【1月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ワイキキビーチにロッカーはある?アロハロッカーズの場所と料金を体験レポート!<ハワイ旅行記>

ワイキキビーチにロッカーはある?場所と料金をレポート!<ハワイ旅行記>

ハワイのワイキキビーチには便利なコインロッカーのサービスがあります。その名前は「アロハロッカーズ(Aloha Lockers)」です。2018年4月にオープンしたばかりということで、店内も綺麗で清潔です。しかも、キーレスでクレジットカード決済でき、スタッフも常駐しているため安心して利用することができます。当記事では、場所や料金、使い方などをご紹介していきたいと思います。

ワイキキビーチの近くにはロッカーがない?

ワイキキビーチの近くにはこれまで、ロッカーを提供するようなサービスがありませんでした。

そのため、ビーチで遊ぶ際には、スマホや財布などの貴重品は誰かが残って監視するか、ホテルに置いておく必要がありました。

 

ビーチ沿いのホテルであればホテルに戻るのも苦ではありせんが、ビーチから離れたホテルの場合は、大きな時間のロスになります。

これまで、困っていた方も多いのではないでしょうか?

 

ワイキキビーチ近くにロッカーサービスが誕生

そんなワイキキビーチのロッカー問題を解決するべく、ロッカーサービスを提供する会社が現れました。その名は「アロハロッカーズ(Aloha Lockers)」です。2018年4月にオープンしました。

オープンしてからまだ日も浅いということで、店内は綺麗で清潔です。キーレスで利用可能なため、海で遊んでいる時に鍵をなくしてしまった、という心配もありません。

料金はクレジットカードの支払いとなっておりスマートで、かつスタッフも常駐しているため安心して利用することができます。

 

アロハロッカーズ(Aloha Lockers)の公式HPは以下になります。

参考 Topページアロハロッカーズ

 

スポンサーリンク

アロハロッカーズ(Aloha Lockers)の場所とアクセス

「アロハロッカーズ(Aloha Lockers)」は、ハワイを代表するホテルである「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ」のダイヤモンドヘッド側の脇、ワイキキ交番のすぐ横を曲がったところに位置しています。

ワイキキビーチに向かう途中のアプローチ上にあり、ビーチまでは2-3分の距離です。とっても便利な立地となっています。

 

GoogleMap上の周辺地図は以下になります。

 

アロハロッカーズ(Aloha Lockers)の営業時間

「アロハロッカーズ(Aloha Lockers)」の営業時間は以下のようになっています。朝7時から夜7時までの12時間の営業となります。

 

<営業時間>

  • 毎日:7:00- 19:00
  • 定休日:なし

 

基本的には、上記時間の間はスタッフが常駐しています。安心できる反面、営業時間を過ぎると建物自体がロックされるため、ロッカーに預けた荷物の出し入れができなくなります。

「アロハロッカーズ(Aloha Lockers)」では、24時間を超えた利用も可能になっていますが、この点には注意が必要ですね。

 

ロッカーの種類と料金、利用時間

「アロハロッカーズ(Aloha Lockers)」では、ロッカーのサイズとして、「Large(大)」「Medium(中)」「Small(小)」、の3種類が用意されています。

 

「Small(小)」は主にスマホや携帯電話用で、ロッカーの中には嬉しいことにUSB電源が用意されています。そのため、スマホを預けながら充電もしておくという便利な使い方も可能です(注:ケーブルは持参する必要があります)。

「Large(大)」であれば小型のスーツケースであれば預けることができるほどの大きさがあります。必要に応じてサイズが選択できるのは嬉しいポイントですね。

料金については、サイズと利用時間によって異なります。具体的には以下のようになっています。

<ロッカーの料金>

時間
小(SMALL)
中(MEDIUM)
大(LARGE)
2時間
$5
(延長1時間毎に$2.50追加)
$7
(延長1時間毎に$3.50追加)
$10
(延長1時間毎に$5.00追加)
4時間
$8
(延長1時間毎に$2 追加)
$12
(延長1時間毎に$3.00追加)
$18
(延長1時間毎に$4.50追加)
8時間
$15
(延長1時間毎に$2 追加)
$20
(延長1時間毎に$3.00追加)
$28
(延長1時間毎に$3.50追加)
24時間
$25
$40
$48
7日間
$125
(延長1時間毎に$1.00追加)
$150  
(延長1時間毎に$1.00追加)
$175
(延長1時間毎に$1.00追加)
14日間
$180
(延長1時間毎に$1.00追加)
$210
(延長1時間毎に$1.00追加)
$250
(延長1時間毎に$1.00追加)

 

利用時間内であれば、ロッカーの開閉は自由となっていますので、必要な時だけスマホや財布を取り出し、必要がなくなったら再度預けるといった使い方が可能になっています。これは、通常のコインロッカーとは違うメリットとなりますね。

また、繰り返しになりますが、24時間を超える利用時間を選択した場合でも、荷物の出し入れができるのは営業時間内のみとなります。この点は注意が必要ですね。

ちなみに、支払い方法はクレジットカードのみです。利用できるクレジットカードの種類は「VISA」「MasterCard」「JCB」「Diners」「Amerian Express」となっています。「JCB」や「Diners」が利用できるのは嬉しいですね。

 

ロッカーの利用方法を体験レポート

ここからは、私が実際にロッカーを利用してみた体験レポートをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アロハロッカーズの外観

今回利用する「アロハロッカーズ」は、「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ」のダイヤモンドヘッド側の脇、カラカウア通りをワイキキ交番のところですぐ横を曲がったところに位置しています。

外観はこんな感じになります。通路の右側に店舗が位置しています。

 

アロハロッカーズの内観

アロハロッカーズの店舗の中はこんな感じになっています。2018年4月にオープンしたばかりということで、店内も綺麗で清潔ですね。まだまだピカピカです。

 

こちらは、店舗の奥側から撮影したものです。店内には、ロッカーがずらずらっと並んでいるのがわかりますね。また、中央には、ちょっとした荷物の出し入れに便利なテーブルも用意されています。

 

ロッカーの種類と料金

ロッカーの種類はこんな感じです。記事の前半でご紹介したように、「Large(大)」「Medium(中)」「Small(小)」、の3種類が用意されています。この写真では、左からその順番に並んでいます。

 

料金に関しても、店内にちゃんと掲示があるため安心です。

 

ロッカーの操作方法

こちらのロッカーは今時のハイテクで、店舗中央のターミナルで全てを操作する形になっています。

 

こちらが、ターミナルに設置されている液晶画面です。タッチパネルになっており、直感的に操作できるようになっています。また、マルチランゲージに対応しており、日本語の選択することができます。さっそく「日本語」をタッチしてみましょう。

 

すると、画面が日本語表示に切り替わります。日本語に切り替えても、ちょくちょく英語が表示されることはありますが、だんぜん使いやすくなりますね。

初めて利用する場合(=ロッカーを借りる場合)は、「レンタルロッカー」をタッチします。既にロッカーを借りていて、ロッカーを開ける場合は「再びロッカーを開ける」をタッチします。

ここでは、「レンタルロッカー」をタッチしてみましょう。

 

すると、クーポンの有無を確認されます(ここはなぜか英語表示・・)。特に持っていなければ「No, I don’t have a discount coupon」を選択します。

 

すると続いては、ロッカーサイズの選択画面になります。「大」「中」「小」から選択できますので、希望のサイズをタップしましょう。

 

すると続いては、レンタル期間の選択画面にになります。「2時間」から最大「14日」まで選択することができます。ここでも、希望の時間をタップします。

 

すると、暗証番号の設定画面が表示されます。暗証番号は「誕生日」をセットするようになっています。忘れないように、自分の誕生日を正直に入れても良いですし、セキュリティーを考えて別のものを入力するのもOKです(ただし、その場合は忘れないように注意が必要ですね)。

 

この後は、第2暗証として、好きな色を選択してから、料金の支払いになります。料金は前述のとおり、クレジットカード決済のみが利用可能です。あらかじめクレジットカードを用意するようにしましょう。

以上でロッカーをレンタルすることができます。とても簡単ですよね。基本的には、スタッフの方が常駐しているため、不明点がある場合はサポートしていただくこともできます。

 

スポンサーリンク

ハワイ 旅行2020のスケジュール

今回の記事は、2020年年始のハワイ旅行の一部としてご紹介しました。今回のハワイ旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、4泊6日のスケジュールとなります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:東京(成田空港)からのホノルル(ダニエル・K・イノウエ空港)に移動(NH184便)、モアナサーフライダー宿泊
  • 2日目:モアナサーフライダー宿泊
  • 3日目:シェラトンワイキキ宿泊
  • 4日目:ロイヤルハワイアン宿泊
  • 5日目:ホノルル(ダニエル・K・イノウエ空港)から東京(成田空港)に移動(NH183便)
  • 6日目:東京(成田空港)着

 

今回の年末年始ハワイ旅行は、ANAマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼ無料で実現しています。大量ANAマイルの貯め方SPGアメックスの特典からメリットの詳細は以下の記事をそれぞれご参照ください。

 

まとめ

今回は、ワイキキビーチのすぐ近くにオープンしたロッカーサービスである「アロハロッカーズ」をご紹介しました。

私自身、ワイキキビーチの周辺にロッカーサービスがないというのはずっと不便に感じていましたが、「アロハロッカーズ」がオープンしたことで、いろいろと便利になりそうです。

「小」のサイズであれば、4時間8ドルでレンタルでき、時間内の開閉自由というのは、かなりリーズナブルな価格設定だと思います。私もスマホや財布なんか預けるのに、ちょくちょく利用するようにしたいと思います。

 

==>次の記事

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: