【8月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ソラチカルートとは?陸マイラーが年間216,000ANAマイルを獲得する仕組みを解説!

f:id:pipinobu:20160322151241j:plain

ソラチカルートとは?陸マイラーが年間216,000ANAマイルを獲得する仕組みを解説!

今回は、ソラチカルートを解説します。マイルを貯めるとして、ANAとJALどっちがいいのか?陸マイラーデビューするにあたってまず最初に悩む点だと思います。結論はずばり「今ならANAがお得!」です。そして、その鍵を握るのは「ソラチカルート」です。ソラチカルートの存在が、ANAマイルを大量に貯めることを可能にしています。これはJALマイルにはないメリットなのです。ソラチカルートを利用すれば、月18,000ANAマイル、年間216,000ANAマイルを継続的に獲得していくことが可能となります。当記事では、そんなANA陸マイラーにとって必須の知識である「ソラチカルート」について、詳しくご紹介していきたいと思います。

更新履歴(2018年3月31日):ソラチカルート封鎖を追記

 

注意

「ソラチカルート」は2018年3月31日をもって封鎖されることになりました。詳細についてはこちらの記事をご参照ください。

 

2018年4月1日以降は「LINEポイントルート」がANAマイルへの最も効率の良い交換ルートになります。「LINEポイントルートの詳細は、こちらの記事をご参照ください。

 

ソラチカルートとは

陸マイラー界ではANAマイルを効率的に獲得する黄金ルートがすでに確立されています。それは「ソラチカルート」と呼ばれています。

なぜ「ソラチカルート」と呼ばれているのか?それは、「ソラチカカード」というクレジットカードがその鍵を握っているからです。

具体的には、各ポイントサイトからポイント中継サイト(PeX or ドットマネー)を経由して、ソラチカカード(正式名称:ANA ToMe CARD PASMO JCBカード)上ののメトロポイントに獲得したポイントを集約していく、というルートになります。

最後はもちろん、目的となる「ANAマイル」です。

まとめると以下になります。

<ソラチカルート>

  • 各ポイントサイト ==> ポイント中継サイト(PEX or ドットマネー) ==> ソラチカカード(メトロポイント) ==> ANAマイル

わかりやすく図にするとこんな感じになります(ポイント数の変遷については後半で詳しくご説明します)。

f:id:pipinobu:20171023145427j:plain

なんだが、ステップが多くて面倒くさそうですよね。実際、確かに面倒くさいです。(^_^;)

ソラチカルートの特徴

ただし、このルートが優れているのは、ANAマイルへの交換レートが圧倒的に有利なことです。面倒くさくとも、やる価値があります。

マイルは貨幣価値に直すと、1マイル=2円程度と言われています。従って、クレジットカード等のポイントからマイルに直接移行する場合は、多くの場合1円の価値のポイントが0.5マイルに交換されます。ある意味、等価交換ですね。

しかし、ソラチカルートの場合は1円の価値のポイント=0.9マイルに交換可能なのです!これは貨幣価値に直すと、1円の価値のポイントが1.8円の価値のマイルにジャンプアップすることを示しています。つまりは、ほぼ倍の価値にアップするのです!

時間と手間がかかりますが、ほぼ倍の価値にポイントの価値を高めることができるのがソラチカルートなのです。

そして重要なことは、

これを実現できるルートは他には存在していません

これだけでも、ソラチカルートというのが、とってもお得で重要なルートだということがわかっていただけると思います。

ソラチカルートによるポイント数の遷移

具体例として、当サイトのおすすめポイントサイトのひとつである「ポイントタウン」を例にシミュレーションしてみたいと思います。ポイント中継サイトは「PeX」の例になります。

ポイントタウンは20ポイント=1円の価値となっています。なので、10,000円分のポイント=200,000ポイント持っていたとします。

この10,000円分のポイントをソラチカルートに乗せると、以下のようなポイント数の遷移をとります。最終的には、以下のように9,000 ANAマイルに交換できます。

f:id:pipinobu:20160416113010p:plain

 

スタートであるポイントタウンの200,000ポイントは10,000円の価値でした。終点である9000 ANAマイルは、一般的に言われているマイルの価値(1マイル=2円)で換算すると、18,000円の価値にになります。

つまり、10,000円の価値のポイントが、18,000円の価値のANAマイルにアップしているのです!

ソラチカルートという、特定のルートにポイントを載せるだけで、ポイントの価値がアップするのです。ビックリですよね。

比較として、持っている方が多いと思われる「楽天カード」を例にしてみたいと思います。

楽天カードは楽天に関係のないお店での決済においても1%のポイントが貯まる優秀なカードです。その楽天カードのカード決済で貯めた楽天ポイントを、ANAマイルに交換しようとすると以下のようになります。

f:id:pipinobu:20160417185135p:plain

 

10,000円分の価値のポイントが、5,000 ANAマイルになってしまっていますね。

最後のANAの5000マイルは、1マイル=2円で換算すると、10,000円の価値なので、これがあたりまえと言えばあたりまえなのですが、ソラチカルートと比べると、4000 ANAマイルを損していることになります。

これは、とっても大きな違いです。

このように、ソラチカルートにおけるANAマイルへの交換レート(ここでは獲得したポイントから最終的なANAマイルへの交換レート)は90%となります。

その他一般的なカードにおけるANAマイルへの交換レートは50%、つまりその差は40%となります。大きな違いであることがわかりますね。

まとめると以下のようになります。

  • ソラチカルートにおけるANAマイルへの交換レート:90%
  • 一般的なクレジットカードにおけるANAマイルへの交換レート:50%
  • ソラチカルートのお得度:+40%

 

いかにソラチカルートが優れているか、そして、ソラチカルートが面倒くさくてもやる価値のあるものなのか、ご理解いただけると思います。

ソラチカルートでマイルを貯めた実績

こちらの画像は、ANAマイレージクラブのマイル獲得数のページのキャプチャーです。ソラチカルートを利用して獲得したマイル分だけを抜粋しています。毎月、継続して18,000マイルが加算されていることがご理解いただけると思います。

f:id:pipinobu:20171109223238j:plain

 

上記画像では、ちょうど12ヶ月分を抜粋しており、ちょうど1年間で合計21,600マイルを獲得できています。私は、実際には陸マイラーを初めて3ヶ月後の2016年5月からこれを継続できています。

我が家では、これを夫婦2人で実施しています。2016年5月から2017年10月末まで(当記事最終更新時点)の17ヶ月で、なんと、

夫婦2人で612,000 ANAマイル

を貯めることができています。ソラチカルートの破壊力はすごいですね。

ソラチカルートの唯一の弱点とは

こんな素晴らしいソラチカルートですが、唯一とも言え、また最大とも言える弱点があります。それは「1ヶ月に交換できる、メトロポイントからANAマイルへの交換ポイント数が、20,000ポイントに制限されている」ということです。

メトロポイントの20,000ポイントは、18,000 ANAマイルに交換できます。つまり、一ヶ月にソラチカルートで獲得できるANAマイル数は18,000マイルに制限されるということになります。

月18,000 ANAマイルなので、年間21,6000 ANAマイル(=18,000 ANAマイル x 12ヶ月)となります。これが、多くのサイトで年間21,6000マイルのANAマイルを貯める方法」として紹介されている理由です。

補足:Tポイントルートとは?

ソラチカルートの弱点を補完する役割を果たすのが「Tポイントルート」です。ソラチカルートよりもANAマイルへの交換レートは劣りますが、交換するポイントに上限が設けられていないのが特徴です。まずはソラチカルートを優先するのが大前提ですが、ソラチカルートが渋滞してきたら、こちらの「Tポイントルート」の活用を検討しましょう。


ソラチカカードとは

そんなソラチカルートの中心となるソラチカカードですが、正式名称は「ANA ToMe CARD PASMO JCBカード」と言います。長いですね。(^_^;)

こんなお得なルートは他にないので、このソラチカカードは、ANA陸マイラー必携になります。つまりは、ANA陸マイラーにとって、ソラチカカードは何に変えても手に入れなければいけない重要なクレジットカードということになります。これ、超重要です。

陸マイラー活動を始めると、様々なクレジットカード案件を目にかけるようになります。それらは大きな誘惑です。

ですが、それらに着手する前に、何よりも前に、ソラチカカードの発行を優先させましょう。このソラチカカードがあるかないかでは、ANAマイルの獲得効率が40%も違って来ます。

ソラチカカードに関する詳細は、こちらの公式HPをご参照ください。

 

おすすめのポイントサイト

陸マイラーに必要不可欠な存在であるポイントサイト。インターネット上にはたくさんのポイントサイトがあって迷ってしまいますよね。そんななか、陸マイラーである私が実際に利用した実績で選んだおすすめのポイントサイトをこちらにまとめております。合わせてご参照ください。


おすすめのポイント交換サイト

ポイント交換サイトとしては、PeXとドットマネー(.money)が利用可能です。どちらも、各ポイントサイトとメトロポイント間を等価交換で交換するという意味では、同じ役割・機能を果たします。

ただし、一点大きな違いがあります。ドットマネー(.money)は、メトロポイントへの交換手数料が無料ですが、PeXの場合は一回の交換あたり、50円分のポイントが手数料として必要になります。

2017年10月1日から、PeXからメトロポイントへの交換手数料が無料になりました。PeXとドッドマネー(.money)の特徴とメリット・デメリットは以下の記事にまとめておりますので、合わせてご参照ください。

それぞれの公式HPへのリンクはこちらになります。


ソラチカルートのポイント交換手順

ソラチカルートを利用、実践するには、各ポイントサイトでポイントを稼ぎ、ポイント交換サイトでポイントを交換していく必要があります。

当ブログでは、各ポイントサイトでポイントを稼ぐ手順から、ポイント交換サイトでポイントを交換していく手順まで、詳しくご紹介しています。

これらの記事を見ていただければ、初心者でも、毎月コンスタントにソラチカルートを回していくことができるはずです。

ぜひ一度ご参照いただければと思います。

ポイントサイトでポイントを稼ぐ手順

こちらの記事では、ソラチカルートを実現する上での中核となるポイントサイトである「ハピタス」でのポイントの貯め方、稼ぎ方を解説しております。

 

ポイント交換サイトでポイントを交換する手順

こちらの記事では、ポイント中継サイトである「PeX」からソラチカカードのメトロポイントへの交換手順を解説しております。

 

メトロポイントをANAマイルに交換する手順

こちらの記事では、ソラチカカードのメトロポイントからANAマイルへのポイント交換手順を解説しております。

ソラチカルートとは?陸マイラーが年間216,000ANAマイルを獲得する仕組みを解説!のまとめ

当記事でご紹介させていただいたとおり、ANAの場合、ソラチカルートを使うことで、各ポイントサイトで貯めたポイントが、効率的にマイルに交換可能です。一方、JALの場合は、残念ながらソラチカルートのようなお得なルートは存在していません

以上から結論として、陸マイラーとして、ANAとJAL、どちらのマイルを貯めていくのか迷った場合は、「現時点ではANAの方が効率的にマイルを獲得できる」ということが言えます。

従いまして、当ブログでも、「ANAマイルを獲得していく方針とし今後の陸マイラー活動を推進していきたいと思います。

また、ひと月あたりのポイント獲得数の目標は、ソラチカルートの交換上限である20,000円(=18,000 ANAマイル)に設定したいと思います。

これはひとりあたりの上限です。当家では、夫婦で陸マイラー活動を実施しているため、夫婦では、ひと月あたり40,000円(=36,000 ANAマイル)相当のポイントを獲得を目標にしたいと思います!

陸マイラーが大量ANAマイルを獲得するためのオススメ記事

ANA陸マイラーの基本中の基本である「ソラチカルート」をご理解いただいた後は、陸マイラーが大量ANAマイルを獲得するための秘密を集約した、こちらの記事もぜひご参照ください。この記事を読んで、実践いただければ、年21万を超えるANAマイル獲得も決して夢ではありません。(^_^)


ポイントサイトのお得な入会キャンペーン情報

ポイントサイトでは、現在、様々な入会キャンペーンを実施しており、お得に入会することができます。こちらの記事では、各ポイントサイトの入会特典をランキング形式でわかりやすくまとめております。当ブログ限定の特典や、期間限定の特典なども含め、最新情報を網羅しておりますので、ぜひ一度ご参照ください。

 

それでは、また!

関連記事

 

error: