【2024年7月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

グーフィーカフェ&ダインをブログレポート!メニューと価格、おすすめと予約方法は?

グーフィーカフェ&ダインをブログレポート

グーフィーカフェ&ダインをブログレポート!メニューと価格、おすすめと予約方法は?

グーフィーカフェ&ダイン(Goofy Cafe &Dine)はヒルトンハワイアンビレッジ近くにあるカフェレストランです。朝食、ランチ、ディナーと3つの時間帯で営業してますが、どれを食べても外れがなくて美味しいと評判になっています。当記事では、場所とアクセス、営業時間といった基本情報からメニューと価格、おすすめ、実際の体験レポートまでご紹介していきます。

グーフィーカフェ&ダイン(Goofy Cafe &Dine)とは

地元ハワイの食材にこだわりのある人気の朝食レストラン

グーフィーカフェ&ダイン(Goofy Cafe &Dine)は、ハワイのホノルルに位置するカフェレストランです。

朝食レストランとして有名ですが、ランチとディナーの時間帯にも営業しており、どのメニューを食べても外すことがない美味しさが評判のお店となっています。

お店のテーマは「EAT LOCAL」で地元ハワイで採れた食材にこだわった料理が提供されています。朝食やランチの時間帯にはお店の外には長い行列ができており人気の程を伺うことができます。

ちなみに、グーフィーカフェ&ダインはアロハテーブルやアロハステーキハウス、ヘブンリーなどを展開する「ゼットン」グループの系列店になっています。

評判の良いお店が多く期待が高まりますね。

ゼットングループの系列店

 

グーフィーカフェ&ダインの場所とアクセス

ヒルトンハワイアンビレッジから徒歩数分の距離に位置

グーフィーカフェ&ダイン(Goofy Cafe &Dine)はヒルトンハワイアンビレッジから徒歩数分の距離に位置しています。

ヒルトンハワイアンビレッジ内から向かう場合は「グランドワイキキアン」からアラモアナ通りに抜けるのが最短ルートとなっています。

周辺地図はこちらになります。

 

ワイキキのホテルエリアから向かう場合は「アクア・パームズ・ワイキキ」で下車

ワイキキのホテルエリアから向かう場合は、ワイキキトロリーの「ピンクライン」に乗車し「アクア・パームズ・ワイキキ」で下車するのがおすすめです。

ワイキキトロリー「ピンクライン」はJCBカードの提示で乗車賃が無料になりますので忘れないようにしましょう。

 

ANA便を利用の場合は「ANAエクスプレスバス」、JAL便を利用の場合は「HiBus(ハイバス)」の利用も便利です。

 

グーフィーカフェ&ダインの営業時間と予約方法

 

朝食とランチは予約不可、ディナーはOpenTableから予約可能

「グーフィーカフェ&ダイン(Goofy Cafe &Dine)は朝食、ランチ、ディナーの3つの時間帯で営業しています。営業時間は以下になります。

<営業時間>

  • 朝食:7:00am – 2:00pm
  • ランチ:11:00am – 2:00pm
  • ディナー:5:00pm – 9:00pm

 

このうち、朝食とランチの時間帯は予約不可となっています。利用する場合は直接店舗に出向いて受付をする必要があります。

一方でディナーの時間帯は予約をすることができます。予約は「OpenTable」から行うことができます。

OpenTable「Goofy Cafe &Dine」

 

営業時間の最新情報はお店の公式サイトも合わせてご参照ください。

公式サイト「Goofy Cafe &Dine」

 

グーフィーカフェ&ダインのメニューと価格

ランチは朝食メニューとランチメニューの両方をオーダー可能

グーフィーカフェ&ダイン(Goofy Cafe &Dine)では、メニューは朝食とランチで同一となっています。

ランチが始まる前の「7:00am – 11:00am」まではオーダーできるのは朝食メニューのみになっています。

その後、ランチがスタートする「11:00am – 2:00pm」までは朝食メニューに加えてランチメニューがオーダー可能になります。

朝食メニューとランチメニューの両方をオーダーしたいという場合は「11:00am – 2:00pm」に伺うのが良いですね。

<オーダー可能メニュー>

  • 朝食の時間帯<=朝食メニューのみ
  • ランチの時間帯<=朝食&ランチメニューをオーダー可能
  • ディナーの時間帯<=ディナーメニューのみ

 

朝食&ランチメニューの実物(フード&ドリンク)

朝食&ランチメニューの実物(表面)はこちらになります。エッグベネディクトやオムレツ、フレンチトースト、アサイーボウルという定番メニューが並んでいますね。

ハワイ名物とも言える「ロコモコ」も朝食メニューとしてオーダーすることができます。

右下に赤字で「LUNCH SPECIAL」と書かれたものがランチメニューになります。ランチになるとこちらのお店で評判の高い「SWEET CORN FRIED RICE」が登場します。

グーフィーカフェ&ダインのメニュー(朝食)

 

裏面はドリンクメニューになっていて、左側はアルコール、右側がノンアルコールになっています。右側にはフレッシュジュースやスムージー、コーヒー、紅茶などが並べられていますね。

グーフィーカフェ&ダインのメニュー(ドリンク)

 

グーフィーカフェ&ダインをブログレポート

さて、それではここからはグーフィーカフェ&ダイン(Goofy Cafe &Dine)を実際に利用してみた様子をご紹介したいと思います。

利用したのは2023年5月上旬の朝食の時間帯になります。

 

グーフィーカフェ&ダインの外観

グーフィーカフェ&ダイン(Goofy Cafe &Dine)の外観はこんな感じです。アラモアナ通りに面するこぢんまりとしたブラウンの建物の2階に位置しています。

グーフィーカフェ&ダインの外観(全景)

 

「Goofy Cafe &Dine」と書かれた看板が目印です。お店の外には入店待ちする人たちが集まっていますので、すぐに見つけることができると思います。

グーフィーカフェ&ダインの外観(看板)

 

グーフィーカフェ&ダインの受付方法(順番待ち)

グーフィーカフェ&ダイン(Goofy Cafe &Dine)は、朝食とランチの時間帯は予約することができません。利用する際は店頭に用意されたウェイティングリストに名前を記載する必要があります。

グーフィーカフェ&ダインの外観(エントランス)

 

こちらがウェイティングリストです。ズラずらっと名前が書かれており人気のほどが伺えますね。名前をローマ字で、あとは人数を記載してしばし待ちましょう。

グーフィーカフェ&ダインの外観(ウェイティングリスト)

 

自分の番が来るとお店の方が名前を呼びますので、声を聞き取れるところで待っている必要があります。返事をしないと順番は次の方に回されてしまうため注意が必要です。

ちなみに、同じ2階のフロアにはベンチもいくつか用意されていますのでそちらで座ってのんびりと待つのがおすすめです。

グーフィーカフェ&ダインの外観(2階フロアのベンチ)

 

この時の順番待ちは7組目ぐらいでしたが、意外と回転が速いのか30分ほどの待ち時間で入店することができました。

 

グーフィーカフェ&ダインの内観

グーフィーカフェ&ダイン(Goofy Cafe &Dine)の店内はこんな感じです。2面が窓になっていてとても明るい雰囲気です。内装はウッディーかつナチュラルでカジュアルですね。

グーフィーカフェ&ダインの内観(全景)

 

天井も高くて開放感もありますね。

グーフィーカフェ&ダインの内観(天井)

 

窓の外には隣の建物が迫っていないため眺望も悪くありません。開放感があります。

グーフィーカフェ&ダインの内観(眺望)

 

店内には、おしゃれなオブジェが飾られています。なんでも、サーファーの方がサーフィン帰りに気軽に立ち寄れるような場所をイメージにお店が作られているそうです。

それを聞くとコンセプトにピッタリの店内だと感じますね。

グーフィーカフェ&ダインの内観(インテリア)

 

グーフィーカフェ&ダインでいただいたものと感想

それでは、この日オーダーしたものをご紹介していきたいと思います。朝はコーヒーだよね、ということで夫婦揃ってコーヒーをオーダーしました。

マグカップには「Goofy Cafe &Dine」のロゴが入っていてかわいいですね。

メニュー的には「ORIGINAL KONA BLEND COFFEE(5.8ドル)」となっていて、ハワイのコナコーヒーが採用されているようです。確かに味も美味しかったですね。

ちなみに、コーヒーはおかわり自由でなくなるとスタッフが継ぎ足してくれます。水は自動的に提供されます。

グーフィーカフェ&ダインのドリンク(コーヒー)

 

フードとしては「BIG ISLAND HONEY FRENCH TOAST」の「Hawaiian’s (20ドル)」と、「BIG ISLAND BEEF LOCO MOCO(19.5ドル)」の2品をオーダーしました。

グーフィーカフェ&ダインのフード(全景)

 

「BIG ISLAND HONEY FRENCH TOAST」はトッピングの有無で4パターンから選択することができます。「Hawaiian’s 」というのはその中の1種類でパパイヤとパイナップル、バナナのトッピングになります。

ベースのフレンチトーストが見えないほどに乗せられたフルーツの量が豪快ですね。見た目も美しくて写真映えもバッチリです。

焼きたてのフレンチトーストがふわふわで甘さも意外と控えめ、フルーツとのバランスも良くとても美味しくいただきました。

ちなみに、フレンチトーストが3枚とボリューム的にはアメリカンです。

グーフィーカフェ&ダインのフード(フレンチトースト)

 

続いてこちらは「BIG ISLAND BEEF LOCO MOCO」。大きな平皿にカレーライスかと思わせるほどなみなみと注がれたグレービーソースが特徴になっています。

グーフィーカフェ&ダインのフード(ロコモコ)

 

目玉焼きが2つに、その下にはハワイ産ビーフのパティー(要はハンバーグ)が乗せられています。お肉が本当にジューシーでこちらもとても美味しくいただきました。

グーフィーカフェ&ダインのフード(ロコモコのビーフパティー)

 

2品ともにボリュームたっぷりで最終的には「BIG ISLAND HONEY FRENCH TOAST」の1枚分を持ち帰ることにしました。

持ち帰りをお願いすると、写真左のようなテイクアウトボックスを無料でいただくことができます。自分で中に詰めてホテルのプールでおやつとしていただきました。

また、コーヒーもテイクアウトカップに新しいものを注いでいただくことができました。こちらも追加料金もなくて親切すぎますね。

グーフィーカフェ&ダインのテイクアウトボックス

 

味は評判通りで何を食べても美味しくてボリュームも満点、そしてサービスも良いなんてズルいですね。すっかりお気に入りのお店になりました。

 

グーフィーカフェ&ダインでお会計

この日のお会計はこちらになります。トータルで「53.5ドル」ということで、チップの20%を乗せると約64ドルですね。日本円(1ドル=135円)に直すと「8,640円」という計算になります。

朝食で8千円越えというと日本人的には高価に感じますが、ヒルトンハワイアンビレッジ内のレストランで食べるともっと割高なので、価格的にも満足度が高いと言えます。

ちなにみ支払いにはカードを利用しましたが、当然のように普通に使えました。

グーフィーカフェ&ダインのお会計(レシート)

 

退店するタイミングでは「Goofy」のロゴの入ったステッカーまでお土産にいただいてしまって感謝感謝です。

グーフィーカフェ&ダインのステッカー

 

ハワイビジネスクラスをJALマイルで格安に実現

今回のハワイ旅行はJALマイルでビジネスクラスの特典航空券を発券することで実現しました。

マイルがあればチケット代は無料で燃油代など諸税のみの出費で大幅な節約につながります。しかも豪華なビジネスクラスですから大満足ですね。

往路で利用したJALビジネスクラスの搭乗レポートや羽田空港国際線JALサクララウンジの様子はこちら。

 

陸マイラー的な大量JALマイルの貯め方はこちらの記事にまとめています。ぜひ合わせてご参照ください。

 

まとめ

グーフィーカフェ&ダイン(Goofy Cafe &Dine)はヒルトンハワイアンビレッジ近くにあるカフェレストランです。

朝食、ランチ、ディナーと3つの時間帯で営業してますが、どれを食べても外れがなくて美味しいと評判になっています。

当記事では、場所とアクセス、営業時間といった基本情報からメニューと価格、おすすめ、実際の体験レポートまでご紹介していきました。

実際に利用してみると、確かにどれを食べても美味しくて、ボリュームも満点でした。また、サービスもとても良くてトータルでの満足度は非常に高いと感じました。

ヒルトンハワイアンビレッジに宿泊時だけでなく、ワイキキエリアからも伺う価値のあるお店ですね。次回は今回体験できなかったランチメニューを攻めてみたいと思います。

MEMO

ハワイのオプショナルツアー予約は「KLOOK」の利用がお得です。

KLOOK「ハワイの人気アクティビティ」

 

こちらのクーポンコード適用で5%の割引を受けることができます(50米ドル以上の購入で最大10米ドルの割引)。

  • クーポンコード:PIPINOBU

 

また、KLOOKの利用が初めての方であればこちらのリンク経由の新規登録で「500円オフ」のクーポンも獲得できます。ぜひご活用ください。

KLOOKへの新規登録「500円クーポン」

 

次の記事では、ハワイ旅行で2軒目のホテルとして利用した「トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ」のブログ宿泊記をご紹介したいと思います。

==>次の記事

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

ハワイ旅行関連記事