【12月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ニューヨークのアウトレットはバスツアーがオススメ!ウッドベリーコモン体験レポート!

ニューヨークのアウトレットはバスツアーがオススメ!ウッドベリーコモン体験レポート!

海外旅行の楽しみの一つが「アウトレットモール」でのショッピングです。その国々の「地元ブランド」では大幅割引が期待できるため、日本で購入する場合に比べて、桁違いのお得さを得られる場合があります。今回の旅行先であったニューヨークでは「ウッドベリーコモン・プレミアム・アウトレット」が郊外型の大規模アウトレットモールとして有名です。個人で訪れるにはアクセスが若干不便でも、バスツアーを利用すれば、簡単・便利に訪れることができます。当ブログ記事では、私がバスツアーを利用して「ウッドベリーコモン・プレミアム・アウトレット」を訪れた、体験レポートをご紹介したいと思います。

目次

ニューヨークのアウトレットショップ事情

アウトレットショッピングは、ブランド品が正規価格から大幅割引で購入できるのが魅力です。ニューヨークはアメリカを代表する大都市というだけあり、アウトレットショップは市内にも点在していますし、郊外型の大規模なアウトレットモールも存在しています。

ニューヨーク市内のアウトレットショップ

市内のアウトレットショップは、アクセスの良さが一番のメリットです。観光のついでにちょっと覗いてみて、というように、時間がない場合の利用の仕方も可能です。

ただし、街中にあるアウトレットショップは比較的小規模なお店が多く、取り扱いブランド、品揃え、在庫も限定されています。また、各ブランドの直営店ではない(つまり、セレクトショップ的な扱い)ことが多く、その商品が本物なのか、若干心配になったりもします。

ニューヨーク郊外型のアウトレットモール

一方、郊外型のアウトレットモールは、各ブランドの直営店の集合体なので、安心して利用することができます。直営店ならではの品揃えも豊富で、市内のアウトレットショップに比べて、一般的に、割引率も高く設定されていることも大きな魅力です。

一方で、街中からは遠く、移動に1時間ほど必要となるため、気軽に利用するということができません。あらかじめ、旅行のスケジュールの中に組み込む必要があります。

ニューヨークのアウトレットショッピングの選択肢

ニューヨーク近郊のアウトレットショッピングとして、ガイドブックなどを調べると、以下のような店舗が紹介されています。

<ニューヨーク近郊のアウトレットショッピングの選択肢>

  • 市内のアウトレットショップ
    • センチュリー21
    • ノードストローム・ラック
    • ティー・ジェイ・マックス(TJMAXX)
    • ブルーミングデールズ・アッパー・ウェスト・サイド・アウトレット・ストア
  • 郊外型のアウトレットモール
    • ウッドベリーコモン・プレミアム・アウトレット

 

市内のアウトレットショップである「ノードストローム・ラック」や「ティー・ジェイ・マックス(TJMAXX)」は、私がよく行くハワイにも存在しますので、おなじみの存在です。

ただ、ハワイでもやはり、市内のアウトレットショップよりも、郊外型のアウトレットモールの方が品数が充実しており、お得度も高くなっています。そのため、我々は、ハワイでも毎回、郊外型のアウトレットモールである「ワイケレ・アウトレット」を訪れています。

 

今回のニューヨーク旅行は、5泊6日という、比較的余裕のあるスケジュールであったこともあり、郊外型のアウトレットモールである「ウッドベリーコモン・プレミアム・アウトレット」に行ってみることにしました。

 

以下では参考までに、市内型アウトレットショップの地図を添付しておきます。

 

センチュリー21 注:ここ以外にも数店舗あります

 

ノードストローム・ラック

 

ティー・ジェイ・マックス(TJMAXX) 注:ここ以外にも数店舗あります

 

ブルーミングデールズ・アッパー・ウェスト・サイド・アウトレット・ストア

 

ニューヨークのアウトレットモール「ウッドベリーコモン・プレミアム・アウトレット」とは

「ウッドベリーコモン・プレミアム・アウトレット」は、前述のとおり、ニューヨーク近郊に存在する郊外型のアウトレットモールです。

欧米の高級ブランドを中心に、220の店舗数を誇る大規模なアウトレットモールであり、NYからは車で1時間のほどの距離に位置しています。

220の店舗数の中でも、私が注目している(目当てにしている)ブランドは、以下になります。アウトレットモールでは、その国の「地元ブランド」が大幅割引になっているケースが多いため、今回で言えばアメリカ本国のブランドが狙い目となります。

この中で特に注目なのが「ウールリッチ」です。「コーチ」や「ケイトスペード」などはハワイの「ワイケレアウトレット」にもありますが、「ウールリッチ」はありませんので貴重な存在です。

<注目のブランド(地元ブランド)>

  • コーチ
  • ブルックスブラザーズ
  • コールハーン
  • ケイトスペード
  • ラルフローレン
  • トリーバーチ
  • トゥミ
  • ウールリッチ<=特に注目

 

これ以外にも、アウトレットモールではおなじみの、以下のようなハイブランドも出店しています。この中では、「ロンシャン」の出店が注目です。ヨーロッパのアウトレットモールでは「ロンシャン」はあまり見かけませんからね。

<海外のブランド>

  • アルマーニ
  • バリー
  • バーバリー
  • ディオール
  • ドルチェ&ガッバーナ
  • ボッテガヴェネタ
  • グッチ
  • UGG
  • ジミーチュウ
  • プラダ
  • スワロフスキー
  • モンクレール
  • ロンシャン<=注目

 

「ウッドベリーコモン・プレミアム・アウトレット」の公式HPは以下になります。出店リストの詳細は以下もご確認ください。

 

また、「ウッドベリーコモン・プレミアム・アウトレット」の周辺地図は以下になります。

 

<ウッドベリーコモン・プレミアム・アウトレットの基本情報>

  • 住所:498 Red Apple Ct, Central Valley, NY 10917-6619
  • 営業時間:午前9時から午後9時(注:祝日、年末年始などが営業時間の変更あり

 

ニューヨーク「ウッドベリーコモン・プレミアム・アウトレット」へのアクセスはバスツアーが簡単・便利

さて、そんな魅力的な「ウッドベリーコモン・プレミアム・アウトレット」ですが、郊外型のアウトレットモールが故に、アクセスが若干不便になっています。ニューヨーク市内から、車で1時間ほどの距離に位置しています。

レンタカーを利用すれば問題ないかもしれませんが、私のように、ペーパードライバーの場合、海外でのレンタカーは、かなりハードルが高くなります。また、そもそも、最近は車の免許をお持ちでないかたも多くいらっしゃいますよね。

そんな旅行者に心強い味方が「バスツアー」です。今回我々が利用したのは、オプショナルツアー大手の「ベルトラ 」で募集されていた以下のバスツアーとなります。口コミ数が300を超える人気のツアーです。

ウッドベリーコモン・プレミアムアウトレット送迎シャトルバスサービス VIPクーポン付き!<乗車時間自由選択>

 

スポンサーリンク

ウッドベリーコモン・プレミアムアウトレット送迎シャトルバスサービス:概要

こちらの「ウッドベリーコモン・プレミアムアウトレット送迎シャトルバスサービス」は、ニューヨーク市内からツアーバスを利用して、約1時間で「ウッドベリーコモン・プレミアム・アウトレット」まで連れて行ってくれます。

料金はひとり「42ドル」となっています。日本円では「約4,700円(1ドル=110円換算)」ということで、ちょっと高めの値段設定ですね。

ただ、往復であるという観点と、実際にショッピングで得られるお得度からすれば、最終的には満足を得られる内容になっています。(体験レポートはこのあとご紹介します。)

 

ウッドベリーコモン・プレミアムアウトレット送迎シャトルバスサービス

 

ウッドベリーコモン・プレミアムアウトレット送迎シャトルバスサービス:特徴

こちらの「ウッドベリーコモン・プレミアムアウトレット送迎シャトルバスサービス」の特徴は、バスの乗車時刻を自由に選択することができるというところです。

事前予約は特に必要なく、その日の都合やショッピングの状況に合わせて、乗車時間を選べるというのは、とても便利です。また、バスの本数自体も、以下のようにたくさん用意されています。

<バス時刻:2019年3月31日>

  • ポート・オソリティー発
    • 7:15, 8:30, 9:30,10:00, 11:30, 12:45, 14:45, 19:15
  • ウッドベリー(アウトレット)発
    • 9:06, 12:06, 12:45, 13:30, 14:02, 15:36, 16:10, 16:45, 17:21, 17:45, 18:15, 18:58, 21:26
  • グレイライン・ビジターセンター(777 8th Avenue)発 <=平日のみ
    • 8:59, 9:29, 10:44

 

ウッドベリーコモン・プレミアムアウトレット送迎シャトルバスサービス:注意点

こちらの「ウッドベリーコモン・プレミアムアウトレット送迎シャトルバスサービス」の注意点は、事前にチケットを交換する必要があるということと、ニューヨーク側のバスの乗降場所が指定されているという点です。

チケットの交換場所は「Gray Line New York Visitors Center」

まず、上記「ベルトラ 」でツアー申し込み後に発行される「バウチャー」を、現地ニューヨークでチケットに交換します。チケットへの交換場所は「Gray Line New York Visitors Center」です。

「Gray Line New York Visitors Center」は、ニューヨーク観光の中心地である「タイムズスクエア」からワンブロック、徒歩5-6分の場所に位置しています。

 

<Gray Line New York Visitors Centerの基本情報>

  • 住所:777 8th Avenue (47th と 48thストリートの間)
  • 営業時間:7:00~20:00

 

バスの乗降場所(ニューヨーク側)は「Port Authority Bus Terminal」

次に、ニューヨーク側のバスの乗降場所は、「Port Authority Bus Terminal」となっています。「Port Authority Bus Terminal」の最寄駅は「Times Sq – 42 St」であり、駅からは徒歩5-6分の場所に位置しています。

 

チケットの受け取り場所である 「Gray Line New York Visitors Center」から「Port Authority Bus Terminal」までは、徒歩10分ほどの距離になりますので、「ウッドベリーコモン・プレミアムアウトレット」に向かう当日に、チケットを受け取ってからバスターミナルに向かうというのも便利です。

ただし、朝早い時間のバスを利用する場合(例、7:15, 8:30など)は、前日にチケットを受け取っておいた方が安心です。時間帯にもよると思いますが、「Gray Line New York Visitors Center」はそこそこ混雑していました。

 

ウッドベリーコモン・プレミアムアウトレット送迎シャトルバスサービス

 

「ウッドベリーコモン・プレミアム・アウトレット」のバスツアー体験レポート

さて、それではここからは、実際に私が利用した「ウッドベリーコモン・プレミアムアウトレット送迎シャトルバスサービス」の体験レポートをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アウトレット バスツアー:チケット交換(受け取り)の様子

まずは、チケット交換(受け取り)の様子からご紹介します。

チケット交換(受け取り)の場所は、前述のとおり「Gray Line New York Visitors Center」です。地図にしたがって近くまで行くと、こんな感じの派手な看板で彩られたお店が見つかると思います。

 

こちらの派手なお店が、目指す「Gray Line New York Visitors Center」です。

 

お店の中に入るとこんな感じです。チケットカウンターがいくつかあり、オプショナルツアーなどを申し込めるようになっています。

 

受付待ちの列が発生していると思いますので、まずは列に並びましょう。このぐらいの行例(15人程度の待ち)で、自分の順番が来るまでに20分ほど並びました。時間にはあらかじめ余裕を持っておくことがオススメです。

 

自分の順番が来ましたら、「ベルトラ 」から送られてくる「バウチャー」を提示します。すると、バス乗り場やチケットなどの説明とともに、当日利用可能なチケットと時刻表をいただくことができます。

 

「ベルトラ 」にも時刻表の提示がありましたが、現地でも、こちらの紙で印刷された時刻表をいただくことができますので、最新情報を確認しておきましょうね。また、集合場所として「Gate 410 – 411」が指定されています。こちらは、当日、とても重要になりますので、覚えておきましょう。

 

アウトレット バスツアー:バス乗車場所(ニューヨーク側)の様子

さて、ツアー当日になりましたら、ニューヨーク側のツアーバスの乗車場所である「Port Authority Bus Terminal」に移動します。

こちらの「Port Authority Bus Terminal」は、ニューヨーク市内に位置する巨大なバスターミナルです。ツアーバスの他に、ニューヨークから各地に移動するための、長距離バスなどが運行しています。

我々は、朝9時半のバスに乗ろうと、朝9時ごろに現地に到着しましたが、多くの人々が行き交っています。朝のラッシュの時間帯、主要ターミナル駅のような感じです。

 

前日入手したチケットに、集合場所として「Gate 410 – 411」されていましたので、案内板にしたがって、「Gate 410 – 411」に向かいます。

 

案内板にしたがって、「Gate 410 」の近くまで行くと、スタッフの方がいらっしゃって、人で賑わっているゲートがありました。

 

チケットを提示すると、「Ok, this way !」、みたいな感じでバスの方に誘導されました。場所はあっているようです。そんなこんなで、今回お世話になる、こちらのバスに乗り込みました。

 

アウトレット バスツアー:バス移動の様子

バスの中はこんな感じです。2列-2列配列の大型の観光バスです。座席の上に荷物入れもありますので、ある程度荷物が多くなっても大丈夫そうですね。

 

この日は、乗車率80%ぐらいで、しばらく待っていると、予定通りの午前9時半にバスは出発しました。

 

道中は、基本、高速道路に乗っているので、揺れも少なく、なかなか快適なバス旅行となりました。スマホの音楽を聴きながら、うつらうつらしていると、あっという間に、目的地である「ウッドベリーコモン・プレミアム・アウトレット」に到着しました。所要時間は、予定通りの約1時間弱となりました。

 

アウトレット バスツアー:ウェルカムセンターの様子

「ウッドベリーコモン・プレミアム・アウトレット」に到着したら、まずは「ウェルカムセンター」に向かいましょう。ウッドベリー側のバスの乗降場所の目の前にありますので、すぐに見つけられると思います。

 

前日受け取ったチケットの中には「VIPクーポン」の引換券が入っていますので、それをこちらの「Information」に提示しましょう。

 

すると、「VIPクーポン(Destination Passport)」を入手することができます。こちらの「VIPクーポン」は、中に小分けのチケットが入っており、該当のお店で提示すると、アウトレット価格から、さらに割引になるというお得なものです。

 

「OOドル以上利用の場合、さらに15%引き」など、条件がセットされている場合がほとんどですが、条件に合う場合はさらにお得になりますので、忘れずに貰っておくようにしましょう。意外と使えます。

 

アウトレット バスツアー:モール内の様子

「VIPクーポン」を手に入れた後は、お待ちかねのショッピングをスタートさせましょう。ただ「ウッドベリーコモン・プレミアム・アウトレット」はとにかく広いです。こんな感じの、ゆとりのある敷地の中に、店舗がずらずらっと並んでいます。

 

全部周ろうとすると、時間がいくらあっても足りませんので、計画的に行動するようにしましょう。具体的には、さきほどの「ウェルカムセンター」にモール内の地図が置いてありますので、行きたいお店に記しをつけて、行きたいところから攻めるようにするのがオススメです。

 

アウトレット バスツアー:ショッピングの様子

ここでは、各店舗の様子を、ちょこちょことご紹介していきたいと思います。

こちらは「ロンシャン」。前述のとおり、アウトレットモールへの出店自体が割と少ないお店です。割引率としては50%ぐらいでした。

 

こちらは「モンクレール」。こちらは、割引率として30%から40%ぐらい。ヨーロッパのブランドなので、それほどお得度は高くない印象です。

 

こちらは「ラルフローレン」。とても大きな店舗を構えています。

 

こちらは「コーチ」。「コーチ」では、店内の割引価格から、さらに「60%引き」という大幅割引を実施していました。

 

店内のタグでも、30%から50%引きになっていましたので、そこからさらに60%引きで、よくわからないレベルに安くなっていました。本当にお得。

 

こちらは「ケイトスペード」。こちらでも、「コーチ」同様に、店内の割引価格から、さらに「60%引き」という大幅割引を実施していました。

 

こんなに安くなっていると、DFSなどの、普通の免税店で購入するのが馬鹿らしくなってしまいますね。

 

こちらは「コールハーン」。「コールハーン」は、市販価格から最大で70%割引となっていました。全体的にも、50%割引程度には多くの商品がなっていました。日本では4万円か5万円するビジネスシューズも、1万円前後で豊富な品揃えがありました。

 

そして、こちらは「ウールリッチ」。今回、我々が特に目当てにしていたお店です。

 

「ウールリッチ」は、日本でもダウンコートが人気のブランド。日本でダウンコートを購入すると、普通に10万円以上します。

 

それが、こちらのお店では、アウトレット価格からさらに、35%から50%割引になっていました。アウトレット価格の時点で、日本で購入する場合の半額ぐらいのイメージなので、そこからさらに大幅割引になるいうイメージです。

 

こちらは、実際に私がウールリッチで購入したダウンコートの値札です。市販価格の765ドルが、アウトレット価格で535ドルになっており、さらにそこから50%オフになったので、最終的には267.5ドルとなりました。

 

ウールリッチのダウンコートが267.5ドルということで、日本円では約3万円(1ドル=110円換算)です。信じられないぐらいのお得さですよね。

 

スポンサーリンク

アウトレット バスツアー:バス乗車場所(ウッドベリー側)の様子

そんなこんなで、ショッピングを楽しんだあとは、再びバスに乗車して帰路につきます。

往路もそうですが、帰路でも乗車するバスの予約は必要ありません。時刻表を見ながら、乗りたいバスの時間が近づいたら、乗車場所に向かいます。

帰路のバスは、往路よりも空いていて、乗車率は40%ぐらいでした。

 

この後、再びバスに1時間ほどの乗車後、「Port Authority Bus Terminal」に到着し、今回のバスツアーは終了となりました。

 

アウトレット バスツアー:ショッピング戦利品のお得度

そんなこんなで、今回のアウトレットショッピングで、我々は夫婦2人で以下の品々を購入しました。

<私(夫)>

  • ウールリッチ:ダウンコートx1着
  • コールハーン:革スニーカーx1足
  • コーチ:ビジネスシューズx1足、革カバンx1足

<妻>

  • ウールリッチ:ダウンコートx1着
  • ロンシャン:革カバンx1個
  • モンクレール:レインブーツx1足
  • コールハーン:革スニーカーx1足

 

ウールリッチのダウンコート1着で、お得度は7万円ほどにもなります。これに、靴やカバンなども含めて、合計で20万円以上、お得になっていると思われます。(細かく計算していませんので、ざっくりと。日本の市価から考えると、もっとお得になっているとも思います。)

ツアー料金はひとり「42ドル」ということで、ひとり約5千円、夫婦2名では約1万円になります。ですが、このお得さから考えると、その元は余裕で取り返すことができました。

本当に、お得過ぎますね。

 

ニューヨーク旅行2018のスケジュール

今回の記事は、2018年夏休みのニューヨーク旅行の一部としてご紹介しました。今回のニューヨーク旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、5泊6日のスケジュールとなります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:東京(成田)からニューヨーク(JFK)に移動(JL4便)、シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア宿泊
  • 2日目:ザ・リッツ・カールトン セントラルパーク宿泊
  • 3日目:JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク宿泊
  • 4日目:セントレジス・ニューヨーク宿泊 <=今ここ
  • 5日目:ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア宿泊
  • 6日目:ニューヨーク(JFK)から東京(羽田)に移動(JL5便)

 

今回のニューヨーク旅行は、陸マイラー活動で貯めたマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼ無料で豪華な旅を実現しています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

ニューヨークのアウトレットはバスツアーがオススメ!ウッドベリーコモン体験レポート!のまとめ

今回は、「ウッドベリーコモン・プレミアムアウトレット」のバスツアーを利用した体験レポートをお送りしました。

ニューヨークはアメリカを代表する大都市ですので、市内にもアウトレットショップがいくつもあります。ただし、取り扱いブランドには限りがありますし、品揃えや割引率に関しては、郊外型のアウトレットモールに敵いません。

ニューヨーク旅行中に、まとまった時間がある場合は、今回ご紹介したようなバスツアーを利用して、「ウッドベリーコモン・プレミアムアウトレット」まで足を延ばすのがオススメです。

靴や鞄、コートなど、比較的高価な商品を1品でも商品を購入すれば、ツアー代金の元は、余裕で取り返すことができるのではないかと思います。

特に、コーチやケイトスペード、ウールリッチなど、アメリカの「地元ブランド」は、割引率が尋常ではないので、オススメですよ。

 

ウッドベリーコモン・プレミアムアウトレット送迎シャトルバスサービス

 

次の記事==>

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: