【2022年12月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

セントレジス・フィレンツェ:朝食とプラチナ特典を体験レポート!

セントレジス・フィレンツェの朝食会場

セントレジス・フィレンツェ:朝食とプラチナ特典を体験レポート!

フィレンツェでの宿泊には「セントレジス フィレンツェ(The St.Regis Florence)」を選択しました。私はこちらのホテルにMarriott Bonvoy(マリオットの会員プログラム)の「チタンエリート」として宿泊しましたので、プラチナ会員以上が適用されるエリート特典を受けることがでます。この特典の中には、朝食提供も含まれており、豪華なレストランで朝食ビュッフェをいただくことができました。当記事では、「セントレジス・フィレンツェ」でのプラチナ特典の適用結果と、朝食ビュッフェの様子を詳しくご紹介していきたいと思います。

目次

セントレジス・フィレンツェ(The St.Regis Florence)とは

「セントレジス フィレンツェ(The St.Regis Florence)」は世界的なホテルグループであるマリオット系列のホテルです。公式HPでは以下のように紹介されています。

フィレンツェの中心地という象徴的なロケーションに位置し、素晴らしい施設と、セントレジスバトラーサービスなどの卓越したアメニティーをご提供いたしております。

 

ブランドとしては、その名前のとおり「セントレジス 」となります。「セントレジス 」は、マリオットの数多くあるブランドの中でも最上級に位置付けられています。

マリオットでは、ホテルのグレードをカテゴリーで表しています。「セントレジス・フィレンツェ」は、最高位のランクとなる「カテゴリー8」のホテルとなっています。

セントレジス・フィレンツェの外観

 

ホテルの公式HPは以下になります。

参考 The St.Regis FlorenceMarriott

 

MEMO

マリオットのホテルプログラムである「マリオットボンヴォイ」の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

「マリオットボンヴォイ」には登録料・年会費など無料で利用することができます。まだ入会していない方はこちら公式サイトから新規登録しましょう。

「マリオット公式サイト」はこちら!

 

セントレジス・フィレンツェ:場所とアクセス

セントレジス・フィレンツェへの場所

「セントレジス・フィレンツェ」は、フィレンツェのターミナル駅である「SMN(サンタ・マリア・ノヴェッラ)駅」から徒歩圏内の立地となっています。

また、フィレンツェのシンボルの一つでもある「アルノ川」にも面しています。景観も良く、アクセスも良いため、フィレンツェ観光にぴったりのホテルといえます。

 

「セントレジス・フィレンツェ」の周辺地図は以下になります。

 

セントレジス・フィレンツェへのアクセス

「セントレジス・フィレンツェ」は、フィレンツェのターミナル駅である「SMN(サンタ・マリア・ノヴェッラ)駅」からは徒歩圏内となっています。大きな荷物がない状態では、徒歩10分ほどでホテルまで到達することができます。

<鉄道&地下鉄>

  • SMN(サンタ・マリア・ノヴェッラ)駅:徒歩10分程度

 

スポンサーリンク

セントレジス・フィレンツェ:予約した部屋とコスト、アップグレード結果

今回、「セントレジス ・フィレンツェ」には、SPGアメックスで貯めたポイントを利用して、無料宿泊しました。

「セントレジス ・フィレンツェ」、マリオットグループの中でも最高位のランクとなる「カテゴリー8」の高級ホテルです。その場合、無料宿泊に必要なポイント数は「85,000ポイント」ということになりました。

その後、チェックイン当日に、チタンエリートの会員特典として、「デラックス・ルーム」から「アルノリバー・デラックス・ルーム」にアップグレードしていただくことができました。

予約した部屋とコスト、アップグレード結果の詳細については以下の記事をご参照ください。「セントレジス ・フィレンツェ宿泊記」として、アップグレードしていただいた「アルノリバー・デラックス・ルーム」の客室の詳細も合わせてご紹介しております。

 

セントレジス ・フィレンツェ:プラチナ特典と適用結果

Marriott Bonvoyのプラチナ特典と適用結果

私は、マリオットの会員プログラムである「Marriott Bonvoy」の上級会員である「チタンエリート」としてこちらのホテルに宿泊しました。上級会員になると、ホテル宿泊時に様々な特典を得ることができるため、ホテル宿泊をより楽しむことができるようになります。

特に、「プラチナエリート」以上の会員レベルに到達すると、以下のような特に有用な特典を得ることができるようになります。(チタンエリートはプラチナエリートよりもワンランク上ですが、得られる特典はほぼ同じとなっています)

