【6月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会で最大1万円以上お得!

ザ・プリンス軽井沢の宿泊特典と温泉棟「モミジホットスプリング(MOMIJI HOTSPRING)」をブログレポート!

ザ・プリンス軽井沢の宿泊特典と温泉棟「モミジホットスプリング」(Top画像)

ザ・プリンス軽井沢の宿泊特典と温泉棟「モミジホットスプリング(MOMIJI HOTSPRING)」をブログレポート!

「ザ・プリンス軽井沢」の宿泊者には、豊富な宿泊特典が用意されています。私も宿泊中に「ウェルカムドリンク」や「ゲストサービスセンター」「レンタサイクル」「温泉利用」などを利用させていただきました。中でもオープンしたばかりの温泉棟(温浴施設)である「モミジホットスプリング(MOMIJI HOTSPRING)」は、露天風呂やサウナを備える素晴らしい施設であり、宿泊の満足度をグッと高めてくれるものでした。当記事では、この「温泉利用」に加えて「レンタサイクル」について詳しくご紹介していきたいと思います。

更新履歴(2021年6月18日):YouTubeの動画リンクを追加しました。

ザ・プリンス軽井沢とは

JR軽井沢南口のプリンス村に位置する高級ホテル

「ザ・プリンス軽井沢(The Prince Karuizawa)」は、「プリンスホテルグループ」が運営するホテルです。プリンスホテルグループ自体は、西武グループが母体となっています。

ザ・プリンス軽井沢(The Prince Karuizawa)の外観

 

プリンスホテルのブランド構成は以下のようになっています。「ザ・プリンス」は、プリンスホテルの中でも最上位に位置付けらる高級ホテルとなっています。

<プリンスホテルのブランド構成>

  • ザ・プリンス<=今回利用
  • グランドプリンス
  • プリンスホテル
  • プリンススマートイン

 

プリンスホテルグループは、JR軽井沢駅の南口に「プリンス村」とも呼べる大規模な商業エリアを展開しています。ホテルからスキー場、ゴルフ場、ボウリング場、シッピングセンターなど豊富なレジャー施設で構成されています。

プリンスグランドリゾート軽井沢のマップ

 

ホテルとしては、「ザ・プリンス軽井沢」に「軽井沢プリンスホテル イースト」「軽井沢プリンスホテル ウエスト」を加えた3軒、ショッピングセンターとしてはアウトレットモールとして有名な「軽井沢プリンスシッピングプラザ」を展開しています。

<軽井沢プリンス村の主な施設>

  • ザ・プリンス軽井沢<=今回利用
  • 軽井沢プリンスホテル イースト
  • 軽井沢プリンスホテル ウエスト
  • 軽井沢プリンスシッピングプラザ

 

これらプリンス村のエリア内は「ピックアップバス」が運行しています。この「ピックアップバス」はホテル敷地内の指定ルートを1時間に2本ほどの感覚で循環しており、誰でも無料で利用することができるようになっています。

 

ザ・プリンス軽井沢の宿泊特典

「ザ・プリンス軽井沢」には宿泊者のみが受けられる「宿泊特典」が用意されています。具体的には以下になります。一部、エグゼクティブフロア宿泊者のみが受けられる特典もあります。

全客室タイプ共通の特典

「全客室タイプ共通の特典」は以下になります。ウェルカムドリンクの提供やレンタサイクルの無料利用など幅広い特典が用意されています。

中でも、ホテルイーストとホテルウエストに隣接された両方の温泉棟(温浴施設)を無料で利用できるのが特徴になります。

本来はそれぞれの棟の宿泊者のみが利用できる施設ですので、それらを両方利用できるというのは特別感があります。

<全客室タイプ共通の特典>

  • ウェルカムドリンク(チェックイン時またはご滞在中)
  • ホテルイースト隣接「フォレストホットスプリング(温泉)」ご利用無料(入湯税別途150円)
  • ホテルウエスト隣接「モミジホットスプリング(温泉)」ご利用無料(入湯税別途150円)
  • レンタサイクルご利用無料 ※4月~10月
  • ロビーにてモーニングコーヒーサービス(7:00A.M ~10:00A.M)
  • ホテルイースト隣接「フィットネスルーム」2時間利用無料
  • ホテルウエスト隣接「フィットネスルーム」2時間利用無料
  • ゲストサービスセンター「スマイルコンシェルジュ」の利用

 

ちなみに、「フォレストホットスプリング(温泉)」にはスチームサウナが、「モミジホットスプリング(温泉)」にはドライサウナがそれぞれ用意されています。

どちらの施設を利用するのか迷う場合は、サウナの種類で決めるのも良いですね。

<温泉棟(温浴施設)の設備の違い>

  フォレストホットスプリング(温泉) モミジホットスプリング(温泉)
内湯 あり あり
露天風呂 あり あり
サウナ スチームサウナ ドライサウナ

 

エグゼクティブフロア宿泊者の特典

「エグゼクティブフロア宿泊者の特典」は以下になります。ゴルフプレーが1日1回無料というのは驚異的ですね。

また、ライブラリーカフェ「りんどう」で、営業時間内であればアルコールを含むドリンクメニューを無料でいただけるというのも魅力的です。 

<エグゼクティブフロア宿泊者の特典>

  • 軽井沢プリンスホテルゴルフコース(9ホール)1日1回 プレー無料
  • ライブラリーカフェ りんどう 特別ドリンクメニュー無料
    • ※営業時間内
    • 下記お飲み物を無料でお召し上がりいただけます。
      • コーヒー(ホット/アイス)
      • 紅茶(ホット/アイス)
      • ハーブティー(カモミールジャーマンフラワー/ローズヒップ)
      • 信州産りんごジュース
      • エビス樽生ビール
      • グラスワイン(赤/白)

 

スポンサーリンク

利用体験できた宿泊特典

今回の宿泊では、以下の宿泊特典を体験することができました。

<体験した宿泊特典>

  • ウェルカムドリンク(チェックイン時またはご滞在中)
  • ホテルウエスト隣接「モミジホットスプリング(温泉)」ご利用無料(入湯税別途150円)
  • レンタサイクルご利用無料 ※4月~10月
  • ゲストサービスセンター「スマイルコンシェルジュ」の利用

 

このうち、「ウェルカムドリンク」と「ゲストサービスセンター」については前回の記事(宿泊記)に合わせてご紹介しました。

 

今回の記事では、「モミジホットスプリング(温泉)」と「レンタサイクル」についてご紹介したいと思います。

 

ザ・プリンス軽井沢の「レンタサイクル」をブログレポート

「ザ・プリンス軽井沢」の宿泊者はレンタサイクルを無料で利用可能

「ザ・プリンス軽井沢」の宿泊者は、レンタサイクルを無料で利用することができます。受付はホテルのベルデスクで行っており、終日利用することができます。

自転車はいくつかのタイプがあり、今時の「電動アシスト付き自転車」も用意されています。プリンス村の敷地は広大なため、アシスト付きはとても助かります。

 

「電動アシスト付き自転車」をレンタルしてホテル敷地内を散策

今回は、せっかくならばということで「電動アシスト付き自転車」をレンタルしてみました。実物はこんな感じです。

ザ・プリンス軽井沢:レンタサイクル

 

ホテル内の敷地は森の緑で溢れており、木々の合間を自転車で気ままに散策するのは非常に気持ちの良い体験でした。特に、朝食後など午後早いうちは空気が新鮮でひんやりとしており最高ですね。

ザ・プリンス軽井沢:敷地内の景観

 

ホテルの敷地内は「ピックアップバス」も運行していますが、時刻が定められているため、自由気ままに移動したい方にもレンタサイクルはオススメです。

自転車であれば、お隣の「軽井沢プリンスホテル ウエスト」までは5分ほど、遠く離れた「軽井沢プリンスホテル イースト」へも10分弱で移動できると思います。

 

ザ・プリンス軽井沢の「モミジホットスプリング(温泉)」をブログレポート

 

モミジホットスプリング(MOMIJI HOTSPRING)とは

「モミジホットスプリング(MOMIJI HOTSPRING)」は、「軽井沢プリンスホテル ウエスト」に隣接する温泉施設です。2021年4月27日に、新客室棟「PREMIUM WING」ともに新オープンしました。

四季の移ろいを感じさせる大きなガラス窓が解放的な内風呂と、鮮やかな紅葉が映える「もみじ山」を望む露天風呂、本格的なフィンランド式サウナを備える充実設備が特徴となっています。

「軽井沢もみじ山温泉」の温泉が利用されており、自律神経不安定症、不眠症、うつ状態などに効能があります。

<泉質と効能>

  • 源泉名:軽井沢もみじ山温泉
  • 湧出量:26.0リットル/分
  • 泉 質:単純温泉(低張性 弱アルカリ性 低温泉)
  • 効 能:自律神経不安定症、不眠症、うつ状態など

 

モミジホットスプリング(MOMIJI HOTSPRING)の利用資格と利用料金

「モミジホットスプリング(MOMIJI HOTSPRING)」は、「軽井沢プリンスホテル ウエスト」と「ザ・プリンス軽井沢 」、「ザ・プリンス ヴィラ軽井沢」の宿泊者のみが利用することができる専用施設となっています。

これら対象者は基本的には無料で利用することができますが、別途1日あたり150円の入湯税が徴収されます。

宿泊先 利用可否 料金
軽井沢プリンスホテル ウエストツインルーム 入湯税¥150
軽井沢プリンスホテル ウエストコテージ
軽井沢プリンスホテル イーストツインルーム
軽井沢プリンスホテル イーストコテージ
ザ・プリンス 軽井沢 入湯税¥150
ザ・プリンス ヴィラ軽井沢 入湯税¥150

 

スポンサーリンク

モミジホットスプリング(MOMIJI HOTSPRING)の営業時間

「モミジホットスプリング(MOMIJI HOTSPRING)」の営業時間は以下になります。意外と夜遅くまで営業しているのは嬉しいですね。夕食後にもゆっくりと温泉に浸かることができます。

<営業時間>

  • 6:00A.M.~11:00P.M.(最終受付10:30P.M.)

 

モミジホットスプリング(MOMIJI HOTSPRING)の体験レポート

さて、それではここからは、「モミジホットスプリング(MOMIJI HOTSPRING)」を実際に利用してみた様子をご紹介したいと思います。

ピックアップバスでの移動

「ザ・プリンス軽井沢」からモミジホットスプリングへは、ピックアップバスの利用が便利です。

ピックアップバスは、こんな感じで「ブラウンルート」と「グリーンルート」の2つのルートで、それぞれ1時間に2本ほどの頻度で運行しています。

ザ・プリンス軽井沢:ピックアップバスのルートマップ

 

「ザ・プリンス軽井沢」からモミジホットスプリングへは、ブラウンルートの利用が便利です。所要時間4分ほどで訪れることができます。

ザ・プリンス軽井沢:ピックアップバスの時刻表

 

ピックアップバスの外観はこんな感じです。最近よく街中を走っている小型のステップアップバスとなっています。

ザ・プリンス軽井沢:ピックアップバスの外観

 

バスの車内はこんな感じになっています。車体は比較的新しいようで、とても綺麗で快適です。

ザ・プリンス軽井沢:ピックアップバスの内観

 

温泉棟の外観とロビー

「ザ・プリンス軽井沢」からは約4分ほどの乗車で、「モミジホットスプリング(MOMIJI HOTSPRING)」に到着しました。外観はこんな感じで、大型ロッジのような作りになっています。

ザ・プリンス軽井沢:モミジホットスプリングの外観

 

モミジホットスプリングの中はこんな感じです。エントランスを入ってすぐのところにはレセプションがあり、こちらで利用受付をする形になってます。

ザ・プリンス軽井沢:モミジホットスプリングのレセプション

 

「ザ・プリンス軽井沢」の宿泊者は、チェックイン時にこんな感じの「温泉ご利用券」がもらえますので、こちらを提示することで無料で利用することができます。

ザ・プリンス軽井沢:モミジホットスプリングの利用券

 

ちなみに、レセプションの奥にはおしゃれなロビースペースも用意されています。温泉利用後にこちらで体を冷ましたり、待ち合わせに利用することができます。

ザ・プリンス軽井沢:モミジホットスプリングのロビー

 

ロビースペースからの眺望はこんな感じになっています。綺麗に整備された庭園を眺めることができます。こちらの庭園には「もみじ」が多く植えられており、秋には紅葉が映えるようになっています。こちらの施設がモミジホットスプリングとなっている由来ですね。

ザ・プリンス軽井沢:モミジホットスプリングからの眺望

 

浴場の内観(内風呂、露天風呂、サウナ)

レセプションで受付を済ませたあとは、浴場に向かいます。こちらの浴場には、ゆとりのスペースのロッカールームとパウダールームが用意されています。

ロッカールームもパウダールームもまだオープンしたばかりということで、どこもピカピカです。ナチュラルな色調をベースにしたモダンな内装になっており、一度に120人ほどを収容することができるようになっています。

 

内風呂はこんな感じです。以降の写真は公式HPから借用したものです。かなりの広さがあり、中央に石造の背もたれが用意されているのが特徴です。

天井ほどの高さがあるハイサッシの窓からは、日本庭園の眺望が楽しめるようになっています。明るく開放的な雰囲気です。

ザ・プリンス軽井沢:モミジホットスプリングの内風呂

 

露天風呂はこんな感じです。内風呂よりはサイズが小さいものの、ゆとりの広さがあります。露天風呂からも同じく日本庭園の眺望が楽しめるようになっています。

ザ・プリンス軽井沢:モミジホットスプリングの外風呂(露天風呂)

 

写真が紹介できないのが残念ですが、ロビーから見たよりも数段美しい眺望が広がっています。気温が下がるとお湯の表面から湯気が立ち上り、幻想的な風景を楽しむことができます。

 

サウナは本格的なフィンランド式のドライサウナとなっています。中央にはサウナストーンが用意されており、温泉水をかけることで「ロウリュ」を楽しむことができるようになっています。

ザ・プリンス軽井沢:モミジホットスプリングのサウナ(ドライ)

 

サウナを出たすぐ近くには水風呂も用意されていますので、サウナで火照った体を一気にクールダウンすることもできます。

また、露天風呂の周辺にはチェアも多く用意されていますので、日本庭園の眺望を楽しみながら「ととのう」ことができます。

ザ・プリンス軽井沢:モミジホットスプリングのロウリュ

 

これまでいくつかのホテルで温浴施設を利用してきましたが、眺望の素晴らしさと施設の充実度では、トップクラスとなる素晴らしさでした。

特に、サウナ好きの方であれば、間違いなく満足できる内容になっていると思います。温泉好きのみならず、サウナ好きにもオススメしたい施設です。

 

フィットネスルーム

ちなみに、こちらの温泉棟にはフィットネスルームも用意されており、「ザ・プリンス軽井沢」宿泊者は無料で利用することができます。

ザ・プリンス軽井沢:モミジホットスプリングのフィットネスルーム(外観)

 

中には、最新式のマシンがずらずらっと並べられていました。ウェアのレンタルはないようでしたがシューズのレンタルはあるということでしたので、温泉を利用する前にエクササイズするのも良いかもしれませんね。

ザ・プリンス軽井沢:モミジホットスプリングのフィットネスルーム(内観)

 

<フィットネスルームの営業時間と利用資格>

  • 営業時間:7:00A.M.~10:00P.M.(最終受付9:00P.M.) 
  • 利用資格:ウエストツインルーム、ザ・プリンス 軽井沢、ザ・プリンス ヴィラ軽井沢の宿泊者は「無料」で利用可能
  • その他:シューズレンタルあり、16才未満は利用不可

 

スポンサーリンク

ザ・プリンス軽井沢の宿泊料金

プリンスポイントを「宿泊券」に交換して無料宿泊

今回こちらの「ザ・プリンス軽井沢」には、プリンスポイントを「宿泊券」に交換して無料宿泊しました。使用したポイントは1泊2名朝食付きで「20,000ポイント」となります。

ザ・プリンス軽井沢:宿泊料金(宿泊券)

 

プリンスポイントを「宿泊券」に交換すると、時期にもよりますが、1ポイントあたり2円や3円などというように、ポイントの価値を高めて使えるためお得になります。

プリンスポイント自体は、ポイントサイトで貯めたポイントを原資にしています。ポイントサイトのポイントをプリンスポイントまで等価で交換するルートについてはこちらの記事をご参照ください。

 

最新の宿泊料金は予約サイトをチェック

コロナ禍ではホテルの宿泊料金が下がっているため有償での宿泊もオススメです。

「ザ・プリンス軽井沢」の最新の宿泊料金は「一休」や「Yahoo!トラベル」など予約サイトをチェックください。リンクはこちらになります。

  • 「一休」の最新価格=>こちら
  • 「Yahoo!トラベル」の最新価格=>こちら
  • 「楽天トラベル」の最新価格=>こちら

 

ザ・プリンス軽井沢の宿泊記はYouTubeでも公開中

「ザ・プリンス軽井沢」の宿泊記は動画にまとめてYouTubeにもアップしております。ホテルの空気感は動画の方が感じやすいと思いますので、こちらもぜひ合わせてご鑑賞ください。

 

まとめ

当記事では「ザ・プリンス軽井沢」の宿泊特典の中から、「レンタサイクル」「温泉利用」について詳しくご紹介させていただきました。

「ザ・プリンス軽井沢」を含むプリンス村の敷地は広大かつ森の緑に囲まれており、レンタサイクルで自由気ままに散策できるのは非常に気持ちのよい経験でした。

温泉利用については、オープンしてからまもない「モミジホットスプリング(MOMIJI HOTSPRING)」を体験させていただきましたが、露天風呂やサウナを備える素晴らしい施設でした。

特に、内風呂と露天風呂、両方から楽しめる日本庭園の眺望は美しく、心身ともにリフレッシュすることができました。

本格的なフィンランド式のサウナも備えていますので、温泉好きの方のみならず、サウナ好きの方にもオススメしたい施設です。

私も気に入りすぎて、滞在中は毎日利用させていただいていました。

 

次の記事では、「ザ・プリンス軽井沢」内のレストラン「ボーセジュール」でいただいた朝食の様子をご紹介したいと思います。

==>次の記事

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

プリンスホテル関連記事