【10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル 宿泊記:SPGアメックスでアップグレードなるか?お部屋レポート!

シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル 宿泊記:SPGアメックスでアップグレードなるか?お部屋レポート!

今回は「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル (Sheraton New York Times Square Hotel)」の宿泊記をお送りします。2018年夏休みのニューヨーク旅行の1泊目のホテルとして選択しました。「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」はマリオット&SPG系列のホテルです。今回我々は「SPGアメックス」の利用で貯めたスターポイントを利用して、ポイントでの無料宿泊としてこちらのホテルに滞在しました。マリオット&SPGの「プラチナ会員」としての宿泊になりますので、アップグレードに期待がかかるところです。当記事では、チェックインからアップグレードの結果、お部屋の様子まで、詳しくご紹介していきたいと思います。

目次

シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテルとは

「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル(Sheraton New York Times Square Hotel)」は世界的なホテルグループである「マリオット&SPG」系列のホテルです。ブランドとしては、その名前のとおり「シェラトン」となります。

「シェラトン」のホテルは日本にもたくさんありますので、馴染みの深い方もたくさんいらっしゃると思います。私も、「シェラトン ・グランデ・トーキョーベイ ホテル」や「横浜ベイシェラトン  ホテル&タワーズ」は、お気に入りのホテルです。

 

マリオット&SPGグループでは、ホテルのグレードをカテゴリーで表しています。「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエアホテル」は、カテゴリー6のホテルとなります。

 

シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル:場所とアクセス

「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」は、その名前のとおり、ニューヨークの有名な観光地である「タイムズスクエア」近くのホテルです。また、ニューヨークのシンボルである「セントラルパーク」からもほど近く、どちらにも徒歩7-8分程度でアクセスすることができます。ニューヨーク観光の拠点としてピッタリなホテルです。

最寄り駅は地下鉄の「7th Ave (at 53rd Street)」となっています。「7th Ave」駅からは200メートルほどの距離ですので、歩いて1-2分、すぐの距離にあります。

<アクセス(MRT)>

  • MRT「7th Ave (at 53rd Street)」:徒歩1-2分程度

 

我々もアクセスの良さに惹かれて、ニューヨーク旅行の1日目のホテルとして選択しました。初日ということで、JFK国際空港からタクシーを利用して、こちらの「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」にアクセスしました。所要時間は約45分、料金は73ドルとなりました。JFK国際空港からタクシー利用の詳細については、こちらの記事もご参照ください。

 

「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」の周辺地図はこちらになります。

 

シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル:予約したお部屋とコスト

シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル:利用したポイント数

今回、こちらの「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」には、SPGアメックスのスターポイントを利用して無料宿泊しました。

「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」は、前述のとおり、マリオット&SPGのカテゴリーでは「カテゴリー6」のホテルになります。

「カテゴリー6」の場合、無料宿泊に必要なポイント数は50,000マリオットポイントからということになっています。

ただし、我々が予約した時点では、マリオット&SPGがプログラム統合する前で、旧SPGの「カテゴリー5」として予約できました。ですので、無料宿泊に必要なポイント数は12,000スターポイント(=36,000マリオットポイント)となりました。

ちょっぴりお得な気分です。

 

マリオット&SPGのプログラム統合にご興味のある方は、こちらの記事もご参照ください。

 

シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル:予約した客室のカテゴリーとコスト

予約した客室のカテゴリーは、「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」の中で一番スタンダードである「トラディショナルルーム」でした。

<客室のカテゴリーと無料宿泊に必要なポイント数>

  • トラディショナルルーム:12,000スターポイント(=36,000マリオットポイント)

 

スターポイントを利用した無料宿泊の場合は、税金等はかかりません。ただし、ニューヨークのホテルの場合は、一部ホテルで「ディスティネーションフィー」というものを設定しています。

「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」でも、この「ディスティネーションフィー」を設定しており、ひと部屋あたり「25ドル」が別途必要となりました。

<必要なコスト(費用)>

  • ディスティネーションフィー:25ドル

 

