【10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

欣葉 (シンイエ)台北の場所とメニュー、予約方法は?オススメ台湾料理をレポート!

欣葉 (シンイエ)台北の場所とメニュー、予約方法は?オススメ台湾料理をレポート!

「欣葉 (シンイエ)」は、1977年創業の台湾料理の老舗、有名店です。台北市内に台湾料理だけでも7店舗を展開しています。「欣葉 (シンイエ)」は「ワタリガニのタイワンスタイルおこわ」や「豚バラ肉のやわらか煮」、「シジミのにんにく醤油漬け」などの名物メニューが揃っており、台北旅行中には一度は訪れたい名店です。今回は、そんな「欣葉 (シンイエ)」の場所(店舗一覧)や行き方からオススメのメニュー、予約方法まで、詳しくご紹介していきたいと思います。

欣葉 (シンイエ)とは

「欣葉 (シンイエ)」は、1977年創業の台湾料理の老舗、有名店です。台北市内に台湾料理だけで7店舗を展開しています。台湾料理だけで、というのは、台湾料理以外にも、日本料理、しゃぶしゃぶ、カレー、お弁当など、他店舗展開しているからです。それだけ、「欣葉 (シンイエ)」は、台湾で人気のブランドというわけですね。

台湾料理というと、真っ先に思い浮かぶのは「小籠包」かもしれません。しかしながら、「小籠包」は広東料理であって、実は、伝統的な台湾料理ではありません。ですので、「欣葉 (シンイエ)」には、「小籠包」というメニューはありません(笑)。

「欣葉 (シンイエ)」は、台湾のごく一般的な家庭料理を中国料理の1ジャンルにまで高めた名店です。地元産の素材をふんだんに用いた、繊細かつ上品な台湾料理を楽しめるお店として、台湾料理の代表的な存在となっています。

 

欣葉 (シンイエ):場所、台北市内の店舗一覧

「欣葉 (シンイエ)」は前述のとおり、台北市内に台湾料理だけで7店舗を展開しています。具体的な店舗一覧は以下になります。この中で特に人気なのが、台北市双城街にある「本店」です。平日でも予約するのが困難なほどです。

<欣葉 (シンイエ):台北市内の店舗一覧>

  • 台菜-本店
    • 住所:台北市双城街34-1号
  • 台菜-双城会館
    • 住所:台北市双城街21-2号
  • 台菜-南西店
    • 住所:台北市南京西路12号8F
  • 台菜-忠孝店
    • 住所:台北市忠孝東路4段112号2F
  • 台菜-信義A9店
    • 住所:台北市松寿路9号8F(新光三越信義新天地A9館8F)
  • 欣葉食芸軒-Taipei 101
    • 住所:台北市信義路5段7号85F-1(台北101)

 

ちなみに、台北のシンボルである「Taipei 101」にある「欣葉食芸軒」は高級店となっており、通常の「欣葉 (シンイエ)」よりも高価格設定となっているため注意が必要です。

 

欣葉 (シンイエ):今回伺った店舗は「南西店」

「欣葉 (シンイエ)」の上記店舗の中から、我々が今回伺ったのは、「南西店」となります。実は、台湾旅行の3日目に「信義A9店」に飛び込みで伺ったのですが、予約でいっぱいで入店できず・・。

そこで、その日(つまり3日目)に宿泊してた「ウェスティン台北」のコンシェルジュの方に相談して、翌日のディナーの時間帯にたまたま空きのあった「南西店」に予約を入れていただきました。

ちなみに、駄目元で一番人気の「本店」に空きがあるかも確認してもらったのですが、ディナーの時間帯は予約で既にいっぱいだそうで、予約できませんでした・・。

「欣葉 (シンイエ)」は、観光客だけでなく、地元の方にも人気が高く、本当に混雑しているので、早めの予約が吉です。(本店を狙う場合は特に!)

欣葉 (シンイエ):「南西店」の場所と行き方、営業時間

さて、今回我々が伺った、「欣葉 (シンイエ)」の「南西店」は、「新光三越台北南西店」というデパートの中のテナントとなっています。「新光三越台北南西店」の8階に位置しています。

「新光三越台北南西店」には、「欣葉 (シンイエ)」の他にも、小籠包の名店である「鼎泰豊(ディンタイフォン)」も入店しており、使い勝手の良いデパートです。

 

「欣葉 (シンイエ)」の「南西店」の基本情報は以下となります。最寄駅はMRTの「中山駅」で、駅からは徒歩2-3分の距離にあります。

<欣葉 (シンイエ)「南西店」の基本情報>

  • 住所:台北市南京西路12号8F
  • 電話番号:02-2523-6757
  • 座席数:280席、個室:6室
  • 營業時間:
    • <月曜-金曜>11:30-16:00(ラストオーダー16:00)、17:00-21:30(ラストオーダー20:50)
    • <土曜-日曜)>11:00-16:00(ラストオーダー16:00)、17:00-21:30(ラストオーダー20:50)
  • 最寄駅:MRT「中山駅」

 

「欣葉 (シンイエ)」の「南西店」の周辺地図は以下になります。

 

欣葉 (シンイエ):「南西店」のお店の雰囲気

「欣葉 (シンイエ)」の「南西店」のお店の外観はこんな感じです。老舗だけあって、堂々とした門構えです。我々は、午後6時半に予約して伺いました。

 

店内の様子はこんな感じです。全体的に高級感のある雰囲気になっています。こちらの写真ですと、まばらに空席がありますが、この後すぐに満席になりました。人気のほどが伺えます。

 

テーブルの上には、食器が綺麗に並べられています。準備万端ですね。

 

スポンサーリンク

欣葉 (シンイエ):メニューと値段

さて、続いては、「欣葉 (シンイエ)」のメニューと値段を確認していきたいと思います。ただし、「欣葉 (シンイエ)」には、ものすごくたくさんのメニューが存在しており、全部は紹介しきれません。そこでここでは、我々がオーダーしたものを中心にご紹介していきたいと思います。

ちなみに、「欣葉 (シンイエ)」のメニューは、以下でご紹介するように、写真付き、かつ、中国語と英語、日本語が併記されているため、とてもわかりやすいです。

 

まずオーダーしたのは、こちらの「ワタリガニのタイワンスタイルおこわ」。「欣葉 (シンイエ)」の名物とも言われる代表的なメニューで、ガイドブックやTVの旅行番組などで頻繁に紹介されています。値段は830TWD(=約3,071円、1TWD=3.7円で計算。以下同様)となっています。少々お高めですが、「欣葉 (シンイエ)」を訪れたのであれば、まずはオーダーしたいメニューですね。

 

続いてはこちらの「シンイエ名物 豚バラ肉のやわらか煮」。こちらも、「欣葉 (シンイエ)」の名物とも言われる代表的なメニューです。サイズが2タイプあり、小が160TWD(=約592円)、大が240TWD(=約888円)となっています。我々は2名で伺ったので、小をオーダーしました。

 

続いてはこちらの「シジミのにんにく醤油漬け」。お酒好きにはたまらない一品です。こちらも、「欣葉 (シンイエ)」の有名なメニューです。お値段は180TWD(=約666円)。

 

あとは、バランス的に野菜も必要でしょうということで「旬の青菜の強火炒め」をオーダー。お値段はこちらも180TWD(=約666円)。

 

最後に、デザートということで「手打杏仁豆腐」。こちらは楽しみにしていたメニューの一つで、手作りのモチモチした食感を楽しめる一品です。お値段は80TWD(=約296円)。

 

以上、メニューを見ていただくとわかりますが、「欣葉 (シンイエ)」は台湾を代表する老舗、有名店ですが、非常に良心的な価格設定になっていることがわかります。(「ワタリガニのタイワンスタイルおこわ」はそこそこのお値段しますが・・)

 

欣葉 (シンイエ):おすすめ台湾料理のレポート

そんなこんなで、オーダーを済ませてからしばらくすると、お待ちかねの料理の数々がやってきました。

シジミのにんにく醤油漬け

まずやってきたのは、こちらの「シジミのにんにく醤油漬け」。

 

殻を開けるとこんな感じ。半生状態のシジミのプリプリとした食感が楽しめます。一瞬、生なのかな、と錯覚するほどのプリプリさ加減です。

 

かなり濃い目の味付けになっているので、紹興酒など、強めのお酒とベストマッチします。下処理も完璧で、砂がジャリジャリするなんてことは一切ありませんでした。さすが「欣葉 (シンイエ)」と感じさせる一品です。

豚バラ肉のやわらか煮

続いてやってきたのは、こちらの「シンイエ名物 豚バラ肉のやわらか煮」。小をオーダーしましたが、かなりボリュームがあります。

 

トロトロまで煮込まれており、箸で簡単に分けることができます。中華独特の八角の匂いはせず、家庭料理のようなやさしい味付けになっているのが特徴です。

当然ながら脂身が多いのですが、すでにコラーゲン状になっており、かつ、旨味が凝縮されているため、不思議と、スルスルと食べられてしまいます。噂に違わぬ絶品でした。

スポンサーリンク

旬の青菜の強火炒め

続いては、こちらの「旬の青菜の強火炒め」。メニューの名前のとおり、強火で調理されているのか、シャキシャキとした食感が楽しめる一品です。

 

塩とにんにくのシンプルな味付けで、「シジミのにんにく醤油漬け」や、「シンイエ名物 豚バラ肉のやわらか煮」などの濃い味付けのものとの相性抜群でした。

ワタリガニのタイワンスタイルおこわ

そして、後半になりやってきたのが、おまちかねの「ワタリガニのタイワンスタイルおこわ」です。ワタリガニがまるごと一匹、贅沢に使用されています。写真が取りやすいように、こんな感じでセットアップしてくれます。とても豪華な見た目ですね。本当に熱々の状態でやってきますので、やけど注意です(笑)。

 

その後、スタッフさんが、小皿に取り分けてくださいます。カニ酢(写真左)もセットでついてきますので、カニはこれにつけながらいただくこともできます。

 

お味の方は、いわずもがなの絶品!全体的にシンプルな味付けですが、カニの旨味がおこわ全体に染み渡っています。さすが「欣葉 (シンイエ)」の看板メニューといった感じです。

また、後半は、かにみそをご飯にかけたり、「シンイエ名物 豚バラ肉のやわらか煮」のタレをかけて、変化を楽しむこともできます。

ただ、量がとても多いので、とても2人では食べきれませんでした・・。3人から4人ぐらいでちょうど良い量かもしれませんね。

手打杏仁豆腐

そして、最後はデザートです。こちらは、楽しみにしていた「手打杏仁豆腐」。

 

普通の杏仁豆腐の食感って、ゼリーやプリンに近い、やわらかい感じだと思いますが、こちらの杏仁豆腐は一味違います。食感は完全に「お餅」です(笑)。モチモチの意外な食感を楽しむことができます。

お腹いっぱいの場合は要注意です。デザートと思って甘くみていると、痛い目を見ます(笑)。

きなこ餅

そして、最後の最後には「きなこ餅」が提供されます。こらは、無料のデザートとなっています。とてもやわらかい、ふわふわの食感です。こちらは、かわいいボリュームなので、ペロリといただけます。

 

欣葉 (シンイエ):お会計

そんなこんなで、「欣葉 (シンイエ)」での食事を楽しんだ後は、お会計です。料理代にお茶代の50TWD(=約185円)、サービス料の10%が加算され、合計では1,716TWD(=約6,350円)となりました。

 

台湾を代表するような老舗、有名店で、これだけ食べて約6,350円というのは、なかなかリーズナブルではないかと思います。半分は「ワタリガニのタイワンスタイルおこわ」代なので、これを頼まなければ、なおさら安く抑えることもできますね。

ただ、「ワタリガニのタイワンスタイルおこわ」は「欣葉 (シンイエ)」の名物であり、看板メニューなので、最初はどうしても頼みたくなってしまいますけどね。

 

スポンサーリンク

欣葉 (シンイエ):予約方法

「欣葉 (シンイエ)」は人気店ですので、訪れる際には事前予約が必須です。私のように、現地に到着してから、ホテルのコンシェルジュの方にお願いすることもできますし、Webサービスを利用して日本から予約してこともできます。

特に、「欣葉 (シンイエ)」の「本店」は大人気なので、台湾旅行の日程が確定したら、日本から早めに予約しておくのがオススメです。

海外のレストランを予約する際、便利なWebサービスが「グルヤク」です。日本語を利用して、簡単に予約することができます。詳細は以下からご確認ください。

欣葉(シンイエ):本店の予約はこちらから

欣葉(シンイエ):南西店の予約はこちらから

欣葉(シンイエ):忠孝店の予約はこちらから

欣葉食芸軒:台北101店の予約はこちらから

 

台湾旅行2018のスケジュール

今回のゴールデンウィークの台湾旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、4泊5日のスケジュールとなります。

今回の記事は、台湾旅行4日目の夕食の様子になります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:羽田から台北(松山)に移動(JL97便)、ル・メリディアン台北宿泊
  • 2日目:龍山寺観光、W台北宿泊
  • 3日目:九份観光、ウェスティン台北宿泊
  • 4日目:101観光、シェラトン・グランド台北宿泊 <=今ココ
  • 5日目:台北(桃園)から成田に移動(CI104便)

 

今回の台湾旅行は、陸マイラー活動で貯めたマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な旅を実現しています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

欣葉 (シンイエ)台北の場所とメニュー、予約方法は?オススメ台湾料理をレポート!のまとめ

今回は、台湾料理の老舗、有名店である「欣葉 (シンイエ)」をご紹介しました。

「欣葉 (シンイエ)」は見た目こそ豪華な雰囲気ですが、提供されているメニューには意外とリーズナブルなものが多く、気軽に楽しむことができます。旅行者だけでなく、地元の人にも人気があるのは納得です。

「欣葉 (シンイエ)」には、「ワタリガニのタイワンスタイルおこわ」や「豚バラ肉のやわらか煮」、「シジミのにんにく醤油漬け」などの名物メニューが揃っており、どれも絶品ですので、台北旅行中には一度は訪れたいところです。

「欣葉 (シンイエ)」は人気が故に、訪れる際は予約が必須です。特に「本店」は人気が高いため、スケジュールが決まったら、早めに予約しておきましょう。

私も次回台湾(台北)を訪れる機会がありましたら、「本店」の方に伺ってみたいと思います。

 

==>次の記事

 

<==前の記事

 

<<台湾(台北)旅行記2018の目次、記事一覧>>

 

海外旅行好きな方は以下の記事も注目です。ハワイと香港、シンガポールで、貯めたマイルとSPGアメックスを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な海外旅行を実現しています。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: