【10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ソラチカカードにゴールドが登場!特典とメリット、デメリットを解説!

ソラチカカードにゴールドが登場!特典とメリット、デメリットを解説!

「ソラチカカード」に「ゴールドカード」が突如として登場しました。ソラチカカードと言えば、かつては陸マイラー御用達の「ソラチカルート」に必須のクレジットカードとして人気を博しましたが、ソラチカルート封鎖後は目立たない存在になりつつあります。そんな中での「ゴールドカード 」の登場ということで、タイミングを逸した感がありますが、実際はどうなのでしょうか?当記事では、「ソラチカゴールドカード」の特典からメリット、デメリットまで、詳しく確認していきたいと思います。

更新履歴(2020年8月5日):最新のキャンペーン情報に更新!

ソラチカカードとは

「ソラチカカード」は、JCBがANAと東京メトロと提携して発行しているクレジットカードです。東京メトロで利用できる電子マネーである「PASMO」と、クレジットカード機能、ANAカード機能を合体させたものです。

正式名称は、「ANA To Me CARD PASMO JCB」ですが、空(ANA)でも地下(東京メトロ)でもお得で便利に利用できるため、「ソラチカカード」という愛称で親しまれています。

「ソラチカカード」は、かつては陸マイラー御用達であったANAマイルへの交換ルートである「ソラチカルート」の実現に必須のクレジットカードとして人気を博しました。

 

しかしながら、2019年12月27日に「ソラチカルート」が完全封鎖になったことで、影の薄い存在になりつつあります。

 

MEMO

陸マイラーって何?という方はこちらの記事をご参照ください。陸マイラーのメリットから始め方、ポイントの稼ぎ方まで初心者向けにやさしく解説しております。

 

ソラチカゴールドカードとは

そんな「ソラチカカード」ですが、2019年3月30日に突如として「ソラチカゴールドカード」の募集が開始になりました。

これは、従来の「ソラチカカード」に「ゴールドカード」としてのサービス(=ゴールドサービス)を追加したクレジットカードです。「ソラチカカード」のハイグレードバージョンという位置づけになりますね。

 

ソラチカゴールドカードの基本情報

「ソラチカゴールドカード」の基本情報は以下になります。比較のため通常の「ソラチカカード(一般)」の情報も併記しています。

「ソラチカゴールドカード」はゴールドカードということで、年会費は「14,000円(税別)」と比較的高めの設定になっています。「ソラチカカード(一般)」と比較すると7倍ですね・・。

一方で、「ソラチカゴールドカード」は年会費が高い分、付帯保険は充実しています。傷害保険、ショッピングガード保険ともに高い補償を受けることができます。

<ソラチカゴールドカードの基本情報>

  ソラチカゴールド ソラチカカード(一般)
年会費 本会員:14,000円(税別)
家族会員:2,000円(税別)
本会員:2,000円(税別)
※初年度年会費無料

家族会員:1,000円(税別)
付帯保険 海外旅行損害保険:最高1億円
国内航空傷害保険:最高5,000万円
ショッピングガード保険:
(海外)最高500万円
(国内)最高500万円
海外旅行損害保険:最高1,000万円
国内航空傷害保険:最高1,000万円
ショッピングガード保険:
(海外)最高100万円
国際ブランド JCB JCB
貯まるポイント メトロポイント
ANAマイル
OkiDokiポイント
メトロポイント
ANAマイル
OkiDokiポイント
PASMO機能 あり あり
PASMOオートチャージ機能 あり あり
PASMO定期券搭載機能 あり あり

 

国際ブランドとして選択できるのは「JCB」のみです。利用方法によって、東京メトロの「メトロポイント」、JCBの「OkiDokiポイント」、ANAの「ANAマイル」を貯めることができます。

「ソラチカカード」の最大の特徴は、貯めたメトロポイントを90%のレートでANAマイルに交換できる点です。この交換レートは「ソラチカゴールドカード」でも変わりありません。

ゴールドでこの交換レートが優遇されるようなことがあると面白かったのですが・・。

ANAマイルへの交換レート図

 

また、「PASMO」としては、電子マネーからオートチャージ、定期券搭載まで、フル機能を利用することができます。このあたりも、通常の「ソラチカカード(一般)」との違いはありません。

 

ソラチカゴールドカードの特典

「ソラチカゴールドカード」の特典は、東京メトロのクレジットカード(=To Me CARD PASMO JCB)としての特典と、ANAカードとしての特典に分けることができます。

<ソラチカゴールドカードの特典>

  • 東京メトロのクレジットカード(=To Me CARD PASMO JCB)としての特典
  • ANAカードとしての特典

 

そのためここでも、それぞれの特典を分けた上で、通常の「ソラチカカード(一般)」と比較していきたいと思います。

東京メトロのクレジットカード(=To Me CARD PASMO JCB)の特典

東京メトロのクレジットカード(=To Me CARD PASMO JCB)としての特典は以下になります。

「ソラチカカード」では、東京メトロの地下鉄の乗車および、提携店舗での利用でメトロポイントを貯めることができまます。これの特典を「メトロポイントPlus」と呼んでいますが、このポイントを獲得できるレートが「ソラチカゴールドカード」の場合は大幅に優遇されています。

<東京メトロのクレジットカードとしての特典>

  ソラチカゴールド ソラチカカード(一般)
メトロポイントPlus(乗車) 1乗車につき平日20ポイント
休日40ポイント
1乗車につき平日5ポイント
休日15ポイント
メトロポイントPlus(加盟店)※ 店舗200円につき2ポイント
自動販売機100円につき2ポイント
店舗200円につき1ポイント
自動販売機100円につき1ポイント

<※メトロポイントPlus加盟店>

  • 【店舗】売店(METRO’S)、Echika、Echika fit、Metro pia及びEsola等メトロポイントPlusロゴ掲出先
  • 【自動販売機】自動販売機及びコインロッカー等メトロポイントPlusロゴ掲出先

 

特に重要なのは、乗車で貯められるポイントです。「ソラチカゴールドカード」では、通常の「ソラチカカード(一般)」と比べて、平日は4倍、休日は2.7倍のポイントを貯めることができます。

「ソラチカゴールドカード」を利用すれば、東京メトロの乗車でザクザクとポイントを貯めることができます。

 

例えば、東京メトロが生活圏にあり、通勤で週5回、休日のお出かけで週1回、継続的に乗車できる場合、1週間で貯められるメトロポイントは以下になります。

<乗車で貯めれるポイント(1週間の例)>

  ソラチカゴールド ソラチカカード(一般)
平日:週に5回(往復) 200ポイント(=20x2x5) 50ポイント(=5x2x5)
休日:週に1回(往復) 80ポイント(=40x2x1) 30ポイント(=15x2x1)
合計 280ポイント 80ポイント

 

上記例は1週間ですので、例えば年48週(年52週のうち4週程度はお休み想定)で利用できたとすると、年間で貯められるポイント数は、「ソラチカゴールドカード」で13,440ポイント、「ソラチカカード(一般)」で3,360ポイントとなります。

前半でご紹介したように、メトロポイントは90%のレートでANAマイルに交換できますので、年間で貯められるANAマイル数は以下になります。「ソラチカゴールドカード」であれば年1万マイル以上を貯められるということになりますね。

<乗車で貯められるANAマイル(年間の例)>

  ソラチカゴールド ソラチカカード(一般)
メトロポイント 13,440ポイント 3,840ポイント
ANAマイル 12,096マイル 3,456マイル
マイルの価値 24,192円 6,912円

 

マイルの価値は「1マイル=2円」程度と言われていますので、1マイル2円で換算すると、獲得できるマイルの価値はそれぞれ上記のようになります。

「ソラチカゴールドカード」の年会費は14,000円(税抜)でしたので、マイルの価値を認められる方であれば、年10,000円ほどのプラスになるという計算になります。また、通常の「ソラチカカード(一般)」と比較しても、プラスになる幅が大きくなります。

東京メトロを日頃から利用している方でマイルに興味のある方であれば、「ソラチカゴールドカード」を発行する価値がありそうですね。

MEMO

マイルの価値は利用方法によって変化します。国際線のビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券として利用できれば、その価値は1マイル=5円から10円以上にも跳ね上がります。詳細は以下の記事もご参照ください。

 

ANAカードとしての特典

続いてはANAカードとしての特典です。これに関しては、「ソラチカカード」としての特徴は特にありません。

通常の「ソラチカカード(一般)」はANAカードの「一般カード」、「ソラチカゴールドカード」はANAカードの「ワイドゴールドカード」に分類されるため、それぞれ決まった特典を受けられるという形になります。

ANAカードとしての特典をまとめると以下のようになります。当然ながら、「ソラチカゴールドカード」の方が内容は充実しているという結果になります。

<ANAカードとしての特典>

  ソラチカゴールド ソラチカカード(一般)
ANAカードとしてのグレード ワイドゴールド 一般
入会・継続マイル 2,000マイル 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル 区画基本マイルの25% 区画基本マイルの10%
マイル移行コース 10マイルコース:無料 5マイルコース:無料
10マイルコース:5,000円(税抜)/年
ANAスカイコンへの交換率 最大1.6倍 最大1.5倍
空港ラウンジ利用 あり なし
ANA機内販売での割引率 10% 10%
ANA空港内免税店での割引率 10% 5%
ANA FESTAでの割引率 5% 5%
ANAラウンジの利用 なし なし

 

JCBカードの「スマリボ」で年会費割引あり

JCBカードの場合、スマリボ」というリボ払いサービスに登録し、年1回以上利用することで年会費割引(キャッシュバック)の特典を受けることができます。

<年会費割引(キャッシュバック)の特典を受ける条件>

  1. スマリボに登録していること
  2. カードの有効期限月の前月の15日から12ヵ月さかのぼった期間内にショッピングの利用があること

 

受けられる特典(キャッシュバック)の額は以下になります。「ソラチカゴールドカード」はゴールドカードになりますので、5,000円のキャッシュバックを受けられるということになります。

<スマリボの年会費割引特典>

カードグレード 年会費(税込) キャッシュバック金額
一般 1,375円以上 1,375円
1,375円未満 年会費(税込)と同額
ゴールド 5,000円以上 5,000円
5,000円未満 年会費(税込)と同額

 

また、「ソラチカゴールドカード」および「ソラチカカード(一般)」では、それぞれ「入会・継続マイル」を獲得することができます。

この「入会・継続マイル」は、ANAの飛行機の搭乗の有無によらず自動的に加算されますので、この分を考慮すると実質的な維持費は以下のように考えることもできます(1マイル=2円の価値で計算)。

<ソラチカカードの実質的な年会費>

  ソラチカゴールド ソラチカカード(一般)
年会費 本会員:15,400円(税込) 本会員:2,200円(税込)
入会・継続マイル 2,000マイル(=4,000円の価値) 1,000マイル(=2,000円の価値)
スマリボの年会費割引特典(キャッシュバック) 5,000円
1,375円
実質的な維持費 6,400円程度 実質1,175円のプラス

 

「スマリボ」の年会費割引特典(キャッシュバック)と活用すると、維持費を抑えることができるため、非常に魅力的です。

 

ただし、「スマリボ」は「残高スライドコース」という方式を採用しており、残高によって支払い元金が自動的に決定される仕組みを採用しています。

<「スマリボ」で選択できるコース>

 

「スマリボ」の場合、以下の2コースのみが用意されており、より安全な「標準コース」を選択した場合、毎月の支払い元金は「10,000円」に設定されています。

わかりづらいと思いますが、これは毎月の利用金額が「10,000円」を超えると、リボ払い手数料が発生するということを意味しています。怖いですね・・。

 

そのため、「ソラチカゴールドカード」および「ソラチカカード(一般)」で「スマリボ」による年会費割引特典を狙う場合は、利用金額を月1万円以内に抑えるように注意する必要があります。

オートチャージをONにしておくと、不意に利用金額が増える場合もあるため、オートチャージはOFFにし、PASMOの機能を利用する際は駅の端末から現金でチャージするのがオススメです。

 

「スマリボ」で年会費を割引する方法の詳細については、こちらの記事も合わせてご参照ください。

 

ソラチカゴールドカードのメリット

ここまでで、「ソラチカゴールドカード」の特典を確認することができました。「ソラチカゴールドカード」のメリットをまとめると以下のようになります。

<ソラチカゴールドカードのメリット>

  1. 東京メトロを日々利用しており、マイルの価値を認められるユーザーであれば、年会費以上の価値を得ることができる
  2. ゴールドカードとしての充実した旅行保険とショッピング保険が付帯している
  3. ANAワイドゴールドとしての充実した特典を受けることができる

 

「東京メトロを日々利用しており、マイルの価値を認められるユーザーである」という条件を満たすことができれば、メリットの大きなクレジットカードであると言えそうです。

 

ソラチカゴールドカードのデメリット

「ソラチカゴールドカード」のデメリットは以下になります。順番にご説明していきたいと思います。

<ソラチカゴールドカードのデメリット>

  1. SFCカードが用意されていない
  2. 決済用のクレジットカードとしては利用しづらい
  3. 国際ブランドはJCBしか選択できない

 

SFCカードが用意されていない

今のところ「ソラチカゴールドカード」にはSFCカードが用意されていません。そのため、将来的にANAの上級会員になり、SFCカードを持ちたいという方は選択しづらいという結果になります。

ただし、これについては今後、「ソラチカゴールドカード」のSFCカードが追加になる可能性もあります。その場合はデメリットではなくなりますね。

 

決済用のクレジットカードとしては利用しずらい

前述のとおり、「スマリボ」で年会費割引特典(キャッシュバック)を受ける場合、利用額をひと月あたり1万円以下に抑える必要があります。そのため、決済用のクレジットカードとしては利用しずらくなります。

 

国際ブランドはJCBしか選択できない

「ソラチカゴールドカード」はJCBが発行しているクレジットカードです。そのため、当然ながら国際ブランドは「JCB」になります。

「JCB」は日本国内であれば「使えなくて困った」という状況になることは少ないものの、海外ではまだまだ利用できないところが多くあります。

決済用のクレジットカードとしては利用しづらいこともあるため、海外旅行に決済用として持っていかないかもしれませんが、デメリットにはなりますね。

 

ANAマイル還元率は三井住友系のANAカードに劣る

三井住友系のANAカード(国際ブランドがVISAやMastercardになっているもの)の場合、「マイペイすリボ」の手数料を発生させることで、ANAマイル還元率を「1.3%」に高めることができます。

 

JCB系のANAカードでも「スマリボ」の手数料を発生させることで、ANAマイル還元率を同等の「1.3%」に高めることはできます。

しかしながら、「スマリボ」ではリボ払いの設定金額を自分でコントロールできないため、リボ払い手数料が高額になるリスクが高くなっています。

そのため、実質的には、JCB系のANAカードにおけるANAマイル還元率は「1.0%」にとどまります。ANAマイル還元率にこだわる場合は、三井住友系のANAカードを選択するのがオススメになります。

 

ソラチカゴールドカードの保有が向いている方とオススメの利用方法

ここまでで確認させていただいたメリットとデメリットを考慮すると、「ソラチカゴールドカード」の保有が向いている方は以下のようになります。

<ソラチカゴールドカードの保有が向いている方>

  • 毎日のように東京メトロを利用している(大前提)
  • ANAマイルに価値を認めている
  • 決済用のクレジットカードは別に持っている
  • 海外旅行用のクレジットカードは別にもっている(VISA、Mastercardなど)

 

また、「ソラチカゴールドカード」のオススメの利用方法は以下のようになります。

<ソラチカゴールドカードのオススメの利用方法>

  • ANAマイルが貯まるPASMOと割り切って東京メトロでの乗車をメインに利用
  • 「スマリボ」の年会費割引特典(キャッシュバック)を活用して維持費用を節約
  • PASMOはオートチャージではなく手動チャージにする(月1万円以下の利用であればオートチャージも可)
  • 東京メトロ内の店舗(メトロポイントPlus加盟店)で少額のクレジットカード決済する(月1万円以下の利用)

 

逆に言えば、「毎日のように東京メトロを利用している」ことが「大前提」となりますので、そうでない方にはオススメできないクレジットカードになります。

オススメのANAカードの選び方についてはこちらの記事でまとめております。合わせてご参照ください。

 

ソラチカゴールドカードのお得な入会方法

「ソラチカゴールドカード」に入会するならポイントサイト経由がお得です。ポイントサイトの「ポイントインカム」を経由して「ソラチカゴールドカード」に入会すると、ポイントインカムの7,300円分のポイントを獲得することができます。

 

対象カードは以下のようになっています。通常の「ソラチカカード(一般)」と「ソラチカゴールドカード」の両方が対象になっていますので、どちらを申し込む場合にも利用することができます。

<対象カード>

  • ANA JCBカード ZERO
  • ANA JCB 一般カード
  • ANA JCB ワイドカード
  • ANA JCB ワイドゴールドカード
  • ANA JCB カード プレミアム
  • ANA JCB カード(学生用)
  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  • ANA To Me GOLD CARD PASMO JCB(ソラチカゴールドカード)

 

ポイントインカムへの入会がまだという方はこちらのバナー経由でご登録ください。もれなく300円相当のポイントを獲得することができます。

ポイントサイトのポイントインカム

 

「ソラチカゴールドカード」の案件の詳細については以下も合わせてご参照ください。

「ソラチカゴールドカード」の案件詳細はこちら!

 

MEMO

ソラチカゴールドカードでは、公式サイト側でもキャンペーンを実施しており、最大で「32,300マイル」を獲得することができます。ポイントサイトの特典と合わせると「W」でお得になりますね。

 

まとめ:「ソラチカゴールドカード」は東京メトロのヘビーユーザーにオススメ!

今回は、新しく登場した「ソラチカゴールドカード」の特典からメリット、デメリットまでご紹介していきました。改めてまとめると以下になります。

<ソラチカゴールドカードのメリット>

  1. 東京メトロを日々利用しており、マイルの価値を認められるユーザーであれば、年会費以上の価値を得ることができる
  2. ゴールドカードとしての充実した旅行保険とショッピング保険が付帯している
  3. ANAワイドゴールドとしての充実した特典を受けることができる

<ソラチカゴールドカードのデメリット>

  1. SFCカードが用意されていない
  2. 決済用のクレジットカードとしては利用しずらい
  3. 国際ブランドはJCBしか選択できない
  4. ANAマイル還元率は三井住友系のANAカードに劣る

 

東京メトロのヘビーユーザーであれば年会費以上の価値が得られる可能性がある一方で、年会費を抑えて維持するためには決済額を抑える必要があり、使い方には工夫が必要になります。

メインカードは別で、ANAマイルを貯めるPASMOとしてとして割り切って利用できる方向けの、ちょっとニッチなクレジットカードとなりそうです。

MEMO

マイルを貯めるメインカードとしては、ANAマイルもJALマイルも貯められる「SPGアメックス」がオススメです。詳細は以下も合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

ポイ活の基礎知識とオススメの活用方法

「ポイ活」を始めるなら、まずはこの3つの記事がオススメです。「ポイ活」に必要な知識を段階的に獲得して、継続的にお小遣いを稼いでいきましょう!

<ポイ活の基礎知識>

  1. ポイ活とは?やり方と始め方、オススメのポイントサイトを初心者向けに徹底解説!
  2. ポイ活で月1万円を継続的に稼ぐ方法!コツをブログで徹底解説!
  3. ポイ活でランキングを比較する方法!最もお得はポイントサイトの見極める方を徹底解説!

 

また、貯めたポイントのオススメの活用方法は「マイル旅」「ウェル活」「ポン活」の3つです。1ポイントの価値を2倍以上に高めることができます!

<ポイントの活用方法>