【12月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

串カツ田中の食事を驚きの50%割引で楽しむ方法!<ポイントタウン>

f:id:pipinobu:20160320220127j:plain

串カツ田中の食事を驚きの50%割引で楽しむ方法!<ポイントタウン>

串カツ田中の食事を2500円引きで楽しむ方法が存在します。それは覆面モニターを利用することです。そこで今回は、串カツ田中での覆面モニターの体験レポートをお送りしたいと思います。利用したポイントサイトは、当ブログ一押しのポイントタウンです。

ポイントタウンの基本情報

ポイントタウンは当ブログ一押しのポイントサイトです。総合系ポイントサイトとして使いやすくバランス が良いのが特徴で、モニター案件も扱っています。他のポイントサイトと比較してポイント条件も高額なことが多いので、ポイントタウンひとつあれば、まず困 ることはありません。公式HPはこちらになります。

www.pointtown.com

ポイントタウンではお得な入会キャンペーンを実施中

今回ご紹介したポイントタウンでは、お得な入会キャンペーンを実施中です。当ブログ経由でポイントタウンに入会いただくことで、400円分のポイントを獲得できます。当ブログとポイントタウンとの提携で実現した、当ブログだけの特別企画です。ぜひご利用ください。

 

ポイントタウンの入会キャンペーンの詳細はこちらでもまとめております。

 

また、ポイントタウンを利用した、モニター案件の種類や探し方、応募方法については、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご参照ください。

 

串カツ田中とは?

串カツ田中といえば、最近はメディアでも頻繁に取り上げられている人気店です。

そんな人気店で飲食をして、50%がポイントとして還元されるなんてとってもお得ですよね。

kushi-tanaka.com

串カツ田中案件:概要

ポイントタウンでは、串カツ田中の覆面モニター案件を以下のように募集しています。お店によってなぜかポイント条件は異なりますが、だいたい50%還元になるお店が多いようです。ピピノブも50%還元のお店を狙って潜入してみました。

f:id:pipinobu:20160320215752j:plain

串カツ田中案件:食事の様子

まずはビール!うれしいプレミアムモルツ!!

席について、まずはドリンクということで、ビールをお願いします。プレミアムモルツがあるところが嬉しいです。泡も綺麗に載っています。相方はウーロン茶です。

f:id:pipinobu:20160320220127j:plain

お代わり自由のキャベツのお通し

串カツ屋さんなので、お通しに生キャベツも付いてきます。ちなみに、こちらのキャベツは食べ放題です。ソースにつけていただきます。ソースは当然ながら、2度づけ禁止ですよ!

名物ポテトサラダ

その後は、当然串カツを頼みますが、串カツは揚げるまでにちょっと時間がかかるので、こちらのポテトサラダで間をつなぎます。こちらのお店は、ポテトサラダを自分でこねるんですよね。楽しみながら、自分好みに仕上げることができます。ベーコンチップなんど入っていて、味もなかなかです。

f:id:pipinobu:20160320220230j:plain

串カツの登場!

そんなこんなで、しばらくすると、お待ちかねの串カツが登場です。こちらは、たぶん、お餅とレンコン、豚串と牛串かな?ちょっとうろ覚えですが(笑)、どれもころもが薄くてサクッと揚がっていてとっても美味しいです。

f:id:pipinobu:20160320220029j:plain

串カツ田中案件:お会計

この後も、何本か串カツを注文して、2人で会計は5000円弱。50%ポイント還元なので、実質2500円で、お腹いっぱいビールと串カツを楽しめたことになります。

串カツ田中案件:獲得できるポイントとANAマイルは?

獲得できるポイント数が、2500円相当なので、ソラチカルートに乗せると交換レート90%前提で、2500円 x 0.9 = 2250 ANAマイル、という計算になります。

まとめ

普通でもコストパフォーマンスの良いお店ですが、覆面モニターとして実施すると、信じられないぐらいお得になります!もちろん、この後、お仕事としてレビューとレシートの提出はちゃんと実施しました。後日確認すると、4日後ぐらいにちゃんとポイントが反映されていました。次回(来月)もまた当選できるかはわかりませんが、毎月でも行きたいなあ、と思う今日ころのごろです(笑)。

ポイントタウンへのご入会はこちらのバナーからお進みください。当ブログ限定の特別ボーナスとして「400円分のポイント」がゲットできますよ。

 

それでは、また!

関連記事

error: