【10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク 宿泊記:プラチナ会員でのアップグレード結果は?

ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク 宿泊記:プラチナ会員でのアップグレード結果は?

今回は「ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク (The Ritz-Carlton New York Central Park)」の宿泊記をお送りします。2018年夏休みのニューヨーク旅行の2泊目のホテルとし選択しました。「ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク」はマリオット&SPG系列のホテルです。「SPGアメックス」のポイントを利用して、ポイントでの無料宿泊としてこちらのホテルを利用しました。マリオット&SPGの「プラチナ会員」としての宿泊になりますので、アップグレードに期待がかかるところです。当記事では、チェックインからアップグレードの結果、お部屋の様子まで、詳しくご紹介していきたいと思います。

目次

ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパークとは

「ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク (The Ritz-Carlton New York Central Park)」は世界的なホテルグループである「マリオット&SPG」系列のホテルです。

ブランドとしては、その名前のとおり「ザ・リッツ・カールトン」となります。「ザ・リッツ・カールトン」は、マリオットの数多くあるブランドの中でも、最上級のブランドに位置付けられています。

 

「ザ・リッツ・カールトン」は憧れ、かつ、大好きなホテルブランドです。そんな「ザ・リッツ・カールトン」の本拠地であるニューヨークのこちらのホテルを利用できるのを、ずっと心待ちにしていました。

私自身、「ザ・リッツ・カールトン」のホテルを利用するのは、東京、香港に続く3回目となります。

 

マリオット&SPGグループでは、ホテルのグレードをカテゴリーで表しています。「ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク」は、カテゴリー8のホテルとなります。カテゴリー8は最高位となっています。

 

ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク:場所とアクセス

「ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク」は、その名前のとおり、ニューヨーク市民憩いの場である「セントラルパーク」に隣接しているホテルです。

また、ニューヨークの観光名所である「タイムズスクエア」も徒歩圏内(徒歩7-8分程度)となっています。ニューヨーク観光の拠点としてピッタリなホテルと言えますね。

最寄り駅は地下鉄の「7th Ave (at 53rd Street)」もしくは「5 Avenue 」となっています。どちらからも徒歩5分程度の距離になります。

<アクセス(MRT)>

  • MRT「7th Ave (at 53rd Street)」:徒歩5分程度
  • MRT「5 Avenue 」:徒歩5分程度

 

我々は、前日に「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエアホテル」に宿泊しており、ホッピングでこちらのホテルを利用しました。JFK国際空港からタクシーを利用してアクセスする場合は、以下の記事もご参照ください。

 

「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエアホテル」の周辺地図はこちらになります。

 

ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク:予約したお部屋とコスト

ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク:利用したポイント数

今回、こちらの「ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク」には、SPGアメックスのポイントを利用して無料宿泊しました。

「ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク」は、前述のとおり、マリオット&SPGのカテゴリーでは「カテゴリー8」のホテルになります。

「カテゴリー8」の場合、無料宿泊に必要なポイント数は85,000マリオットポイント(スタンダードシーズン)となっています。

ただし、我々が予約した時点では、マリオット&SPGがプログラム統合する前で、旧「ザ・リッツ・カールトン」の「ティア5」として予約しました。ですので、無料宿泊に必要なポイント数は23,333スターポイント(=70,000マリオットポイント)となりました。

 

マリオット&SPGのプログラム統合にご興味のある方は、こちらの記事もご参照ください。

 

ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク:予約した客室のカテゴリーとコスト(費用)

予約した客室のカテゴリーは、「ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク」の中で一番スタンダードである「デラックスルーム」でした。

<客室のカテゴリーと無料宿泊に必要なポイント数>

  • デラックス:23,333スターポイント(=70,000マリオットポイント)

 

スターポイントを利用した無料宿泊の場合は、税金等はかかりません。しかも、こちらの「ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク」では、ニューヨークのホテルで最近増えている「ディスティネーションフィー」を設定していませんでしたので、完全無料で宿泊することができました。

<必要なコスト(費用)>

  • ディスティネーションフィー:なし(宿泊時点)

 

注意

今回利用した、ニューヨークの他のマリオット&SPGのホテルは、全て「ディスティネーションフィー」を設定していました。「ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク」も将来的には「ディスティネーションフィー」を設定するかもしれません。

 

ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク 宿泊記:ホテルの外観とロビーの様子

さて、前置きが長くなりましたが、ここからは「ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク」の宿泊記をお送りしていきます。まずは、ホテルの外観とロビーの様子です。

スポンサーリンク

ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク:ホテルの外観

「ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク」のホテルの外観はこんな感じです。33階建てのホテルです。スイート 48 室を含む 261 室のゲストルームを備えています。

 

ニューヨーク市民憩いの場である「セントラルパーク」から道を一本挟んだ場所に位置しています。

 

入り口のところには、ドアマンの方が常時スタンバイしており、入るだけでちょっと緊張しますが、早速中に入ってみましょう。

 

ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク:ロビーの様子

「ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク」のロビーの様子はこんな感じです。ホテルの中は完全にヨーロピアン。重厚でクラシカル、高級な雰囲気です。ちょっとソファーに腰掛けるのも勇気が必要になります(笑)。

 

ホテル内の至るところには、シャンデリアが飾られており、高級感を一層高めています。

 

ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク 宿泊記:チェックインの様子とアップグレードの結果

ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク:チェックインの様子

そんなこんなで、ロビー内のレセプションでチェックインをお願いしました。レセプションには常時スタッフさんがいらっしゃったので、写真は自粛しました。

「ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク」の標準のチェックイン時間は「15:00」ですが、我々がチェックインをお願いしたのは「13:00」ごろでした。

ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク:アップグレードの結果

我々はマリオット&SPGにおけるプラチナ会員としてこちらのホテルに宿泊しました。上級会員になるとアップグレードの特典を受けられるため、チェックインの際は、いつもドキドキです。

そして、気になるアップグレードの結果はというと、

「デラックスルーム」から「シティービュー(パーシャルパーク)」へのアップグレードに成功しました!

これは、プラチナ会員の特典としてのアップグレードですので、当然、コストは発生していません。無料でのサービスということになります。

 

ちょっといやらしいですが、我々が宿泊した日付で「シティービュー(パーシャルパーク)」の料金を調べてみました。

私が宿泊した日付で「シティービュー(パーシャルパーク)」のお部屋を現金で予約しようとした場合、税込で「845USD」となっていました。日本円では「約92,950円(1USD=110円で計算、以下同様)」です。

<全額現金で支払った場合のコスト>

  • 客室のカテゴリー:シティビュールーム(パーシャルパーク)
  • 必要な現金(税込):845USD(=約92,950円)

 

「約92,950円」の価値があるお部屋に無料で宿泊できたということになります。「ザ・リッツ・カールトン セントラルパーク」はアップグレードに厳しいと聞いていましたが、とても良いお部屋をアサインいただき、感無量です。

 

ちなみに、部屋の準備はまだできていないということで、標準のチェックイン時間である「15:00」に再度伺うことになりました。また、標準のチェックアウト時間は「12:00」ですが、無料のレイトチェックアウトをお願いできたのは「13:00」まででした。この辺りはちょっと厳しめな印象でした。

 

スポンサーリンク

ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク 宿泊記:お部屋レポート

それではここからは、アップグレードしていただいた「シティービュー(パーシャルパーク)」のお部屋の様子をご紹介していきたいと思います。アサインいただいたお部屋は16階になります。

 

シティービュー(パーシャルパーク):お部屋の全体像

「シティービュー(パーシャルパーク)」の入り口を開けるとこんな感じです。ちょっとした玄関スペースがあり、左手には素敵な絵画が飾られています。余裕のある作りになっていますね。

 

奥に進むとこんな感じです。窓が2面用意されているのが特徴です。明るく開放感のある雰囲気です。右側の窓は「セントラルパーク側」、左側の窓は「6th Ave側」となります。また、窓側にはソファーとテーブルの用意もあります。

 

スーツケースは最初のチェックイン時に預けてあったのですが、ちゃんとお部屋の方に運ばれていました。(窓の脇に置かれている2台のスーツケースが我々のスーツケースです。)

 

客室の内装は、ホテル全体と同じく、ヨーロピアンな雰囲気で統一されています。ベッドもふかふか、気持ち良さそうです。

 

ベッド側から部屋の入り口側も見てみるとこんな感じです。ベッドの正面には、大型の液晶テレビが用意されているのがわかります。テレビの右手の扉はクローゼットになっています。

 

こちらの写真、正面がビジネスデスクになっています。右手の扉の先は、バスルームという構成になっています。

 

シティービュー(パーシャルパーク):眺望

「シティービュー(パーシャルパーク)」のお部屋からの眺望はこんな感じになります。こちらは、右側の「セントラルパーク側」の窓からの眺望になります。パーシャルパークということで、真正面というわけではありませんが、セントラルパークビューを楽しむことができます。

 

憧れの「セントラルパーク」の眺望を部屋から楽しむことができるというのは、とても贅沢ですね。見えるのがちょうど「セントラルパーク」の入り口のところで、人通りが多く、しばらく見ていてもぜんぜん飽きませんでした。

 

夜になるとこんな感じです。「セントラルパーク」は公園なので、ちょっと暗めの眺望になってしまいますね。

 

こちらは、左側の「6th Ave側」の窓からの眺望になります。こちらからは、ニューヨークのビル群を楽しむことができます。アサインされたお部屋が16階ということで、周りのビルの高さに負けてしまっていますが、これはこれで、ニューヨークっぽいですね。

 

シティービュー(パーシャルパーク):バスルームとアメニティ

続いては、バスルームとアメニティをご紹介します。今回アサインいただいた「シティービュー(パーシャルパーク)」のお部屋は、バスルームの広さもかなりゆとりがありました。

 

こちらはバスタブ。幅も長さも深さも、ゆったりしているのがわかります。お湯をたっぷりと張って、ゆっくりとくつろぐことができました。アメリカのバスタブは浅めのものが多かったり、そもそもバスタブがなかったりすることが多いので、これは嬉しいポイントです。

 

シンクはシングルボール。

 

ティッシュがバラのようにアレンジされていました。ちょっとした気遣いが嬉しいですね。

 

バスローブは2名分用意されていました。重量級のずっしりしたタイプ。

 

タオルはふんだんに用意されています。「ザ・リッツ・カールトン」のシンボルであるライオンマーク刻印が良いですね。

 

用意されていたアメニティは、英国の老舗化粧品ブランドである「Asprey(アスプレイ)」のものでした。世界の「ザ・リッツ・カールトン」で共通で採用されているようです。確かに、東京でも香港でも、用意されていたのは「Asprey(アスプレイ)」でした。

 

アメニティは、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、石鹸、乳液など、必要なものは一通り揃っていました。ただし、日本とは違い、歯ブラシの用意はありませんので注意しましょう。(歯ブラシの用意がないのは、アメリカのホテルで共通ですね。)

 

こちらはトイレ。ウォシュレットはありませんが、ゆとりのある広さになっていました。

 

シティービュー(パーシャルパーク):その他設備

続いては、その他設備をご紹介していきたいと思います。

こちらは、テレビ台の下に格納されていた冷蔵庫。びっしりとものが配置されており、自分のものを入れるスペースはなさそうです。「ブーブクリコ」のシャンパンが用意されており、こんなところも高級感がありますね。もちろん、利用した場合は別途料金が請求されます(笑)。

 

こちらは、ミニバーに用意されていたスナック。こちらも、もちろん有料。

 

こちらは、シャンパングラス、などなど。

 

こちらに用意されている「ザ・リッツ・カールトン」のラベルがつけられたお水だけは、無料で利用することができます。

 

クローゼットの中には、セーフティーボックス(金庫)の用意もあります。壁の中に埋め込まれていて厳重です。さすがアメリカですね。

 

クローゼットの中には、使い捨てのスリッパの用意もありました。ワッフル状になっており、なかなかの履き心地でした。

 

シティービュー(パーシャルパーク):ターンダウン

最後は、ターンダウンの様子をご紹介します。夕食から帰るとセッティングがされていました。

まず、ベッド脇には、無料のお水とチョコレートが置かれていました。

 

また、同じくベッド脇にはアロマオイルも用意されていました。「CENTRAL PARK INSPIRED」のエッセンシャルオイルということで、実際に試してみると、爽やかなラベンダーやオレンジのような香りがしました。リラックスした、良い眠りが得られそうですね。

 

スポンサーリンク

シティービュー(パーシャルパーク):利用した感想

「ザ・リッツ・カールトン セントラルパーク」はアップグレードに厳しいと聞いており、また、ニューヨークは客室が狭いところが多いため、かなり覚悟してチェックインに臨みました。

しかしながら、結果として、とても良いお部屋をアサインいただきました。

窓がシティー側とパーク側で2面あり、とても明るく、部屋の広さもかなり余裕がありました。また、ニューヨークはバスタブ付きのお部屋が少ないと聞いていましたが、かなり大きなバスタブも装備されています。

そして、なんといっても、パーシャルとは言え、お部屋からセントラルパークの眺望を楽しむことでき、ニューヨーク感抜群で、本当に感動しました。

また、スタッフの方にも、常に名前で呼んでいただき、フレンドリーかつ親身な接客にも感心しました。素晴らしいホテル宿泊に感謝です。

 

マリオット&SPGの上級会員(ゴールド、プラチナ)に簡単になる方法

マリオット&SPGの上級会員である「ゴールド会員資格」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスは、もれなくマリオット&SPGのゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

私の場合は、マリオット&SPGの「ゴールド会員」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、マリオット&SPGの「プラチナ会員」の資格も獲得しました。

 

プラチナ会員になると、マリオット&SPGのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになり、また、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まるため、SPGでのホテル宿泊をより楽しむことができます。

 

ニューヨーク旅行2018のスケジュール

今回の記事は、2018年夏休みのニューヨーク旅行の一部としてご紹介しました。今回のニューヨーク旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、5泊6日のスケジュールとなります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:東京(成田)からニューヨーク(JFK)に移動(JL4便)、シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア宿泊
  • 2日目:ザ・リッツ・カールトン セントラルパーク宿泊 <=今ここ
  • 3日目:JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク宿泊
  • 4日目:セントレジス・ニューヨーク宿泊
  • 5日目:ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア宿泊
  • 6日目:ニューヨーク(JFK)から東京(羽田)に移動(JL5便)

 

今回のニューヨーク旅行は、陸マイラー活動で貯めたマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な旅を実現しています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク 宿泊記:プラチナ会員でのアップグレード結果は?のまとめ

今回は「ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク (The Ritz-Carlton New York Central Park)」の宿泊記をお送りしました。

マリオット&SPGのプラチナ会員としての宿泊であったからなのか、部屋のアップグレードからホテルのスタッフさんの対応まで、とても良いサービスを受けることができました。

「ザ・リッツ・カールトン」のホテルに宿泊したのは今回で3軒目になりますが、どのホテルのサービスも期待を裏切らない、素晴らしいものであると感じています。

今回の宿泊で、ますます「ザ・リッツ・カールトン」のファンになりました。これからも、世界各地にある「ザ・リッツ・カールトン」に宿泊してみたいものです。

 

次の記事==>

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: