【6月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

香港国際空港:ユナイテッド航空 ラウンジ訪問記!ユナイテッドクラブとグローバルファーストラウンジ

f:id:pipinobu:20180217120000j:plain

香港国際空港:ユナイテッド航空 ラウンジ訪問記!ユナイテッドクラブとグローバルファーストラウンジ

今回は、香港国際空港のユナイテッド航空(United Airlines)のラウンジを利用してきましたので、その様子を訪問記としてレポートしたいと思います。香港国際空港のユナイテッド航空ラウンジは2つに分かれています。ビジネスクラス用の「ユナイテッドクラブ」と、ファーストクラス用の「グローバルファーストラウンジ」です。今回私は、シンガポール航空のファーストクラス(スイートクラス)を利用して、香港からシンガポールに移動する予定でしたが、ユナイテッド航空はシンガポール航空と同じスターアライアンスのメンバーということで、両方のラウンジを利用することができました。当記事では、ユナイテッド航空ラウンジの利用資格から場所と営業時間、ビジネスクラスラウンジとファーストクラスラウンジのそれぞれの様子から違いまで、詳しくレポートしていきたいと思います。

香港国際空港とは

香港国際空港は、香港にある国際空港です。アジアを代表するハブ空港として1998年に開港された巨大空港です。ターミナル1(T1)とターミナル2(T2)の2つのターミナルで構成されています。

ターミナル1(T1)は出発と到着の両方で利用しますが、ターミナル2(T2)は出発専用となっており、ターミナル2(T2)はLCCの利用が多くなっています。

香港国際空港から香港市内、および、香港市内から香港国際空港へのアクセスとしては「エアポート・エクスプレス」の利用が便利です。我々も往復ともに「エアポート・エクスプレス」を利用しました。

香港国際空港:ユナイテッド航空ラウンジの場所と営業時間

香港国際空港のユナイテッド航空のラウンジである「ユナイテッドクラブ」は、ターミナル1(T1)の出国審査後の制限エリアに位置しています。場所は61番ゲート付近の7階(レベル7)になります。また、営業時間は06:00から23:59までとなっています。

<ユナイテッド航空ラウンジの場所と営業時間>

  • 場所:出発ターミナル(ターミナル1)、61番ゲート付近の7階(レベル7)
  • 営業時間:06:00から23:59

香港国際空港の場合、6階(レベル6)にゲートが集中していますので、ラウンジを利用する場合は、1階上に移動するような形になります。

こちらは、香港国際空港の出発ターミナル(ターミナル1)のマップになります。ANAのサイトのものが一番わかりやすかったので、そちらから借用しています。「ユナイテッドラウンジ」が7階(レベル7)に位置しているのがわかりますね。

f:id:pipinobu:20180217112141j:plain

香港-香港国際空港の施設案内空港案内[国際線]|ANA

ちなみに、先日ご紹介した、タイ国際空港の「ロイヤルオーキッドラウンジ」は同じフロアですぐ近くにあります。ですので、スターアライアンス繋がりで、ラウンジのはしごをして楽しむこともできます。

www.pipinobu.com

香港国際空港:ユナイテッド航空ラウンジの利用資格

香港国際空港のユナイテッド航空のラウンジでは、ビジネスクラス用のエリアとファーストクラス用のエリアで、利用できるエリアが分割されています。

ビジネスクラス用のエリアは「ユナイテッドクラブ」、ファーストクラス用のエリアは「グローバルファーストラウンジ」と呼ばれています。

<ユナイテッド航空ラウンジの構成>

  • ビジネスクラス用エリア:ユナイテッドクラブ
  • ファーストクラス用エリア:グローバルファーストラウンジ

それぞれのエリアで利用資格が異なるため注意が必要です。

ビジネスクラスラウンジ:ユナイテッドクラブ

ビジネスクラスラウンジである「ユナイテッドクラブ」の利用資格は以下になります。

基本は、ユナイテッド航空、および、ユナイテッド航空が加盟するスターアライアンスの「ビジネスクラス」搭乗者が利用できるラウンジです。

ただし、「マイレージプラス プレミアゴールドメンバー」や「スターアライアンス ゴールドメンバー」の場合、スターアライアンス加盟航空会社運航便であれば、座席クラスに関わらず利用することが可能となっています。

<ビジネスクラスラウンジ:ユナイテッドクラブの利用資格>

  • ユナイテッド航空ビジネスクラスご搭乗のお客様
  • スターアライアンス加盟航空会社運航便のビジネスクラスにご搭乗のお客様(同航空会社のファーストクラスのお客様もご利用いただけます。)
  • スターアライアンス加盟航空会社運航便にご搭乗のマイレージプラス プレミアゴールドメンバーのお客様
  • スターアライアンス加盟航空会社運航便にご搭乗のスターアライアンスゴールドメンバーのお客様

ファーストクラスラウンジ:グローバルファーストラウンジ

ファーストクラスラウンジである「グローバルファーストラウンジ」の利用資格は以下になります。

こちらの場合はビジネスクラス用エリアよりも利用資格が厳しく、ユナイテッド航空、および、ユナイテッド航空が加盟するスターアライアンスのファーストクラス搭乗者に利用が限定されています。

<ファーストクラスラウンジ:グローバルファーストラウンジの利用資格>

  • ユナイテッド航空ファーストクラスご搭乗のお客様
  • スターアライアンス加盟航空会社運航便のファーストクラスにご搭乗のお客様

スポンサーリンク

私の場合の利用資格と利用ラウンジ

私は今回、香港からシンガポールへの経路で、シンガポール航空の「スイートクラス」搭乗者として、こちらのラウンジを訪れました。

シンガポール航空は、ユナイテッド航空と同じスターアライアンスに加盟しており、また、シンガポール航空のスイートクラスは一般的にはファーストクラスに位置付けられます。

従いまして、私は「スターアライアンス加盟航空会社運航便のファーストクラスにご搭乗のお客様」という条件を満たしていることになります。

この条件を満たしていればファーストクラスラウンジであるグローバルファーストラウンジ」を利用できるということになります。また、「ユナイテッドグローバルファーストラウンジ」の利用資格を持っていれば、ビジネスクラスラウンジである「ユナイテッドクラブ」も利用できることになります。

ということで、今回はせっかくなので、取材も兼ねて両方のラウンジに潜入してみることにしました。ファーストクラスを利用することなんて、滅多にないことですからね。

香港国際空港:ユナイテッド航空ラウンジ訪問記

ユナイテッド航空ラウンジ:ラウンジの行き方

ユナイテッド航空ラウンジは前述のとおり、61番ゲートの近くにあります。中国語でラウンジは「貴賓室(Lounges)」という表示がされていますので、そちらの案内に従って移動します。

f:id:pipinobu:20180217120031j:plain

香港国際空港では、ゲートがあるエリアは6階(レベル6)で、ラウンジがあるエリアは7階(レベル7)になっています。61番ゲートの近くまでくると、「貴賓室(Lounges)」という表示とともに、エレベーターなどが用意されていますので、こちらで7階(レベル7)まで移動します。

f:id:pipinobu:20180217120043j:plain

7階(レベル7)に移動すると、こちらのようなユナイテッド航空ラウンジの入り口を発見できると思います。全体的に、シルバー基調でシャープな印象になっています。

f:id:pipinobu:20180217120107j:plain

入り口のところの掲示を見るとわかりますが、こちらのラウンジは、内部的に、ビジネスクラスラウンジである「ユナイテッドクラブ」とファーストクラブラウンジである「グローバルファーストラウンジ」に分かれています。

f:id:pipinobu:20180217120220j:plain

我々は前述のとおり、シンガポール航空のスイートクラス(ファーストクラス)利用になりますので、ファーストクラスラウンジである「グローバルファーストラウンジ」の方に案内されました。

入り口はこんな感じで、扉で区切られており、外からは中の様子が伺えないようになっています。ファーストクラスラウンジなんて、なかなか入れるものではありませんので、ドキドキです。

f:id:pipinobu:20180217120421j:plain

スポンサーリンク

ファーストクラスラウンジ:グローバルファーストラウンジの様子

グローバルファーストラウンジ:雰囲気

そんなこんなで、スタッフの方の案内のもと、ファーストクラスラウンジである「グローバルファーストラウンジ」に進みます。ファーストクラスラウンジでは、席までちゃんと丁寧なアテンドがあります。これが意外と緊張します(笑)。

「グローバルファーストラウンジ」の全体像はこんな感じです。内部は意外と奥行きがあり、手前側にソファー席、奥側が空港の様子が眺められるようなテラス席となっていました。

f:id:pipinobu:20180217120654j:plain

あとは、テレビを鑑賞できるエリアや、雑誌を閲覧できるようなエリアもありました。

f:id:pipinobu:20180217120727j:plain
f:id:pipinobu:20180217120746j:plain

ちなみに、利用者は我々2人だけです。ガラガラです(笑)。

グローバルファーストラウンジ:ドリンクとフードのメニュー

我々は、空港の様子が眺められるテラス席に着席しました。席につくと、まずはメニューが提示されます。メニューの実物はこんな感じです。ランチ&ディナーメニューとして、アラカルトメニューになっていました。

f:id:pipinobu:20180217121158j:plain

内容としては、サラダやスープなど軽めのものから、麺(ベトナム風のヌードルやうどん)やカレー、ラビオリ、点心、ハンバーガー、グリルチキンなどのメイン料理、チーズケーキやアイスクリーム、フルーツなどのデザートまで、バランスよく用意されていました。

メニューにある「United Burger」なんて、とても美味しそうです。どれもとても心惹かれます。

ただこの時は、まだ午前中だったのですが、ホテルで朝ごはんを食べたばかりでお腹が空いていなかったというのと、これからシンガポール航空のファーストクラスを利用するということで、胃袋を温存しておきたかったので、オーダーは極力控えることに・・。

しかし、同行していた奥さんが、どうしてもチーズケーキを食べてみたい、ということだったので、チーズケーキのみをオーダーしてみることにしました。

グローバルファーストラウンジ:メニューからいただいたもの

そんなこんなで、メニューからいただいたものはこちらになります。チーズケーキと、なぜかアイスも付いてきました。奥さんに聞いてみたところ、付け合せにアイスもオススメされたそうで、思わず注文してしまったそうです(笑)。

f:id:pipinobu:20180217122326j:plain

f:id:pipinobu:20180217122321j:plain
f:id:pipinobu:20180217122318j:plain

チーズケーキは、メニューには「New York Cheese Cake」と書かれており、かなり濃厚なものでした。味の方もなかなか。アイスクリームの方は、安定のハーゲンダッツです。間違いのない美味しさです。

グローバルファーストラウンジ:ドリンクとフードの品揃え

グローバルファーストラウンジには、ビュッフェテーブルが用意されています。

f:id:pipinobu:20180217122812j:plain

ただし、フードは前述のとおり基本はオーダー制なので、ビュッフェテーブルにはフードの用意がありません。ガラガラで寂しい感じです。

f:id:pipinobu:20180217122715j:plain

その代わり、ドリンクに関しては、かなり充実した品揃えになっていました。

冷蔵庫の中には、ビールやソフトドリンクがぎっしり。ワインも格納されています。

f:id:pipinobu:20180217122853j:plain

ただ、ワインやシャンパンに関しては、飲みやすいように、テーブルの上にも用意がありました。ワインの種類が意外と充実していますね。空港ラウンジで、これだけ用意があるのは珍しいように感じました。さすがファーストクラスラウンジ。

f:id:pipinobu:20180217122859j:plain

f:id:pipinobu:20180217122902j:plain

コーヒーや紅茶の用意ももちろんあります。お好みでどうぞ。

f:id:pipinobu:20180217122906j:plain

グローバルファーストラウンジ:シャワールーム

「グローバルファーストラウンジ」の中には、シャワールームもありましたので見学してみました。

シャワールームはこんな感じ。「グローバルファーストラウンジ」の中にあるレストルームの中で、トイレと一体化しています。

f:id:pipinobu:20180217161043j:plain

f:id:pipinobu:20180217161046j:plain

アメニティーは、イギリスのボディーケア製品ブランドである「COWSHED」のもので統一されていました。

f:id:pipinobu:20180217161053j:plain
f:id:pipinobu:20180217161056j:plain

その他、歯ブラシなど、必要最低限なアメニティーや、タオルなども豊富に用意されていました。

f:id:pipinobu:20180217161050j:plain

こちらの「グローバルファーストラウンジ」は、とにかく空いていましたので、シャワーも気を使わず、ゆっくり利用できそうな雰囲気です。

ビジネスクラスラウンジ:ロイヤルシルクラウンジの様子

そんなこんなで、「グローバルファーストラウンジ」を堪能した後は、ビジネスクラスラウンジである「ユナイテッドクラブ」の方も探検してみることにしました。

ユナイテッドクラブ:雰囲気

「グローバルファーストラウンジ」に比べて、「ユナイテッドクラブ」の方が、圧倒的に広いです。そして、天井も高くて開放感があります。

f:id:pipinobu:20180217124311j:plain

f:id:pipinobu:20180217124320j:plain

ユナイテッドクラブ:ドリンクの品揃え

「ユナイテッドクラブ」では、フードもドリンクもビュッフェ形式になっており、好きなものを好きなだけいただくことができます。

f:id:pipinobu:20180217124857j:plain

まずは、ドリンクの品揃えを確認してみましょう。ドリンクに関しては、こんな感じで冷蔵庫の中にぎっしり入っています。こちらはソフトドリンクですね。

f:id:pipinobu:20180217124445j:plain

こちらの、ちょっと高いところにある冷蔵庫には、ビールがぎっしりです。

f:id:pipinobu:20180217124453j:plain

ワインなどの洋酒の用意もあります。ユナイテッドクラブ側にはシャンパンの用意がなかったので、品揃え的には、ファーストクラスラウンジとビジネスクラスラウンジで、多少の差はつけているようです。

f:id:pipinobu:20180217124503j:plain

コーヒーや紅茶の用意も、もちろんあります。

f:id:pipinobu:20180217124506j:plain

ユナイテッドクラブ:フードの品揃え

続いては、フードの品揃えです。フードに関しても、こちらの写真のように、ビュッフェテーブルの上に用意があります。

写真が小さくて恐縮ですが、左手にはハムや野菜、フルーツ、中央にはサンドイッチ、右手にはスープの用意がありました。

f:id:pipinobu:20180217124838j:plain

こちらは、パンやチーズ、クラッカーなどなど。パンは意外と種類が豊富です。

f:id:pipinobu:20180217124932j:plain

こちらはホットミール。ホットミールとしては、ソーセージやベーコンなどの他に、カレーの用意もありました。

f:id:pipinobu:20180217125121j:plain

f:id:pipinobu:20180217124938j:plain

「ユナイテッドクラブ」の食事の品揃えとしては、3つ星ぐらいのホテルの朝食ビュッフェのようなイメージです。香港だからといって、中華やオリエンタルな感じはあまりせず、あくまでアメリカンな食事が用意されています。

良くも悪くも、アメリカを本拠地とする航空会社として、アメリカっぽい、標準的なフードの品揃えを守っているように感じました。

ボリュームも品揃えもそこそこありますので、フルに利用すれば、お腹いっぱいになることは間違いないですね。

香港・シンガポール旅行2018のスケジュール

今回の香港・シンガポール旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、5泊6日のスケジュールで、香港に2泊、シンガポールに3泊というスケジュールになります。

今回の記事は、旅行3日目、香港からシンガポールへの移動の様子になります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:羽田から香港に移動(MU576、MU503便)、JWマリオット(香港)宿泊
  • 2日目:ザ・リッツカールトン(香港)宿泊
  • 3日目:香港からシンガポールに移動(SQ863)、コンラッド(シンガポール)宿泊  <=今ココ
  • 4日目:セントレジス(シンガポール)宿泊
  • 5日目:シェラトン・タワーズ(シンガポール)宿泊
  • 6日目:シンガポールから成田に移動(DL166)

今回の、香港・シンガポール旅行の全体的な計画についてはこちらをご参照ください。SPGアメックスと陸マイラー活動で貯めたマイルで、高級ホテルのスイートやビジネスクラスを利用した豪華な海外旅行を低コストで実現しています。

香港国際空港:ユナイテッド航空 ラウンジ訪問記!ユナイテッドクラブとグローバルファーストラウンジのまとめ

今回は、香港国際空港のユナイテッド航空のラウンジの訪問記をお送りしました。

香港国際空港のユナイテッド航空ラウンジは、ビジネスクラス用の「ユナイテッドクラブ」と、ファーストクラス用の「グローバルファーストラウンジ」に分かれています。今回私は、シンガポール航空のファーストクラス(スイートクラス)を利用することで、両方のラウンジに潜入することができました。

「グローバルファーストラウンジ」の方は、フードはオーダー形式、ドリンクもシャンパンなどの用意があり充実した内容でした。やはり、ファーストクラスラウンジは特別な感じがありますね。

一方、「ユナイテッドクラブ」の方は、「雰囲気とドリンクの品揃えは良いけど、フードの品揃えはちょっと寂しいかな」というところでした。

「ユナイテッドクラブ」のフードの品揃えとしては、3つ星ホテルの朝食ビュッフェぐらいをイメージしてもらえれば、ちょうどいい感じだと思います。必要最低限は揃っているのですが、特色がないのが、よりそう思わせるのかもしれません。

フード重視の方は、同じスターアライアンスでも、前回ご紹介した、タイ国際航空の「ロイヤルオーキッドラウンジ」の方がオススメです。こちらは、タイ料理っぽいものや、中華料理っぽいものが用意されていて、なかなか楽しめると思います。

次回は、同じくスターアライアンス繋がりでもある、シンガポール航空のラウンジをご紹介したいと思います。

==>次の記事

香港国際空港:シンガポール航空 ラウンジ訪問記「シルバークリスラウンジ」をレポート!

<==前の記事

香港国際空港:タイ国際航空 ラウンジ訪問記!ビジネスクラスとファーストクラスの違いは?

<香港・シンガポール旅行記の目次>

香港・シンガポール旅行記2018:全体の目次、記事一覧はこちら!

海外旅行好きの方はこちらの記事も注目です。SPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実現しています。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

それでは、また!

関連記事

error: