【2024年6月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

マリポサ(ハワイ)のハッピーアワーとサンセットラウンジをブログレポート !メニューと価格、時間、予約方法は?

マリポサ(ハワイ)のハッピーアワーとサンセットラウンジをブログレポート

マリポサ(ハワイ)のハッピーアワーとサンセットラウンジをブログレポート !メニューと価格、時間、予約方法は?

マリポサ(Mariposa)はハワイの高級デパート「ニーマンマーカス」内にある人気のレストランです。アラモアナパークを望む景色の良いテラス席が特徴です。ディナーでは1人100ドル前後が予算になる高級店ですが、コロナ前はハッピーアワー、コロナ後にはサンセットラウンジを実施しており、比較的リーズナブルな価格で楽しむことができます。当記事では、そんなハッピーアワーおよびサンセットラウンジのメニューと価格から、時間、注意点、実食レポートまで、詳しくご紹介していきたいと思います。

マリポサ(ハワイ)とは

アラモアナセンター内にある人気のレストラン

マリポサ(Mariposa)はハワイのアラモアナセンター内にある人気のレストランです。日本で販売されているガイドブックでは必ずと言って良いほど紹介されている有名店です。

マリポサはスペイン語では「蝶々」を意味しており、ハワイの食材と各国の文化や食材を取り混ぜた、ハワイならではの「パシフィック・リージョナル・キュイジーヌ」を提供しています。

ディナーで利用した場合、ひとりあたりの予算が100ドル前後となっています。ちょっとおしゃれして出かけたいような雰囲気のレストランです。

アラモアナセンターの外観

 

マリポサ(ハワイ)の場所とアクセス

高級デパート「ニーマン・マーカス」の3階に位置

マリポサは、アラモアナセンター内に出店している「ニーマン・マーカス(Neiman Marcus)」という高級デパートの3階に位置しています。

ニーマン・マーカス(Neiman Marcus)は、アラモアナセンターの南に位置しています。

アラモアナセンター到着後は、東西南北に伸びる大通りを南側に進んできましょう。通りの突き当たりが「ニーマン・マーカス(Neiman Marcus)」です。

<アラモアナセンターのフロアマップ>

アラモアナセンターの地図「ニーマンマーカス」

 

マリポサには、「アラモアナ・ビーチパーク」という公園に面したテラス席が設置されており、3階というちょっと高台から望む、夕日の絶景スポットとしても人気があります。

<マリポサの場所>

  • アラモアナセンター内「ニーマン・マーカス」の3階

 

アラモアナセンターへの移動には各種トロリーバスが便利

アラモアナセンターへ移動するには、「ワイキキトロリーのピンクライン」が便利です。JCBカードを持っていれば無料で利用することができます。

 

もしくは、東京発着のANA便を利用の場合は「ANAエクスプレスバス」、JAL便を利用の場合はJALOALOカードで「HiBsu」も便利です。

 

マリポサ(ハワイ)のハッピーアワーとサンセットラウンジの提供時間と予約方法

ハッピーアワーはサンセットラウンジに名前を変えて提供中

マリポサでは、お得な価格でドリンクやフードを楽しむことができる「ハッピーアワー」を実施しています。

コロナ前はハッピーアワーという名称でしたが、コロナ後は「サンセットラウンジ」という名前に変更になっています。

マリポサの営業時間は以下になります(2023年5月時点)。コロナ後はランチとサンセットラウンジの2つの時間帯で営業しています。

<マリポサの営業時間>

  • ランチ
    • 月曜日から水曜日、日曜日:11:30 am–4:30 pm 
    • 木曜日から土曜日:11:00 am–4:00 pm 
  • サンセットラウンジ
    • 水曜日と木曜日、土曜日:4:00 pm–6:30 pm
    • 金曜日:4:00 pm–7:00 pm

 

ランチは時間が若干前後するものの、月曜日から日曜日までの毎日で営業しています。一方でサンセットラウンジは水曜日から土曜日までの提供となるため注意が必要です。

また、サンセットラウンジは、金曜日のみ営業時間が7時までと30分長くなっています。

マリポサの公式HPはこちらになります。最新情報はこちらからもご確認ください。

ニーマンマーカス「マリポサ」

 

サンセットラウンジはテーブル席やテラス席が開放され予約も可能

ハッピーアワーというと、バーカウンターのみに限定されているお店もあります。一方でマリポサの場合は店内のテーブル席やテラス席も利用可能となっています。

また、コロナ前のハッピアワーは予約不可でしたが、コロナ後のサンセットラウンジは予約も可能となっています。予約はOpenTableから無料で行うことができます。

OpenTable「Mariposa」

 

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジを体験レポート

それではここからは、私が実際にマリポサ(ハワイ)で体験したサンセットラウンジの様子をご紹介したいと思います。利用したのは2023年5月になります。

お店の外観

マリポサのお店の外観はこんな感じです。「ニーマン・マーカス」というデパートの3階に入り口があります。入り口左手にレセプションがありますので、こちらで受付をします。

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:お店の外観

 

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:お店のエントランス

 

 

 

店内の雰囲気

マリポサの店内はこんな感じです。正面の壁一面が窓になっています。また、テラス席も用意されており、明るく開放感のある店内になっています。

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:お店の内観(全景)

 

天井も高く、店名にもなっている「蝶々」を連想するような回転ファンも印象的です。店内は白を基調にベージュでまとめられており、気品があり優雅な雰囲気となっています。

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:お店の内観(天井)

 

テラス席からの眺望

今回は金曜日の18時に予約して伺いました。入店時には店内席かテラス席かを希望を聞かれましたのでテラス席をリクエストして案内いただきました。

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:お店のテラス席(全景)

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:お店のテラス席(テーブル&チェア)

 

テラス席からは眼前にアラモアナパークを見渡すことができます。公園の先には海の姿を捉えることができて素晴らしい眺望となっています。

開放感抜群でハワイ気分を満喫することができます。

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:お店のテラス席(眺望)

 

サンセットラウンジのメニュー

テーブルに着くとメニューの説明があります。

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:テーブルセッティング

 

サンセットラウンジのメニューはこちらになります。最初のページはカクテルメニューになっています。全部で11種類用意されており、どれも価格は12ドルとなっています。

種類豊富な品揃えは嬉しいですね。

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:メニュー(ドリンク)

 

続いてはフードメニューになっています。こちらは前菜とサンドイッチのページで、10ドルから20ドル前後のものが多くなっています。

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:メニュー(フード1)

 

こちらはサラダとメインのページです。価格は30ドル前後のものが多くなっていますね。

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:メニュー(フード2)

 

こちらはサンセットラウンジの時間帯のオススメメニューということでした。

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:メニュー(おすすめ)

 

サンセットラウンジのドリンク

この日はドリンクとして「マーメイドマイタイ(左)」と「プランテーションアイスティー(右)」をオーダーしました。

カクテルとノンアルコールドリンクという違いはあるものの、どちらもパイナップルベースということで見た目が似てしまいましたね(笑)。

どちらもフレッシュでさわやかな味わいで天気の良いこの日の天候にはぴったりでした。

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:ドリンク(カクテル&アイスティー)

 

サンセットラウンジのフード

マリポサ(ハワイ)では、フードを注文すると「ポップオーバー」というパンが提供されます。

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:フード(ポップオーバー1)

 

こちらのポップオーバーはシュー生地になっていてふわふわでサクサクな食感が特徴です。シュー生地といっても甘くはないので食事との相性も問題ありません。

また、暖かい状態で提供されるのも嬉しいポイントです。

ストロベリー味のホイップバターも合わせて提供されますが、これとの相性が抜群で絶品です。このポップオーバー目当てにこちらのお店を利用する方も多いというのも納得の美味しさです。

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:フード(ポップオーバー2)

 

この日はハワイ初日で時差ボケもあったためフードは軽めに2品だけオーダーしました。

こちらは前菜のカテゴリーから「ハマチセビーチェ」です。新鮮なハマチのお刺身にちょっとスパイシーなソースがかけられています。

スライスしたオニオンはハラペーニョがアクセントとなった美味しい一品でした。

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:フード(前菜)

 

続いてこちらはメインのカテゴリーから「シュリンプスパゲッティ」です。エビがたっぷりで見た目からして美味しそうですね。

トマトベースですがコクのあるソースでこちらもとても美味しくいただきました。

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:フード(メイン)

 

サンセットラウンジのお会計

そんなこんなでこの日のお会計は全部で「71.21ドル」となりました。チップ20%を加えると「85ドル」という感じになります。

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:お会計(レシート)

 

日本円に直すと「11,900円」という計算になりますね(1ドル=140円)。

決して安いわけではありませんが、眺望が良く抜群な開放感抜群なレストランの雰囲気と、ドリンクとフードのクオリティーから考えるとバランスが良いと言えますね、

以前のハッピーアワーに比べるとお得度は下がってしまいましたが、ぜひまた利用したいと感じさせるサンセットラウンジでした。

ごちそうさまでした。

マリポサ(ハワイ)のサンセットラウンジ:お皿とカトラリー

 

マリポサ(ハワイ)のハッピーアワーを体験レポート

続いては2020年にマリポサ(ハワイ)で体験したハッピーアワーの様子をご紹介したいと思います。現在の提供内容とは異なりますが履歴として残しています。

ハッピーアワーのカウンター席

この日、我々は5時20分ごろにこちらのお店に到着しました。

レセプションで受付をすると、5時以降の入店でハッピーアワーを利用する場合はカウンター席のみという案内があり、カウンター席を利用することになりました。

カウンター席はこんな感じです。バーに隣接するカウンターの席で、全部で8席ほどのこじんまりとしたスペースになります。

マリポサ(ハワイ)のハッピーアワー:バーカウンター

 

ちなみに、テーブル席には日本人の方はちらほらと見かけますが、カウンター席を利用しているのは、ほぼ欧米の方ばかりです。

特に、常連の方が多く、ちょっとしたアウェー感があります(笑)。

 

ハッピーアワーのメニュー

さて、そんなこんなでテーブルに着くとメニューが提供されます。

マリポサ(ハワイ)のハッピーアワー:メニュー(表紙)

 

メニューを開くとこんな感じになっています。メニューの最初の方に、ハッピーアワーのメニューが添付されています。

後半にはレギュラーメニューも添付されていますので、ハッピーアワーの時間帯とは言え、レギュラーメニューをオーダーすることも可能になっています。

マリポサ(ハワイ)のハッピーアワー:メニュー(レギュラー)

 

マリポサのハッピーアワーのメニューはこちらになります。

「Bites」と書かれているのがフード、「Sips」と書かれているのがドリンクとなります。フードが5種、ドリンクが6種の提供となります。また、メニューは英語のみの提供となります。

マリポサ(ハワイ)のハッピーアワー:メニュー(ドリンク&フード)

 

フードは品数こそ多くはありませんが、どれも10ドル以下とリーズナブルな価格設定となっていますね。

また、ドリンクに関しても、ワインが8ドル、ビールが4ドルということで、こちらもとてもリーズナブルです。ビールはプリモ(Primo)とクアーズライト(Coors Light)から選択することができます。

<ハッピーアワーのメニュー>

  • フード(Bites)
    • シェフ特製 肉とチーズの盛り合わせ(Chef’s Charcuterie of Meat & Cheese) :$10
    • ポークベリーのハンバーガー(Pork Belly Sliders):$10
    • グリルサーモンのタコス(Grilled Salmon Tacos) :$10
    • プチロコモコ(Petite Loco Moco) :$8
  • ドリンク(Sips)
    • ウォッカマティーニ(Svedka Vodka Martini) :$8
    • テキーラ(Herradura Reposado Tequila) :$8
    • シャルドネ(Neiman Marcus Sonoma County Chardonnay) :$8
    • 注目のワイン(Featured Wines) :$8
    • ビール(Beer) :$4

 

ハッピアワーのフード

そんなこんなで、まずはドリンクということで、この日は私用にビール、奥さん用にアイスティーをオーダーしました。

ビールはハッピーアワーのメニューから「クアーズライト(Coors Light)」を、アイスティーはレギュラーメニューから「マリポサプランテーションティー」というものをオーダーしました。

「マリポサプランテーションティー(Mariposa Plantation Tea)」は、紅茶にグアバとパイナップルジュースがミックスされているということで、さわやかな味わい。見た目も可愛いですね。

アルコールが飲めない方にオススメです。

マリポサ(ハワイ)のハッピーアワー:ドリンク(カクテルとビール)

 

ハッピアワーのフード

フードとしては、「プチロコモコ(Petite Loco Moco)」と「ポークベリーのハンバーガー(Pork Belly Sliders)」の2品をオーダーしました。

まずはこちらが、「プチロコモコ(Petite Loco Moco)」です。

「グラスフェッド」という牧草のみを与えられた和牛をベースにしたお肉のパテに、オーガニックのローカルの卵を使った目玉焼きと、ハワイ島のハマクアで栽培したマッシュルームの入ったグレービーソースが使われています。

素材に拘ったロコモコです。

マリポサ(ハワイ)のハッピーアワー:フード(ロコモコ1)

 

「プチ」と言いながら日本人にとっては1人前として十分な大きさがあります。

お肉はミディアムレアな感じで焼かれており、たっぷりとかけられたグレービーソースにはトリュフも入っています。ジューシーで味わい深い一品でした。

これが8ドルとは驚きです!

マリポサ(ハワイ)のハッピーアワー:フード(ロコモコ2)

 

私の中で、ロコモコと言えばステーキの有名店である「ウルフギャング(ハワイ)」のものが一番のお気に入りでしたが、それに匹敵するような美味しさでした。

 

続いては、こちらが「ポークベリーのハンバーガー(Pork Belly Sliders)」です。小さめサイズのハンバーガーが2つに、ポテトが付け合わせとしてセットになっています。

マリポサ(ハワイ)のハッピーアワー:フード(ハンバーガー1)

 

ハンバーガーを割ってみるとこんな感じになっています。中には中華風にちょっと甘めに味付けられた「黒豚」がサンドされています。こちらもとても美味しくいただきました。

マリポサ(ハワイ)のハッピーアワー:フード(ハンバーガー2)

 

ハッピーアワーのお会計

そんなこんなで、この日のお会計は以下になりました。今ブログを書いていて気づいたのですが、よくよく見ると、ビールの4ドル分が加算されていませんね(汗)。

ということで、実際は4品合計で28ドル、税金を入れると約30ドル、チップを入れると総額で36ドル(約4,000円)ほど、という計算になります。

マリポサ(ハワイ)のハッピーアワー:会計(レシート)

 

この日はまだ時間がちょっと早かったこともあり、料理の量を控えめにしていました。

それでも、マリポサという高級店でもある有名店で、アルコールもいただいて約4,000円というのは非常にリーズナブルですね。

フードはどれも素材にこだわっており、味も絶品です。今後もリピート決定ですね。

ただ、今回は入店が5時以降となってしまい、カウンター席での利用になってしまいました。

カウンター席は常連度が高く、若干ハードルが高いので、次回はちょっと早めに伺って、テーブル席の方をチャレンジしてみたいと思います。

マリポサ(ハワイ)のハッピーアワー:テラス席(夕景)

 

ハワイ旅行はANAマイルとマリオットポイントで格安に実現可能!

私は2017年から年1回のペースでハワイ旅行に出掛けています。

それも、ANAのビジネスクラスやファーストクラスを利用して、ロイヤルハワイアンモアナサーフライダーといった高級ホテルを渡り歩くという豪華なプランです。

ロイヤルハワイアンの外観

 

これを実現するための秘密はANAマイルとマリオットポイントです。

陸マイラー活動を通して貯めたANAマイルと、マリオットアメックスを活用して貯めたマリオットポイントをで、ほぼ無料(=燃油代の出費のみ)で実現することができています。

2022年のハワイ旅行の費用はこちらの記事でまとめています。

 

陸マイラーのANAマイルの貯め方、およびマリオットアメックスの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、マリポサのハッピーアワーおよびサンセットラウンジのメニューと価格、時間、実食した感想まで、詳しくレポートしていきました。

マリポサはさすがの高級店かつ有名店というだけあって、ドリンクもフードもクオリティーが高く満足度の高い内容でした。

以前のハッピーアワーに比べるとお得さは若干下がっていますが、サンセットラウンジも比較的リーズナブルに楽しめるというのは嬉しいですね。

アラモアナパークを望むテラス席は眺望も良く開放感が抜群です。また、場所もアラモアナセンター内ということで、ハワイ旅行の際には一度は立ち寄る有名スポットにあります。

私もアラモアナセンターでのショッピングの合間に、また利用してみたいと思いました。

MEMO

ハワイのオプショナルツアー予約は「KLOOK」の利用がお得です。

KLOOK「ハワイの人気アクティビティ」

 

こちらのクーポンコード適用で5%の割引を受けることができます(50米ドル以上の購入で最大10米ドルの割引)。

  • クーポンコード:PIPINOBU

 

また、KLOOKの利用が初めての方であればこちらのリンク経由の新規登録で「500円オフ」のクーポンも獲得できます。ぜひご活用ください。

KLOOKへの新規登録「500円クーポン」

 

それでは、また!

 

ハワイのハッピーアワー関連記事

ハワイのハッピーアワーのオススメとランキングはこちらでまとめております。

 

またハッピーアワーを実施している各レストラン個別の記事はそれぞれ以下になります。ぜひ合わせてご参照ください。