<プラチナエリート以上の会員レベルで得られる特に有用な特典>

  • 客室のアップグレード(スイート含む)
  • クラブラウンジへのアクセス
  • 無料朝食の提供(ウェルカムギフトから選択)<=今回ご紹介
  • レイトチェックアウト(最大16時まで)

 

「セントレジス ・フィレンツェ」の場合は、残念ながら「クラブラウンジ」の用意がありませんが、これ以外の特典については適用いただくことができました。

 

Marriott Bonvoy」のプログラム概要と、上級会員の特典の詳細については、以下の記事をご参照ください。

 

プラチナ特典のウェルカムギフトから「無料朝食」を選択

プラチナ特典のウェルカムギフトとしては「ローカルギフト」「1,000マリオットポイント」「無料朝食」の3種類の中から好きなものを選択することができます。

<プラチナ特典のウェルカムギフト>

  • ローカルギフト
  • 1,000マリオットポイント
  • 無料朝食<=今回選択

 

私はいつも、ホテルでの朝食を楽しみにしているため、「無料朝食」を選択できる場合はいつも選択するようにしています。

今回宿泊した「セントレジス ・フィレンツェ」でも、「無料朝食」を選択することができましたので、今回の記事では、この「無料朝食」の様子をご紹介したいと思います。

 

セントレジス ・フィレンツェ:レストラン朝食の体験レポート

セントレジス ・フィレンツェ:朝食会場はレストラン「Winter Garden」のテラス席

「セントレジス ・フィレンツェ」で無料朝食を選択した場合、会場となるのは「Winter Garden」というレストランのテラス席です。

「Winter Garden」は、ホテルのロビーフロアにあるレストランです。雰囲気はこんな感じで、お城の中の舞踏会会場のような豪華さです。中央には巨大なシャンデリアがきらめいており、一層の華やかさを引き立てています。

セントレジス・フィレンツェの「Winter Garden」

 

朝食会場は、こちら「Winter Garden」のテラス席で、1階(日本でいうところの2階)からアクセスします。入り口はこんな感じです。こちらで部屋番号を伝えて、入場します。

レストラン「WInter Garden」の入り口

 

テラス席はこちらのように、「Winter Garden」のメインフロアを上から見下ろす形になります。豪華すぎて、ちょっとおののきます。

セントレジス・フィレンツェの朝食会場1

 

こんな素晴らしいレストランで朝食をいただけるなんて最高ですね。

セントレジス・フィレンツェの朝食会場2

 

ちなみに、プラチナ特典でいただけるのは「朝食ビュッフェ」となっており、有償の場合はおとなひとり「45ユーロ」という価格設定となっています。日本円に直すと、ひとり約「6,000円」ということで、かなり豪華な朝食ということになりますね。

 

「Winter Garden」の公式HP配下になります。

参考 Winter GardenThe St.Regis Florence

 

スポンサーリンク

セントレジス ・フィレンツェの朝食ビュッフェ:ドリンクの品揃え

さて、それではここからは、朝食ビュッフェの内容を詳しくみていきたいと思います。まずは、ドリンクの品揃えからです。

ドリンクとしては、テーブルで、ホットドリンクをオーダーすることができます。オーダー可能なのは、コーヒーや紅茶、などなど。カフェラテなど、ちょっと手の込んだものでもオーダー可能となっていました。

こちらは、カフェラテ。あわあわしていて美味しそうですね。

朝食ビュッフェ:ドリンク1

 

コールドドリンクについては、ビュッフェテーブルに並べられていますので、こちらから好きなものをいただくことができます。

こちらは、オレンジジュースの他、瓶入りの各種フルーツジュース。

朝食ビュッフェ:ドリンク2

 

スパークリングワインも用意されていましたので、朝から「泡」を楽しむことができます。朝からアルコールが用意されているのは、ヨーロッパっぽいですね。

朝食ビュッフェ:ドリンク3

 

セントレジス ・フィレンツェの朝食ビュッフェ:フードの品揃え

続いては、フードの品揃えです。フードもビュッフェテーブル上から好きなものをいただいてくるシステムになっています。

こちらは、サラダやハム、サーモン、チーズなどの前菜類。

朝食ビュッフェ:フード1

 

フィレンツェといえばトスカーナ、トスカーナといえば肉料理ということで、ここ朝食会場にも、おいしそうな生ハムやサラミなどが、ずらずらっと並んでいました。実際いただいてみましたが、期待した通りのクオリティの高さ。間違いのない美味しさです。

朝食ビュッフェ:フード2

 

こちらはフルーツ各種。リンゴやパイナップル、ぶどう、キウイなどの定番から、いちごやベリー、マンゴーなど、ちょっと朝食としては珍しいものまで。充実の品揃え。

朝食ビュッフェ:フード3

 

こちらは、パン各種。食事系のハードパンから、甘い系の菓子パンまで、美味しそうなものがずらずらっと並べられています。ホールのパイやケーキもあり、好きなだけ取り分けられます。

朝食ビュッフェ:フード4

 

クロワッサンも、素晴らしいレベルの美しさ。食べる前から、美味しさが伝わってきますね。

朝食ビュッフェ:フード5

 

続いては、ホットミール各種。こちらは、ベーコンやソーセージなど、定番のものたち。

朝食ビュッフェ:フード6

 

こちらは、ポテトやマッシュルーム、ズッキーニなど、グリル野菜などなど。

朝食ビュッフェ:フード7

 

日本食の用意はさすがにありませんでしたが、おかゆと揚げ春巻きなどの、中華料理の用意はありました。ほんのちょっとですけどね。

朝食ビュッフェ:フード8

 

あと、こちらの朝食ビュッフェには、エッグステーションの用意もありました。オムレツや目玉焼き、スクランブルエッグなどの卵料理を、目の前で調理していただくことができます。

朝食ビュッフェ:エッグステーション

 

セントレジス ・フィレンツェの朝食ビュッフェ:いただいたものと感想

そんなこんなで、いただいたものはこちらになります。

まずは、サラダと生ハム、サーモンなどの前菜。どれも素材の質が良く、とても美味しくいただきました。特に、生ハムやサラミなどの肉類は前述のとおりレベルが高く、さすがトスカーナ、という感じでした。

朝食ビュッフェ:前菜

 

こちらは、クロワッサン。サクサクの仕上がりで最高レベルの美味しさ。

朝食ビュッフェ:パン

 

こちらは、エッグステーションでいただいたオムレツ。海外でいただくオムレツって、結構雑な仕上がりになることが多いのですが、こちらのオムレツは日本でいただくような、綺麗な仕上がりになっていました。ケチャップやマスタードも「瓶」で用意されているのが、なんとなく豪華です。

朝食ビュッフェ:オムレツ

 

ちなみに、「瓶」入りのジャムもテーブルの上にたくさん用意されています。使い放題です。

朝食ビュッフェ:ジャム

 

こちらは、フルーツ各種。特に、いちごとパパイヤが美味しかったですね。

朝食ビュッフェ:フルーツ

 

これ以外にも、ホットミールなんかもいくつかいただいて、お腹いっぱいになりました。品数の充実ぶりもさておき、素材の質の高さが際立っており、全体的に大満足の朝食となりました。

さすが、フィレンツェを代表する高級ホテルの朝食ビュッフェです。会場の豪華さに目を奪われましたが、美味しさの方も高レベルでした。加えて、スタッフの方のサービスも文句のつけようがない、素晴らしいものでした。

今回は夫婦2人で利用しましたので、本来であれば「90ユーロ(=45ユーロx2名分)」が必要になるところです。日本円では約「13,000円」ということで、自腹であれば、ちょっと躊躇してまう金額です。

これを無料でいただけてしまうというのは、本当にありがたいことです。エリート会員(プラチナ&チタン)特典は本当に素晴らしいですね。

マリオットの上級会員(ゴールド&プラチナ)に簡単になる方法

マリオットアメックス(プレミアム)保有でゴールド会員資格をもれなく獲得

マリオットの上級会員資格である「ゴールドエリート」を簡単に獲得する方法があります。それは「マリオットアメックス(プレミアム)」を保有することです。

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

 

マリオットアメックス(プレミアム)は、年会費は「49,500円(税込)」と高額ながらも、その費用を上回る豊富な特典によりホテル好き必携のクレジットカードになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)の主な特徴は以下になります。無料宿泊特典(5万円相当)だけでも年会費負担を相殺することができてしまいます。

また、ポイント還元率やマイル還元率の高さから陸マイラーからも絶大な人気を誇っています。

<マリオットアメックス(プレミアム)の主な特長>

  1. マリオット の「ゴールド会員資格」を自動的に獲得
  2. カード決済でポイント還元率3%&マイル還元率1.25%を実現
  3. マリオットのホテル利用でポイント還元率6%を実現
  4. ポイント有効期限は実質無期限
  5. 貯めたポイントはホテルの無料宿泊や世界40以上の航空マイルに交換可能
  6. 年15泊分の宿泊実績を獲得
  7. 年150万円以上の決済で無料宿泊特典を獲得(5万円相当)
  8. 年400万円以上の決済で「プラチナ会員資格」を獲得

 

マリオットアメックス(プレミアム)の特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

スポンサーリンク

プラチナチャレンジでプラチナ会員へのステップアップも容易

私の場合は、マリオットの「ゴールドエリート」となった後にプラチナチャレンジ」を実施することで、マリオットの「プラチナエリート」も獲得しました。

 

また、年400万円以上の決済が可能な方であれば、マリオットアメックス(プレミアム)の特典で「プラチナエリート」を獲得できるのもメリットですね。

プラチナ会員になるとマリオットのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになります。

加えて、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まりレイチェックアウトも午後4時まで可能になるなど、マリオットのホテル宿泊を最大限に満喫することができます。

ゴールドエリートとプラチナエリートの主なステータス特典は以下になります。

<ステータス特典(ゴールド&プラチナ)>

  ゴールド プラチナ
ポイントボーナス ◯(25%) ◯(50%)
レイトチェックアウト ◯(14時) ◯(16時)
ウェルカムギフト ◯(250 or 500ポイント) ◯(500 or 1,000ポイント、無料朝食、アメニティから選択)
客室のアップグレード ◯(スイート含む)
ラウンジへのアクセス  

 

入会キャンペーンで年会費負担も軽減可能

マリオットアメックス(プレミアム)では、最大45,000ポイント(=4.5万円相当)を獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担をほぼ相殺できるというお得さになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)に興味のある方にとっては大チャンスと言えますね。

マリオットアメックスの入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

イタリア旅行2019のスケジュール

今回の記事は、2019年ゴールデンウィークの「イタリア旅行」の一部としてご紹介しました。「イタリア旅行2019」全体のスケジュールは以下のようになっています。

<イタリア旅行2019のスケジュール>

  • 1日目:東京(羽田)からイタリア(ローマ)に移動。セントレジス ローマに宿泊
  • 2日目:ローマ観光。セントレジス ローマに宿泊
  • 3日目:ローマからフィレンツェに移動。セントレジス フィレンツェに宿泊 <=今ここ
  • 4日目:フィレンツェからヴェネツィアに移動。ダニエリ(ヴェネツィア)に宿泊
  • 5日目:ヴェネツィア観光。ダニエリ(ヴェネツィア)に宿泊
  • 6日目:イタリア(ヴェネツィア)から東京(成田)に移動
  • 7日目:東京(成田)に帰国

 

今回のイタリア旅行はビジネスクラスと高級ホテルを利用した豪華なものですが、貯めたANAマイルとSPGアメックスのポイントで、ほぼ無料で実現しています。陸マイラー的なANAマイルの貯め方SPGアメックスの特典とメリット・デメリットは以下の記事をそれぞれご参照ください。

 

「セントレジス・フィレンツェ:朝食とプラチナ特典を体験レポート!」のまとめ

今回は、「セントレジス フィレンツェ(The St.Regis Florence)」の朝食とプラチナ特典の適用結果をレポートしました。

私はこちらのホテルに「チタンエリート」として宿泊しましたので、プラチナ会員以上が適用されるエリート特典として、豪華なレストランで朝食ビュッフェを無料でいただくことができました。

朝食ビュッフェの内容は、会場の豪華さ、ドリンクと料理の質の高さ、サービスの快適さともに、思い出に残る素晴らしいものでした。

「セントレジス 」のホテルはどこも「クラブラウンジ」の用意がないのがちょっと残念なのですが、今回利用した朝食は、その欠点をカバーするのに十分な素晴らしさでした。

次回、フィレンツェを訪れる機会があれば、また利用させていただきたいな、と思います。

 

==>次の記事

フィレンツェのアウトレット「The Mall(ザ・モール)」の行き方!プラダ、グッチ、モンクレールが格安!

 

<==前の記事

ドゥオーモのクーポラ チケット予約方法と階段を登ってみた体験レポート!

 

<<==目次、記事一覧==>>

フィレンツェ&ベネチア旅行 ブログの目次、記事一覧!

 

それでは、また!

 

MEMO

マリオットのホテル予約は「最低価格保証(ベストレート保証)」を提供している公式サイトからが最もお得です。公式サイトは以下からご参照ください。

マリオット公式サイトはこちら!

 

関連記事