【11月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ANA ハワイ ホノルル路線のA380仕様を発表!新登場のファーストクラスとカウチシートに注目!

ANA ハワイ ホノルル路線のA380仕様を発表!新登場のファーストクラスとカウチシートに注目!

ANAのハワイ ホノルル路線に、エアバス社の大型旅客機である「A380」が、2019年春に投入されます。今回、このA380の仕様がついに発表になりましたので、内容を確認していきたいと思います。中でも注目は、ANA ホノルル路線に新登場となるファーストクラスとカウチシートです。特にカウチシートは日本の航空会社では初採用となる特徴的なものです。以下で詳しくご紹介していきます。

ANAがハワイ ホノルル路線にA380を投入する狙い

ANAのハワイ ホノルル路線に、エアバス社の大型旅客機である「A380」が、2019年春に投入されます。ANAがこのA380をハワイ ホノルル路線に投入する狙いは、JALの牙城を崩すことが狙いと言われています。

現在、ANAはホノルルまで成田から1日2便、羽田から1便を運航しています。一方ライバルであるJALは成田から4便、中部から1便、関西から1便を運航しています。つまり、ANAは1日3便、JALは1日6便ということで、ANAはライバルであるJALに、運航数で倍の差をつけられていることになります。

<ANAのホノルル便運航数>

  • 成田=ホノルル:1日2便
  • 羽田=ホノルル:1日1便
  • 合計:1日3便

 

<JALのホノルル便運航数>

  • 成田=ホノルル:1日4便
  • 中部=ホノルル:1日1便
  • 関西=ホノルル:1日1便
  • 合計:1日6便

 

上記の運航数の違いから、「ハワイといえばJAL」というイメージができあがっており、ホノルル路線を含むハワイはJALの牙城と言われています。

この現状を打開するため、ANAは今回、ハワイ ホノルル路線にA380を投入することになったと言われています。現在、ANAのホノルル路線には、ボーイング社のB789が利用されています。このB789の座席数は246席ですが、新たに発表になったA380の座席数は520席となります。約2倍の座席数となります。

運航数を増やすことは容易ではありませんから運航数はそのままで、機材をB789からA380に変更することで輸送旅客数を倍増しようという戦略ですね。

 

ANA ハワイ ホノルル路線のA380:機体のデザイン

それでは、今回発表になった、ANA ハワイ ホノルル路線のA380仕様を順番に確認していきたいと思います。まずは機体のデザインです。

今回、ANAはA380を3機購入していますが、それぞれ、異なった機体のデザインとなる予定です。3機は、それぞれハワイの「空」「海」「夕陽」をイメージし、機体のカラーは、空が「ANAブルー」、海が「エメラルドグリーン」、夕陽が「サンセットオレンジ」となります。3色展開ですね。

また、共通のモチーフとして「ウミガメ」が採用されています。ウミガメは、幸福や繁栄のシンボルとして広くハワイの人々に愛されているもので、これらの機体の愛称は「空飛ぶウミガメ」という意味を持つ「FLYING HONU」と決定されました。

こちらが、空をイメージした「ANAブルー」の機体。

 

こちらが、海をイメージした「エメラルドグリーン」の機体。

 

こちらが、夕陽をイメージした「サンセットオレンジ」の機体です。

 

どの機体も、機首の部分がウミガメの顔になっていて、とてもかわいいですね。

ANA ハワイ ホノルル路線のA380:シートマップ

ANA ハワイ ホノルル路線のA380仕様、続いては、気になるシートマップです。

A380は世界で唯一の総2階建旅客機です。座席配置には各航空会社の思惑が反映されるため、この広大な機内のスペースに、ANAがどのように座席配置をするのか注目が集まっていました。

結果としては、以下の画像のようになります。1階席にはすべてエコノミークラスを配置、2階席にファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラスが配置されます。高級な座席を2階に集中させるという方針ですね。

 

日本人は、高い階数に優越感を覚える民族ですので、2階席に高級な座席を集中させたのは、予想通りといえば予想どおりですが、意外性がありませんね(笑)。

ただ、ANAも同じように考えたのか、1階席のエコノミークラスの最後部に「ANA COUCHii(ANAカウチ)」という、日本の航空会社では初めてとなる「カウチシート」の座席を採用しました。これについては後ほどご紹介します。

ということで、座席クラスの配置と席数の内訳は以下のようになりました。

<座席クラスの配置と席数(ANA)>

  • 2階
    • ファーストクラス:8席
    • ビジネスクラス:56席
    • プレミアムエコノミークラス:73席
  • 1階
    • エコノミークラス:383席(うち、ANA COUCHii:60席)
  • 合計:520席

 

ちなみに、参考までに、シンガポール航空のA380の座席クラスの配置と席数の内訳は以下のようになります。ANAと違い、ファーストクラスは1階に配置されています。また、エコノミークラスは1階と2階に分散されていますね。また、合計の座席数としては、ANAよりも80席近く少なくなっています。これは、シンガポール航空の場合、ファーストクラスやビジネスクラスの居住スペースが非常に広くとられている結果と思われます。

このあたり、ファーストクラスやビジネスクラスなどアッパークラスの満足度を重視するか、全体の輸送量を重視するか、それぞれの航空会社の戦略が透けて見ることができ、なかなか面白いですね。

<座席クラスの配置と席数(シンガポール航空)>

  • 2階
    • ビジネスクラス:60席
    • エコノミークラス:88席
  • 1階
    • ファーストクラス:12席
    • プレミアムエコノミークラス:36席
    • エコノミークラス:245席
  • 合計:441席

 

ANA ハワイ ホノルル路線のA380:シート(座席)

ANA ハワイ ホノルル路線のA380仕様、続いては、各座席クラスでのシートについてです。目玉としては、ANAのハワイ ホノルル路線で新設となる「ファーストクラス」と、日本の航空会社では初登場となる「カウチシート」です。

ファーストクラス

まずは、庶民のあこがれ「ファーストクラス」です。

ファーストクラスの座席のイメージとしては以下のようになります。全体的にダークブラウン(ブラック?)でまとめられたシックで高級感のある内装となっています。各座席の横にスライング式の扉を備えているのが特徴で、これを閉めることで、プライバシーを守られた個室空間として利用することができます。

 

ファーストクラスのシート(座席)の特徴は以下になります。

<ファーストクラスのシート(座席)の特徴>

  • 日本初1ドア付の個室型シート
  • 32インチタッチパネル式 大型液晶ワイドスクリーン
  • ジャケット収納可能なクローゼットや複数の小物入れなどの収納スペース
  • 大型テーブル、左右の読書灯に加え食事灯、PC電源・USBポート

 

「日本初1ドア付の個室型シート」などがアピールポイントとなっていますが、個人的にはちょっとがっかりです。

扉が閉まると言っても、全体の仕切りが低いので、立っている人からは、中が見えてしまうように思います。個室感としては中途半端ですね。また、居室スペースも、ビジネスクラスと比べ格段に広くなっているとは思えません。これであれば、ビジネスクラスで十分かな、と思ってしまいます。

先ほども例として出したシンガポール航空のファーストクラスを先日利用する機会があったのですが、居室全体が個室になるよう、プライバシーに配慮された設計になっていました。また、中央の2席は連結することが可能で、ダブルベッドできるように工夫されています。

 

こちらは、シンガポール航空A380ファーストクラスの窓際席です。各居室の仕切りが天井まであるので、扉を閉めると完全に個室となります。

f:id:pipinobu:20180307103111j:plain

 

こちらは、シンガポール航空A380ファーストクラスの中央2席です。ダブルベッドとして連結することが可能です。また、扉を閉めると、こちらも完全な個室になります。

f:id:pipinobu:20180307104356j:plain

 

A380のファーストクラスと言えば、各航空会社のシンボルになるような位置付けのもので、その分、各航空会社間で、その快適性にしのぎを削っているものです。その点、今回発表されたANAのA380のファーストクラスは、小さくまとまった感があり、個人的にはちょっと期待はずれです。

ANAのハワイ ホノルル路線のファーストクラスでしか体験できないようなサプライズを、ANAには提供してもらいたかったですね。

 

シンガポール航空のファーストクラスについては、以下の記事もご参照ください。

 

スポンサーリンク

ビジネスクラス

続いては「ビジネスクラス」です。

ビジネスクラスの座席のイメージとしては以下のようになります。基本的には、現在のB789のビジネスクラスの「スタッガード」の座席を踏襲したデザインになっています。ただし、違いとしては、中央2席の座席が隣り合うようになっている点と、仕切りが下げられるようになっている点です。

 

現在のB789のビジネスクラスの「スタッガード」でも、中央2席の仕切りが下げられる席は存在するのですが、各機体で2セットまでと数が限られていました。また、隣の席との間にテーブルを挟んでいたたため、座席間の距離が遠くなっていました。

こちらの画像は、以前ハワイ ホノルル路線でB789を利用した時のものです。夫婦での利用でしたので、仕切りが下げられる中央2席を利用しました。中央の仕切りを下げても、隣の席との間にテーブルがあるため、会話するのが結構大変でした。

f:id:pipinobu:20170812083524j:plain

 

今回、これが改善されています。カップルや家族での利用が多い、ハワイ ホノルル路線では、良い判断ではないかと思います。

 

その他、ビジネスクラスのシート(座席)の特徴は以下になります。

<ビジネスクラスのシート(座席)の特徴>

  • 全席通路ダイレクトアクセス・フルフラットシート
  • ペアシート(中央席ならびに通路を挟んだ一部座席)
  • 大型テーブル、大型サイドテーブル
  • 18インチタッチパネル式 大型液晶ワイドスクリーン
  • PC電源、2個のUSBポート

 

B789を利用したANAハワイ ホノルル路線の搭乗記はこちらもご参照ください。

 

プレミアムエコノミー

続いては「プレミアムエコノミー」です。

プレミアムエコノミーの座席のイメージとしては以下のようになります。

 

ゆとりある38インチのシートピッチとなっているのが特徴です。次にご紹介する普通のエコノミークラスのシートピッチは34インチですので、4インチ(約10センチ)のゆとりがあります。

たった10センチか、と思われるかもしれませんが、実際座ってみると、この10センチは結構大きいです。長時間のフライトでは、特に重要になります。

今回のANA ハワイ ホノルル路線のA380では、プレミアムエコノミーは73席と、かなりの数を確保しているのは、このあたりを配慮してかもしれません。きっと、人気の座席になると思います(せっかくA380を利用するなら2階席に乗りたい!という人も多いでしょうし)。

 

プレミアムエコノミーのシート(座席)の特徴は以下になります。

<プレミアムエコノミーのシート(座席)の特徴>

  • ゆとりある38インチのシートピッチ
  • 15.6インチのクラス最大級タッチパネル式 パーソナルモニター(最前列は11.6インチ)
  • 約90度に回転する大型テーブル
  • レッグレスト、フットレスト
  • 携帯電話など、小物の収納スペースが充実
  • ヘッドレストが6方向に調整可能
  • PC電源、USBポート

 

エコノミークラス(通常のシート)

続いては「エコノミークラス」です。エコノミークラスは、普通のエコノミークラスと、今回の目玉であるカウチシートである「ANA COUCHii」に分けられます。まずは、普通のエコノミークラスのシート(座席)です。

エコノミークラスの座席のイメージとしては以下のようになります。

 

エコノミークラスは、最新薄型軽量シートを採用しているのが特徴です。前後のシート間隔については発表になっていませんが、これにより、前後のシート間隔に若干のゆとりが生まれるものと思われます。また、ヘッドレストが6方向に調整可能になるなど、エコノミークラスとは言え、快適性を高める工夫がなされているようです。

 

エコノミークラスのシート(座席)の特徴は以下になります。

<エコノミークラスのシート(座席)の特徴>

  • 最新薄型軽量シート
  • 34インチのシートピッチ
  • 13.3インチのクラス最大級タッチパネル式 パーソナルモニター(最前列は11.6インチ)
  • PC電源、USBポート
  • 2種類の新ファブリックを採用し、明るい雰囲気を演出
  • ヘッドレストは6方向に調整可能

 

エコノミークラス:カウチシート(ANA COUCHii)

最後は「カウチシート」です。「ANA COUCHii」というニックネームが付いています。Hawaiiのように「i」が2つ並んでいるのが特徴です(どうでもいいですね 笑)。

カウチシートの座席のイメージは以下になります。座席間の肘当てがなく、足元下から補助の座席(レッグレスト)が出てきて、座面部分がフラットになるのが特徴となります。家族でのは利用で小さなお子さんがいらっしゃる場合など、ベッドのように利用できるため、とても便利です。ファミリー向けをかなり意識したものですね。

 

ここでの注目は料金設定がどうなるかです。このカウチシートは横一列利用して初めてそのメリットを享受できるものです。ですので、3人で利用するような場合でも、4人分のエコノミークラスの料金よりも安くないと、あまり意味がありません。

ANAのHPには「ご家族やカップルなどご利用人数に応じた追加料金で、3席もしくは4席分のレッグレストをあげて、ベッドのように利用することが可能です。」と記載されています。この追加料金がどうなるのか、今後の注目です。

スポンサーリンク

ANA ハワイ ホノルル路線のA380:機内設備

ANA ハワイ ホノルル路線のA380仕様の最後は、機内設備です。こちらのA380は機内設備においても、ファミリー向けを意識した構成になっています。

多目的ルーム

メインデッキ(1階席)後方には、着替え、パウダールーム、授乳など様々な用途で利用できる多目的ルームが設置されます。中には、シンク他、ベンチシートや着替え台、おむつ交換台などが用意されます。多目的ルームのイメージは以下になります。

 

バーカウンター

各クラスには搭乗者が自由にドリンクやスナックなどを利用できる、バーカウンターが設置されます。日本の航空会社では、エコノミークラスでバーカウンターというのはあまり見ませんが、エコノミークラスでも設置されるとすると、便利そうですね。

 

ANA ハワイ ホノルル路線のA380:陸マイラーとしての期待

今回、ANA ハワイ ホノルル路線のA380の仕様が発表になったわけですが、陸マイラーの私として期待することは以下2点になります。

<陸マイラーの私としての期待>

  • 特典航空券への座席解放枠の拡大
  • ホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ空港)への自社ラウンジの設置

 

特典航空券への座席解放枠の拡大

現在、特典航空券におけるビジネスクラスの解放枠は、一般会員含む全体に2枠、上級会員向けに2枠、合計で4枠と言われています。特に、ハワイ ホノルル路線のような人気の路線では希望者が集中するため、特典航空券を確保するのは至難の技と言われています。

今回のA380の導入で、座席数にはいくぶん余裕がでるはずですので、特典航空券に対する座席の解放枠を増やしてもらいたいものです。

この路線での特典航空券が利用しやすくなれば、「ANAのA380でハワイに行けるようにANAマイルを貯めよう!」という利用者が増えて、結果的にはANAのメリットにもなると思うんですよね。

 

スポンサーリンク

ホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ空港)への自社ラウンジの設置

ハワイ ホノルル路線を利用する場合の、JALに対するANAのデメリットとして、ホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ空港)にはANAの自社ラウンジがないことが、長年指摘されてきました。

現在、この路線でANAのビジネスクラスを利用した場合は、ユナイテッド航空の「United Club」というラウンジを利用することになるのですが、このラウンジがあまりいけていないので、評判がイマイチなんですよね。

ですので、ANAにはぜひ、ホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ空港)にANAの自社ラウンジの設置をお願いしたいところです。

 

ホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ空港)のユナイテッド航空ラウンジ「United Club」の詳細はこちらをご参照ください。

 

まとめ

今回は、詳細が発表となった、ANAのハワイ ホノルル路線の「A380」の仕様を確認していきました。注目は、ANA ハワイ ホノルル路線に新登場となるファーストクラスとカウチシートです。

ファーストクラスに関しては、A380ならではの工夫があまり感じられず、個人的にはちょっと期待はずれな結果でした。

カウチシートに関しては、日本の航空会社では初採用となる特徴的なもので、ファミリー向けにぴったりのものだと思います。価格設定次第にはなりますが、今後人気がでるのはないかと思います。

 

陸マイラーとしては、陸マイラー活動で貯めたマイルを使って、ぜひこのA380でハワイに行きたいと思っています。個人的には、ビジネスクラスでぜひ利用してみたいですね。

 

ANAマイルの貯め方とハワイ旅行で活用した実例

夫婦2人でビジネスクラスでハワイに行こうとした場合、必要マイルは120,000マイルから136,000マイルとなります(以下の表の「C」がビジネスクラスです)。

 

私は、年21万マイル以上(夫婦では年42万マイル以上)のANAマイルを継続的に貯めることができていますので、十分に射程距離内です。

陸マイラーが年21万マイル以上を貯めるANAマイルの貯め方はこちらで詳しく解説しています。合わせてご参照ください。

 

また、私は「SPGアメックス」というクレジットカード とANAマイルを使って、ほぼ無料で豪華なハワイ旅行を実現しています。その実例についてはこちらもご参照ください。

 

ハワイ旅行関連記事

 

error: