陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク


<旅好き&陸マイラー注目記事!>

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

ヒルトン東京ベイ:エグゼクティブラウンジでのティータイムとカクテルタイムを徹底レポート!

f:id:pipinobu:20161227103013j:plain

 

ヒルトン東京ベイ:エグゼクティブラウンジでのカクテルタイムに潜入レポート!

今回は、ヒルトン東京ベイ(舞浜)のエグゼクティブラウンジ(セレブリオラウンジ)でのティータイムとカクテルタイムの様子を一挙にご紹介します。ヒルトン東京ベイ(舞浜)のお台場のエグゼクティブラウンジ(セレブリオラウンジ)は、まだできたばかりでピカピカのラウンジです。しかし、残念ながら、ティータイムにはアフタヌーンティーの設定はなく、いたって質素な雰囲気・・。しかし、カクテルタイムは、ホテル内のレストランから提供される料理もなかなかおいしく、楽しい飲み放題タイム(もちろんアルコールあり)を満喫することができました。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ヒルトン東京ベイとは

ヒルトン東京ベイ(舞浜)は、その名前ではよくわかりませんが、千葉県浦安市舞浜に位置しています。最寄駅は舞浜駅です。大人気のテーマパークである東京ディズニーランドに隣接しています。東京ディズニーランドのオフィシャルホテルでもあり、東京ディズニーランドの観光にはもってこいのロケーションです。

 

ヒルトン東京ベイの公式HPはこちらになります。

 

東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテル一覧はこちらになります。

【公式】ホテル / 宿泊プラン|東京ディズニーリゾート

 

ヒルトン東京ベイ(舞浜)の周辺地図はこちらになります。

 

ヒルトン東京ベイ宿泊記

前回の記事はこちらになります。ヒルトン東京ベイ(舞浜)宿泊記の第一弾として、当日チェックインおよびアップグレードと、セレブリオセレクト(エグゼクティブルーム)のお部屋の様子を詳しくご紹介しております。併せてご参照ください。

 

スポンサードリンク

 

 

エグゼクティブラウンジの徹底レポート

セレブリオラウンジとは

ヒルトン東京ベイのエグゼクティブラウンジは、セレブリオラウンジという名前を担っています。混乱するので、当ブログでは、エグゼクティブラウンジで通したいと思います。

 

こちらのエグゼクティブラウンジを利用できるのは、基本は、セレブリオ セレクトおよびセレブリオ スイートの宿泊者になります。これに加えて、ヒルトンHオナーズのダイヤモンド会員は、宿泊する部屋のカテゴリーに関係なく、利用することができます。

セレブリオ・ラウンジ|千葉・舞浜のホテルなら【ヒルトン東京ベイ|東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル】

 

タイムテーブル

エグゼクティブラウンジの様子をご紹介する前に、まずは、タイムテーブルを確認したいと思います。レセプションでのチェックインの際に、こんな感じの、ラウンジ利用に関する説明書きが渡されます。

f:id:pipinobu:20161227102337j:plain

 

こちらによると、エグゼクティブラウンジのタイムテーブルは以下のようになっています。ラウンジ全体としては、朝6時00分から夜10時までになっていて、各時間帯に合わせて、朝食やリフレッシュメント、カクテルタイムのサービスが提供されています。

  • ラウンジ営業時間:6:00am-10:00pm
  • 朝食:6:00am-10:00am
  • カクテルタイム:5:00pm-7:00pm
  • 上記以外の時間は軽食セレクションとソフトドリンクを提供

 

ということで、こちら、ヒルトン東京ベイ(舞浜)のエグゼクティブラウンジでは、残念ながら、ティータイムにアフタヌーンティーの設定はありませんね。上記以外の時間は軽食セレクションとソフトドリンクを提供とのことだったので、もしかしたら何かあるかも、ということで、ティータイムにも潜入してみました。

 

ティータイムの様子

ティータイムということで、チェックイン後の午後3時30分ぐらに伺ってみました。

エグゼクティブラウンジの入り口はこんな感じです。知らなければ入りづらい、高級感を醸し出しています。

f:id:pipinobu:20161227102925j:plain

 

こちらのラウンジは、2016年の8月にできたばかりということで、まだまだピカピカです。全体的に、和モダンな雰囲気で統一されています。

f:id:pipinobu:20161227103002j:plain

 

私たちが訪れた時は、驚くほど空いていました。きっと、宿泊客のみなさんは、東京ディズニーランドに遊びにいっているのでしょう。この立地のホテルで、昼間からラウンジに行こうという酔狂な客は、きっとあまりいないのでしょうね。ティータイムにアフタヌーンティーの設定がないのも、なんとなく理解できました。

f:id:pipinobu:20161227103008j:plain

 

 

それでは、早速、料理の品揃えを確認したいと思います。料理はこんな感じで、中央のカウンターに並べられています。

f:id:pipinobu:20161227102930j:plain

 

料理を確認といっても、この時間に提供されていたのでは、以下のスナックのみでした。クッキーやクラッカー、ドラジェなどのアーモンド砂糖菓子、等々です。ラウンジの説明書きには、軽食セレクションという記載があったので、サンドイッチやドーナツ等、もう少しなにかあるのかと期待したのですが、ちょっと残念ですね。

f:id:pipinobu:20161227102935j:plain

 

ドリンクはこんな感じで、オレンジやアップル等のフルーツジュースと、コーヒーメーカーの提供でした。

f:id:pipinobu:20161227102941j:plain

 

こちらは、コーヒーメーカー。セガフレードのマシーンでした。なかなか本格的でいいですね。

f:id:pipinobu:20161227102946j:plain

 

その他のソフトドリンクは冷蔵庫からピックアップするシステムです。この時間はアルコールの提供はないので、ミネラルウォーターや炭酸水、ジンジャーエールや烏龍茶などでですね。写真に撮り忘れてしまいましたが、上部にも冷蔵庫があり、そちらには、コーラなどもあったと思います。

f:id:pipinobu:20161227102950j:plain

 

ということで、ティータイムにはあまり特筆すべき点がなかったので、軽くスナックとドリンクをいただいて退散しました。

f:id:pipinobu:20161227103017j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

カクテルタイムの様子

さて、ティータイムが質素だった分、期待の高まるカクテルタイムです。カクテルタイムは17時からということで、17時ちょっと過ぎぐらいに伺いました。

ラウンジには直接出れるテラスガーデンもあり、このようなサンセットも望めました。

f:id:pipinobu:20161227105132j:plain

 

カクテルタイムの方はさすがに混んでいるかな、と思いましたが、混雑具合はそれほどでもなかったです。座席的には、5割も埋まってないぐらいだったと思います。このカクテルタイムも、17時から19時までと、比較的早い時間なので、きっと、宿泊客の多くの方は、東京ディズニーランドを満喫中なのでしょうね。

 

ということで、早速料理のご紹介をしていきたいと思います。こちらは、クラッカーとペースト。辛いサルサソースと、ツナ系のソースでした。おつまみの定番ですね。

f:id:pipinobu:20161227105028j:plain

 

こちらは、カップサラダ。始めからカップに取り分けられているのがお上品ですね。専用のソースも用意されています。確か、アンチョビ系のお味だったと思います。

f:id:pipinobu:20161227105033j:plain

 

こちらは冷製スープ、ビシソワーズですね。

f:id:pipinobu:20161227105039j:plain

 

続いては、ホットミール系です。こちらはキッシュロレーヌ。おつまみ用のミニサイズです。

f:id:pipinobu:20161227105104j:plain

 

こちらは、サーモンの串焼き。

f:id:pipinobu:20161227105059j:plain

 

こちらのラウンジには、珍しくデザートも用意されていました。こちらはバームクーヘン。

f:id:pipinobu:20161227105044j:plain

 

こちらは、プリンですね。いちごが乗っているのが嬉しいです。このプリン、カラメルソースが絶妙ですごく美味しかったです。聞いてみると、やはりホテル内のパティスリーから運んできているそうです。納得です。

f:id:pipinobu:20161227105050j:plain

 

アルコールの品揃えはこんな感じです。自分でカクテルを作れるように、洋酒が何種類か用意されていますね。赤ワインもあります。

f:id:pipinobu:20161227105113j:plain

 

ビールはスーパードライの缶が提供されていました。白ワインやスパークリングも冷蔵庫の中に入っていたので、必要な場合はこちらから取り出していただくシステムです。

f:id:pipinobu:20161227105118j:plain

 

ということで、料理とドリンクの物色がおわったので、早速、いただくことにしましょう。まずは、定番のスパークリングワインで乾杯です。

f:id:pipinobu:20161227105124j:plain

 

その後、ビールにスイッチしたりしながら、料理もいただきました。こちらは、前菜ということで、ビシソワーズとサラダですね。

f:id:pipinobu:20161227105108j:plain

 

続いて、メイン?ということで、サーモンとキッシュロレーヌ。こちらのサーモンの串焼きはサーモンがふわふわに仕上がっており、絶品でした。キッシュロレーヌも小さい分、味が凝縮されており、おいしかったですね。このあたりは何回もお代わりしました(笑)。

f:id:pipinobu:20161227105121j:plain

 

その後、クラッカーでお腹を満たしつつ、最後はデザートでフィニッシュとなりました。

f:id:pipinobu:20161227105127j:plain

 

カクテルタイムということで、夕食前にアルコールを飲みながら、軽くおつまみをいただくという目的なので、料理全体のボリュームは、ちょっとさみしい感じでした。また、料理の品揃えに関しても、料理の入れ替えもなかったので、ヒルトン東京(新宿)や、ヒルトン東京お台場のカクテルタイムを経験した後だと、正直、物足りなさを感じましたね。

やっぱり、こちらのヒルトン東京ベイ(舞浜)は、東京ディズニーランドに行く観光客が主だと思うので、ラウンジに対する力の入れ方が、ちょっと弱いのかなあ、と感じたりしました。

 

ヒルトン東京(新宿)と、ヒルトン東京お台場のカクテルタイムの様子はこちらでご紹介していますので、合わせてご参照ください。


ヒルトンオナーズのダイヤモンド会員資格を手に入れた経緯

私は「SPGアメックスカード」というクレジットカードをメインカードにしています。 「SPGアメックスカード」は、SPG(シェラトンやウェスティンなど)、マリオット、リッツ・カールトンの3つのホテルグループのゴールド会員資格の獲得や、2年目以降の無料宿泊(1泊)など、様々な特典が用意された非常に優秀なクレジットカードです。

 

SPGアメックスカードにはSPGのゴールド会員資格が付いてくるので、せっかくなのでとヒルトンにステータスマッチをしてみたところ、ヒルトンのダイヤモンド会員資格を獲得できてしまいました。

 

ヒルトンのダイヤモンド会員の特典は多岐に渡りますが、特に有用な特典は以下となります。世界中のヒルトンホテルで、このような特典が受けられるのは素晴らしい体験です。

 

<ヒルトンのダイヤモンド会員特典>

  • レイト・チェックアウト
  • 2人目のお客様はご宿泊無料
  • フィットネスセンターとヘルスクラブのご利用
  • 1滞在につき無料のボトルウォーター2本
  • 空室状況に基づくプリファードルームへのアップグレード
  • 1滞在につき1,000 Hオナーズ・ボーナスポイント
  • ご滞在中に毎日無料でご提供するコンチネンタルブレックファスト(会員様および同室にご宿泊のお客様1名様まで)
  • エグゼクティブフロア・ラウンジのご利用(一部のホテル)

 

SPGアメックスの特典およびメリット・デメリットについてはこちらの記事にまとめておりますので、合わせてご参照ください。以下の記事でもご紹介しておりますが、SPGアメックスでは、現在、入会紹介キャンペーンを実施しています。私からの紹介でのご入会で17,000ポイントを獲得できます。SPGアメックスの公式HPからご入会するより、7,000ポイント分もお得となっておりますで、ご興味の方はぜひご利用ください。

 

ヒルトン東京ベイ:エグゼクティブラウンジでのティータイムとカクテルタイムを徹底レポート!のまとめ

今回は、ヒルトン東京ベイ(舞浜)のエグゼクティブラウンジ(セレブリオラウンジ)でのティータイムとカクテルタイムの様子を一挙にご紹介しました。上でも書かせていただきましたが、東京都内の他のホテルのカクテルタイムと比べるとちょっと弱い感じがしましたね。アフタヌーンティーの設定はそもそもありませんし・・。

 

やっぱりこちらのホテルは、東京ディズニーランドの観光の拠点としての利用が正しく、ホテルの滞在自体を楽しもうという目的には、あまり合わないのかもしれませんね。

 

次の記事はこちらです。フォレストガーデンでの朝食ビュッフェの様子をご紹介しております。


旅行好きの方はこちらの記事も注目です。陸マイラーとしてSPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実践しています。夫婦2人でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円(税金・サーチャージ等)だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

おすすめ記事