【3月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

コココーブ(ワイキキ)はポケ丼をハワイ中心部でテイクアウトできるオススメのお店!

コココーブ(ワイキキ)はポケ丼をハワイ中心部でテイクアウトできるオススメのお店!

コココーブ(Coco Cove)はハワイのワイキキ中心部、カラカウア通り沿いにあるコンビニエンスストアです。ハワイのお土産などもお得に調達できる便利なスポットですが、「ポケ丼(ポキ丼)」をテイクアウトできるお店としても有名です。コンビニと聞くと「ちょっと味が心配」な方もいらっしゃると思いますが、そこはどうして、なかなか満足度の高いポケ丼(ポキ丼)をいただくことができます。当記事では、場所と営業時間から、販売時間、価格、買い方まで詳しくご紹介していきたいと思います。

コココーブ(ワイキキ店)の場所

コココーブ(Coco Cove)は、ハワイのワイキキ中心部、カラカウア通り沿いに位置しています。場所としては、ロイヤルハワイアンセンター内にある「Apple Store(アップルストア)」のちょうど正面あたりです。正にワイキキど真ん中の恵まれた立地となっておりアクセス抜群です。

 

GoogleMapにおける周辺地図は以下になります。

 

コココーブ(ワイキキ店)の営業時間とポケ丼(ポキ丼)の販売時間

コココーブ(Coco Cove)の営業時間は以下のようになっています。コンビニエンスストアという営業形態となっているため、早朝から夜遅くまで営業しているのが特徴となります。

<営業時間>

  • 毎日:06:30 – 23:30
  • 定休日:なし

 

ただし、今回テーマとしている「ポケ丼(ポキ丼)」の販売時間は営業時間とは若干異なるため注意が必要です。ポケ丼の販売時間は朝9時から夜8時までとなっています。

<ポケ丼の販売時間>

  • 毎日:09:00 – 20:00

 

お店の前には、こちらのように、ポケ丼の販売時間をお知らせする看板も出ています。利用する前に都度確認するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

コココーブ(ワイキキ店)でポケ丼(ポキ丼)を購入してみた体験レポート

さて、そんなこんなでここからは、「コココーブ(Coco Cove)」のワイキキ店でポケ丼(ポキ丼)を購入してみた様子をご紹介していきたいと思います。

お店の外観

「コココーブ(Coco Cove)」のお店の外観はこんな感じです。「Coco Cove」と書かれた青字の看板が目印です。とても良い場所に位置しているため、ハワイ のお土産調達に利用したことがある方も多いのではないでしょうか?

 

ポケ丼(ポキ丼)の種類と価格

ポケ丼(ポキ丼)の販売カウンターは、お店の入り口を入ってすぐの左手にあります。こんな感じで、ポケ丼の具材(つまりポケ)がずらずらっと並べられています。

 

ディスプレイをアップにするとこんな感じです。ディスプレイには、種類と値段が記載されています。マグロをベースとした「アヒポケ丼」の場合、価格は「13.99ドル」となってます。これはご飯も含めた丼としての価格です。同じ価格で2種類まで味を選択することができます。

 

サーモンをベースとした「サーモンポケ丼」の場合、価格が「14.99ドル」になりますので気をつけましょう。

 

また、その他にも、タコをベースにした「タコポケ丼(15.99ドル)」の他、「キムチ(6.99ドル)」なども販売されています。

 

メニューを一覧にすると以下のようになります。マグロをベースとした「アヒポケ丼」だけで8種類も用意されており、種類豊富ですね。迷ってしまいます。

<ポケ丼の種類と価格>

  • SHOYU AHI POKE:13.99ドル
  • SPICY AHI POKE:13.99ドル
  • AHI WASABI POKE:13.99ドル
  • AHI OYSTER SAUCE POKE:13.99ドル
  • AHI HAWAIIAN STYLE POKE:13.99ドル
  • AHI LIMU POKE:13.99ドル
  • FRESH AVOCADO AHI:13.99ドル
  • AHI CALIFORNIA RLOE:13.99ドル
  • POKE FRESH SALMON:14.99ドル
  • FRESH SALMON SHOYU:14.99ドル
  • HAWAIIAN STYLE TAKO POKE:15.99ドル

 

スポンサーリンク

ポケ丼(ポキ丼)の買い方

ポケ丼(ポキ丼)の買い方はとても簡単です。販売カウンターの中にはスタッフさんが常駐していますので、ディスプレイを指差しながら「This one, please.」と言えば大丈夫です。もしくは、2種類のコンボにしたい場合は「Two choice. This one and this one.」と2種類を指さしましょう。

また、購入する前に味見をすることも可能です。「Can I try this one, please?」と言いながら指させば、爪楊枝で一口サイズのサンプルを提供していただけます。

この際、強めの口調で「NoNo!」と言って一度断られると思いますが、それは冗談ですぐに笑顔でサンプルを提供してくれますので心配無用です。これは、こちらのお店の「鉄板ジョーク」のようです。日本人だけでなく、欧米の方もやられていました(笑)。

 

そんなこんなで、サンプルをいただきながらお店の方にオススメを伺ってみると、一番ベーシックな「SHOYU AHI POKE」と「SPICY AHI POKE」が人気があるということでした。

ということで我々も、お店の方のオススメに従うままに「SHOYU AHI POKE」と「SPICY AHI POKE」の2コンボをオーダーすることにしました。

すると、こんな感じでプラスチックの丼容器にご飯が入れられ、その上に2種類のポケが載せられた状態でパックされてやってきました。価格はシールに貼られているとおり「11.99ドル」となります。あとは、こちらのパックをレジに持っていってお会計するだけです。とても簡単です。

 

実食してみた感想

「コココーブ(Coco Cove)」内にはイートインスペースはありませんので、ホテルに持ち帰ってラナイでいただくことにしました。

テイクアウトしてきたパッケージを開けてみるとこんな感じです。左半分がベーシックな「SHOYU AHI POKE」で、ちょっとクリームっぽくなっている右半分が「SPICY AHI POKE」となっています。

まず、ベーシックな「SHOYU AHI POKE」の方ですが、醤油にごま油がミックスされているようなちょっと濃い目の味付けで、ご飯が進む感じに仕上がっています。肝心なマグロのポケも、赤身の旨味を感じることができるモチモチの食感で、かなり美味しく感じました。

 

続いて、「SPICY AHI POKE」の方は、醤油とマヨネーズに唐辛子をミックスしたような味付けになっています。その名前のとおり「スパイシー」な味付けで、こちらもご飯が進む感じに仕上がっています。ただ、こちらの「SPICY AHI POKE」の辛味はかなり強烈です。「スパイシー」というよりは「ホット」という感じで、ヒイヒイ言いながら食べました(笑)。美味しいのは美味しいのですが、辛いのが苦手な方は要注意です。

ポケ丼の具材である「ポケ」については美味しくいただきましたが、ご飯は正直いけていませんでした。「パサパサ」というより芯の残った「ゴリゴリ」と言った感じで、このあたりはやっぱり、日本のご飯とはだいぶ違うなあ、という感じです。

 

ただ、トータルとして、全体としてレベルの高い「ポケ丼(ポキ丼)」がワイキキビーチの中心部で購入できるのは、かなり便利なことだなあと思います。

これまでは、美味しいポケ丼を求めてカパフル通りにある「オノシーフード」まで足を伸ばしていましたが、これからは頻度がちょっと減ることになるかもです。

 

最近は、「マグロブラザース」の店舗もワイキキにオープンしており、ワイキキ中心部で美味しいポケ丼がいただけるようになってきているのは嬉しい傾向ですね(ただ、「マグロブラザース」のワイキキ店は夕方17:30以降の営業になっており、ランチには利用できないのがちょっと残念です・・)。

 

スポンサーリンク

ハワイ旅行2020のスケジュール

今回の記事は、2020年年始のハワイ旅行の一部としてご紹介しました。今回のハワイ旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、4泊6日のスケジュールとなります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:東京(成田空港)からのホノルル(ダニエル・K・イノウエ空港)に移動(NH184便)、モアナサーフライダー宿泊
  • 2日目:モアナサーフライダー宿泊
  • 3日目:シェラトンワイキキ宿泊
  • 4日目:ロイヤルハワイアン宿泊
  • 5日目:ホノルル(ダニエル・K・イノウエ空港)から東京(成田空港)に移動(NH183便)
  • 6日目:東京(成田空港)着

 

今回の年末年始ハワイ旅行は、ANAマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼ無料で実現しています。大量ANAマイルの貯め方SPGアメックスの特典からメリットの詳細は以下の記事をそれぞれご参照ください。

 

「コココーブ(ワイキキ)はポケ丼をハワイ中心部でテイクアウトできるオススメのお店!」のまとめ

今回は、「コココーブ(Coco Cove)」のワイキキ店の場所と営業時間から、ポケ丼(ポキ丼)の販売時間、価格、買い方まで詳しくご紹介していきました。

コンビニでポケ丼と聞くと「美味しくないのでは?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、予想以上にレベルの高い、美味しいポケ丼をいただくことができます。

「コココーブ(Coco Cove)」は立地がとにかく良く、ワイキキビーチのショッピングエリアの中心部に位置しています。ショッピングやビーチでのアクティビティの合間にささっと購入することができるのが最大の魅力です。

しかも、営業時間も比較的長くなっていますので、ランチにもおやつにもディナーにも利用できるのはとても便利です。

私もこれからは、ちょくちょくと利用させていただきたいと思います。

 

==>次の記事

 

<==前の記事

 

<==利用したマイルとポイント、費用のまとめ==>

 

それでは、また!

 

関連記事

error: