【12月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ハワイのハッピーアワー!オススメとランキング、体験レポートの記事一覧!

f:id:pipinobu:20171217155722j:plain

ハワイのハッピーアワー!オススメとランキング、体験レポートの記事一覧!

今回は、ハワイのハッピーアワーのオススメのお店(レストラン)を、目的別ランキングとしてまとめたいと思います。ハッピーアワーの利用方法としては「遅めのランチ」として利用する場合と「早めのディナー」として利用するのがオススメになりますので、それぞれの観点でまとめてみました。記事の後半では、これまで当ブログでハワイのハッピーアワーの体験レポートをいくつもさせていただいており、数が増えてきましたので、記事一覧を作成しました。また同時に、実際に利用してみて気づいた、良かった点と悪かった点もまとめてみましたので、ハワイのハッピーアワーのお店選びのご参考にしていただければと思います。

目次

ハワイのハッピーアワーとは?

ハッピーアワーとは?

ハッピーアワーとは、レストランやバーなどの飲食店が、ドリンクや料理などを、通常価格よりも割安な料金で提供するサービスです。通常、平日のディナー営業開始前の時間帯など、利用者が少ない時間帯に実施されることが多くあります。

実施するレストランやバーにとっては、利用者が少ない時間帯に客を呼び込むことで売り上げを上げることができるというメリットがあります。

一方、利用者にとっては、ドリンクや食事を割引価格で利用できる、興味のあるお店の味やサービスを少ないコストで体験できる、というメリットがあります。

そういう意味では、お店と利用者、双方が得するサービスですね。

ハワイのハッピーアワー事情

ハワイでは、ハッピーアワーが盛んに実施されています。ワイキキエリアを歩いていると、たくさんのお店でハッピーアワーの看板が出ており、その盛況ぶりを伺うことができます。

ハワイのハッピーアワーの特徴としては、高級レストランでもハッピーアワーを実施していることです。後でご紹介しますが、ウルフギャング・ステーキハウスや、ルールズ・クリス、ハイズ・ステーキハウスなど、ちょっと敷居が高いような、高級店でもハッピーアワーを実施しています。

そして、そのドリンクや料理の価格は、驚くほどリーズナブルです。また、高級店ならではの、レベルの高い料理やサービスを味わうことができます。

ハワイのハッピーアワー:実施レストラン一覧

そんなハッピーアワーが盛んなハワイのレストランの中から、私が実際に伺うことができたお店を一覧にしてみました。ハッピーアワーの開始時間の早いものから順にまとめています。また、ハワイに行ったらステーキを食べたい、という方も多いと思いますので、ステーキ店かどうか(「○」が付いているのがステーキ店です)も表示しました。

<ハワイのハッピーアワー:実施レストラン一覧>

店名

ハッピーアワー時間

ステーキ

記事リンク

ウルフギャング・ステーキハウス

毎日:11:00-18:30


クリック

トミーバハマ

毎日:14:00-17:00

クリック

ヤードハウス

月曜から金曜:14:00-17:30

日曜から水曜:22:30-Close

クリック

ビルズ

毎日:15:00-18:00

クリック

ライアンズグリル

毎日:15:00-19:00、21:00-Close

クリック

シグネチャー・プライム・ステーキ&シーフード

毎日:16:30-18:30


クリック

ルールズ・クリス

毎日:16:30-19:00


クリック

ハイズ・ステーキハウス

毎日:17:00-18:30


クリック

 

こうやってまとめてみると、「ウルフギャング・ステーキハウス」は朝11時から開始ということで、スタート時間の早さと、実施時間の長さが群を抜いていますね。

また、「トミーバハマ」「ヤードハウス」「ビルズ」も、午後2時や3時のスタートということで、比較的早い時間からハッピーアワーを実施しています。

その他のお店は、午後5時前後からハッピーアワーを開始し、19時前後に終了するという流れになっています。

ハワイのハッピーアワー:オススメの利用方法

私がハワイでハッピーアワーを利用するのは、だいたい以下の2パターンであり、オススメの利用方法でもあります。

<ハワイのハッピーアワー:オススメの利用方法>

  1. ちょっと遅めのランチとして
  2. ちょっと早めのディナーとして

 

オススメの利用方法1: ちょっと遅めのランチとして

オススメの利用方法1としては「ちょっと遅めのランチとして」としてハッピーアワーを利用することです。

ハワイ旅行に出かけると、ホテルのレストランで朝食ビュッフェを利用したり、朝食レストランに出かけてパンケーキなどをいただく方が多いのではないかと思います。

 

ハワイでの食事は、朝食からして結構なボリュームがあるので、お昼の時間になってもお腹がすかない、ということも多いのではないかと思います。

また、午前中に、ワイケレのアウトレットショッピングなどのツアーに出かけて、午後中途半端な時間に、ホテルに帰ってくるということもしばしばあります。

 

そんな時に私は、「ちょっと遅めのランチとして」としてハッピーアワーを利用しています。

「ちょっと遅めのランチとして」としてハッピーアワーを利用する場合、ハッピーアワーの時間としては早めなので、お店も空いている場合が多く、ゆったりとハッピーアワーを利用することができます。

また、当然ながらお酒も飲めるので、お酒好きな方は、ランチからお酒が飲めて幸せになります(笑)。

一方、この場合、ランチとしての開始時間は遅くなりますので、それに合わせて、ディナーの時間も遅く調整することをオススメします。

スポンサーリンク

オススメの利用方法2: ちょっと早めのディナーとして

オススメの利用方法2は「ちょっと早めのディナーとして」としてハッピーアワーを利用することです。ハッピーアワーの利用方法としては、こちらが王道ですね。

この場合、ディナー開始の時間が早まることになるので、お昼を軽めに済ませておくことがオススメです。ハワイのランチとしては、手軽な価格でプレートランチやポケ丼を楽しめるお店があるので、これらと組み合わせると良いと思います。

 

ただ、あまり早くディナーをいただてしまうと、夜小腹が空いてしまう可能性があります。このような場合、小腹対策用に、サンドイッチやマラサダなどをテイクアウトできるお店を抑えておくと良いです。特に、高橋果実店は、ワイキキエリアの中心部に位置しており、アクセスも良いのでオススメです。

 

ハワイのハッピーアワー:オススメをランキング

さて、そんなこんなで、私の独断と偏見による、ハワイのハッピーアワーのオススメのレストランをランキングで紹介したいと思います。さきほどご説明した「オススメの利用方法」別にご紹介したいと思います。

ランキング#1:ちょっと遅めのランチとして

まずは、「ちょっと遅めのランチとして」利用する場合のランキングです。ここでは、早い時間からハッピーアワーを実施していることがポイントとなります。そして、この場合のランキング1位は「ウルフギャング・ステーキハウス」になります。

<「ちょっと遅めのランチとして」オススメのハッピーアワー>

  1. ウルフギャング・ステーキハウス:毎日:11:00-18:30
  2. トミーバハマ:毎日:14:00-17:00
  3. ヤードハウス:月曜から金曜:14:00-17:30

 

「ウルフギャング・ステーキハウス」は11時からの営業なので、実は、普通のランチとしても利用できます。また、毎日実施しており、ハッピーアワーの実施時間も長いので、使い勝手がとても良いです。アクセスも「ロイヤルハワイアンショッピングセンター」内ということで抜群ですので、お昼時にお店選びに困ったら「ウルフギャング・ステーキハウス」に向かえば大丈夫です(笑)。

2位は、14時からオープンの「トミーバハマ」です。テラス席が気持ちよく、また、提供メニューも意外とボリュームがあるので、ランチ利用でも満足することができます。また、毎日実施しているのもポイントが高いですね。

3位は「ヤードハウス」です。こちらも14時からのオープンなのですが、土日は実施していないため、若干使い勝手に劣ります。ただ、アルコール、特にビールの品揃えはピカイチなので、ビール好きは抑えておくべきお店です。

ランキング#2:ちょっと早めのディナーとして

続いては、「ちょっと早めのディナーとして」利用する場合のランキングです。ここでは、ディナー開始時間ギリギリまでハッピーアワーを実施ていることがポイントになります。そして、この場合のランキング1位も「ウルフギャング・ステーキハウス」だったりします。

<「ちょっと早めのディナーとして」オススメのハッピーアワー>

  1. ウルフギャング・ステーキハウス:毎日:16:30-19:00
  2. ルールズ・クリス:毎日:16:30-19:00
  3. シグネチャー・プライム・ステーキ&シーフード:毎日:16:30-18:30

 

「ウルフギャング・ステーキハウス」は19時まで実施しているので、「ちょっと早めのディナー」としても最適です。サービスは当たり外れがありますが、味やボリュームは間違いありません。ハワイのハッピーアワーを知る上でも、最初に訪れて欲しいお店です。

2位は「ルールズ・クリス」です。1位の「ウルフギャング・ステーキハウス」と同じステーキのお店です。「ウルフギャング・ステーキハウス」よりも落ち着いた雰囲気のお店で、料金もちょっと高めです。味についても「ウルフギャング・ステーキハウス」よりも若干上かもしれませんし、サービスは断然上です(笑)。「ウルフギャング・ステーキハウス」に満足できなくなってきたら、こちらをオススメします。

3位は「シグネチャー・プライム・ステーキ&シーフード」です。こちらもステーキのお店です。ただこちらのお店は、アラモアナエリアのアラモアナホテル内に位置しています。ですので、アラモアナエリアに宿泊している方はもとより、アラモアナショッピングセンターの買い物途中にも利用することができて便利です。味については、1位、2位に引けをとりません。そして、1位、2位のお店とは違い、眺望も楽しめるのがポイントです。

ハワイのハッピーアワー:私が伺ったお店の記事一覧

ここでは、ハワイのハッピーアワーで、私が実際に伺ったお店をご紹介していきます。詳細は体験レポートの記事をご参照いただくことを前提に、概要と良い点、悪い点を中心にまとめてみました。お店選びにご利用いただければと思います。

スポンサーリンク

ウルフギャング・ステーキハウス

ウルフギャング・ステーキハウス:ハッピーアワー概要

  • 店名:ウルフギャング・ステーキハウス
  • ハッピーアワーの実施時間:毎日:11:00-18:30
  • 実施エリア:カウンター席のみ
  • 料金(ドリンク):ビール5ドル、ワイン7ドル、カクテル7ドル、から
  • 料金(料理):おつまみ7ドル、ステーキ39.95ドルから
  • 予約:不可
  • ドレスコード:なし(ただし、スマートカジュアル推奨)

 

ウルフギャング・ステーキハウスの周辺地図

 

ウルフギャング・ステーキハウス:ハッピーアワーの良い点

  • おつまみ(ププ)が、7ドルと10ドルという2つのリーズナブルな価格帯で、かつ、種類豊富に提供されている
  • アルコールが、ビールは5ドル、ワイン、カクテルは7ドルからというリーズナブルな価格で提供されている
  • 本格的なステーキメニューを試してみたいという方には「Taste of New York」という小さめのステーキメニュー(39.95ドル)も用意されている
  • カジュアルな雰囲気で居心地が良い
  • アクセスがとても良い(ワイキキの中心部、ロイヤルハワイアンセンターに位置)

 

ウルフギャング・ステーキハウス:ハッピーアワーの悪い点

  • ハッピーアワーはカウンター席のみでの提供のため、場所が限られている。また、隣の席との間隔も狭い
  • 大人気店のため、いつも混雑している。特に17時以降は行列を覚悟する必要がある
  • サービスに当たり外れがある

 

ウルフギャング・ステーキハウスのハッピーアワーの詳細はこちらご参照ください。

 

トミーバハマ

トミーバハマ:ハッピーアワー概要

  • 店名:トミーバハマ
  • ハッピーアワーの実施時間:毎日:14:00-17:00
  • 実施エリア:3階のルーフトップバーのみ
  • 料金(ドリンク):ビール5ドル、ワイン7ドル、カクテル7ドル、から
  • 料金(料理):おつまみ9ドル
  • 予約:不可
  • ドレスコード:なし

 

トミー・バハマの周辺地図

 

トミーバハマ:ハッピーアワーの良い点

  • おつまみ(ププ)が、9ドルというリーズナブルな価格で提供されている
  • アルコールが、ビールは5ドル、ワイン、カクテルは7ドルからというリーズナブルな価格で提供されている
  • 3階のルーフトップバーは開放感がありおしゃれで、気持ちが良い
  • サービスも良くそれほど混雑していないため、居心地が良い

 

トミーバハマ:ハッピーアワーの悪い点

  • おつまみ(ププ) が5種類のみのため、数回行くと飽きてしまう

 

トミーバハマのハッピーアワーの詳細はこちらご参照ください。

 

ヤードハウス

ヤードハウス:ハッピーアワー概要

  • 店名:ヤードハウス
  • ハッピーアワーの実施時間:月曜から金曜:14:00-17:30、日曜から水曜:22:30-Close
  • 実施エリア:制限なし
  • 料金(ドリンク):ビールやワインが1ドルから4ドル割引(種類による)
  • 料金(料理):おつまみ5ドル、6ドル、7ドル、8ドル
  • 予約:不可
  • ドレスコード:なし

 

ハードハウスの周辺地図

 

ヤードハウス:ハッピーアワーの良い点

  • おつまみ(ププ)が、5ドルからというとてもリーズナブルな価格で提供されている。また、種類もとても豊富で飽きることがない
  • アルコールが、ビールやワインが最大4ドル引きというリーズナブルな価格で提供されている
  • 店内はとても広く、テーブル席も利用可能
  • アルコール、特にビールの品揃えは圧巻
  • アクセスがとても良い(ワイキキの中心部、ワイキキビーチウォークに位置)

 

ヤードハウス:ハッピーアワーの悪い点

  • 料理の圧倒的なお得度に比べ、アルコールは割引が1ドルや2ドルに留まるものも多く、それほどお得感がない

 

ヤードハウスのハッピーアワーの詳細はこちらご参照ください。

 

ビルズ

ビルズ:ハッピーアワー概要

  • 店名:ビルズ
  • ハッピーアワーの実施時間:毎日:15:00-18:00
  • 実施エリア:制限なし
  • 料金(ドリンク):ビール4ドル、ワイン6ドル、カクテル7ドル、から
  • 料金(料理):おつまみ7ドルから
  • 予約:不可
  • ドレスコード:なし

 

ビルズの周辺地図

 

ビルズ:ハッピーアワーの良い点

  • おつまみ(ププ)が、7ドルからというとてもリーズナブルな価格で提供されている。また、種類も豊富で健康的なメニューが多い
  • アルコールが、ビールは4ドルからということで、他店のハッピーアワーと比べてもリーズナブルな価格で提供されている
  • 店内はとても広く、テーブル席も利用可能
  • 店内はおしゃれな雰囲気で明るく開放感がある。サービスも良い

 

ビルズ:ハッピーアワーの悪い点

  • 料理のボリュームが若干少ない

 

ビルズのハッピーアワーの詳細はこちらご参照ください。

 

ライアンズグリル

ライアンズグリル:ハッピーアワー概要

  • 店名:ライアンズグリル
  • ハッピーアワーの実施時間:毎日:15:00-19:00、21:00-Close
  • 実施エリア:バーエリアのみ
  • 料金(ドリンク):ビール3.95ドル、ワイン4.95ドル、カクテル5.95ドルから
  • 料金(料理):おつまみ3ドルから8ドル
  • 予約:不可
  • ドレスコード:なし

 

ライアンズグリルの周辺地図

 

ライアンズグリル:ハッピーアワーの良い点

  • おつまみ(ププ)が、3ドルから8ドルという、他店と比べてもリーズナブルな価格で提供されている。また、種類も豊富で飽きることがない
  • アルコールが、ビールは3.95ドルからということで、他店のハッピーアワーと比べてもリーズナブルな価格で提供されている
  • 店内はとても広く、テーブル席も利用可能(ただし、バーエリアのみ)

 

ライアンズグリル:ハッピーアワーの悪い点

  • 場所がアラモアナエリアのワードセンター内のため、アクセスが良くない
  • スポーツバー的な雰囲気でローカルの方が多いため、好みが分かれる。サービスはそれなり

 

ライアンズグリルのハッピーアワーの詳細はこちらご参照ください。

 

シグネチャー・プライム・ステーキ&シーフード

シグネチャー・プライム・ステーキ&シーフード:ハッピーアワー概要

  • 店名:シグネチャー・プライム・ステーキ&シーフード
  • ハッピーアワーの実施時間:毎日:16:30-18:30
  • 実施エリア:バーエリアのみ
  • 料金(ドリンク):ビール5.5ドル、ワイン10ドル、カクテル8.5ドルから
  • 料金(料理):特定メニューが半額、多くのものは2ドルから7ドル割引。ステーキ22ドルから
  • 予約:不可
  • ドレスコード:なし(ただし、スマートカジュアル推奨)

 

シグネチャー・プライム・ステーキ&シーフードの周辺地図

 

シグネチャー・プライム・ステーキ&シーフード:ハッピーアワーの良い点

  • おつまみ(ププ)の割引幅は、数ドルから半額までと幅広いが、メニューは豊富で飽きることがない
  • スペシャルメニューとして、ステーキがリーズナブルな価格(22ドル)で用意されている
  • テーブル席も利用可能(ただし、バーエリアのみ)でサービスも良い
  • 高層ホテルの最上階のため景色が良い。また、後半はピアノの生演奏などもあり、高級感がある雰囲気が楽しめる

 

シグネチャー・プライム・ステーキ&シーフード:ハッピーアワーの悪い点

  • 場所がアラモアナエリアのアラモアナホテル内のため、アクセスが良くない
  • 比較的、他店のハッピーアワーに比べると価格は高め

 

シグネチャー・プライム・ステーキ&シーフードのハッピーアワーの詳細はこちらご参照ください。

 

スポンサーリンク

ルールズ・クリス

ルールズ・クリス:ハッピーアワー概要

  • 店名:ルールズ・クリス
  • ハッピーアワーの実施時間:毎日:16:30-19:00
  • 実施エリア:カウンター席のみ
  • 料金(ドリンク):ビール5ドル、ワイン10ドル、カクテル6ドルから
  • 料金(料理):前菜が7ドルから8ドル割引。プライムタイムメニューとしてステーキのセットが54.95ドルから。
  • 予約:不可
  • ドレスコード:なし(ただし、スマートカジュアル推奨)

 

ルールズ・クリスの周辺地図

 

ルールズ・クリス:ハッピーアワーの良い点

  • おつまみ(ププ)の割引幅は、7ドルから8ドル割引と比較的高めで、メニューは豊富で飽きることがない
  • アルコールが、ビールは5ドル、カクテルは6ドルからと、リーズナブルな価格で提供されている
  • プライムタイムメニューとしてステーキのセット(54.95ドル)も注文可能
  • 全体的に照明が暗めでお店の雰囲気もサービスも良い
  • アクセスがとても良い(ワイキキの中心部、ワイキキビーチウォークに位置)

 

ルールズ・クリス:ハッピーアワーの悪い点

  • ハッピーアワーはカウンター席のみでの提供のため、場所が限られている。また、隣の席との間隔も狭い
  • 比較的、他店のハッピーアワーに比べると価格は高め

 

ルースズ・クリスのハッピーアワーの詳細はこちらご参照ください。

 

ハイズ・ステーキハウス

ハイズ・ステーキハウス:ハッピーアワー概要

  • 店名:ハイズ・ステーキハウス
  • ハッピーアワーの実施時間:毎日:17:00-18:30
  • 実施エリア:バーエリアのみ
  • 料金(ドリンク):ビール5ドル、ワイン12ドル、カクテル8ドルから
  • 料金(料理):おつまみが10ドルから
  • 予約:不可
  • ドレスコード:あり(スマートカジュアル必須

 

ハイズ・ステーキハウスの周辺地図

 

ハイズ・ステーキハウス:ハッピーアワーの良い点

  • おつまみ(ププ)の価格は10ドルからと比較的高めだが、種類は豊富で味も本格的なため、満足度が高い
  • 全体的に照明が暗めでお店の雰囲気もサービスも良い
  • テーブル席も利用可能(ただし、バーエリアのみ)

 

ハイズ・ステーキハウス:ハッピーアワーの悪い点

  • ハッピーアワーはバーエリアのみでの提供のため、場所が限られている。また、テーブル席になった場合もかなり狭い
  • ハッピーアワーではステーキメニューが提供されていない
  • 比較的、他店のハッピーアワーに比べると価格は高め
  • アクセスがあまり良くない(ワイキキエリアの端の方に位置している)

 

ハイズ・ステーキハウスのハッピーアワーの詳細はこちらご参照ください。

 

ハワイのレストラン予約は「グルヤク」が便利

今回ご紹介した以外にも、ハワイにはおいしいお店がたくさんあります。ただし、海外のレストランって、予約しておきたくても、国際電話や言語の問題で、なかなかハードが高いですよね。

そんな方には、海外レストラン予約専用サイトである「グルヤク」の利用がオススメです。Webから日本語で簡単に予約を行うことができます。

事前に予約しておけば、「行ってみたら満席でお店に入れなかった・・」というような事態を回避することができますよ。詳細は以下をご参照ください。

ハワイのレストラン予約はこちらから 

 

ハワイのハッピーアワー!オススメとランキング、体験レポートの記事一覧!のまとめ

今回は、ハワイのハッピーアワーのオススメのお店を、「遅めのランチ」として利用する場合と「早めのディナー」として利用する場合に分けて、ランキングでまとめてみました。また記事の後半では、当ブログでこれまでご紹介してきたハワイのハッピーアワーのレポートの記事一覧を作成し、実際に利用してみて気づいた、良かった点と悪かった点もまとめてみました。

ハワイでは有名な高級店でもハッピーアワーを利用しており、ドリンクだけでなく料理もお得な価格で提供されています。かなりお得度が高くなっておりますので、ハワイ旅行の際には、ぜひご活用いただければと思います。

 

<ハワイ旅行記2017:全体の目次、記事一覧>

ハワイ旅行記2017:全体の目次、記事一覧

 

ハワイ好きの方はこちらの記事も注目です。SPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実現しています。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

関連記事

error: