【7月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:クラブラウンジでのアフタヌーンティーとカクテルタイムをレポート!

f:id:pipinobu:20180129113427j:plain

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:クラブラウンジでのアフタヌーンティーとカクテルタイムをレポート!

今回は「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」のクラブラウンジでの、アフタヌーンティーとカクテルタイムの様子をご紹介したいと思います。「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」のクラブラウンジは、通常であれば、クラブルーム宿泊者、もしくは、スイートルーム宿泊者のみが利用できる特別なラウンジです。ただし、SPGのプラチナ会員の場合は、宿泊する部屋のカテゴリーに関係なく利用することができます。我々は今回、プラチナ会員としての宿泊となりましたので、こちらのクラブラウンジを利用することができました。そこで当記事では、我々が体験することができた、クラブラウンジでのアフタヌーンティーとカクテルタイムの様子を詳しくレポートしていきます。

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町とは

「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」は、「プリンスホテル」グループのホテルです。東京都千代田区紀尾井町にある「紀尾井タワー」の30階~36階に位置しています。

機能性と快適性を追求した250の客室と、日本文化の魅力を堪能できる和食のメインダイニング、イタリアンテイストのオールデイダイニングのほか、特徴の異なる2つのバー、ラウンジ、SPA&フィットネスなどを備えています。

高層階ならではの素晴らしい眺望を芸術の域にまで高めているため「ギャラリー」という名前を冠しています。

従来のプリンスホテルで最も上級ブランドであった「ザ・プリンス」を上回る最高級ブランドとして運営され、スターウッド・ホテル&リゾート(SPG)の高級ブランド「ラグジュアリーコレクション」にも加盟しています。

そのため、SPGの公式HPを通して予約することも可能で、SPGの宿泊実績の加算やスターポイントを利用した宿泊なども利用可能となっています。

SPGのホテルはカテゴリーによってホテルのグレードを表していますが、「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」は最上級である「カテゴリー7」に位置付けられています。

日本国内で「カテゴリー7」に位置付けられているのは、「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」と「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」のみであり、そのグレードの高さを物語っています。

<ホテル基本情報>

  • 住所:京都千代田区紀尾井町1番2号
  • チェックイン時間:15:00
  • チェックアウト時間:12:00

 

「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」の公式HPはこちらになります。

公式サイト|ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町

 

また、周辺地図はこちらになります。

 

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:予約した部屋と費用(コスト)、アップグレードの結果

今回の「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」には、SPGアメックスで貯めたスターポイントを使って、無料宿泊しました。

我々は夫婦2名で、2018年1月のある土曜日に宿泊したのですが、この日はハイシーズンだったようで、必要なポイントは「35,000スターポイント」となりました。

もともと予約してあったお部屋は、無料宿泊として指定可能な「スーペリアキング」でしたが、当日アップグレードにより、「デラックスキング」へのアップグレードに成功しました。

この、「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」におけるチェックインから当日アップグレード、および、デラックスキングのお部屋の様子はこちらの記事で詳しくご紹介しています。合わせてご参照ください。

 

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:クラブラウンジとは

クラブラウンジの利用資格

「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」のクラブラウンジは、通常であれば、クラブルーム宿泊者、もしくは、スイートルーム宿泊者のみが利用できる特別なラウンジです。ホテルの34階に位置しています。

ただし、SPGのプラチナ会員の場合は、宿泊する部屋のカテゴリーに関係なく利用することが可能です。我々は今回、プラチナ会員としての宿泊となりましたので、こちらクラブラウンジを利用することができました。

<クラブラウンジの利用資格>

  • クラブフロア宿泊者
  • スイートルーム宿泊者
  • SPGプラチナ会員 <=今回はこちらを利用

 

クラブラウンジの利用資格者には、チェックインの際には、こちらの写真のような説明書が手渡されることになります。

f:id:pipinobu:20180129110642j:plain

クラブラウンジのタイムテーブル

「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」のクラブラウンジは、時間帯に応じてフードとドリンクの提供がなされます。

具体的なタイムテーブルは以下になります。全体としての営業は朝7時から夜10時までで、朝食とティータイム、イブニングカクテルの3つのサービスが用意されています。

<クラブラウンジのタイムテーブル>

営業時間:7:00から22:00

  • 朝食:7:00から10:00
  • ティータイム:14:30から16:30 <=今回はこちらを利用
  • イブニングカクテル:17:00から19:00 <=今回はこちらを利用

 

今回は、ティータイムとイブニングカクテルを体験してきましたので、こちらの様子をレポートしていきたいと思います。

ちなみに、朝食、ティータイム、イブニングカクテル以外の時間帯には、ちょっとしたスナックとドリンクのみが提供されています。

また、アルコールは常時提供されています。他のホテルのクラブラウンジでは、アルコールはカクテルタイムのみの提供となることが多い中、嬉しいサービス。さすが「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」、太っ腹です。

最後に、クラブラウンジの注意点は以下になります。ドレスコードが設定されていますので、浴衣やバスローブなどでの利用はできません。

<クラブラウンジの注意点>

  • ドレスコード有り(スマートカジュアル)
  • 12歳以下の利用はティータイムまで
  • クラブラウンジ内のフード、ドリンクは持ち出し禁止
  • ひと部屋につき3名までビジターを有料で追加可能(朝食:4,000円、ティータイム:3,000円、イブニングカクテル:5,000円)

 

SPGのプラチナ会員資格を獲得した方法

私はSPGアメックスというクレジットカードを保有することで、SPGおよびマリオットのゴールド会員資格を獲得しました。

 

さらにその後、プラチナチャレンジを経て、SPGおよびマリオットのプラチナ会員資格を獲得することにも成功しました。

 

SPGの場合、ゴールド会員では、客室のアップグレードやレイトチェックアウトは利用可能ですが、ラウンジ利用や朝食提供は利用できません。

ラウンジ利用や朝食提供は、プラチナになって初めて利用できるようになります。

<マリオット、SPGの会員特典まとめ>

特典の内容

マリオット

SPG

ゴールド

プラチナ

ゴールド

プラチナ

客室のアップグレード

レイトチェックアウト

ラウンジ利用

朝食提供

 

そのため、我々も、プラチナ会員になってから、こちらの「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」に宿泊することにしました。

SPGおよびマリオットのプラチナ会員の特典については、こちらの記事をご参照ください。

 

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:クラブラウンジの雰囲気と全体像

まずは、「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」のクラブラウンジの雰囲気と全体像をご紹介したいと思います。

クラブラウンジはホテル内の34階にあります。エレベーターを降りると、こちらのようにクラブラウンジの案内がありますので、そちらに従います。

f:id:pipinobu:20180129112548j:plain

そしてこちらが、クラブラウンジの入り口になります。

f:id:pipinobu:20180129112553j:plain

中に入ると、左手に受付がありますので、そちらで部屋番号や名前を提示して、利用受付をしましょう。

f:id:pipinobu:20180129112557j:plain

クラブラウンジの中はこんな感じです。フロア全体に窓が大きく取られており、高層階からの景色が楽しめるようになっています。全体的に、明るく開放感のある空間になっています。こちらの写真の奥側が、ドリンクやフードのビュッフェテーブルになっています。

f:id:pipinobu:20180129112637j:plain

そして、手前側(実際にはラウンジの奥側)には、4人掛けなどのテーブル席も用意されています。

f:id:pipinobu:20180129112759j:plain

こんな感じの、和を連想させるようなオブジェも飾られており、雰囲気はとても良いです。

f:id:pipinobu:20180129112715j:plain

これは客室でもそうでしたが、窓枠はソファー状になっており、腰をかけられるようになっています。ここに座ると、高層階からの景色を独り占め気分に浸ることができます。

f:id:pipinobu:20180129112725j:plain

f:id:pipinobu:20180129112728j:plain

スポンサーリンク

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:クラブラウンジでのアフタヌーンティーの様子

それでは、まずはアフタヌーンティー(ティータイム)の様子を確認していきたいと思います。

ドリンクやフードは、こちらの写真のように、ビュッフェテーブルの上に、ずらずらっと並べられています。

f:id:pipinobu:20180129112842j:plain

アフタヌーンティー:ドリンクの品揃え

ドリンクについては、席に座ったタイミングで、スタッフの方にオーダーすることもできますし、自分で好きなものをピックアップすることもできます。

こちらの写真はコーヒーメーカーです。ボタンを押すだけで、カフェラテやエスプレッソなど、好きなコーヒーを作ることができます。

f:id:pipinobu:20180129113050j:plain

オレンジジュースやアップルなど、フルーツジュースも数種類の用意がありました。

f:id:pipinobu:20180129113054j:plain

紅茶は、「ロンネフェルト」のものです。いくつかのホテルで見かけますが、とても美味しいのでお気に入りです。

f:id:pipinobu:20180129113345j:plain

あと、珍しかったのは「エルダーフラワーシロップ」なるものが用意してあったことです。実際試してみましたが、薬草のような香りが漂う、甘さ控え目のシロップで、とても美味しかったです。家にも置いておこうかな。

f:id:pipinobu:20180129113352j:plain

f:id:pipinobu:20180129113356j:plain

その他、炭酸系のドリンクや、お水のペットボトルなどは、冷蔵庫の中に用意されています。また、前述のとおり、こちらのラウンジでは、常時アルコールが解禁されていますので、冷蔵庫の中にはビールの用意もあります。ビールも、プレモルやギネス、ハイネケンをはじめ、常時5種類ほど用意されていました。

f:id:pipinobu:20180129113047j:plain

アフタヌーンティー:フードの品揃え

続いては、フードの品揃えです。アフタヌーンティー(ティータイム)ということで、基本はお茶にあうようなお菓子の提供になります。

こちらは、マカロンと和三盆ケーキ。マカロンはフランボワーズと抹茶の2種類。

f:id:pipinobu:20180129113125j:plain

こちらは、カヌレとゼリー。

f:id:pipinobu:20180129113109j:plain

こちらは、チョコレートとクッキーですね。

f:id:pipinobu:20180129113115j:plain

冷蔵保存が必要なお菓子については、透明な冷蔵ボックスの中に用意されています。こちらは、ショートケーキとチョコレートケーキ(オペラ)、エクレア。

f:id:pipinobu:20180129113118j:plain

こちらは、和菓子2種類と、ピスタチオのブリュレとアプリコットのムース。

f:id:pipinobu:20180129113122j:plain

パンの用意もありましたので、お腹が空いている場合も大丈夫です(笑)。

f:id:pipinobu:20180129113112j:plain

アフタヌーンティー:いただいたもの

そんなこんなで、アフタヌーンティーでいただいたものはこちらになります。まずは、コーヒーとカフェラテで一息。

f:id:pipinobu:20180129113218j:plain

その後、ケーキやお菓子を、2人で少しずついただきました。どのケーキやお菓子も、かなり本格的な味わいで、さすが「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」と思わせるものでした。ラウンジだからといって、手を抜いた感じは一切しませんでしたね。

f:id:pipinobu:20180129113152j:plain

個人的には、ショートケーキと、マカロン、和菓子が特にお気に入りでした。この辺りは、何個でも食べられてしまいそうです。

f:id:pipinobu:20180129113234j:plain

f:id:pipinobu:20180129113204j:plain

f:id:pipinobu:20180129113200j:plain

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:クラブラウンジでのカクテルタイムの様子

続いては、カクテルタイム(イブニングカクテル)の様子をご紹介します。カクテルタイムは午後5時からのスタートになります。5時ちょっと過ぎに伺ってみると、うっすらと空が夕焼けに染まるところで、とても綺麗でした。

f:id:pipinobu:20180129113427j:plain

日没後は、クラブラウンジの照明も暗めに調整され、大人っぽい雰囲気になります。

f:id:pipinobu:20180129113437j:plain

また、窓側席からは、東京の夜景を楽しむこともできます。

f:id:pipinobu:20180129113443j:plain

ちなみに、「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」のクラブラウンジ は、カクテルタイムの時間帯も、それほど混雑しているようには感じませんでした。17時台はガラガラ、18時台になって、やっと7割ほど席が埋まるような状態でした。

マリオットやヒルトンのクラブラウンジは、カクテルタイムの時間になると、大混雑するのが慣例だったので、ちょっとビックリしました。

やはり、プラチナ会員からしかラウンジを利用できないSPG系のホテルは、まだ比較的平和のようです。

カクテルタイム:ドリンクの品揃え

それでは、まずは、ドリンクの品揃えを確認したいと思います。カクテルタイムになると、ビュッフェテーブルの上に、アルコールが配置されるようになります。こちらの写真のように、洋酒がずらずらっと並べられます。

f:id:pipinobu:20180201091950j:plain

ワインは、赤ワイン、白ワインの他に、ロゼの用意もありましたし、シャンパンの用意もありました。

f:id:pipinobu:20180129113458j:plain

ビールは、アフタヌーンティーのところでご紹介したように、冷蔵庫の中に用意されています。

スポンサーリンク

カクテルタイム:フードの品揃え

続いては、フードの品揃えです。フードについては、オードブルの用意ということで、お酒にあうような、おつまみを中心とした品揃えになります。

f:id:pipinobu:20180129113515j:plain

こちらは、ローストビーフ、とパテドカンパーニュ。ホタテのテリーヌも用意されていました。

f:id:pipinobu:20180129113534j:plain

こちらは、鴨とサーモン。あとはなぜか和風のきんぴら。

f:id:pipinobu:20180129113538j:plain

こちらは、パンとチーズ。パンはアフタヌーンティーと基本同じですね。チーズはブルーチーズやブルサンなど3種類。

f:id:pipinobu:20180129113522j:plain

こちらは、付け合せのピクルスやドライトマト、オリーブなど。

f:id:pipinobu:20180129113519j:plain

ナッツやポテトチップス、ドライフルーツなどもありました。

f:id:pipinobu:20180129113527j:plain

また、デザートとして、チョコとクッキーの用意もありました。こちらのチョコとクッキーは、アフタヌーンティーと同じものですね。

f:id:pipinobu:20180129113531j:plain

カクテルタイム:いただいたもの

そんなこんなで、いただいたものはこちらになります。まずは、大好きなプレモルで乾杯。そのあとは、シャンパンなどもいただきました。

f:id:pipinobu:20180129113558j:plain

奥さんはアルコールが飲めないので、ヨーガ(yoga)のジュースをいただいていました。とても美味しかったそうです。

f:id:pipinobu:20180129113619j:plain

フードに関しては、一通りいただいてみましたが、味はどれも絶品でした。アフタヌーンティーの時も感じましたが、ラウンジだといって手を抜いている感は一切ありません。大満足です。

f:id:pipinobu:20180129113608j:plain

個人的には、ローストビーフと鴨、ホタテのテリーヌが特に好みでした。またぜひ味わいたいです。

f:id:pipinobu:20180129113611j:plain

ちなみに、バゲットの用意もありますが、カクテルタイムだけでお腹を満たすのは難しそうです。

f:id:pipinobu:20180129113614j:plain

紀尾井町および赤坂周辺には、美味しいものがいっぱいありますので、ささっとお酒とオードブルをいただいたあとは、街に繰り出すのも良いかもしれません。

何れにしても「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」のクラブラウンジは、雰囲気も味も最高で、ホテルとしてのレベルの高さを実感できるものでした。

品数とボリュームは、決して多いとは言えませんが、それでも、満足感は非常に高いものが得られると思います。

何度でも伺いたくなるような、素晴らしいラウンジでした。

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:クラブラウンジの金銭的価値

最後に、ちょっといやらしいですが、クラブラウンジを利用できた金銭的価値を考えてみたいと思います。

前半でご紹介しましたが、ゲスト利用者を追加する場合のクラブラウンジ の価格は以下となっていました。

<クラブラウンジ のビジター料金>

  • 朝食:4,000円、ティータイム:3,000円、イブニングカクテル:5,000円

 

これだけの金銭的価値を、ホテル側が設定しているというわけですね。

我々は夫婦2人で、ティータイムとイブニングカクテルを利用しましたので、利用したコストは以下になります。

<クラブラウンジ利用のコスト>

  • ティータイム(3,000円) x2名+イブニングカクテル(5,000円)x2名=16,000円

 

なんと、合計で16,000円分です。

我々夫婦はプラチナ会員として、クラブラウンジを無料で利用できました。16,000円分の価値のあるものを、無料で利用できたというわけです。

SPGプラチナ会員って、とってもお得ですね。

SPGおよびマリオットの上級会員に簡単になる方法

SPGおよびマリオットの上級会員である「ゴールド会員資格」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスは、年会費が31,000円(税抜)のクレジットカードですが、もれなくSPGおよびマリオットのゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

現在は、SPGアメックス保有者からの紹介で、最大13,000スターポイントを獲得できるキャンペーンも実施中で、初年度における年会費の負担を軽減することもできます。ご興味のある方は、ぜひこのお得なタイミングでご検討ください。

 

SPGの場合は、プラチナ会員にならないとラウンジの利用や朝食提供を受けることができませんが、マリオットの場合は、ゴールド 会員からラウンジの利用や朝食提供を受けることが可能です。

SPGアメックスは、ホテル宿泊好き、旅行好きには欠かせないクレジットカードになりつつあります。

私時自身も、SPGアメックスを持つようになってから、慌ただしく観光をするスタイルからホテル宿泊を楽しむスタイルに変化しました。

世界中のSPGおよびマリオットのホテルで手厚い対応を受けることができるようになるため、ホテル宿泊が本当に楽しくなります。人生観が変わりますよ。

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:クラブラウンジでのアフタヌーンティーとカクテルタイムをレポート!のまとめ

今回は「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」のクラブラウンジの様子をご紹介しました。我々は、アフタヌーンティーとカクテルタイム、2つの時間帯で利用してみましたが、どちらも雰囲気が良く、味も抜群で、充実した時間を過ごすことができました。

さすが「カテゴリー7」、さすが「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」、と思わせる内容で、プラチナ会員になってよかったな、と実感することができました。

次回の記事では、こちらのプラチナ会員の特典として無料で利用することができた、レストランでの朝食の様子をレポートしたいと思います。

==>次の記事

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町:朝食はオアシスガーデンで絶品ビュッフェを堪能!SPGプラチナ特典

<==前の記事

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町 宿泊記:SPGアメックスとプラチナ特典でのアップグレード結果は?

<==ホテル宿泊記全体の目次、記事一覧==>

ホテル宿泊記:全体の目次、記事一覧はこちら!

 

それでは、また!

関連記事

error: