【5月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ハピタスでANAマイル90%、JALマイル60%の交換レートを実現!<ドッと20%増量キャンペーン>

ハピタスでANAマイル90%、JALマイル60%の交換レートを実現!<ドッと20%増量キャンペーン>

ハピタスで新しいキャンペーンがスタートしました。その名前も「ドッと20%増量キャンペーン」です。このキャンペーンを利用すると、ANAマイルへの交換レート90%、JALマイルへの交換レート60%を実現することができます。これは、「TOKYUルート」が実現するANAマイルへの交換レート75%を大きく上回るものです。以下で詳しくご紹介していきたいと思います。

更新履歴(2020年4月14日):キャンペーン期間が5月31日まで延長決定&対象案件がパワーアップ中!

ハピタス「ドッと20%増量キャンペーン」の概要

ハピタスで新しいキャンペーンが発表になりました。その名は「ドッと20%増量キャンペーン」です。

 

キャンペーン期間中に「ドットマネー」を経由して「TOKYUポイント」および「ANAマイル」「JALマイル」に交換すると、「ドットマネー」が20%増量(ポイントバック)されるという内容になります。

これにより、ANAマイルへの交換レートが最大90%、JALマイルへの交換レートは実質60%を実現することができます。

キャンペーン期間は2020年3月30日18:00から4月30日5月31日23:59までということで、1カ月間2ヶ月間の期間限定のキャンペーンとなっております。

<キャンペーン概要>

  • キャンペーン名:ドッと20%増量キャンペーン
  • キャンペーン期間:2020年3月30日18:00から4月30日5月31日23:59まで
  • キャンペーン内容:キャンペーン期間中に「ドットマネー」を経由して「TOKYUポイント」および「ANAマイル」「JALマイル」に交換すると、「ドットマネー」が20%増量(ポイントバック)
  • キャンペーン参加条件:キャンペーンページに掲載されている広告を利用の上、ハピタスポイントを合計15,000ポイント獲得

 

ANAマイルへの交換ルートとしては「TOKYUルート」が定番ですが、この「TOKYUルート」が実現するANAマイルへの交換レートは75%です。

今回の「ドッと20%増量キャンペーン」を利用すれば、ANAマイルへの交換レートは最大で90%になるということで、「TOKYUルート」よりも15%もお得ということになります。なかなか魅力的な内容と言えますね。

 

ただし、こちらのキャンペーンで特典を受けるには、キャンペーンページに掲載されている広告を利用の上、ハピタスポイントを合計15,000ポイント獲得する必要があります。

15,000ポイント以上というのは、なかなか高いハードルとなっていますね。キャンペーン対象案件は以下のキャンペーンページから確認することができます。

参考 ドッと20%増量キャンペーンハピタス

 

ハピタス「ドッと20%増量キャンペーン」が実現するマイル交換レート

今回のキャンペーンで対象になるのは、キャンペーン期間中に「ドットマネー」を経由して「TOKYUポイント」および「ANAマイル」「JALマイル」に交換したポイントです。交換上限額は、一人につき12,000ポイントまでとなっています。

ANAマイルへの交換レート(TOKYUポイントに交換した場合)

「ハピタス=>ドットマネー=>TOKYU POINT」というルートでポイント交換することで、後からドットマネーが20%分還元されます。

例えば、キャンペーン上限であるハピタスの12,000ポイントを上記ルート経由でANAマイルに交換した場合、ポイント数の遷移は以下のようになります。

後から20%分の2,400マネーが還元されると、実質的には9,600マネー(=12,000 − 2,400)で9,000マイルを獲得できるため、交換レートは「93.75%」となります。

<ポイント数の遷移>

  • 通常:ハピタス(12,000ポイント)=>ドットマネー(12,000マネー)=>TOKYU POINT(12,000ポイント)=>ANA(9,000マイル)
  • 特典:ドットマネーの2,400マネー(=12,000マネー x0.2)
  • 交換レート(実質):9,000マイル / 9,600マネー = 93.75%

 

ハピタスのキャンペーン上の表記は、ANAマイルへの交換レートは90%となっていますが、実質的にはそれを若干上回る「93.75%」となっています。

 

ANAマイルへの交換レート(ANAマイルに交換した場合)

「ハピタス=>ドットマネー=>ANAマイル」というルートでポイント交換することで、後からドットマネーが20%分還元されます。

同じく、キャンペーン上限であるハピタスの12,000ポイントを上記ルート経由でANAマイルに交換した場合、ポイント数の遷移は以下のようになります。

実質的には9,600マネーで3,400マイルを獲得できるため、交換レートは「35.42%」となります。

<ポイント数の遷移>

  • 通常:ハピタス(12,000ポイント)=>ドットマネー(12,000マネー)=>ANA(3,400マイル)
  • 特典:ドットマネーの2,400マネー(=12,000マネー x0.2)
  • 交換レート(実質):3,400マイル / 9,600マネー = 35.42%

 

「TOKYUポイント」に交換した場合に比べると、交換レートは大きく下回ることになりますね。そのため、このルートを使う価値はなさそうです。

 

JALマイルへの交換レート

「ハピタス=>ドットマネー=>JALマイル」というルートでポイント交換することで、後からドットマネーが20%分還元されます。

同じく、キャンペーン上限であるハピタスの12,000ポイントを上記ルート経由でJALマイルに交換した場合、ポイント数の遷移は以下のようになります。

実質的には9,600マネーで6,000マイルを獲得できるため、交換レートは「62.5%」となります。

<ポイント数の遷移>

  • 通常:ハピタス(12,000ポイント)=>ドットマネー(12,000マネー)=>JAL(6,000マイル)
  • 特典:ドットマネーの2,400マネー(=12,000マネー x0.2)
  • 交換レート(実質):6,000マイル / 9,600マネー = 62.5%

 

ハピタスのキャンペーン上の表記は、JALマイルへの交換レートは60%となっていますが、実質的にはそれを若干上回る「62.5%」となっています。

通常の交換レートである50%よりも10%以上もお得ということになります。ANAマイルよりもJALマイルに興味のある方は、こちらのルートを使うのも良いですね。

 

ハピタス「ドッと20%増量キャンペーン」の条件詳細

「ドッと20%増量キャンペーン」のキャンペーン条件の詳細は以下になります。注意点は「赤字」にしております。

特に注意が必要なのは、ボーナスとして付与されるドットマネーの有効期限が短いというところです。2020年8月中旬頃を目処に口座に付与されますが、そのドットマネーの有効期限は、2020年8月31日までとなっています。

実質的には、利用できるのは半月程度しかありませんね。失効しないように要注意です・・。

<キャンペーン期間>

  • 2020年3月30日(月)18:00〜2020年4月30日(木)5月31日(日)23:59

<キャンペーン特典>

  • キャンペーン期間中にハピタスからドットマネーおよびドットマネーからTOKYU POINT、JALマイレージバンク、ANAマイレージクラブのいずれかに交換したポイントの20%分のドットマネーをボーナスとしてプレゼントします。
  • キャンペーン特典の対象となるハピタスポイントの交換上限額は、お一人様につき12,000ptまでとなります。
  • キャンペーン特典を獲得するためには、キャンペーン参加条件をクリアする必要がございます。

<キャンペーン参加条件>

  • キャンペーン期間中にキャンペーンページに掲載されている広告をご利用の上、ハピタスポイントを合計15,000pt獲得してください。
  • キャンペーン期間中に、通帳に「判定中」(※)または「有効」と記載された広告が対象です。
  • ※キャンペーン期間中に「判定中」と記載されたご利用は、2020年7月31日8月31日23:59までに、「有効」と判定された広告のみ対象です。

<特典付与>

  • 2020年7月31日までに条件を満たした方は、2020年8月中旬頃を目処に、交換先のドットマネー口座に付与いたします。
  • 2020年8月31日までに条件を満たした方は、2020年9月中旬頃を目処に、交換先のドットマネー口座に付与いたします。
  • 対象者へのポイント付与をもってプレゼント完了のご案内と代えさせていただきます。
  • ※特典として付与されたドットマネーの有効期限は、付与月の月末となります。

<注意事項>

  • 増量対象ポイントは、キャンペーン期間中にハピタスで交換したドットマネーをTOKYU POINT、JALマイレージバンク、ANAマイレージクラブのいずれかへ交換申請したもののうち、正常に交換完了したものが対象となります。
  • ※キャンペーン期間中にドットマネーからご申請いただき、終了後に交換が完了した分も対象となります。
  • 以下の場合はキャンペーン対象外となります。
    • ハピタス以外のサービスからドットマネーに交換したポイントで、TOKYU POINT、JALマイレージバンク、ANAマイレージクラブのいずれかに交換された場合
    • キャンペーン期間外にハピタスからドットマネーに交換したポイントで、TOKYU POINT、JALマイレージバンク、ANAマイレージクラブのいずれかに交換された場合
    • ボーナスポイントが付与される前に、ハピタス又はドットマネーを退会された場合
    • その他明らかに不正であると弊社及び株式会社ドットマネーが判断した場合
    • 申し込みをしたサービスの受取拒否やポイント獲得のための虚偽の申請、その他ハピタス利用規約で禁止している不正行為など、広告主企業の迷惑となる方法でサービス利用を行った場合、キャンペーン対象外となるだけでなく、ハピタスアカウントの停止やポイントの抹消という措置となる可能性がございます。
  • ショップやサービスによって、利用してから通帳に記載されるまでの時間および有効になるまでの期間が異なり、それぞれ数日程度かかる場合がございます。
  • ショップ/サービスの詳細ページに記載の「通帳記載の目安」をご参照ください。
  • ご利用された広告の判定結果は、各広告ごとに設けられた判定期間を経て通帳に反映されます。広告詳細ページに記載の「判定までの期間」をご参照ください。
  • 「お買い物あんしん保証」や調査の結果を経て通帳に記載された履歴については、本キャンペーンの対象外になります。お問い合わせをする際には、あらかじめご了承ください。
  • 本ページに掲載されている広告以外の広告利用で獲得したポイントは、対象外となります。
  • 「友達紹介制度」「アンケートひろば」「ハピタス宝くじ」など広告利用以外で獲得したポイントは、対象外となります。
  • 申し込みをしたサービスの受取拒否やポイント獲得のための虚偽の申請、その他ハピタス利用規約で禁止している不正行為など、広告主企業の迷惑となる方法でサービス利用を行った場合、キャンペーン対象外となるだけでなく、ハピタスアカウントの停止やポイントの抹消という措置となる可能性がございます。
  • キャンペーン条件対象広告は予告なく掲載が終了する場合がございます。
  • 本キャンペーンは予告なく終了する場合がございます。

 

ハピタス「ドッと20%増量キャンペーン」の対象案件

最後に、今回の「ドッと20%増量キャンペーン」の対象案件を確認しておきたいと思います。繰り返しなりますが、対象案件は以下のキャンペーンページから確認することができます。

参考 ドッと20%増量キャンペーンハピタス

 

対象案件はこんな感じでずらずらっと並べられています。ただし、4月30日5月31日までに15,000ポイントを稼ぐことを考えると、数%のポイント還元では追いつきません。そのため、狙うべきは数千ポイントから1万円ポイントを超えるような高額案件になります。

 

キャンペーン開始当初は案件数が少なかったのですが、現在(4月14日時点)は良い案件が大幅に増加されています。

<キャンペーン対象の高額案件(例)>

 

キャンペーン対象案件は以下のキャンペーンページからご確認ください。

参考 ドッと20%増量キャンペーンハピタス

 

ハピタスへの入会は紹介経由がお得

ハピタスへこれから入会するなら、既存会員からの紹介がお得です。以下のバナーを経由して入会後、7日以内に初めてハピタスのサービスを利用していただくと「400円相当」のポイントを獲得することができます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

また、ハピタスでは追加でポイントを獲得できるキャンペーンも実施しています。詳細は以下の記事もご参照ください。

 

また、ハピタスの基本からメリット・デメリットまで理解したいという方は、こちらの記事も合わせてご参照ください。

 

まとめ

今回は、ハピタスで新しくスタートした「ドッと20%増量キャンペーン」をご紹介しました。

このキャンペーンを利用すると、ANAマイルへの交換レート90%、JALマイルへの交換レート60%を実現することができます。

これは、「TOKYUルート」が実現するANAマイルへの交換レート75%を大きく上回るもので、インパクト大な内容となっています。

しかしながら、キャンペーンで特典を得るには、キャンペーン期間中に15,000ポイントを獲得する必要があります。これは中々高いハードルです。

ただし、ハードルをクリアするための良い案件も追加になっていますので、参加しやすくなっています。今回のような良いキャンペーンを活用して、効率的にマイルを稼いでいきたいですね。

 

それでは、また!