完全無料で宿泊とならず、ちょっと残念です。

 

シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル 宿泊記:ホテルの外観とロビーの様子

前置きが少々長くなりましたが、ここからは「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」の 宿泊記をお送りしたいと思います。まずは、ホテルの外観とロビーなどの様子をご紹介します。

シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル:ホテルの外観

「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」のホテルの外観はこちらになります。若干レトロな外観ですが、重厚な雰囲気の大型かつ高層ホテルです。

 

入り口はこちらです。さっそく中に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル:ロビーの様子

「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」のロビーの様子はこんな感じです。大型ホテルというだけあって、ロビーの広さにもゆとりがあります。全体的には、クラシックな雰囲気ですね。私がホテルに到着したのは午後8時ごろということで、それほど混雑していませんでした。

 

シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル 宿泊記:チェックインの様子とアップグレードの結果

シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル:チェックインの様子

ロビーを見渡してみると、SPG会員用のレセプションがありました。ゴールド・プラチナ会員用の窓口だけで4つもあります。さすが本国お膝元ですね。いかに上級会員が多いのかが伺えます。せっかくなので、こちらでチェックインをお願いすることにしましたが、アップグレードはどうなるでしょうか。

 

シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル:アップグレードの結果

我々はマリオット&SPGにおけるプラチナ会員としてこちらのホテルに宿泊しました。上級会員になるとアップグレードの特典を受けられるため、チェックインの際は、いつもドキドキです。

そして、気になるアップグレードの結果はというと、

「トラディショナルルーム」から「クラブルーム」へのアップグレードに成功しました!

これは、プラチナ会員の特典としてのアップグレードですので、当然、コストは発生していません。無料でのサービスということになります。

 

ちょっといやらしいですが、我々が宿泊した日付で「クラブルーム」の料金を調べてみました。

私が宿泊した日付で「クラブルーム」のお部屋を現金で予約しようとした場合、税込で「393USD」となっていました。日本円では「約43,230円(1USD=110円で計算、以下同様)」です。

<全額現金で支払った場合>

  • 客室のカテゴリー:クラブルーム
  • 必要な現金(税込):393USD(=約43,230円)

 

「約43,230円」の価値があるお部屋に無料で宿泊できたということになります。アップグレードは小幅でしたが、アップグレードできる範囲内で条件の良いお部屋をアサインいただき、感謝感謝です。

 

スポンサーリンク

シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル 宿泊記:クラブルームのお部屋レポート

そんなこんなで、無事にアップグレードにも成功しましたので、お部屋の方に移動します。

今回アサインいただいたお部屋の階数は、なんと最上階の50階です。かなりの高層階ですね。エレベーターを降りると「Stardwood Preferred Guest Floor」という表示がありました。SPG会員専用のフロアのようです。

 

廊下はこんな感じ。延々と続いており、かなりの客室数があるのがわかりますね。

 

今回お世話になるお部屋の扉はこんな感じです。白い扉が良い感じです。

 

クラブルーム:お部屋の全体像

それでは、早速中に入ってみましょう。「クラブルーム」のお部屋の中はこんな感じになっています。扉を開けると、左手がバスルーム、右手がミニバー、正面がベッドルームという構成になっています。

 

ベッドルームは1キングベッドとなっています。

 

ふかふか、ふわふわのベッドです。綺麗にメイキングされていますね。

 

窓側には、2-3人掛けの、比較的大きなソファーが置かれていました。小さ目のコーヒーテーブルもあります。

 

部屋の片隅には、ビジネスデスクもあります。

 

ベッド側から入り口側を見てみるとこんな感じです。ベッドの正面には、壁掛けの液晶テレビが設置されています。写真中央に見える縦長の棚がミニバーになっています。

 

クラブルーム:眺望

「クラブルーム」からの眺望はこんな感じです。

50階からの景色ということで、眺望も良さそうに思いますよね・・。ですが、そこはニューヨーク、周りのビルも高層ビルばかりなので、結局は高層ビルビューになります。

 

ただ、ソファーから乗り出して外を見てみると、ニューヨークいちの繁華街である「タイムズスクエア」のネオンを確認することができました。写真だと小さくてよくわからないかもしれませんが、ものすごくたくさんの人々が集結しているのが見えます。到着早々、ニューヨーク感を味わうことができました。

 

クラブルーム:バスルームとアメニティ

続いては、気になるバスルームとアメニティをチェックしていきましょう。

バスルームの中には、洗面台とトイレ、バスタブが配置されています。こちらは洗面台。当然ながらシングルボールです。

 

アメニティは洗面台の脇に並べられていました。用意されていたのは、シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュ、ボディローション、などなど。ブランドは、定番の「Le Grand Bain」。世界のシェラトンで共通です。

 

アメニティとして用意されているのは以上で、日本のホテルだと必ず用意されている歯ブラシやヘアブラシ、コームなどの用意はありません。この辺りはニューヨークのどのホテルでも共通ですので、日本から自前のものを持っていくようにしましょう。

 

続いて、バスタブはこんな感じです。写真だと見切れてしまっていますが、この上に固定式のシャワーが用意されています。バスタブの深さは浅めで、ゆっくり寛ぐという感じではありませんでした。やはりアメリカはシャワー文化なんでしょうね・・。

 

タオル類はこんな感じで、洗面台の下に用意されていました。過不足はないんですが、ちょっと味気ない感じですね。

 

クラブルーム:その他設備

最後に、その他設備をご紹介していきたいと思います。

こちらはクローゼットの中。バスローブが用意されていました。ただし、用意されていたのは1名分のみ・・。

 

こちらは金庫(セーフティーボックス)。もちろん無料で利用することができます。

 

こちらはミニバー。用意されているコーヒーと紅茶(ティーパック)は無料で利用することができます。コーヒーはスターバックスのもので、さすがアメリカといった感じですね。

 

冷蔵庫の中はこんな感じ。飲み物でいっぱいですが、当然ながら、こちらは全て有料です。

 

利用すると、高額がチャージされますのでご注意ください。(ソフトドリンクで10ドル前後、アルコールで15ドル前後、ボトルは30ドル前後です・・)。

 

クラブルーム:利用した感想

「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」の場合、「クラブルーム」といえども、23平米しかないので、全体的にはこじんまりとまとまっている印象です。世界一ホテル代が高いと噂のニューヨークですから、仕方ありませんね。

ただ、今回プラチナ会員特典として、「クラブルーム」へアップグレードしていただいたとともに、最上階のお部屋をアサインいただき、高層階からの景色を楽しむことができました。

また、お部屋からは、ニューヨークいちの繁華街である「タイムズスクエア」の様子を眺めることができました。

到着早々、ニューヨーク感を味わうことができ、なかなか良かったです。

 

シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル:ディスティネーションフィーの金額とサービス内容

最後に補足して、ディスティネーションフィーについて記載しておきたいと思います。

「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」の場合、1部屋1泊につき、25ドルのディスティネーションフィーが徴収されます。これは、税金のように徴収される(拒否権がない・・)代わりに、その代金に見合ったサービスも提供されます。

 

「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」でディスティネーションフィーの代わりに提供されるサービスは以下になります。

<ディスティネーションフィーで提供されるサービス>

  • 25 USD daily Food and Beverage Credit in Hudson’s Market, In-Room Dining, or Club Lounge
  • NYC Experience, choice of: Gulliver’s gate in Times Square; Ripley’s Believe it or Not!, or City Sights New York Cruise – including Hop on/off (one per day). See Tickets & Tours Desk to redeem.
  • 20% Discount at Landau on all regular priced merchandise
  • Fitness Class with On-Property Instructor (1 per day)
  • Enhanced Wired Internet and Local/Long Distance/International Calls
  • Food and beverage credit is per day, and cannot be accumulated for multi-day stays.
  • Club Lounge credit is for beverages only; Platinum status or upgrade required for access to Club Lounge. Tax not included.

 

いろいろ書かれていますが、一番使い勝手が良いのは赤字の「25 USD daily Food and Beverage Credit」と思われます。

「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」の場合は、ホテル内のレストランである「Hudson’s Market」と「In-Room Dining(ルームサービス)、もしくは「Club Lounge(クラブラウンジ)」で利用することができます。

これらの施設で25ドル分消費すれば、25ドルの支払いと相殺されるというわけですね。

 

ただ、私の場合は、後で相殺されなかったらいろいろめんどくさいな、と思って、結局何も利用しませんでした。ですので、25ドルをみすみす捨てることになりました。もったいなかったですね・・。次に機会があったら、何かに使いたいと思います。

 

注意

ディスティネーションフィーで提供されるサービス内容は、時期によって変更になる可能性大です。チェックインの際に必ず内容をご確認ください。

 

スポンサーリンク

シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル:タイムズスクエア観光

最後におまけとしてタイムズスクエア観光の様子を少しご紹介します。最初にご紹介したとおり、「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」から「タイムズスクエア」までは、徒歩7-8分の距離にあります。ですので我々も、初日のホテルに到着後、早速「タイムズスクエア」まで散歩してみました。

当日の「タイムズスクエア」の様子はこんな感じです。午後9時ごろです。写真を見ていただくとわかりますが、とにかく「人・人・人」です。360度全部人です(笑)。

 

この日は何か、お祭りをやっているんじゃないかと思うほどの混雑ぶりです。私は東京に住んでいますので、人混みには慣れているはずですが、それでも面食らうほどの人の多さです。

 

朝方は空いていましたし、昼間は人が多くても、これほどではありませんでした。やっぱり、ネオンが綺麗になる夜の時間帯が特に人気のようです。

ニューヨーク旅行では、必ず「タイムズスクエア」に一度は行くことになるとは思いますが、夜に行く方は、覚悟してください(笑)。

 

マリオット&SPGの上級会員(ゴールド、プラチナ)に簡単になる方法

マリオット&SPGの上級会員である「ゴールド会員資格」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスは、もれなくマリオット&SPGのゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

私の場合は、マリオット&SPGの「ゴールド会員」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、マリオット&SPGの「プラチナ会員」の資格も獲得しました。

 

プラチナ会員になると、マリオット&SPGのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになり、また、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まるため、SPGでのホテル宿泊をより楽しむことができます。

 

ニューヨーク旅行2018のスケジュール

今回の記事は、2018年夏休みのニューヨーク旅行の一部としてご紹介しました。今回のニューヨーク旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、5泊6日のスケジュールとなります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:東京(成田)からニューヨーク(JFK)に移動(JL4便)、シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア宿泊 <=今ここ
  • 2日目:ザ・リッツ・カールトン セントラルパーク宿泊
  • 3日目:JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク宿泊
  • 4日目:セントレジス・ニューヨーク宿泊
  • 5日目:ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア宿泊
  • 6日目:ニューヨーク(JFK)から東京(羽田)に移動(JL5便)

 

今回のニューヨーク旅行は、陸マイラー活動で貯めたマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な旅を実現しています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル 宿泊記:SPGアメックスでアップグレードなるか?お部屋レポート!のまとめ

今回は「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」の宿泊記をお送りしました。「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」は、マリオット&SPG系列のホテルであり、今回我々は「SPGアメックス」の利用で貯めたスターポイントを利用して、ポイントでの無料宿泊としてこちらのホテルに滞在しました。

今回の宿泊は、「SPGプラチナ会員」としての宿泊になりましたので、アップグレードに期待がかかるところでした。そして、結果としては、予約当初の「トラディショナルルーム」から「クラブルーム」へのアップグレードに成功しました。

当記事では、今回アサインいただいた「クラブルーム」のお部屋は、ニューヨークのホテルということで、お部屋には手狭感を感じましたが、高層階からタイムズスクエアを眺めることができ、初日からニューヨーク感を感じることができました。最上階へのアップグレードをしていただき、感謝感謝です。

 

次回は、同じく「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア ホテル」の、クラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)をご紹介したいと思います。

 

次の記事==>

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: