【4月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

成田空港ANAファーストクラスラウンジ訪問記!ANA SUITE LOUNGEをレポート!

成田空港ANAファーストクラスラウンジ訪問記!ANA SUITE LOUNGEをレポート!

今回は、成田空港国際線「ANA SUITE LOUNGE(ANAスイートラウンジ)」に潜入してきましたので、その様子を訪問記としてレポートしたいと思います。「ANA SUITE LOUNGE」はANAが運営する航空会社ラウンジで、一般的には「ファーストクラスラウンジ」と言われる最上級のラウンジです。私は今回、ハワイ(ホノルル)便における「ANAファーストクラス」搭乗者として利用することができました。当記事では、そんなANAファーストクラスラウンジの場所や行き方から、営業時間、気になる食事やドリンクの品揃え、シャワーの様子まで、詳しくご紹介していきたいと思います。

ANAファーストクラスラウンジ:概要

ANAファーストクラスラウンジとは

ANAが運営する国際線ラウンジには、「ANA LOUNGE(ANAラウンジ)」と「ANA SUITE LOUNGE(ANAスイートラウンジ)」の2種類があります。

基本的には、「ANA LOUNGE」がビジネスクラス搭乗者、「ANA SUITE LOUNGE」がファーストクラス搭乗者向けになっています。

 

そのため、一般的には、「ANA LOUNGE」がビジネスクラスラウンジ、「ANA SUITE LOUNGE」がファーストクラスラウンジとなっています。

<ANAの航空会社ラウンジの種類>

  • ANA LOUNGE<=ビジネスクラスラウンジ
  • ANA SUITE LOUNGE<=ファーストクラスラウンジ

 

「ANA SUITE LOUNGE」は、通常の「ANA LOUNGE」よりもレベルが高い、ANAが運営する国際線ラウンジの中で最上級グレードのものです。

国際線で「ANA SUITE LOUNGE」が用意されているのは、当記事執筆時点(2020年1月)では、羽田空港と成田空港、関西空港、ホノルル空港の4箇所のみとなっています。

 

ちなみに、「航空会社ラウンジ」は、クレジットカードのゴールドカード保有者が利用できる「カードラウンジ」と混同される場合がありますが、それとは全く別ものです。普通のゴールドカードでは「ANA SUITE LOUNGE」はおろか、通常の「ANA LOUNGE」にも入ることができません・・。

「航空会社ラウンジ」と「カードラウンジ」の違いについてはこちらの記事をご参照ください。

 

成田空港国際線「ANA LOUNGE」の様子についてはこちらの記事をご参照ください。

 

ANAファーストクラスラウンジの利用資格

ANAファーストクラスラウンジ(ANA SUITE LOUNGE)」は、前述のとおり、ANAが運営するラウンジの中で最上級のものです。そのため、利用資格のハードルも、必然的に高くなっています。具体的には以下のようになります。

<ANA SUITE LOUNGEの利用資格>

  • ANA上級会員
    • ダイヤモンド(本人+同伴者1名まで)
  • 下記搭乗クラス利用者(ANAおよびANA加盟のスターアライアンス)
    • 国際線ファーストクラス(本人+同伴者1名まで)
  • ANAミリオンマイラープログラムの「Lounge Access Card」メンバー
    • 本人+同伴者1名まで
  • 「ANA SUITE LOUNGEご利用券」利用者
    • 1枚につき1名のみ

 

通常の「ANA LOUNGE」の場合は、「プラチナ」や「SFC」などの上級会員資格でも利用できますし、「ビジネスクラス」や「プレミアムエコノミー」搭乗者も利用することができます。

一方で「ANA SUITE LOUNGE」は、これらの資格では利用することができず、ハードルの高さが伺えますね。

しかも、「ANA SUITE LOUNGEご利用券」も2019年後半から転売禁止となり、入手するのが難しくなりました。これにより、入室するのがより困難な状況となっています。

 

ANAが運営するラウンジの利用基準については、こちらのANA公式Webサイトからもご確認いただけます。

 

成田空港ANAファーストクラスラウンジ:場所と営業時間

スポンサーリンク

成田空港ANAファーストクラスラウンジの場所

成田空港国際線の「ANAファーストクラスラウンジ(ANA SUITE LOUNGE)」は、第4サテライトと第5サテライトの2箇所にあります。具体的には以下のようになります。

 

第4サテライトの「ANA SUITE LOUNGE」は42番ゲート付近から4階に上がったところに位置しています。2階には「ANA LOUNGE」が位置しており、それぞれのラウンジが独立したフロアに存在するような構成になっています。そのため、それぞれのラウンジで設備は完全に独立しています。

一方で、第5サテライトの「ANA SUITE LOUNGE」は52番ゲート付近から4階に上がったところに位置しています。「ANA LOUNGE」と同じフロアに位置しているため、シャワーなどの一部施設が「ANA SUITE LOUNGE」と「ANA LOUNGE」で共用になっています。

<成田空港国際線ANA SUITE LOUNGEの場所>

  • 第4サテライト:42番ゲート付近から4階に上がったところ、設備は独立
  • 第5サテライト:52番ゲート付近から4階に上がったところ、設備は一部共用

 

成田空港国際線におけるANAのラウンジマップについては、こちらのANA公式Webサイトからもご確認いただけます。

参考 成田空港ラウンジ案内ANA

 

成田空港ANAファーストクラスラウンジの営業時間

成田空港国際線の「ANAファーストクラスラウンジ(ANA SUITE LOUNGE)」の営業時間は以下のようになっています。ともに、早朝から営業しているのがわかります。

<成田空港国際線ANA SUITE LOUNGEの営業時間>

  • 第4サテライト
    • 7:00~最終便出発まで
  • 第5サテライト
    • 6:30~第5サテライト出発の最終便出発まで

 

ただし、「ANA SUITE LOUNGE」のお楽しみの一つである「シェフサービス」については、サービス提供時間がラウンジによって異なるため注意が必要です。出発時間が遅い場合は「第4サテライト」の方を目指す形になりますね。

成田空港国際線ANA SUITE LOUNGEのシェフサービス提供時間>

  • 第4サテライト:毎日16:00~19:00
  • 第5サテライト:毎日15:00~18:00

 

MEMO

「シェフサービス」というのは、成田空港・羽田空港の国際線ラウンジで毎日実施されているライブキッチンです。シェフができたての料理を目の前で提供してくれます。成田空港では「握り寿司」、羽田空港では「出汁茶漬け」がぞれぞれ提供されています。詳細についてはこちらANA公式Webサイトもご参照ください。

参考 シェフサービスANA

 

成田空港ANAファーストクラスラウンジ:訪問レポート

さて、前置きが長くなりましたが、ここからは「成田空港ANAファーストクラスラウンジ」の訪問レポートをお送りしたいと思います。

私は今回、ハワイ(ホノルル)便における「ANAファーストクラス」搭乗者として、こちらの「ANA SUITE LOUNGE」利用することができました。

 

成田空港ANAファーストクラスラウンジ:行き方

この日は、20:25のフライト予定で成田空港には17:30頃に到着していました。第5サテライトはシェフサービスが18時までだったのと、搭乗ゲートも42番の近くであったため、第4サテライトの方の「ANA SUITE LOUNGE」を利用することにしました。

42番ゲートの近くまで来ますと、ラウンジへ繋がるエレベーターが用意されています。4階に上がるエレベーターに乗ると「ANA SUITE LOUNGE」、2階に降りるエレベーターに乗ると「ANA LOUNGE」にそれぞれつながっていきます。ここが運命の分かれ道というわけですね(笑)。

 

今回は、念願の「ANA SUITE LOUNGE」利用になりますので、上りのエレベータに乗り込みました。自分が4階に向かうことができるなんて、感無量です。

 

成田空港ANAファーストクラスラウンジ:外観とレセプションの様子

4階でエレベーターを降りると、目指す「ANA SUITE LOUNGE」のレセプションが目に入ります。

 

ANAが加盟している「STAR ALLIANCE(スターアライアンス)」の看板も確認することができます。それでは、早速中に入ってみましょう。

 

レセプションでは、搭乗券やステータスの証明書類などを提示する必要があります。今回私は「ANAファーストクラス」のチケットを提示することで、無事に入室を許可されました。

 

成田空港ANAファーストクラスラウンジ:フロア構成と雰囲気

「ANA SUITE LOUNGE」の中はこんな感じです。全体的に黒を基調とした高級感かつ落ち着きのある内装となっています。

 

置いてあるオブジェも、なんとなく高級感を醸し出していますね。

 

フロア構成としては、メインダイニングとパーソナルルームに分かれています。こちらはメインダイニングです。それほど広いスペースではなく、意外とこじんまりしているな、というのが最初の感想でした。利用条件が厳しいため、それほど利用者は多くないんだと思われます。

席の配置としては、ソファーとテーブルのセットが、パーティションによって区切られているようになっています。

 

パーティションは高めに設定されているため、近付いて覗き込まない限り、中の利用者の様子はわからないようになっています。ファーストクラスラウンジということで、プライバシーを確保できるよう配慮されているものと思われます。

 

窓からは、ANAの飛行機の発着の様子が眺められるようになっていました。我々は、せっかくなので窓際の席をリクエストして利用することにしました。

 

ちなみに、こちらはメインダイニングの隣に位置するパーソナルルームのエリアです。

 

こちらのパーソナルルームには、基本的には1人で利用する方のためのエリアになっています。窓側には、パソコンなどを利用するのに便利なビジネスデスクが用意されています。

 

窓側の反対側には、モニターが用意された個室ブースも用意されていました。そちらは満席となっていたため写真を撮影できませんでしたが、漫画喫茶のようで快適そうでした(笑)。

あとは、こちらもビジネスに便利と思われる、複合機(プリンター&FAX)も用意されていました。

 

成田空港ANAファーストクラスラウンジ:ドリンクの品揃え

スポンサーリンク

ウェルカムドリンク

スタッフの方のエスコートに従い着席すると、ウェルカムドリンクをオーダーすることができます。ウェルカムドリンクは、こちらのドリンクメニューからオーダーするような形になります。

 

メニューを開くと、左手には主に洋酒、右手には主に日本酒や焼酎、梅酒、泡盛などが記載されていました。また、裏面にはソフトドリンクの記載もありました。

 

シャンパンは「ドゥ・ブノージュ・コルドン・ブルー・ブリュット」とのこと。ウェブで検索してみると、一本8,000円前後で販売されているようでした。さすがファーストクラスラウンジ、なかなか良いものを置いていますね。

 

ビュッフェテーブル

ファーストドリンクの後は、ビュッフェテーブルにドリンクが置かれていますので、こちらから好きなものをピックアップすることができます。

 

こちらは、洋酒や日本酒などのボトル各種。先ほどご紹介したシャンパンもボトルで用意されています。

 

こちらは、ビールと天然水のサーバー。ビールは「エビスプレミアム」が用意されていますね。通常の「ANA LOUNGE」では見かけることができないハイグレードのビールです。なんとなく嬉しくなりますね。

 

冷蔵庫の中には、日本酒のボトルの他、トマトジュースやアイスティーなども用意されていました。

 

成田空港ANAファーストクラスラウンジ:フードの品揃え

ビュッフェテーブル

続いては、気になるフードの品揃えを確認していきましょう。フードはビュッフェテーブルの他、キッチンカウンターとシェフサービスの、大きく3種類に分けることができます。

まずこちらは、ビュッフェテーブルです。

 

手前の方には、サラダや前菜などのコールドミールが用意されています。デザートなんかもありますね。

 

奥の方には、カレーや点心などのホットミールが用意されています。

 

パンと一緒に、トースターも用意されています。

 

また、地味に嬉しいのは、ハーゲンダッツが用意されているところです。この日は、バニラとクッキー&クリーム、ストロベリーの3種類がありました。

 

キッチンカウンター

続いてはキッチンカウンターです。こちらのカウンターでは、オーダーでできてたの料理を用意していただくことができます。

 

オーダーできるのは、そば・うどん・カレーのほか、パスタやハンバーガー、グラタン、海鮮丼、牛丼など、ちょっと凝った料理も用意されています。

実は、通常の「ANA LOUNGE」でも、そば・うどん・カレーはヌードルバーでオーダーすることができますが、パスタやハンバーガー、グラタン、海鮮丼、牛丼などについては、「ANA SUITE LOUNGE」ならではのサービスとなっています。

ですので、せっかくオーダーするなら、これら「ANA SUITE LOUNGE」ならの温かい料理を試してみるのが良さそうです。

 

成田空港ANAファーストクラスラウンジ:シェフサービスの様子

続いては、シェフサービスです。シェフサービスは羽田空港でも提供されていますが、「握り寿司」が用意されているのは成田空港だけとなりますので、今回の楽しみの一つでした。

シェフサービスのカウンターは、「ANA SUITE LOUNGE」のビュッフェカウンターの隣、メインダイニングの一番奥に位置しています。サービス提供中は、シェフ(この場合は板前さん?)がスタンバイされています。

 

この日の寿司ネタは、鮪(まぐろ)・鯛(たい)・サーモン、の3種類でした。

 

こんな感じで、あらかじめセットで用意されていますので、ここからピックアップすることもできますし、好みに合わせて握っていただくことができます(例えば、サビ抜きや、まぐろ3貫、など)。

 

メニューには「1回につき、お一人様「1皿(3貫)まで」と記載されていますが、この日は空いていたのか、好きなだけ持って行ってください、というような感じでした(笑)。とても親切で気さくなシェフで高感度抜群でした。

 

成田空港ANAファーストクラスラウンジ:シャワーの様子

「ANA SUITE LOUNGE」にはシャワーも用意されています。シャワーは数が限られていますので、利用するには受付が必要になります。

受付には専用の端末が用意されており、こちらに携帯電話の番号を入力しておくことで、順番がくるとSMSで通知が来るような仕組みになっています。

携帯電話を持っていない場合は、レセプションでページャー(いわゆるポケベル)による手渡しも可能だということでした。

 

私の場合はスマホを持っていたので、電話番号を入力して順番を待つことにしました。待ち人数は「1人」ということだったので、すぐに順番がくるかと思いきや、20分ほど待つことになりました。混雑時は待ち時間が長くなることが予想されるため、利用する際は早めの受付が良さそうです。

順番が来たことをレセプションに伝えると、シャワールームのキーをいただくことができます。シャワールームはメインダイニングからはレセプションを挟んで反対側にあります。こちらのように、シャワールームが並んでいました。

 

シャワールームの中は、こんな感じです。手前から、洗面台・トイレ・シャワーという配置で、タイル貼りのシンプルかつモダンな内装となっています。水滴が一滴もないような完璧な清掃で、いつもながら感心してしまいます。清潔感抜群です。

 

バスタオルやハンドタオル、歯ブラシ、剃刀、コットン&綿棒など、必要なものは一通り用意されています。手ぶらで利用することができるのはとても便利です。

アメニティーについては、以前はパウチ状のものが用意されていましたが、現在はボトルタイプでの用意になっています。これもエコの流れでしょうか・・。

この日用意されていたのは「雪肌精」の化粧水と、「THANN」の洗顔料と乳液でした。パウチの用意はなくなっても、グレードの高いものが用意されているのは好印象です。

 

シャワーブースの中には、シャンプーとコンディショナー、ボディーソープが用意されてます。こちらもパウチではなく、ボトルタイプでの用意になっていました。ブランドはこちらも「THANN」ですね。

 

驚いたのはドライヤーに「ダイソン」のスーパーソニックが用意されていたことです。モデルにもよりますが3万円以上はするのではないでしょうか。さすがファーストクラスラウンジですね。

 

スポンサーリンク

成田空港ANAファーストクラスラウンジ:いただいたものと利用した感想

そんなこんなで、今回こちらの「ANAファーストクラスラウンジ」でいただいたものをご紹介していきたいと思います。

まずこちらは、ウェルカムドリンクとしていただいたシャンパン。ラウンジでいただくシャンパンはやっぱり格別ですよね。優雅な気分に浸ることができます(奥さんは寒がり、かつ、お酒が飲めないので、温かいお茶をいただいていましたが・・)。おしぼりも一緒に提供されます。

 

こちらは、前菜としていただいた「アペタイザー」3品。小皿で提供さており、どれも上品で綺麗です。丁寧に作られており、味の方もなかなかです。

 

こちらは、シェフサービスでいただいてきた「握り寿司」。回らないお寿司屋さんで提供されているようなお寿司で、ラウンジとは思えないレベルの高さです。とても美味しくいただきました。

 

こちらは、キッチンカウンターでいただいてきた「生パスタ(蟹トマトクリーム)」。できたて熱々でいただくことができます。こちらはシェフが作ったという感じではありませんが、もちもち感があり普通に美味しくいただくことができました。

 

最後は、デザートとしていただいた3品。どれもおいしかったのですが、左端の和菓子が特によかったですね。

 

今回、成田空港の「ANA SUITE LOUNGE」を初めて利用させていただきました。

通常の「ANA LOUNGE」と比べると、ドリンクやフードの品揃えが1ランク上になっており、さすがファーストクラスラウンジだな、と思えるレベルの高さでした。

一方で、同じ「ANA SUITE LOUNGE」として比べると、羽田空港では、「DINING h」というレストラン形式のサービスが提供されています。

 

それに比べると、ちょっと特徴のないように感じるところもありましたが、ソファーやシャワーなどの設備は快適そのもので、搭乗までの時間をゆっくりと過ごすことができました。

やっぱりラウンジが使えるというのはありがたいことですね。それが、最上級グレードのファーストクラスラウンジであれば尚更ですね。

 

成田空港ANAファーストクラスラウンジ:まとめのダイジェスト動画

今回ご紹介した「ANAファーストクラスラウンジ(ANA SUITE LOUNGE)」については、ダイジェスト動画をYouTubeにアップしております。より雰囲気を感じられると思いますので、よろしければご参照いただければと思います。

 

ハワイ 旅行2020のスケジュール

今回の記事は、2020年年始のハワイ旅行の一部としてご紹介しました。今回のハワイ旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、4泊6日のスケジュールとなります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:東京(成田空港)からのホノルル(ダニエル・K・イノウエ空港)に移動(NH184便)、モアナサーフライダー宿泊
  • 2日目:モアナサーフライダー宿泊
  • 3日目:シェラトンワイキキ宿泊
  • 4日目:ロイヤルハワイアン宿泊
  • 5日目:ホノルル(ダニエル・K・イノウエ空港)から東京(成田空港)に移動(NH183便)
  • 6日目:東京(成田空港)着

 

今回の年末年始ハワイ旅行は、ANAマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼ無料で実現しています。大量ANAマイルの貯め方SPGアメックスの特典からメリットの詳細は以下の記事をそれぞれご参照ください。

 

「成田空港ANAファーストクラスラウンジ訪問記!ANA SUITE LOUNGEをレポート!」のまとめ

今回は、ANAファーストクラスラウンジ(ANA SUITE LOUNGE)の場所や行き方から、営業時間、気になる食事やドリンクの品揃え、シャワーの様子まで、詳しくご紹介していきました。

この後はファーストクラス搭乗が控えていたため、ドリンクもフードも控えめにしておこうと思っていたのですが、やや食べすぎてしまいました。

やはり、ビュッフェ形式というのは危険ですね。特に、「ANA SUITE LOUNGE」に用意されているフードはどれも美味しそうなので、セーブするのがとても大変でした(笑)。

次回は、待ちに待ったフライングホヌ(A380)のファーストクラス搭乗の様子をご紹介したいと思います。

 

==>次の記事

 

<==前の記事

 

<==利用したマイルとポイント、費用のまとめ==>

 

それでは、また!

 

成田空港ラウンジの関連記事