【7月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ANA VISA ワイドゴールドカード:特典からメリット・デメリットまでを徹底解説!

f:id:pipinobu:20160713193238p:plain

ANA VISA ワイドゴールドカード:特典からメリット・デメリットまでを徹底解説!

今回は、ANAマイルを効率的に貯められるクレジットカード研究の第2回目として「ANA VISA ワイドゴールドカード」を取り上げます。ANA VISA ワイドゴールドカードは、多くのANA陸マイラーブログで扱われている、定番かつ評判の良いクレジットカードです。ただし、効率的にANAマイルを貯めるためには、仕組みがちょっと複雑で、理解が難しいところがあります。そこで、今回は、その特徴、特典から、メリット・デメリットまで、できるだけわかりやすく整理してみたいと思います。また、後半ではキャンペーン情報も合わせてご紹介します。

ANA VISA ワイドゴールドカードの基本情報

ANA VISA ワイドゴールドカードは、三井住友VISAカードが、ANAと提携して発行しているゴールドカードです。公式HPはこちらになります。

www.smbc-card.com

 

基本情報はこちらになります。写真を見てのとおり、ゴールドカードなので、年会費は高めで14,000円+税です。その分、海外障害保険は充実していて、海外旅行で5000万円の最高補償額になっています。ショッピング枠も高めの設定ですね。

f:id:pipinobu:20160713203611p:plain

f:id:pipinobu:20160713203624p:plain

 

ANA VISA ワイドゴールドカードの特典は?

ANA VISAワイドゴールドカードの特典は以下になります。

  1. WEB明細書とマイ・ペイすリボの登録+利用で、年会費が割引
  2. 入会時・継続時にボーナスマイルを獲得
  3. ANAマイル還元率が、通常1.0%
  4. 年間の決済金額によって、ANAマイル還元率がUp
  5. マイ・ペイすリボによる手数料発生で、さらにANAマイル還元率がUp

 

理解しやすいものから順にならべてみました。後半になるほど、ちょっと仕組みが複雑になります。(^_^;) それでは、各特徴を順番にご説明していきたと思います。

ANA VISAワイドゴールドカードの特典1. WEB明細書とマイ・ペイすリボの登録+利用で、年会費が割引

WEB明細書とマイ・ペイすリボの登録+利用で、年会費が割引になります。

まず、WEB明細書の利用で、年会費が1000円引きになります。

f:id:pipinobu:20160713204253p:plain

 

次に、マイ・ペイすリボの登録および、年1回以上クレジットカードを利用すると、年会費が3500円引きになります。

f:id:pipinobu:20160713204306p:plain

 

最後に、両方の合わせ技で、年会費が4500円引きになります。

f:id:pipinobu:20160713204315p:plain

 

なので、最終的には、年会費は9500円+税にまで下がります。

ただし、注意点としては、初年度は、マイ・ペイすリボの割引のみ適用となりますので、初年度は3500円引きの年10500円+税、次年度から4500円引きの年9500円+税になります。

ANA VISAワイドゴールドカードの特典2. 入会時・継続時にボーナスマイルを獲得

カードの入会時・継続時にボーナスマイルが獲得できます。カードのグレードによって獲得できるボーナスマイルが異なります。ANA VISA ワイドゴールドカードの場合は、入会時に2000マイル、継続時も2000マイルを獲得できます。

f:id:pipinobu:20160713205524p:plain

 

特徴1でご説明したように、年会費は最大で年9500円+税にまで抑えられます。1マイルの価値を2円と考えると、2000マイル=4000円相当と考えられますので、実質的な年会費は5500円(= 9500円 – 4000円)程度と考えることもできます。

ANA VISAワイドゴールドカードの特典3. ANAマイル還元率が、通常1.0%

陸マイラーとして気になるANAマイル還元率ですが、通常は1.0%になります、「通常は」というところがミソです。特徴4、特徴5と進んで行くごとに、還元率が高くなっていきます。(^_^;)

まずは、基本の部分、通常1.0%の説明です。

ANA VISA ワイドゴールドカードでは、利用金額の1000円ごとに、「通常ポイント」が1ポイントが貯まります。(キャッシングでの利用以外の以下の支払い方法が対象)

f:id:pipinobu:20160713210209p:plain

 

ポイントの有効期限は、ポイント獲得月から3年間になります。

f:id:pipinobu:20160713210548p:plain

 

この通常ポイントは、1ポイントあたり10マイルに交換できます。移行手数料は必要ありません。通常のクレジットカードの場合、ANAマイルへの移行には移行手数料が必要になる場合がほとんどですが、ANA VISA ワイドゴールドカードの特徴として、移行手数料は無料になっています。これはかなりお得です。

f:id:pipinobu:20160713210534p:plain

 

以上まとめると、1000円の利用ごとに10ANAマイルを獲得できるということになりますので、100円あたり1ANAマイル、よって、ANAマイル還元率は1.0%、という計算になります。

 

f:id:pipinobu:20160714094920p:plain

 

ANA VISAワイドゴールドカードの特典4. 年間の決済金額によって、ANAマイル還元率がUp

ANA VISA ワイドゴールドカードには、「通常ポイント」のほかに、「ボーナスポイント」というものが存在しています。

前年度の利用金額に応じて、ステージが「V1」から「V3」まで用意されており、そのステージの応じたボーナスポイントがプレゼントされます。ざっくり言うと、50万円以上で「V1」、100万円以上で「V2」、300万円以上で「V3」のステージになれます。

f:id:pipinobu:20160713211207p:plain

 

年間の利用金額に応じて獲得できるボーナスポイントは以下になります。

  • 50万円/年:100ポイント
  • 100万円/年:150 + 30 x 5 = 300ポイント
  • 300万円/年:300 + 60 x 25 =  1800ポイント

 

ボーナスポイントは、1ポイントあたり3マイルに交換できるので、獲得できるANAマイルは以下になります。

  • 50万円/年:100ポイント x 3 = 300 ANAマイル
  • 100万円/年:150+30 x 5 = 300ポイント x 3 = 900 ANAマイル
  • 300万円/年:300 + 60 x 25 =  1800ポイント x 3 = 5400 ANAマイル

 

以上より、このボーナスポイントにおけるANAマイル還元率は以下になります。300万円以上利用の「V3」から、急に還元率が高くなるのがわかります。

  • 50万円/年:300 ANAマイル / 50万円 x 100 = 0.06%
  • 100万円/年:900ANAマイル / 100万円 x 100 = 0.09%
  • 300万円/年:5400ANAマイル / 200万円 x 100 = 0.18%

 

通常ポイントのANAマイル還元率は1%でしたので、通常ポイントとボーナスポイントを合わせたトータルのANAマイル還元率は以下になります。

  • 50万円/年:1% + 0.06% = 1.06%
  • 100万円/年:1% + 0.09% = 1.09%
  • 300万円/年:1% + 0.18% = 1.18%

 

さらにANAマイル還元率をあげる裏技

「ボーナスポイント」は、1ポイントあたり3マイルと交換レートが良くありません。そこで、この「ボーナスポイント」をGポイントに交換して、ソラチカルートに乗せることで、ANAマイル還元率をあげる裏技があります。

 

「ボーナスポイント」は1ポイントあたりGポイントの4.95ポイントに交換可能です。GポイントからANAマイルへは90%の交換レートで交換可能です。(前回の記事でも書きましたが、実際は交換手数料5%が必要ですが、これは半年に1回のショッピング利用で還元されるので、ここの試算では無視します。)

f:id:pipinobu:20160713214643p:plain

 

よって、得られるANAマイルは以下になります。

  • 50万円/年:100ポイント x 4.95 x 0.9 = 445.5 ANAマイル
  • 100万円/年:300ポイントx 4.95 x 0.9 =1136.5 ANAマイル
  • 300万円/年:1800ポイントx 4.95 x 0.9 = 8019 ANAマイル

 

また、ANAマイル還元率は以下になります。

  • 50万円/年:445.5 ANAマイル / 50万円 x 100 + 1% = 1.0891%
  • 100万円/年:1136.5 ANAマイル / 100万円 x 100 + 1% = 1.11365%
  • 300万円/年:8019 ANAマイル / 300万円 x 100 + 1% = 1.2673%

 

ボーナスポイントをソラチカルートに乗せることで、100万円/年利用する方で約200ANAマイル、300万円/年利用する方で約2600ANAマイルを、ソラチカルートを利用しない場合に比べて上乗せすることができます。

ただし、年100万円程度の利用では、あまり効果はないので、年300万円以上利用する場合でないと、手間等を考えるとあまり意味がなさそうです・・。(ソラチカルートを経由するので、メトロポイントからANAマイルへの交換上限にも影響を与えますし、時間もかかります・・)

 

f:id:pipinobu:20160714094945p:plain

 

ANA VISAワイドゴールドカードの特徴5. マイ・ペイすリボのよる手数料発生で、さらにANAマイル還元率がUp

最後は、マイ・ペイすリボによる手数料発生させることで、さらにANAマイル還元率がUpします。具体的には、以下の図のように、マイ・ペイすリボの手数料が発生することで、その月のポイントが2倍になります。

f:id:pipinobu:20160713221728p:plain

 

ただし、ポイント2倍といっても、もらえるポイントは「通常ポイント」ではなく「ボーナスポイント」です。

ボーナスポイントは先にご説明のとおり、1ポイントあたり3マイルに交換できます。そのため、1000円あたり3マイルを獲得できるということになり、ANAマイル還元率は、0.3%となります。ですので、これまでの議論に、0.3%の還元率を追加できます。(ちなみに、このボーナスポイントをソラチカルートに載せる裏技を利用すると、ANAマイル還元率は、0.4455%となります)

ただし、注意したいのが、追加のANAマイル還元率を得るには、「マイ・ペイすリボ=リボ払い」の手数料を発生させる必要があるということです。マイ・ペイすリボでは、毎月のリボ払いの支払い金額を調整できるので、多額の手数料が発生しないように、支払い金額を調整することはできます。(リボ払いの手数料は年率15%です)

例えば、その月の支払額が10万円だった場合、9万円は一括払いにして、1万円をリボ払いにするといった方法です。1万円の1ヶ月分のリボ払い手数料は約125円です。マイ・ペイすリボの支払い金額の設定は、増額は1000円単位、減額は1万円単位でできるので、増額でうまくコントールできれば、一月あたりのリボ払いの金額を千円以下に抑えることができ、手数料も抑えることができます。

ただし、これは毎月からなず、このリボ払いの増額(もしくは減額)の調整をできる方のみが手を出して良い方法です。これを忘れてしまうとと、高額な手数料が発生し、せっかくANAマイルを稼ぐことができても本末転倒になってします。要注意です。

ちなみに、特徴5までの特典と裏技をフルに適用した場合の、ANAマイル還元率は以下になります。毎月がんばれる方は報われます。

  • 50万円/年:1.0891% + 0.4455% = 1.5346%
  • 100万円/年:1.11365% + 0.4455% = 1.55915%
  • 300万円/年:1.2673% + 0.4455% = 1.7128%

 

ANA VISA ワイドゴールドカードにおけるANAマイル還元率一覧

ここまでで確認できたANAマイル還元率を一覧でまとめみました。こうやってみると、特徴5を適用するかどうかで、ANAマイル還元率が大きく異なることがわかります。

ANA VISAワイドゴールドカードを生かすか殺すかは、特徴4を適用できるか=マイ・ペイすリボの調整を毎月実施できるかどうかにかかっています。

年間の利用額標準特徴4

適用

特徴4+

ソラチカルート

特徴5

適用

特徴5+

ソラチカルート

50万円未満1.01.01.01.31.4455
50万円以上1.01.061.09811.39811.5346
100万円以上1.01.091.113651.413651.55915
300万円以上1.01.181.26731.56731.7128

 

ANA VISA ワイドゴールドカードのメリットとデメリットは?

最後に、ANA VISA ワイドゴールドカードのメリットとデメリットをまとめたいと思います。それぞれ列挙すると、以下のようになります。

<メリット>

  • 最大で約1.71%となる、非常に高いANAマイル還元率を叩き出すことができる
  • 通常ポイントのANAマイルへの交換手数料が無料
  • 通常ポイントのANAマイルへの交換は、はソラチカルートを経由しないため、ポイントサイトの利用分だけでソラチカルートが詰まっている場合でも、有効にANAマイルを貯めることができる
  • ゴールドカードのため、保有していることにステータス感がある

 

<デメリット>

  • 年会費の割引を受けた場合でも、比較的年会費が高い(8500円+税)
  • 高いANAマイル還元率(1.3%以上)を実現するには、毎月のマイ・ペスすリボの調整が必要になる
  • 最大のANAマイル還元率(1.71%)を叩き出すためには、年間の利用金額が300万円以上、かつ、毎月のマイ・ペスすリボの調整が必要になる

 

ANA VISA ワイドゴールドカードのキャンペーン情報

ANA VISAワイドゴールドカードは入会キャンペーンを度々実施しています。せっかく入会するのであれば、このキャンペーン期間中を狙うことをお勧めします。

ANA VISAワイドゴールドカードの入会キャンペーンは、ポイントサイトのハピタスでしばしば実施していますので、ANA VISAワイドゴールドカードに入会する際は、このハピタスをチェックすることをお勧めします。

ハピタスへのアクセスは以下のバナーからが便利です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

ハピタスの利用方法については以下の記事でもご紹介しています。合わせてご参照ください。


ANA VISA ワイドゴールドカード:特典からメリット・デメリットまでを徹底解説!のまとめ

今回は、ANAマイルを効率的に貯めるクレジットカード研究の第2回目として、ANA VISA ワイドゴールドカードを取り上げました。ANA VISA ワイドゴールドカードは、最大で約1.71%のANAマイル還元率を叩き出す、非常に優秀なクレジットカードであることが理解できました。

一方で、マイ・ペスすリボを使いこなせいない(=特徴4までしか実施しない)場合は、ANAマイル還元率は約1.26%までに下がります。かつ、年間の利用金額が少ない(=100万円以下)の場合は、ANAマイル還元率は約1.08%まで下がってしまうことも理解できました。

したがって、ANA VISA ワイドゴールドカードは、すべての陸マイラーに向いている万能のクレジットカードではなく、「年間の利用金額が300万円以上で、かつ、毎月のマイ・ペスすリボの調整を忘れずに実施することができる方向け」、つまりは、まめでリッチな陸マイラー向けであると言えると思います。

ピピノブはあまりまめではないですし、年300万円のクレジットカード利用は厳しいので、宝の持ち腐れになりそうです・・。

 

それでは、また!

 

 

error: