【2023年5月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ!ティータイムとカクテルタイムをブログレポート!

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ(Top画像)

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ!ティータイムとカクテルタイムをブログレポート!

横浜ベイホテル東急にはクラブラウンジが用意されています。クラブフロア宿泊者向けの施設で時間帯に応じたフードプレゼンテーションが実施されています。今回はティータイムとカクテルタイムを利用できました。利用条件やタイムスケジュールと併せて、ドリンクやフードといった提供内容を詳しくご紹介していきたいと思います。

横浜ベイホテル東急とは

みなとみらいや横浜港を一望する素晴らしい眺望のホテル

「横浜ベイホテル東急」は、日本国内に多くのホテルを展開する「東急ホテルズ」系列のホテルです。

みなとみらい地区の中心部に位置しており、ホテルからは観覧車やランドマークタワー、ベイブリッジといった数々のシンボルの姿を捉えることができます。

また、ホテルの高層階からは、横浜港を一望するような素晴らしい眺望を楽しめるのが特徴となっています。

1997年8月に「パン パシフィック ホテル横浜」として開業しましたが、その後2013年4月に現在の名前に変更し運営されています。

横浜ベイホテル東急の外観

 

東急ホテルズやプリファードホテルズ&リゾーツのエリート特典を利用可能

「横浜ベイホテル東急」は、会員プログラムとして東急ホテルズの「コンフォートメンバーズ」を利用しています。そのため、こちらのホテルへの宿泊でポイントを貯めたり、エリート特典を利用することができます。

また、国際的なホテルグループとしては「プリファードホテルズ&リゾーツ」に加盟しています。その会員プログラムである「アイプリファー」のエリート特典も利用することができます。

MEMO

東急ホテルズおよびプリファードホテルズ&リゾーツのエリート特典は「ラグジュアリーカード」からのステータスマッチで獲得できます。

 

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ

クラブラウンジの利用条件

「横浜ベイホテル東急」は、高層階である23階から25階は「特別階ベイフロア」が設定されています。他のホテルではクラブフロアと呼ばれているものですね。

そして、最上階である25階にはクラブラウンジとして「ベイクラブランジ」が設置されています。こちらの「ベイクラブランジ」を利用できるのは基本的には「特別階ベイフロア」の宿泊者となっています。

<クラブラウンジの利用条件>

  • 特別階ベイフロア宿泊者

 

クラブラウンジのアクセス権

「横浜ベイホテル東急」は「プリファードホテルズ&リゾーツ」に加盟しており、このオーソリティー会員には特典としてクラブラウンジアクセス権が付与されます。

「横浜ベイホテル東急」におけるオーソリティー会員の特典は以下になります。

<オーソリティー会員特典>

  • クラブラウンジアクセス権
  • レストラン朝食
  • 客室アップグレード
  • レイトチェックアウト
  • ウェルカムギフト
  • ドリンク券

 

今回私はこの「アイプリファー」のオーソリティー会員としてこちらのクラブラウンジを利用することができました。

プリファードホテルズ&リゾーツ「アイプリファー」の詳細についてはこちらの記事をご参照ください。

 

クラブラウンジの営業時間とタイムテーブル

こちらの「ベイクラブランジ」では、時間帯に応じてフードとドリンクの提供が行われています。いわゆる「フードプレゼンテーション」と呼ばれるものですね。

フードプレゼンテーションを楽しめるのはクラブラウンジの醍醐味でもあります。こちら「ベイクラブランジ」の営業時間とタイムスケジュールは以下のようになっています。

<営業時間とタイムテーブル>

  • 営業時間:7:00~21:00
  • タイムテーブル:
    • 朝食 7:00~10:00(9:50 ラストオーダー)
    • ティータイム 14:00~17:00
    • カクテルタイム 17:30~20:30(フード 20:00 / ドリンク 20:30 ラストオーダー)

 

私が利用したのは2023年4月上旬でしたが、このタイミングでは朝食はレストランに振替になっていました。

その他注意事項は以下になります。カクテルタイムはアルコール提供があるということもあり、20歳未満の方は利用することができません。ご注意いただければと思います。

<注意事項>

  • カクテルタイムは、20歳未満の方はご利用になれません

 

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジをブログレポート:ティータイム&カクテルタイム

さて、それではここからは、「横浜ベイホテル東急」のクラブラウンジを実際に利用した様子をご紹介したいと思います。

 

クラブラウンジの全体像と雰囲気

「横浜ベイホテル東急」のクラブラウンジはホテルの最上階である25階に設置されています。25階にアクセスするには、クラブラウンジ専用のアクセスキーが必要になります。

横浜ベイホテル東急のエレベーター(35階行き)

 

25階でエレベーターを降りると、みなとみらい側の一角にクラブラウンジ設置されているのが確認できます。クラブラウンジは「ベイクラブラウンジ」という名前で運営されています。

エントランスを入ってすぐのところにコンシェルジュデスクがあり、そちらの常駐するスタッフにクラブラウンジ専用のアクセスキーを提示して入室します。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:エントランス

 

クラブラウンジの全体像はこちらのようになります。一面が大きな窓になっていて明るい雰囲気です。エリアの中央部分には4人席、窓側には2人席が主に配置されています。

全体的にヨーロピアンクラシックな内装になっており、高級感がありつつ落ち着いた雰囲気にまとめられています。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:フロアの全体像(1)

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:フロアの全体像(2)

 

クラブラウンジは「ベイビュー」となっており、窓からは正面にベイブリッジの姿を捉えることができます。

左手のヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルが若干邪魔ではあるものの、距離がある程度とられているため眺望は良好です。

右手には観覧車も見えて、みなとみらいらしい景色となっていますね。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:眺望(ベイビュー)

 

クラブラウンジのティータイム

ティータイムは「14:00~17:00」の間で設定されています。この時間帯には紅茶やコーヒー、ソフトドリンクに加えてスイーツが提供されます。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:ティータイム(テーブル&チェア)

 

ティータイムのドリンク

ドリンクはセルフサービスでの提供になります。ドリンクカウンターに用意されているものの中から、好きなものを自分でピックアップしてくるシステムになっています。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:ティータイム(ドリンクカウンター)

 

まずこちらは紅茶になります。紅茶は東急ホテルズのオリジナルブランドで、全部で5種類ほど用意されていました。

ダージリン、セイロン、アールグレイといった定番から、カモミールやローズヒップといったハーブティーまで充実した品揃えになっていますね。

日本茶も宇治の煎茶と玄米茶の2種類が用意されていてこだわりを感じます。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:ティータイム(紅茶)

 

コーヒーはコーヒーマシンでが用意されていました。豆から挽いてくれるタイプで、ボタンひとつでコーヒーやカプチーノなど多彩なコーヒーメニューを楽しむことができます。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:ティータイム(コーヒー)

 

ソフトドリンクは冷蔵庫の中に用意されていました。まず上段には、アップルジュース、フルーツ水、アイスティーなどがピッチャーで用意されていました。

そして下段には、ペリエやコーラ、ジンジャーエール、ミネラルウォーターなどもボトルが用意されていました。ソフトドリンクとしては十分すぎる品揃えですね。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:ティータイム(冷蔵庫)

 

カウンターの上には各種シロップも用意されていますので、炭酸水などと合わせてモクテルっぽく仕上げて楽しむこともできますね。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:ティータイム(シロップ)

 

ティータイムのフード

続いてはフードの品揃えです。こちらもビュッフェカウンターの上に用意されています。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:ティータイム(フードカウンター)

 

こちらはクッキー。ストロベリーやチョコレート、カシューナッツ、アーモンドの全部で4種類となっています。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:ティータイム(クッキー)

 

こちらは小さめサイズのケーキとタルトのセット。見た目かわいいですね。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:ティータイム(スイーツ)

 

こちらはマカロン。フランボワーズ、バニラ、抹茶、キャラメルの全部で4種類が用意されていました。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:ティータイム(マカロン)

 

こちらはパウンドケーキ。チョコレートと抹茶の2種類が用意されていました。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:ティータイム(ケーキ)

 

ティータイムでいただいたもの

そんなこんなでティータイムでいただいたものはこちらになります。とりあえずいただけるものを一通り並べて見た図ですね。

スイートはどれもホテルクオリティーのもので美味しくいただきました。特にマカロンが美味しくて無限にいただけそうな感じでした。

窓からの眺望も良く、美味しいドリンクとともに優雅なティータイムを過ごすことができました。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:ティータイム(実食)

 

クラブラウンジのカクテルタイム

続いてはカクテルタイムをご紹介したいと思います。カクテルタイムは「17:30~20:30」に設定されています。クラブラウンジのカクテルタイムとしては比較的長めになりますね。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(テーブル&チェア)

 

カクテルタイムのドリンク

カクテルタイムになるとティータイムに提供されていたソフトドリンクに加えてアルコールが解禁になります。

アルコールはワイン類はセルフサービスになりますが、ビールやカクテル、スピリッツについてはスタッフ(バトラー)へのオーダー式になっています。

バーカウンターでスタッフにオーダーするとテーブルまで運んでくれるというシステムです。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(バーカウンター)

 

オーダー可能なアルコールメニューはこちらになります。ジンやウォッカといったスピリッツごとに3種類から4種類ほどのカクテルメニューが用意されています。バーのような本格的な品揃えですね。

ビールも3種類ありますね。

また、ウィースキーに加えて、コニャックやポートワインも用意されていました。クラブラウンジではなかなかお目にかからないもので、こだわりを感じますね。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(カクテルメニュー)

 

アルコールが苦手な方に向けて、ノンアルコールカクテルも用意されてました。こちらも充実した品揃えですね。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(ノンアルコールカクテルメニュー)

 

こちらはセルフサービスのワイン。スパークリングワインと白ワインですね。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(スパークリングワイン、白ワイン)

 

こちらは赤ワイン。それぞれ1種類ずつ用意されていました。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(赤ワイン)

 

カクテルタイムのフード

続いては気になるフードを確認していきたいと思います。フードは冷製オードブル中心な品揃えになっていました。

こちらはエスカペッシュ。カフェトスカからの提供となっていました。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(オードブル)

 

ことらはサラミやハムなどなど。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(ハム)

 

こちらはピクルスとマリネ、ディップなどなど。コーンチップスが用意されているため、合わせていただくと相性が良さそうです。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(前菜)

 

こちらはナッツやオリーブ、ピクルスなどなど。お酒のおつまみにピッタリですね。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(スナック)

 

チーズとチョコレートもありました。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(チーズ)

 

こちらはパン。「メゾンカイザー」のものになっているのが嬉しいところ。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(パン)

 

そして驚いたのが、「ギャレット」のポップコーンが用意されていたところです。パンもそうですが、有名ブランドのものを置いているのはこだわりを感じられますね。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(ポップコーン)

 

カクテルタイムでいただいたもの

そんなこんなでいただいたものをご紹介したいと思います。

まずはカクテルで乾杯、ということでこの日のおすすめになっていた「ジンデイジー」と「ライチアップルライムソーダ(モクテル)」をいただきました。

どちらも爽やかな味わいで最初の一杯にピッタリでした。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(実食1)

 

こちらはビールのカテゴリーから「YOKOHAMA BEER」です。地元のクラフトビールを味わえるのは嬉しいですね。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(実食2)

 

その後は、3種類あったウィスキーを飲み比べして楽しみました。こちらは「富士山麓」をハイボールにしたものです。他には「シーバスリーガル(12年)」や「ブラントンブラック」が用意されていました。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(実食3)

 

フードは冷製オードブル中心ということでお腹いっぱいにはなりませんが、お酒のおつまみとしては十分な品揃えですね。質が良いものが多く美味しくいただきました。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(実食4)

 

そして最後はデザートにギャレットのポップコーンやチョコレートをいただきました。ギャレットのポップコーンは個人的に大好物なので、これだけで大幅にポイントアップです。

美しい夜景とともに、楽しい時間を過ごすことができました。

横浜ベイホテル東急のクラブラウンジ:カクテルタイム(実食5)

 

ちなみに、この日は週末での利用でしたが、ティータイムで3割ほど、カクテルタイムでも4割ほどの混雑具合でした。窓側は早めに席が埋まっていましたが、それ以外は終始空いているような状態でした。

どなたも短時間でスマートに利用されている印象でした。終始静かで混雑とは無縁な空間で、おだやかで快適な時間を過ごすことができました。

 

横浜ベイホテル東急の宿泊料金

東急ホテルズ公式サイトからの予約で「アイプリファー」の特典を適用

プリファードホテルズ&リゾーツ「アイプリファー」の特典を利用するには以下の経路から予約する必要があります。

<アイプリファー特典が適用可能な予約経路>

  • プリファードホテルズ&リゾーツの公式サイト
  • アイプリファーの公式サイトもしくはアプリ
  • 東急ホテルズの公式サイトやホテルへの電話

 

東急ホテルズの公式サイトやホテルへの電話でもアイプリファーの特典が適用になるのは嬉しいところです。ただし、予約の際、アイプリファーの会員番号を伝える必要あるため注意が必要です。

今回私は東急ホテルズの公式サイトから予約しました。価格はボトムの「デラックスツイン シティービュー」で2万円ほどでした。

リーズナブルな価格で予約したにもかかわらず、たくさんのオーソリティー会員特典を付与していただき嬉しい限りです。

<オーソリティー会員特典>

  • クラブラウンジアクセス権
  • レストラン朝食
  • 客室アップグレード
  • レイトチェックアウト
  • ウェルカムギフト
  • ドリンク券

 

ラグジュアリーカードには東急ホテルズ「コントーフォメンバー」やプリファードホテルズ&リゾーツ「アイプリファー」へのステータスマッチの他、各種ホテル優待が用意されています。

プライオリティパス付帯で保険も充実しており旅行好きには強い味方になります。

ラグジュアリーカードの特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事を併せてご参照ください。

 

東急ホテルズの最新価格については各予約サイトからの確認が便利です。公式サイトと比較しながらうまく活用しましょう。

<宿泊料金の最新情報>

 

横浜ベイホテル東急の場所とアクセス

みなとみらい線「みなとみらい駅」に地下直結でアクセス抜群

「横浜ベイホテル東急」は、横浜みなとみらいの商業施設である「クイーンズスクエア横浜」の一角に位置しています。

「クイーンズスクエア横浜」からは専用の通用口を利用して直接アクセスすることができます。

横浜ベイホテル東急の通用口(地下鉄から)

 

また、「クイーンズスクエア横浜」は、地下鉄みなとみらい線の「みなとみらい駅」に地下で直結しています。

そのため、「みなとみらい駅」からは雨でも濡れることなくホテルにアクセスすることができます。距離的には徒歩1分、実際の所要時間としては5分ほどでホテルまで到着することができます。

アクセス抜群ですね。

<鉄道でのアクセス>

  • みなとみらい線「みなとみらい駅」:徒歩約1分
  • JR根岸線、横浜市営地下鉄「桜木町駅」:徒歩約10分

 

「横浜ベイホテル東急」の周辺地図はこちらになります。みなとみらい地区の中心部に位置しているのが確認できますね。観光には絶好のロケーションと言えます。

 

まとめ

横浜ベイホテル東急にはクラブラウンジのレポートとして「ティータイム」と「カクテルタイム」の様子をご紹介しました。

こちらのクラブラウンジはホテルの最上階となる25階に用意されています。ベイビューとなっており、素晴らしい眺望とともにフードやドリンクを楽しめるようになっているのが特徴です。

ティータイムでは、品数豊富な紅茶やコーヒー、ソフトドリンクとともに、美味しいスイーツをいただくことができました。

カクテルタイムでは、フードは冷製オードブルが中心となりますが、アルコールはカクテルを中心に種類豊富で充実した内容となっていました。

こだわりを感じられる品揃えで、アルコール好きな方と特に相性の良い内容と感じました。

ティータイム、カクテルタイムとともに混雑はなく、おだやかで快適な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

 

次の記事では、オールデイダイニング「カフェトスカ」でいただいた朝食の様子をご紹介したいと思います。品数豊富で内容充実のビュッフェを朝から楽しむことができました。

==>次の記事

 

<==前の記事

 

それでは、また!