【9月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

JALファーストクラスラウンジ(成田空港)訪問記!国内最高峰のラウンジを徹底レポート!

JALファーストクラスラウンジ(成田空港)訪問記!国内最高峰のラウンジを徹底レポート!

今回は、成田空港「JALファーストクラスラウンジ(JAL First Class Lounge)」に潜入してきましたので、その様子を訪問記としてご紹介したいと思います。「JALファーストクラスラウンジ」は、JALの中で最上級のラウンジです。今回、JALファーストクラス搭乗者として、遂に利用することができました。成田空港の第2ターミナルには「本館」と「サテライト」の2箇所に「JALファーストクラスラウンジ」がありますが、今回は「本館」の方を利用してきました。当記事では、そんな、成田空港「JALファーストクラスラウンジ(本館)」の場所や行き方から、営業時間、気になる食事やドリンクの品揃え、シャワー、マッサージチェアの様子まで、まるまるっとご紹介したいと思います。

目次

JALファーストクラスラウンジ(成田空港):概要

成田空港 JALラウンジとは

成田空港の国際線「JALラウンジ」は、航空会社ラウンジと呼ばれるものです。基本は、JALおよびJALが加盟するワンワールドの上級会員、ファーストクラス利用者、ビジネスクラス利用者のみが利用することができる、特別なラウンジとなります。

クレジットカードのゴールドカード保有者が利用できる「カードラウンジ」と混同される場合がありますが、それとは全く別ものです。普通のゴールドカードでは「JALラウンジ」には入ることができませんので注意が必要です。ゴールドカードで入ろうとすると、きっと恥ずかしい思いをします(笑)。

JALラウンジは、利用条件が厳しい分、カードラウンジに比べると、内装や食事、ドリンクの品揃え等が、比べ物にならないぐらい豪華になっています。

成田空港 JALラウンジの種類と利用資格

成田空港の国際線にはJALラウンジが2種類あります。「ファーストクラスラウンジ」と「サクララウンジ」です。

<JALラウンジの種類>

  • ファーストクラスラウンジ
  • サクララウンジ

 

JALファーストクラスラウンジ

「JALファーストクラスラウンジ」は、JALの中で最上級のラウンジです。利用できるのは、その名前のとおり、ファーストクラス搭乗者とJALの上級会員の中でも最上位である「JMBダイヤモンド」と「JGCプレミア」のみとなっています。

かなり利用条件の厳しい、敷居の高いラウンジと言えます。

<JALファーストクラスラウンジの利用条件:搭乗クラス別>

f:id:pipinobu:20180110215153j:plain

 

<JALファーストクラスラウンジの利用条件:会員ステイタス別>

f:id:pipinobu:20180110215031j:plain

 

JALサクララウンジ

一方、「JALサクララウンジ」は、一般的にはビジネスクラスラウンジと呼ばれるものです。利用できるのは、ビジネスクラス利用者、プレミアムエコノミークラス利用者、エコノミークラス(Flex Y運賃)利用者とJALの上級会員となります。

「JALファーストクラスラウンジ」と比べると、かなり間口が広いラウンジとなっています。

<JALサクララウンジの利用条件:搭乗クラス別>

f:id:pipinobu:20180110215204j:plain

 

<JALサクララウンジの利用条件:会員ステイタス別>

f:id:pipinobu:20180110214901j:plain

 

JALファーストクラスラウンジ(成田空港):サクララウンジとのサービスの違い

ここで気になるのは、成田空港における、「JALファーストクラスラウンジ」と「JALサクララウンジ」のサービスの違いです。

大きな違いとしては、以下の3点が挙げられます。

<JALファーストクラスラウンジとJALサクララウンジとのサービスの違い>

  • フード、ドリンクのレベルが全体的に高い
  • 握り寿司のサービスがある
  • シューポリッシュ(靴磨き)サービスがある

 

特に、「握り寿司」と「シューポリッシュ(靴磨き)」のサービスは、「JALファーストクラスラウンジ」で特徴的なものです。「JALファーストクラスラウンジ」を利用するのであれば、ぜひ体験しておきたいものです。

注意点としては、「握り寿司」と「シューポリッシュ(靴磨き)」ともに、「本館」のみでの提供になるというところです。(成田空港の第2ターミナルには「JALファーストクラスラウンジ」が、「本館」と「サテライト」の2箇所にあります。)

それぞれのサービスの提供場所と提供時間は以下になります。

<握り寿司>

  • サービス概要:ダイニングエリアにて、お客さまの面前で寿司職人の手際のよさが見られる「握り寿司」をご出発前にサービス。
  • 提供時間:
    • 07:30~12:30
    • 15:00~20:00
  • 提供場所:本館3階ファーストクラスラウンジ

 

<シューポリッシュ(靴磨き)サービス>

  • サービス概要:旅立ち前の身支度として、靴磨きサービスをご提供。
    プレミアムブランド「ジョン ロブ(英国靴)」とのコラボレーションでジョンロブ伝統のシューポリッシュをご搭乗前にサービス。
  • 提供時間:
    • 07:30~12:30 ※最終受付 12:15
    • 15:00~20:00 ※最終受付 19:45
  • 提供場所:本館3階ファーストクラスラウンジ

 

JALファーストクラスラウンジ(成田空港):利用した経緯

私は、2018年の夏休みにJALのファーストクラスでニューヨークに行く機会があり、その際にこちらの「JALラウンジ」を利用することができました。

私が持っていたのはJALファーストクラスのチケットですので、「JALファーストクラスラウンジ」でも、「JALサクララウンジ」でも、どちらでも利用することが可能です。

実際、「JALファーストクラスラウンジ」を利用する前に、「JALサクララウンジ」の方も見学してみました。

 

今回は、本命である「JALファーストクラスラウンジ」をご紹介します。

「JALファーストクラスラウンジ」は前述のとおり、第2ターミナルには2箇所ありますが、「握り寿司」や「シューポリッシュ(靴磨き)」のサービスを体験してみたいという理由から、今回は「本館」の方を利用することにしました。

よって、以下の記事では、今回私が利用することができた「JALファーストクラスラウンジ」の「本館」の様子をご紹介していきたいと思います。

 

JALファーストクラスラウンジ(本館):場所と営業時間

スポンサーリンク

JALファーストクラスラウンジ(本館)の場所

今回、我々が伺った「本館」の方の「JALファーストクラスラウンジ」の場所は以下になります。南側の保安検査場を抜けて、正面すぐのところにあります。とても便利な場所です。ちなみに、同じ場所に「JALサクララウンジ」も併設されています。

 

JALファーストクラスラウンジ(本館)の営業時間

成田空港「JALファーストクラスラウンジ」では、場所によって営業時間が異なります。さらに、本館の場合、3階と4階の2フロア構成となっており、フロアによっても営業時間が異なっています。具体的には以下のようになります。

<JALファーストクラスラウンジの営業時間>

  • 本館3階:07:30~22:00
  • 本館4階:07:30~12:30・15:30~19:30(AMは日曜・月曜のみ営業)
  • サテライト:07:30~19:30

 

「本館3階」が営業時間が一番長くなっています。「本館4階」はお昼の時間帯はクローズになるため注意が必要です。また、「サテライト」も「本館4階」も営業時間は19:30となっていますので、それ以降に利用する場合は、自動的に「本館3階」となりますね。

 

JALファーストクラスラウンジ(本館):訪問記

さて、前置きが少々長くなりましたが、ここからは、「JALファーストクラスラウンジ(本館)」の訪問レポートをお送りしていきたいと思います。

JALファーストクラスラウンジ(本館):外観とレセプション

「JALファーストクラスラウンジ(本館)」の外観はこんな感じです。高級感のある佇まいですね。

 

入り口の扉から中に入ると、2つのレセプションが並んでいます。右側が「JALサクラサウンジ」、左側が「JALファーストクラスラウンジ」です。「JALファーストクラスラウンジ」の方が、暗めな色調で高級感があります。

 

今回は、こちらの「JALファーストクラスラウンジ」の方にチケットを提示して入館します。これまで、「JALサクララウンジ」は何度か利用したことがあるのですが、「JALファーストクラスラウンジ」は今回が初めての経験です。緊張しますね。

 

ちなみに、こちらの入り口周辺には、「JALファーストクラスラウンジ」と「JALサクララウンジ」、それぞれの入館資格が書かれた案内板の掲示があります。入館する前に、間違えないように確認しましょうね。

 

スポンサーリンク

JALファーストクラスラウンジ(本館):フロア構成と雰囲気

そんなこんなで、さっそく「JALファーストクラスラウンジ(本館)」の中を探検していきましょう。入り口を入ってしばらく行くと、フロアマップの掲示がありますので、フロア構成と現在地が確認できるようになっています。基本的には、メイン機能は3階に集約されており、座席などが4階に拡張されているようなイメージです。

 

「JALファーストクラスラウンジ(本館)」の雰囲気はこんな感じです。レセプションもそうでしたが、全体的に黒やブラウンなどの暗めな色調でまとめらており、高級感のある落ち着いた雰囲気です。窓も大きく取られており、眺望も良いです。

 

我々が訪れたのは、午後4時半から5時ぐらいの時間帯でしたが、それほど混雑しているような印象も受けませんでした。席には余裕がある感じです。

 

一方で、ちょっと覗きに行った「JALサクララウンジ」はものすごい混雑でした。やはり、ファーストクラスラウンジは利用資格を厳しくしている分、混雑は緩和されているようです。

 

JALファーストクラスラウンジ(本館):ドリンクの品揃え

席に着くと、スタッフさんの方から、ご挨拶とJALファーストクラスを利用することへのお礼がありました。多分、レセプションでチケットを識別しているんでしょうね。予想していなかったので、ちょっと感動しました。

この時、ファーストドリンクのオーダーを聞かれましたので、「シャンパン」とJAL名物の「スカイタイム」をオーダーしてみました。スカイタイムはアルコールが飲めない奥さん用です。また、飲み物に合わせて、チーズも一緒に持ってきてくださいました。細やかな心遣いですね。

 

さっそく、いただいた「シャンパン」(とスカイタイム)で乾杯です。とても優雅な気分です。

 

ファーストドリンク以降については、ドリンクカウンター上に置かれているものから、好きなものをいただくことができます。

 

この日、用意されていたシャンパンおよびワインは以下になります。

<シャンパンおよびワインの品揃え>

  • シャンパン:Zoemie De Sousa
  • 赤ワイン:Greenhough Vineyard
  • 白ワイン:Shaw and Smith

 

私はワインの銘柄など、あまり詳しくないのですが、「JALファーストクラスラウンジ」では「JALサクララウンジ」よりも、ワンランク上のものが提供されているそうです。品揃えは季節によって変化するそうで、JALの公式HP上で公開されています。

<JALラウンジのドリンクの品揃え>

  • JALファーストクラスラウンジ(成田空港):こちら(PDFがオープンします)
  • JALサクララウンジ(成田空港):こちら(PDFがオープンします)

 

ちなみに、有名なシャンパンである「ローランペリエ」は、「JALファーストクラスラウンジ」の中でも以下の2箇所のみの提供になるそうです。「ローランペリエ」を狙っている方は、成田空港の場合は「サテライト」の方を攻めましょう。

<ローランペリエを置いているラウンジ>

  • 羽田空港国際線ファーストクラス内「RED SUITE」
  • 成田サテライトファーストクラスラウンジ

 

続いては、こちらは、洋酒などなど。

 

お酒にあうような、チーズの盛り合わせなども、ドリンクカウンターの上の用意されています。

 

コーヒーや紅茶、日本茶などの用意ももちろんあります。

 

JALファーストクラスラウンジ(本館):握り寿司サービスの様子

続いては、「JALファーストクラスラウンジ(本館)」の特徴でもあった「握り寿司サービス」の確認したいと思います。本館の3階の窓側中央あたりには、写真のような「寿司バー」が用意されており、こちらでサービスが提供されています。

 

恐る恐る近づいて行くと、提供メニューが確認できます。時期によって提供される「ネタ」が変化する仕組みになっています。我々が伺ったのは8月の第1週だったため、提供されていたのは「天然ヒラメ、エビ、太巻き」の3種類となっていました。個人的には「まぐろ(中とろ)」を食べてみたかったのですが、こればっかりは選べないのでしょうがないですね。

 

そんなこんなで、いただいたものはこちらになります。せっかくなので、それぞれ一貫ずついただきました。写真をみていただくとわかるように、ネタがツヤツヤしていて新鮮そのもの、とても美味しいお寿司でした。廻らない方の美味しいお寿司屋さんのレベルです。

 

空港ラウンジのお寿司っておいしくないイメージがありますが、ここ「JALファーストクラスラウンジ(本館)」のお寿司は例外のようです。

ちなみに、上記写真では、一貫ずついただいていますが、「天然ひらめ」だけ三貫とか、好きなものだけをいただくこともできます。また、回数制限なども、基本はないようでした。

加えて、こちらの「寿司バー」には、お寿司に合うような日本酒も提供されていました。日本酒好きには嬉しいポイントですね。

 

JALファーストクラスラウンジ(本館):フードの品揃え

お寿司以外のフードについては、ビュッフェテーブルに並べられていますので、好きなものをいただくことができるようになっています。

 

こちらはサラダなどなど。どれも新鮮で美味しそうです。

 

こちらは、一口サイズのオードブル各種と冷製のコーンスープ。とてもおしゃれです。

 

こちらは、ジェノベーゼの冷製パスタとバーガーサンド。こちらも美味しそうです。

 

こちらは、「JALファーストクラスラウンジ」のみで提供されている「Soup Stock  Tokyo」のスープ。この日は「オマール海老のビスク」となっていました。間違いのない美味しさです。

 

こちらは、JALラウンジ名物の「JAL特製ビーフカレー」。この日は、うどんの用意もありました。

 

ホットミールも何種類か用意されていました。こちらは、シュウマイとエビの水餃子。

 

デザートの用意ももちろんあります。ミニケーキ各種とフルーツの盛り合わせ、などなど。

 

こちらはパン各種。JALラウンジのパンは、「JALファーストクラスラウンジ」、「JALサクララウンジ」ともに、「メゾンカイザーの焼きたてパン」なので、間違いのない美味しさです。

 

ここでご紹介したように、「JALファーストクラスラウンジ」のフードは、どれもとても美味しそうです。ただ、我々の場合は、この後に「JALファーストクラス」のフライトでの機内食が控えていましたので、「握り寿司」以外は、なるべく食べないように我慢することにしました。

 

JALファーストクラスラウンジ(本館):シャワーの様子

ラウンジでドリンクとフードを楽しんだ後は、シャワーをお借りすることにしました。

シャワーを利用する場合は、レセプションのすぐ脇に専用の受付がありますので、こちらで申告します。

 

この日、ラウンジ自体はそれほど混んでいるようには見えませんでしたが、シャワーの待ち時間は「30分」ほどありました。夏場はやはり、シャワーは人気ですよね。利用する場合は、早めに受付しておくことをオススメします。順番待ちの場合は、写真のようなポケベルが渡されます。

 

自分の順番が来ますと、ポケベルが鳴りますので、受付に戻ります。すると「電子キー」と「歯ブラシ」へと交換してくださいます。(歯ブラシは言わないと多分くれません)

 

こちらがシャワーの入り口です。「電子キー」に書かれた番号の部屋を利用します。

 

シャワールームの中はこんな感じです。中にはシャワーと洗面台、トイレが用意されています。内部は水滴の形跡が見当たらないぐらい、ピカピカに清掃されています。とても気持ちが良いです。タオルやドライヤーなど、必要なものは一通り用意されています。

 

シャワーはこんな感じです。固定式と可動式、両方が用意されています。水圧も適度で、とても使いやすいです。また、マッサージ用のノズルも用意されており、とても気持ち良いです。

 

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープは、ボックスタイプのものが用意されています。ブランドは「LE MONDOR」でした。資生堂の高級ラインブランドのものですね。

 

スポンサーリンク

JALファーストクラスラウンジ(本館):シューポリッシュ(靴磨き)サービスの様子

続いてこちらが「JALファーストクラスラウンジ」の特徴でもあった「シューポリッシュ(靴磨き)」サービスです。

 

こちらのサービスは、高級紳士靴ブランドである「ジョンロブ」とJALとのコラボレーションで提供しているものです。「JOHN LOBB」のロゴが眩しいですね。

 

この日は、シャワーで意外と時間を消費してしまい、時間切れで最終的には利用することを断念してしまいました。次回訪れる機会がありましたら、ぜひ利用してみたいと思います。

 

JALファーストクラスラウンジ(本館):その他設備

最後に、本文中ではご紹介できなかった、その他の施設をまとめてご紹介したいと思います。

こちらは、セルフ式のクローク。一人でラウンジを利用する際は、荷物がちょっと心配なので、クロークがあると助かります。

 

こちらは、ビジネスセンター。PCやデスクを利用することができます。

 

こちらはマッサージチェア。一台ずつ個室風ブースになっているので落ち着きますね。実際に利用してみましたが、手足のマッサージも可能な最新型で、夢心地でした。

 

こちらは、喫煙コーナー。私はタバコは吸わないのですが、ラウンジ内に喫煙コーナーがあるのは、愛煙家の方には便利なのではないかと思います。

 

ニューヨーク旅行2018のスケジュール

今回の記事は、2018年夏休みのニューヨーク旅行の一部としてご紹介しました。今回のニューヨーク旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、5泊6日のスケジュールとなります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:東京(成田)からニューヨーク(JFK)に移動(JL4便)、シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア宿泊 <=今ここ
  • 2日目:ザ・リッツ・カールトン セントラルパーク宿泊
  • 3日目:JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク宿泊
  • 4日目:セントレジス・ニューヨーク宿泊
  • 5日目:ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア宿泊
  • 6日目:ニューヨーク(JFK)から東京(羽田)に移動(JL5便)

 

今回のニューヨーク旅行は、陸マイラー活動で貯めたマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な旅を実現しています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

JALファーストクラスラウンジ(成田空港)訪問記!国内最高峰のラウンジを徹底レポート!のまとめ

今回は、成田空港「JALファーストクラスラウンジ」をご紹介しました。

「JALファーストクラスラウンジ」は、JALの中で最上級のラウンジということで、ドリンクもフードも、「JALサクララウンジ」と比べてもワンランク上の、質の高いものが用意されていました。

また、「JALファーストクラスラウンジ」で特徴的な、「握り寿司」や「シューポリッシュ(靴磨き)」のサービスは、「JALファーストクラスラウンジ」が特別な場所であることを演出するのに役立っているように感じました。

特に、「握り寿司」のサービスでは、とても美味しいお寿司を提供しており、食べすぎないようにセーブするのが大変でした。(この後、「JALファーストクラス」の機内食が控えていたため、食べすぎないように決めていたのです)

基本、私は「ANA陸マイラー」なので、JALのステータスは持っていません。そのため、この「JALファーストクラスラウンジ」を利用するためには、JAL、もしくは、JALが所属するアライアンスである「ワンワールド」のファーストクラスを利用する必要があります。

いつになるかわかりませんが、またぜひ利用してみたいものです。

 

ちなみに、今回のニューヨーク旅行にはJALのファーストクラスを利用していますが、チケットは有償ではなく特典航空券を利用しています。ファーストクラスのチケットはとても高額なので、特典航空券でなければ絶対に利用できません(笑)。

JALマイルの貯め方については、こちらの記事で網羅的にまとめさせていただいております。合わせてご参照いただければと思います。

 

==>次の記事

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: