【6月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ザ・リッツ・カールトン東京の朝食をレポート!ロビーラウンジとクラブラウンジを比較!

f:id:pipinobu:20180228180907j:plain

ザ・リッツ・カールトン東京の朝食をレポート!ロビーラウンジとクラブラウンジを比較!

今回は「ザ・リッツ・カールトン東京」の朝食の様子をレポートします。「ザ・リッツ・カールトン」の場合、最上級の会員資格である「プラチナ会員」であっても、朝食提供の特典は通常ではありません。ただし「ザ・リッツ・カールトン東京」の場合、「プラチナ会員」であれば「ザ・ロビーラウンジ」というレストランで朝食(朝食ビュッフェ)を無料でいただくことができます。素晴らしい特典ですね。今回我々はクラブレベル宿泊でもあったので、クラブラウンジで朝食をいただくこともできます。そこで今回は、取材も兼ねて両方の朝食会場を体験してきましたので、その様子を詳しくご紹介していきたいと思います。

ザ・リッツ・カールトン東京とは

「ザ・リッツ・カールトン」は、世界最大のホテルグループである「マリオット」グループのブランドの一つです。マリオットの数多くあるブランドの中でも、最上級に位置付けられています。

「ザ・リッツ・カールトン」は、「マリオット」のブランドの一つであるため、マリオットリワード(マリオットの会員制度)の宿泊実績付与や、リワードポイントを利用した無料宿泊も可能となっています。

今回宿泊することになった「ザ・リッツ・カールトン東京」は、「ザ・リッツ・カールトン」の中でも、最上級のグレードである「ティア5」に位置付けられているホテルです。

日本国内に「ザ・リッツ・カールトン」のホテルは4軒ありますが、「ティア5」となっているのは東京と京都の2軒のみとなっています。

<日本国内におけるザ・リッツ・カールトンのティア一覧>

  • ザ・リッツ・カールトン大阪:ティア3
  • ザ・リッツ・カールトン沖縄:ティア4
  • ザ・リッツ・カールトン京都:ティア5
  • ザ・リッツ・カールトン東京:ティア5  <=今回宿泊

 

また 「ザ・リッツ・カールトン東京」は、東京で一番高い場所にあるホテルとしても有名です。ホテルとオフィス、店舗などを併設した複合施設である「東京ミッドタウン」内の超高層ビル 「ミッドタウン・タワー」の45階から53階に入居しています。

フロント、ロビー、レストランは45階、客室は47階以上という高層階に設置されています。また、客室は最も狭いものでも52平米以上という、高級ホテルならではのゆとりある設計となっています。

<ザ・リッツ・カールトン東京の基本情報>

  • 場所:「東京ミッドタウン」、「ミッドタウン・タワー」の45階から53階
  • チェックイン時間:15:00
  • チェックアウト時間:12:00

ザ・リッツ・カールトン東京 – Ritz-Carlton | オフィシャルサイト

 

「ザ・リッツ・カールトン東京」の周辺地図はこちらになります。

 

ザ・リッツ・カールトン東京:予約した部屋とアップグレードの結果

「ザ・リッツ・カールトン東京」には今回、SPGアメックスのスターポイントを利用して無料宿泊しました。

実際には、SPGのスターポイントから、マリオットのリワードポイントに移行して利用しています(1:3の割合でポイントを移行可能)。

「ザ・リッツ・カールトン東京」は「ティア5」ですので、無料宿泊に必要なポイント数は、70,000リワードポイント(=23,333スターポイント)でした。

また、ポイントで予約できる客室は一番ベーシックな「デラックス・ルーム(キング)」もしくは「トーキョー・デラックス・ルーム(ツイン)」だったのですが、

今回はクラブラウンジを利用したかったので、クラブレベル指定料金として20,000リワードポイント(=6,666スターポイント)を別途支払い「クラブ・デラックス・ルーム」を予約しました。

ザ・リッツ・カールトンの場合は、「プラチナ会員」と言えども、クラブルームに宿泊しない限りは、ラウンジを利用することができません。また、無料での朝食提供もありません。

このあたり、同じマリオットのグループとはいえ、「ザ・リッツ・カールトン」は一部独自のルールで運営されているため注意が必要です。

<マリオット、SPG、リッツ・カールトンの会員特典まとめ>

特典の内容

マリオット

SPG

リッツ・カールトン

ゴールド

プラチナ

ゴールド

プラチナ

ゴールド

プラチナ

客室のアップグレード

レイトチェックアウト

ラウンジ利用

朝食提供

 

ということで、今回、最終的に予約した部屋と利用したポイントは以下となりました。

<予約した部屋と利用したポイント>

  • 予約した部屋:クラブ・デラックス・ルーム
  • 90,000リワードポイント(=30,000スターポイント

 

また、その後、チェックイン時の当日アップグレードにより「クラブ・ミレニア・スイート」というスイートルームへの無償アップグレードに成功しました。

私は、「ザ・リッツ・カールトン」の会員制度の中で最高レベルである「プラチナ会員」として今回の宿泊に臨んだのですが、このプラチナ会員の特典がいかんなく発揮された結果となりました。

この「ザ・リッツ・カールトン東京」におけるチェックインから当日アップグレードの様子はこちらをご参照ください。

 

「クラブ・ミレニア・スイート」のお部屋の詳細はこちらをご参照ください。

 

「クラブラウンジ」の詳細はこちらをご参照ください。

 

ザ・リッツ・カールトン東京:朝食会場の選択肢

前述のとおり「ザ・リッツ・カールトン」では、最上位の会員資格である「プラチナ会員」であっても、通常であれば、無料朝食を特典として受けることができません。

ただし、「ザ・リッツ・カールトン東京」の場合は、このホテル独自の特典として、「プラチナ会員」には無料朝食を提供しています。

無料朝食の特典を受けられる場所は、我々が宿泊したタイミングでは、ホテルのロビーフロア(45階)に位置する「ザ・ロビーラウンジ」というレストランでした。

また、我々はクラブレベルでの宿泊でしたので、クラブレベル宿泊者のみが利用できる「クラブラウンジ」でも朝食をいただくことができます。

<朝食会場の選択肢>

  • ザ・ロビーラウンジ:プラチナ会員の特典として利用可能
  • クラブラウンジ:クラブレベル宿泊の特典として利用可能

 

ということで、今回はせっかくなので取材も兼ねて、「ザ・ロビーラウンジ」と「クラブラウンジ」、2箇所の朝食会場を体験してきました。

以下では、その様子をレポートしていきたいと思います。

ザ・リッツ・カールトン東京:「ザ・ロビーラウンジ」での朝食の様子

ザ・ロビーラウンジ:雰囲気

まずは「ザ・ロビーラウンジ」での朝食の様子をご紹介していきます。「ザ・ロビーラウンジ」はホテルのロビーフロアである45階に位置しています。「ザ・リッツ・カールトン東京」のロビーフロアはこんな感じで、非常に高い天井となっており、明るく開放感のある空間となっています。

f:id:pipinobu:20180228180729j:plain

「ザ・ロビーラウンジ」の全体像はこんな感じです。意外とたくさんの人で賑わっていました。人気の朝食会場のようです。

f:id:pipinobu:20180228180733j:plain

我々は、窓際のテーブル席に案内いただきました。テーブルの上に生花も置いてあり、なかなか良い感じです。コーヒーや紅茶などのホットドリンクは、テーブルでオーダーします。

f:id:pipinobu:20180228180907j:plain

こちら「ザ・ロビーラウンジ」では朝食はビュッフェ形式になっていますので、好きなものを自分でピックアップしてくる形になります。

f:id:pipinobu:20180228180952j:plain

ザ・ロビーラウンジ:朝食ビュッフェの品揃え

それでは、気になる朝食ビュッフェの品揃えを確認していきましょう。まず、目を引いたのがパンの種類の充実ぶりです。食事用のバゲットからハードなもの、クロワッサンまで、種類豊富に用意されています。

f:id:pipinobu:20180228181019j:plain

ジャムやハチミツなどの品揃えも素晴らしいですね。

f:id:pipinobu:20180228181022j:plain

こちらは、朝食の定番であるシリアルとヨーグルト。ヨーグルトは入れ物がおしゃれです。

f:id:pipinobu:20180228181029j:plain

フルーツもいろいろな種類のものが用意されていますね。メロンやベリーなどの用意があるのはポイント高いですね。この辺りのフルーツは高価なので、用意がないホテルも結構あります。

f:id:pipinobu:20180228181032j:plain

こちらは、サラダとともに、サーモンや生ハム、サラミなどなど。一目で、新鮮さがわかります。素材がとても良さそうです。

f:id:pipinobu:20180228181038j:plain

こちらはホットミール。写真だとわかりづらいのですが、右手のカップ状のものは、エッグベネディクトです。こちらの「ザ・ロビーラウンジ」には残念ながら、エッグステーションがないので、卵料理もビュッフェでの提供になります。その他は、朝食の定番である、ベーコンやソーセージ、温野菜などなど。

f:id:pipinobu:20180228181035j:plain

こちらは、ワッフル、プディング、タルトなどなど。

f:id:pipinobu:20180228181042j:plain

和食の用意もちゃんとありました。ご飯、おかゆと、それに合わせたトッピングの数々。

f:id:pipinobu:20180228181046j:plain

ドリンクに関しては、ホットドリンクはテーブルでオーダーできますし、コールドドリンクはビュッフェテーブルの上に用意があります。各種フルーツジュースやミルク、お水などなど。

f:id:pipinobu:20180228181025j:plain

スポンサーリンク

ザ・ロビーラウンジ:朝食ビュッフェでいただいたもの

そんなこんなで、いただいたものはこちらになります。まずはサラダ。サーモンも新鮮で組み合わせは抜群です。ソーセージやベーコンも美味しいです。

f:id:pipinobu:20180228181117j:plain

パンは、さくさくのふわふわで香り豊かです。

f:id:pipinobu:20180228181129j:plain

こちらは、カップ状のものがさきほどご紹介したエッグベネディクトです。味の方は、意外と普通(笑)。

f:id:pipinobu:20180228181125j:plain

ザ・リッツ・カールトン東京:クラブラウンジでの朝食の様子

クラブラウンジ:雰囲気

続いては「クラブラウンジ」です。「ザ・ロビーラウンジ」が意外と混んでいたので、こちらの方も混んでいるのかと思いきや、「クラブラウンジ」はほぼ誰もないような状態。とても静かです。

f:id:pipinobu:20180228181200j:plain

どこでも席は選び放題だったので、一番眺めのよさそうな窓側の席に座ることにしました。

f:id:pipinobu:20180228181203j:plain

クラブラウンジ:朝食ビュッフェの品揃え

「クラブラウンジ」での朝食も、朝食ビュッフェとなっています。ビュッフェカウンターの上には、食事がずらずらっと並べられていますので、好きなものをいただくことができます。

f:id:pipinobu:20180228181235j:plain

こちらは、サラダや生ハム、サラミなどなど。

f:id:pipinobu:20180228181256j:plain

フルーツは細くカットされたものの用意になっていました。

f:id:pipinobu:20180228181300j:plain

こちらは、パンとシリアルなどなど。

f:id:pipinobu:20180228181243j:plain

f:id:pipinobu:20180228181251j:plain

ヨーグルトやミルクなどは、冷蔵庫の中に用意されています。

f:id:pipinobu:20180228181247j:plain

こちらはホットミール。中身やスクランブルエッグやベーコン、ソーセージ、温野菜などなど。

f:id:pipinobu:20180228181316j:plain

和食の用意もありました。

f:id:pipinobu:20180228181308j:plain

ライブキッチンは、エッグステーションになっていました。オムレツや目玉焼きなど、好きな卵料理を作っていただくことができます。やはり、朝食ビュッフェでエッグステーションがあると、テンションが上がります。

f:id:pipinobu:20180228181312j:plain

そして、夜は雰囲気の良いバーカンターになっていた場所が、朝食の時間帯はスムージーバーになっていました。フルーツや野菜などで、お好みのスムージーをその場で作っていただくことができます。f:id:pipinobu:20180228181320j:plain

用意されている野菜やフルーツはどれも形が綺麗で美味しそうです。あらかじめ、何種類かのフルーツジュースとスムージーは、ある程度用意されていました。

f:id:pipinobu:20180228181326j:plain

ジュースは小瓶に入っていて可愛いですね。

f:id:pipinobu:20180228181330j:plain

クラブラウンジ:朝食ビュッフェでいただいたもの

そんなこんなで、いただいたものはこちらになります。こちらは、冷蔵庫の中に用意されていた、カップ状の前菜各種。どれも美味しそうです。

f:id:pipinobu:20180228181406j:plain

こちらは、スムージーバーで作っていただいたスムージーです。バナナ好きなので、バナナ多めで、ベリーと野菜を入れて作っていただきました。健康に良さそうですね。味の方もとても美味しかったです。

f:id:pipinobu:20180228181413j:plain

そしてこちらが、土曜日の朝限定で提供されている、ロブスターオムレツです。ゴロゴロとした大きめのロブスターがトッピングされており、お得度抜群です。卵も見た目どおりのプルプルで、ロブスターと濃厚なソースと絡めていただくと、絶品でした。

f:id:pipinobu:20180228181409j:plain

せっかくなので、和食もちょっといただいてみました。やっぱり和食は落ち着きます。

f:id:pipinobu:20180228181428j:plain

最後は、ヨーグルトとデザートで口直し。どちらも同じに見えますが、右手がグラノーラ付きのヨーグルト、左手がフルーツのヨーグルトになっています。

f:id:pipinobu:20180228181425j:plain

スポンサーリンク

ザ・リッツ・カールトン東京:ロビーラウンジとクラブラウンジの比較

今回、「ザ・ロビーラウンジ」と「クラブラウンジ」の2箇所の朝食会場を利用することができました。実際に利用してみて、感じた特徴はそれぞれ以下になります。

<ザ・ロビーラウンジの特徴>

  • 会場が広いため、料理の品揃えが豊富。クラブラウンジと比べて、パン、フルーツ、ホットミールの品揃えが、特に充実している。
  • ロビー横という立地と客の多さで、全体的に賑やかな雰囲気。
  • スタッフの方のサービスは淡白め。

 

<クラブラウンジの特徴>

  • エッグステーションで出来たての卵料理を提供している。特に、土曜日の朝限定の「ロブスターオムレツ」は必食。
  • スムージーバーで好みに合わせたスムージーを提供している。
  • とても静かな雰囲気で落ち着いて食事できる。
  • スタッフのサービスも丁寧できめ細やか。

 

落ち着いて食事をいただきたいなら「クラブラウンジ」一択といった感じです。スタッフの方のサービスも丁寧できめ細やか、とても気持ちが良いです。エッグステーションやスムージーバーがあるのも大きいですね。

一方、種類豊富な料理をたくさんいただきたい場合は「ザ・ロビーラウンジ」でしょうか。スタッフの方のサービスが淡白なので、クラブラウンジのサービスを体験してから行くと、ちょっとがっかりするかもです。

ただ、どちらを利用するにしても、利用している素材はとても良いものばかりで、味に対する満足度は非常に高いように感じました。

プラチナ会員として「ザ・ロビーラウンジ」の朝食ビュッフェを無料で利用することができるのは、とても魅力的です。

ザ・リッツ・カールトン東京:クラブレベル「ミレニア・スイート」のお部屋の価値

最後に、ちょっといやらしいですが、私が宿泊した日程でのお部屋の値段確認してみましょう。クラブ・ミレニア・スイートのお値段は、なんと1泊144,000円となっていまsね。

f:id:pipinobu:20180222130332j:plain

 

「ザ・リッツ・カールトン東京」の場合は、上記の表示金額の他に、サービス料15%と税金8%、合計で23%が加算されます。

従いまして、最終的に支払いが必要な金額は以下になります。

<ザ・リッツ・カールトン東京:支払いが必要な金額>

  • クラブ・ミレニア・スイート:177,120円

 

ですが今回、私の場合は、SPGアメックスのスターポイントを利用した無料宿泊ですので、宿泊に関しては1円も支払っていません。

つまりは、177,120円の価値のあるお部屋に、無料で宿泊できてしまったということになります。驚きです。

自分が、ザ・リッツ・カールトン東京のような、東京を代表する高級ホテルに、しかも、そのスイートに宿泊できる日がくるとは思っていませんでした。

SPGアメックスを持つことがなければ、多分、一生経験できなかったことだと思います。

本当に、SPGアメックスはすごいクレジットカードです。感謝してもしきれません。

ザ・リッツ・カールトン、マリオット、SPGの上級会員に簡単になる方法

ザ・リッツ・カールトン、マリオット、SPGの3つのホテルグループの上級会員である「ゴールド会員資格」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスは、年会費が31,000円(税抜)のクレジットカードですが、もれなくSPGおよびマリオットのゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

また、現在は、SPGアメックス保有者からの紹介で、最大13,000スターポイントを獲得できるキャンペーンも実施中で、初年度における年会費の負担を軽減することもできます。ご興味のある方は、ぜひこのお得なタイミングでご検討ください。

 

さらに、プラチナ会員まで登りつめたい方は、プラチナチャレンジがオススメです。プラチナチャレンジを利用すると、最短でマリオットのホテルに9泊するだけで、プラチナ会員資格を獲得することができます。必要コストは10万円前後です。

 

私は、プラチナ会員となった2017年12月から2018年2月までの約3ヶ月で、今回の「ザ・リッツ・カールトン東京」を含めて3回のスイートルームへのアップグレードに成功しました。プラチナチャレンジのコストの元は、既に十分に回収できています。

 

ザ・リッツ・カールトン東京の朝食をレポート!ロビーラウンジとクラブラウンジを比較!のまとめ

今回は「ザ・リッツ・カールトン東京」の朝食の様子をレポートしました。「ザ・リッツ・カールトン」の場合、最上級の会員資格である「プラチナ会員」であっても、朝食提供の特典は通常ではありません。ただし「ザ・リッツ・カールトン東京」の場合、「プラチナ会員」であれば「ザ・ロビーラウンジ」というレストランで朝食を無料でいただくことができます。素晴らしい特典ですね。

今回我々は「ザ・ロビーラウンジ」と「クラブラウンジ」、両方で朝食を体験しましたが、どちらもそれぞれ特徴があり、素晴らしいものでした。特に、クラブラウンジで土曜日限定で提供される「ロブスターオムレツ」は絶品でした。タイミングが合う方は、ぜひ一度お試しください。

次回は、プールとスパ施設の様子をご紹介したいと思います。スパ施設は宿泊者であったも通常は有料ですが「プラチナ会員」の場合は無料で利用することができました。こちらも素晴らしい体験でした。

 

==>次の記事

ザ・リッツ・カールトン東京:プールとスパ&フィットネス施設をレポート!

<==前の記事

ザ・リッツ・カールトン東京:クラブラウンジのフードプレゼンテーションを徹底レポート!

 

海外旅行好きの方はこちらの記事も注目です。SPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実現しています。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

関連記事

error: