得度が高くなります。我々も今回、オアシスガーデンでの朝食を体験してきましたので、その様子を詳しくレポートしていきたいと思います。

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町とは

「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」は、「プリンスホテル」グループのホテルです。東京都千代田区紀尾井町にある「紀尾井タワー」の30階~36階に位置しています。

機能性と快適性を追求した250の客室と、日本文化の魅力を堪能できる和食のメインダイニング、イタリアンテイストのオールデイダイニングのほか、特徴の異なる2つのバー、ラウンジ、SPA&フィットネスなどを備えています。

高層階ならではの素晴らしい眺望を芸術の域にまで高めているため「ギャラリー」という名前を冠しています。

従来のプリンスホテルで最も上級ブランドであった「ザ・プリンス」を上回る最高級ブランドとして運営され、スターウッド・ホテル&リゾート(SPG)の高級ブランド「ラグジュアリーコレクション」にも加盟しています。

そのため、SPGの公式HPを通して予約することも可能で、SPGの宿泊実績の加算やスターポイントを利用した宿泊なども利用可能となっています。

SPGのホテルはカテゴリーによってホテルのグレードを表していますが、「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」は最上級である「カテゴリー7」に位置付けられています。

日本国内で「カテゴリー7」に位置付けられているのは、「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」と「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」のみであり、そのグレードの高さを物語っています。

<ホテル基本情報>

  • 住所:京都千代田区紀尾井町1番2号
  • チェックイン時間:15:00
  • チェックアウト時間:12:00

 

「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」の公式HPはこちらになります。

公式サイト|ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町

 

また、周辺地図はこちらになります。

 

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:予約した部屋とアップグレードの結果

今回の「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」には、SPGアメックスで貯めたスターポイントを使って、無料宿泊しました。

我々は夫婦2名で、2018年1月のある土曜日に宿泊したのですが、この日はハイシーズンだったようで、必要なポイントは「35,000スターポイント」となりました。

もともと予約してあったお部屋は、無料宿泊として指定可能な「スーペリアキング」でしたが、当日アップグレードにより、「デラックスキング」へのアップグレードに成功しました。

この「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」におけるチェックインから当日アップグレード、および、デラックスキングのお部屋の様子はこちらの記事で詳しくご紹介しています。合わせてご参照ください。

 

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:プラチナ会員特典で朝食無料

我々はこちらの「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」に、SPGのプラチナ会員として宿泊しました。プラチナ会員の場合、その特典として無料の「朝食提供」を受けることができます。

<マリオット、SPGの会員特典まとめ>

特典の内容

マリオット

SPG

ゴールド

プラチナ

ゴールド

プラチナ

客室のアップグレード

レイトチェックアウト

ラウンジ利用

朝食提供

 

そして、「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」の場合は、朝食会場を以下の2箇所から選択することができます。

<プラチナ会員が利用できる朝食会場>

  • クラブラウンジ(34階) :7:00から10:00
  • オアシスガーデン(36階):7:00から10:00  <=今回利用

 

クラブラウンジは、前日のアフタヌーンティーとカクテルタイムで十分満喫しましたので、朝食は「オアシスガーデン」を利用してみることにしました。

クラブラウンジでのアフタヌーンティーとカクテルタイムの様子はこちらの記事をご参照ください。

 

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:オアシスガーデンとは

「オアシス・ガーデン(OASIS GARDEN)」は「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」の最上階である36階に位置するレストランです。

オールデイダイニングとして、朝から夜まで、幅広いメニューを提供しています。

公式HPでは、以下のように紹介されています。

東京の景色を存分に楽しめる都会のオアシスで、国内外の厳選食材をカジュアルに楽しめる地中海料理のレストラン。グリーンアートに囲まれ「空中庭園」をイメージしたインテリアに囲まれた店内では、開放的でライブ感のあるオープンキッチンの賑わいと共に、シェフが厳選した多彩なメニューをご堪能いただけます。

All-Day Dining OASIS GARDEN|公式サイト|ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町

 

<オアシスガーデン(OASIS GARDEN)の基本情報>

  • 営業時間:朝食 7:00から10:00、喫茶 10:00から11:30、ランチ 11:30から15:30、喫茶 15:30から17:30、ディナー 17:30から23:00
  • 席数:108席
  • フロア:36F
  • 喫煙:全席禁煙

 

スポンサーリンク

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:オアシスガーデンでの朝食レポート

さて、前置きが長くなりましたが、ここからは、「オアシスガーデン」での朝食の様子をご紹介していきます。

オアシスガーデンの朝食:雰囲気と全体像

「オアシスガーデン」は「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」の36階に位置しています。ロビーも同じ36階にあるのですが、エレベーターホールを挟んで、ちょうど反対側が、「オアシスガーデン」となっています。

「オアシスガーデン」の入り口はこんな感じです。さっそく中に入ってみましょう。ちなみに、プラチナ会員の場合は、受付のところで、部屋番号を伝えるだけで、無料で利用することができます。

f:id:pipinobu:20180129172106j:plain

「オアシスガーデン」の中の様子はこんな感じです。こちらは、入り口から入って、一番最初のエリアになります。レストラン内が窓で囲まれており、また、天井も高く取られていますので、明るく賑やかで開放感のある空間になっています。

f:id:pipinobu:20180129172111j:plain

レストラン内には、こんな感じの通路があり、入り口付近のエリアと、奥のエリアに分かれています。奥のエリアは、どうも上級会員用のエリアのようです。

f:id:pipinobu:20180129172129j:plain

奥のエリアはこんな感じです。内装などは、入り口付近のエリアと共通ですが、比較的人がすくなく、静かで落ち着いた雰囲気になっています。

f:id:pipinobu:20180129172137j:plain

我々もこちらの奥のエリアの窓側のテーブルに案内いただきました。

席に座ると、こんな感じで、東京のビル群を見渡す、素晴らしい景色を楽しむことができます。とても気持ちが良いです。

f:id:pipinobu:20180129172202j:plain

スポンサーリンク

オアシスガーデンの朝食:選択可能なメニュー

さて、SPGのプラチナ会員の場合、いくつかの朝食メニューから選択することができます。選択可能なのは、以下の3種類になります。

<SPGプラチナ会員が選択可能なメニュー>

  • ビュッフェ
  • 和定食
  • アメリカンブレックファスト

 

こちらの写真のように、ビュッフェとアメリカンブレックファストに関しては、メニューの提示もあります。和定食については、口頭での説明のみです。

f:id:pipinobu:20180129172214j:plain
f:id:pipinobu:20180129172217j:plain

我々は、せっかく夫婦2人で利用していますので、ビュッフェ(私)と和定食(妻)を1つずつ選択することにしました。

ちなみに、ビュッフェとアメリカンブレックファストを選択した場合、卵料理はテーブルでのオーダー制になります。オーダー可能な卵料理は以下になります。

<オーダー可能な卵料理>

  • フライドエッグ
  • ポーチドエッグ
  • オムレツ
  • シェフズエッグ

 

オムレツの場合、具をプレーン、ハム、チーズ、オニオン、トマト、ハーブから選択します。

私は、エッグベネディクトが好きなので、メニューも見ずに、エッグベネディクトをお願いしてみたのですが、エッグベネディクトは提供していないそうです。残念・・。

ということで、シェフのおすすめだという「シェフズエッグ」を選択してみました。

オアシスガーデンの朝食:和定食の様子

オアシスガーデンでの朝食、まずは、和定食の内容をご紹介したいと思います。和定食は準備までに10分ほど必要ということで、コーヒーなどを飲みながら待ちます。

しばらくすると、デデーンと、こんな感じの「お籠」がやってきます。

f:id:pipinobu:20180129172240j:plain

まず、見た目が素晴らしいですね。どこから食べようか、ワクワクしてしまいます。

こちらの写真の上段は「出汁巻き玉子」なのですが、生雲丹が載っている豪華さです。また、引き出しの中には、釜揚げしらすが隠されていたりと、意外な発見もあります。

f:id:pipinobu:20180129172249j:plain

味の方は、全体的に薄味の上品な仕上げとなっており、一品一品の素材の良さを感じられるものでした。

ご飯は、こんな感じの「おひつ」に入ってやってきます。お米も粒が立っていて、絶品です。

f:id:pipinobu:20180129172255j:plain

タラバの蟹爪なんかもあります。

f:id:pipinobu:20180129172256j:plain

デザートはマスクメロン。幸せです。

f:id:pipinobu:20180129172300j:plain

 

オアシスガーデンの朝食:ビュッフェの様子

続いては、ビュッフェの様子をご紹介します。ビュッフェについては、こちらの写真のように、ずらずらっと料理が並べられていますので、好きなものをいただいてくるシステムになっています。

f:id:pipinobu:20180129172325j:plain

ビュッフェの品揃え:パン

こちらのビュッフェでまず目を引いたのが、パンの種類の豊富さです。こちらの写真のように、とても美味しそうなパン達が、ずらずらっと並べられています。

ホテル朝食であるクロワッサンから、フルーツのデニッシュ、食事用のハードなものまで、圧巻の品揃えです。ジャムやバターの用意ももちろんあります。

f:id:pipinobu:20180129172336j:plain

f:id:pipinobu:20180129172329j:plain

また、こだわりを感じたのが、トースターとして「バルミューダ」が用意されていたところです。パンが美味しくなるという噂の高級トースターですね。使い方の説明書きも用意されていました。

f:id:pipinobu:20180129172332j:plain

ビュッフェの品揃え:サラダとシリアル

こちらは、サラダ用の野菜各種。ドレッシングやトッピングも数種類用意されています。

f:id:pipinobu:20180129172347j:plain

こちらは、スティック状の野菜とチーズなどなど。

f:id:pipinobu:20180129172344j:plain

こちらはシリアル各種。ミルクも数種類の用意がありました。

f:id:pipinobu:20180129172340j:plain

ビュッフェの品揃え:ホットミール

こちらのビュッフェは、ホットミールも品揃え豊富です。まずは、ホテル朝食の定番である、カリカリベーコンやウィンナーなどなど。マスタードなどのソースも複数の種類がありました。

f:id:pipinobu:20180129172415j:plain

こちらも定番のスクランブルエッグや、温野菜などなど。

f:id:pipinobu:20180129172408j:plain

こちらは、ショートパスタとポテト、トマト、などなど。

f:id:pipinobu:20180129172405j:plain

おかゆとスープの用意もありました。

f:id:pipinobu:20180129172401j:plain

ビュッフェの品揃え:パンケーキ

パンケーキは、目の前でスタッフの方が焼いたものが、次々と並べられるシステムになっていました。オーダー制ではありませんが、焼きたてを食べることができ、美味しそうです。

f:id:pipinobu:20180129172358j:plain

ビュッフェの品揃え:フルーツ

こちらのビュッフェは、フルーツも品揃え豊富。写真が小さいのでわかりづらいですが、おいしそうなメロンの用意があります。あとは、パイナップルやフルーツポンチ、キウイ、ぶどう、オレンジなどなど。色鮮やかでどれも美味しそう。

f:id:pipinobu:20180129172350j:plain

f:id:pipinobu:20180129172355j:plain

ビュッフェ:いただいたもの

そんなこんなで、ビュッフェでいただいたのはこちらなります。まずは、オーダーした卵料理の「シェフズエッグ」です。スクランブルエッグとポーチドエッグ、生ハムの盛り合わせになっており、上には、トリュフが載っています。朝からトリュフ、贅沢です。味の方は言わずもがな、卵が絶妙なトロトロさ加減で絶品です。

f:id:pipinobu:20180129172435j:plain

こちらは、サラダとハム、サーモンなどなど。

f:id:pipinobu:20180129172441j:plain

こちらは、種類豊富なパンの品揃えから、クロワッサンとオレンジのデニッシュ。色鮮やかで、見た目通りの美味しさ。

f:id:pipinobu:20180129172444j:plain

こちらはパンケーキ。焼きたて感があって、こちらもなかなか。

f:id:pipinobu:20180129172458j:plain

最後は、フルーツをいただいてフィニッシュです。

f:id:pipinobu:20180129172502j:plain

オアシスガーデンの朝食:値段と価値

さて、そんなこんなで、「オアシスガーデン」で、我々は和定食とビュッフェを堪能したわけですが、後で値段を調べて見ました(ちょっといやらしい話ですが・・)

「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」の公式HPで確認してみたところ、それぞれ、以下の値段となっていました。SPGのプラチナ特典として選択可能だった朝食メニューは、全て3,900円だったようです。ちなみにサービス料はこれとは別に10%がかかります。

<オアシスガーデンでの朝食の値段>

  • ビュッフェ:3,900円
  • 和定食:3,900円
  • アメリカンブレックファスト:3,900円

 

今回、我々は夫婦2人で利用したわけですので、合計約7,800円分の朝食を、SPGプラチナ特典として、無料で利用することができたということになります。

値段的にお得なのもそうですが、朝から景色の良いレストランで食事をとることができ、気持ち的にも満足度が非常に高く感じました。

頑張ってプラチナ会員になってよかったと、実感することができました。

スポンサーリンク

SPGおよびマリオットの上級会員に簡単になる方法

SPGおよびマリオットの上級会員である「ゴールド会員資格」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスは、年会費が31,000円(税抜)のクレジットカードですが、もれなくSPGおよびマリオットのゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

現在は、SPGアメックス保有者からの紹介で、最大13,000スターポイントを獲得できるキャンペーンも実施中で、初年度における年会費の負担を軽減することもできます。ご興味のある方は、ぜひこのお得なタイミングでご検討ください。

 

私は、さらにその後、プラチナチャレンジを経て、SPGおよびマリオットのプラチナ会員資格を獲得することにも成功しました。

 

プラチナ会員になるのは、ちょっと大変そうですが、 プラチナチャレンジを利用すれば、最短でたった9泊でSPGおよびマリオットのプラチナ会員になることが可能です。

プラチナ会員になることで、SPGのホテルでラウンジを利用できたり、無料の朝食提供を受けられるようになったりと、ホテル滞在時の快適性とお得度が、ぐっと高くなります。

SPGおよびマリオットのプラチナ会員の特典については、こちらの記事をご参照ください。

 

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:朝食はオアシスガーデンで絶品ビュッフェを堪能!のまとめ

今回は「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」のオールデイダイニングである「オアシスガーデン」での朝食の様子をご紹介しました。

SPGプラチナ会員の場合、朝食メニューを3種類から選択可能でした。中でも私は「和定食」をとても気に入ってしまいました。

見た目も楽しく、味も絶品だったため、満足度が非常に高く感じました。もし次回利用する機会があっても、間違いなく、和定食を選択すると思います。

それにしても、これだけ完成度の高い朝食を無料で楽しめてしまうなんて、SPGプラチナ会員はとってもお得です。プラチナチャレンジを実施してよかったと、最近しみじみ思っています。

次回は、プールとサウナの様子をご紹介したいと思います。

==>次の記事

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:絶景プールとサウナをスパ&フィットネス「KIOI」で体験レポート!<SPG>

<==前の記事

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:クラブラウンジでのアフタヌーンティーとカクテルタイムをレポート!

<==ホテル宿泊記全体の目次、記事一覧==>

ホテル宿泊記:全体の目次、記事一覧はこちら!

 

それでは、また!

関連記事

 

error: