【2022年8月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

ヒルトン大阪のプールとジム、サウナをブログレポート!フィットネス施設は無料で利用可能!

ヒルトン大阪のプールとジム、サウナをブログレポート(Top画像)

ヒルトン大阪のプールとジム、サウナをブログレポート!フィットネス施設は無料で利用可能!

ヒルトン大阪にはフィットネス施設が用意されています。プールとジム、サウナなどを備えており、宿泊者であれば無料で利用できるのが嬉しいところです。当記事では、営業時間から利用資格、料金、感想まで詳しくご紹介ていきます。

ヒルトン大阪とは

JR大阪駅(大阪梅田)から徒歩2分で好立地のホテル

ヒルトン大阪は、JR大阪駅(大阪梅田)の真正面に位置しています。駅からは徒歩2分の距離でビジネスにも観光にも便利な立地になっています。

35階建ての高層ビルに入居しており、高層階からの眺望も魅力となっています。562室の客室数を誇る大型ホテルであり、チャペルや宴会場のほか、ショッピングアーケードやレストラン、フィットネス施設も備えています。

ヒルトン大阪の外観

 

世界的なホテルグループであるヒルトン系列のホテル

ヒルトン大阪は、世界的なホテルグループである「ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ(Hilton Hotels & Resorts)」系列のホテルです。

会員プログラムは「ヒルトンオナーズ(Hilton Honors)」という名称で運営されており、ホテルの宿泊やレストラン利用でポイントを貯めたり、貯めたポイント使って無料宿泊したりと活用することができます。

ヒルトンオナーズ」の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

ヒルトン大阪:プールとジム、サウナなどフィットネス施設をブログレポート

スポンサーリンク

利用料金と営業時間

ヒルトン大阪には、ホテルの7階にフィットネス施設が用意されています。プール、ジャクジー、ジム、サウナなどを備えており、宿泊者は無料で利用することができます。

ジムは24時間利用できますが、その他の設備は利用時間が決められています。営業時間は以下になります。

<営業時間>

  • フィットネス(ジム):24時間
  • プール・ジャグジー・サウナ:6:45~21:45

 

ちなみに、水着や、トレーニングウェアなどは用意されていますが「レンタルは有料」となります。必要な方は持参するようにしましょう。

<レンタル料金表>

  • Tシャツ/ T-shirt  500円
  • トレーニングパンツ/ Training pants 500円
  • トレーニングシューズ/ Training shoes 500円
  • スポーツセット(上記3点セット)/Sport set(T-shirt, pants & shoes) 1,000円
  • 水着(キャップ付き)/ Swimwear(with cap) 500円
  • ゴーグル/ Goggle 500円
  • バスローブ/ Bathrobe 600円

 

アクセス

ヒルトン大阪のフィットネスセンターはホテルの7階に位置しています。ホテルの客室用エレベーターで移動します。

ヒルトン大阪のプールとジム、サウナ:アクセス(エレベーター)

 

7階には結婚式用のチャペルも用意されています。チャペルの看板は目立ちますが、フィットネスセンターの看板はよく見ないと発見できないため注意が必要です。

こちらの写真の右手の扉奥が目指すフィットネスセンターになっています。扉には鍵がかけられており、ルームキーを利用してアクセスする形になります。

ヒルトン大阪のプールとジム、サウナ:アクセス(外観)

 

ロッカー

フィットネスセンターの扉を開けるとレセプションがあります。こちらで部屋番号を伝えて受付をします。レセプションから奥に進むと男女別でエリアが分けられています。

まずは着替えを済ませるためロッカールームに向かいます。

ヒルトン大阪のプールとジム、サウナ:ロッカー(廊下)

 

ロッカールームはこんな感じです。鍵のかかるロッカーが用意されており好きなものを利用します。また、ロッカールーム内にはタオル類も豊富に用意されており、自由に利用することができます。

ヒルトン大阪のプールとジム、サウナ:ロッカー(全体像)

 

プール

プールはこんな感じで、室内温水プールとなっています。長さは15メートルほどでしょうか。全部で3レーンと小ぢんまりとした大きさです。

ヒルトン大阪のプール:全体像

 

プールの一角にはジャクジーも用意されています(ただし、この日はメンテナンスで休止中でした)。また、プールサイドにはデッキチェアも用意されていますので、トレーニング後のクールダウンに利用することもできます。

ヒルトン大阪のプール:チェアとジャクジー

 

一面が窓になっており明るい雰囲気ですが、すりガラスになっており外の景色が見えるわけではありませんので若干の閉塞感はあります。

リゾートのプールというよりは、トレーニングのためのコースといった感じになっています。水泳が日ごろの習慣になっている方には便利な設備ですね。

 

ジム(フィットネス)

続いてジムはこんな感じになっています。ちょうどさきほどご紹介したプールの隣に位置しており、窓からはプールの様子を眺められるようになっています。

窓際にはランニングマシンやサイクリングマシンが並べられています。

ヒルトン大阪のジム(フィットネス):全体像

ヒルトン大阪のジム(フィットネス):マシン

 

ジムの中央付近はウェイトマシンが並べられています。

ヒルトン大阪のジム(フィットネス):ウェイト

 

また、窓から反対側の一角には、ダンベルが用意されているほか、ストレッチに利用できそうなスペースも用意されています。充実した設備で快適にトレーニングできそうですね。

ヒルトン大阪のジム(フィットネス):ストレッチエリア1

ヒルトン大阪のジム(フィットネス):ストレッチエリア2

 

浴室(サウナ・バス)

フィットネスセンターの一角には浴室も用意されています。中にはサウナとホットバスに加えて、脱衣所とパウダールームが用意されています。

サウナはドライサウナとなっていました。3人ほどが利用できるくらいのコンパクトなサイズでしたが、水風呂も用意されているため、ちゃんと整うことができます。

サウナ好きには嬉しい設備ですね。

ヒルトン大阪のサウナ・バス:外観

 

休憩室(ラウンジ)

フィットネスセンターの一角には休憩室(ラウンジ)も用意されていました。こちらには、ソファーのほかオットマン付きのリクライニングチェアも用意されており、ゆったりと寛ぐことができるようになっています。

ヒルトン大阪の休憩室(ラウンジ):全体像

 

有料にはなるものの、冷えたドリンクなども用意されていました。至れり尽くせりですね。

ヒルトン大阪の休憩室(ラウンジ):チェア

 

スポンサーリンク

ヒルトンの上級会員に簡単になる方法

ヒルトンアメックスの入会でもれなくゴールド会員資格を獲得

ヒルトンの会員プログラムである「ヒルトンオナーズ」の上級会員に簡単になる方法があります。それはヒルトンアメックス」に入会することです。

ヒルトンアメックスの券面

 

ヒルトンアメックスには「普通カード」と「プレミアムカード」の2種類がありますが、年会費の安い「普通カード」でも入会するだけで「ゴールド会員資格」を獲得することができます。

ゴールド会員資格で得られる主な特典は以下になります。

<ゴールド会員特典>

  1. 無料朝食サービス
  2. 客室のアップグレード(エグゼクティブまで)
  3. レイトチェックアウト
  4. ボーナスポイント加算(+80%)
  5. 会員向け割引
  6. 特典滞在時のリゾート料金不要
  7. デジタルチェックイン&客室の選択
  8. デジタルキー
  9. 客室内およびロビーでのWiFi
  10. 2人目のお客様宿泊無料
  11. ポイント譲渡およびポイントプール無料
  12. スタンダードルーム特典で5泊目無料
  13. ボトルウォーター2本
  14. エリート会員の繰越特典
  15. 無制限のマイルストーンボーナス

 

青字が重要な特典ですが、中でも「無料朝食サービス」を受けられるのが最大の魅力です。

この「無料朝食サービス」は、会員1名と会員と同室に宿泊の1名まで、つまり合計2名に適用されます。

ホテルでの朝食は平均して1人3,500円ほどが相場になりますので、1回2名で利用するだけで7,000円ほどの価値になります。

しかも、連泊した場合は滞在中の毎朝で利用することができます。

 

ヒルトンアメックス(普通カード)の年会費は「16,500円(税込)」ですのが、ヒルトンのホテルに年3回以上宿泊する方であれば、年会費の元を十分に回収することが可能です。

それに加えて、「客室のアップグレード」や「レイトチェックアウト」の特典も受けることができますので、ヒルトンでのホテル滞在がより快適で充実したものになります。

 

ヒルトンアメックスプレミアムの決済条件クリアでダイヤモンド会員資格を獲得

最上位の「ダイヤモンド会員資格」を獲得したい方は「ヒルトンアメックス(プレミアムカード)」がオススメです。

年会費は「年66,000円(税込)」と高額にはなるもの、年200万円以上の決済条件クリアで「ダイヤモンド会員資格」を獲得することができます。

ダイヤモンド会員になれば「エグゼクティブラウンジへのアクセス権」が追加されるため、ホテル宿泊をより楽しく満喫することができるようになります。

また、「ウィークエンド無料宿泊特典」を継続で1泊分、年300万円以上でさらにもう1泊分、合計で最大2泊分獲得できるため、年会費以上の価値を獲得することも十分に可能となっています。

 

ヒルトンアメックスはお得な入会キャンペーンを実施中

そんなヒルトンアメックスに最もお得に入会する方法は「紹介プログラム」を利用することです。

「紹介プログラム」では公式サイトよりもお得な入会キャンペーンを常に実施しており、活用することで初年度の年会費を大幅に上回るような特典を獲得することができます。

ヒルトンアメックスの入会キャンペーンの最新情報はこちらの記事をご参照ください。

 

ヒルトン大阪の宿泊料金

ヒルトンオナーズのエリート特典を利用するには公式サイトからの予約が必要

ヒルトンオナーズのステータス特典を利用するには公式サイトからの予約が必要です。

公式サイトでは、一番スタンダードな客室「ヒルトンルーム(キング/ツイン)」は1泊1室で2万円台前半(サ別)からという価格設定になっています。

ヒルトン大阪の宿泊料金:公式サイトの例

 

MEMO

ヒルトン公式サイトでお得に予約する方法はこちらの記事をご参照ください。

 

ヒルトンオナーズの会員でない方はホテル予約サイトの利用も便利です。最新価格は以下のリンクからご確認いただけます。

 

スポンサーリンク

ヒルトン大阪の場所とアクセス

大阪メトロの駅に直結で主要鉄道駅からも徒歩圏内

ヒルトン大阪は、JR大阪駅(大阪梅田)からは徒歩2分の距離となっています。桜橋口から外に出ると真正面にその姿を捉えることができるため迷わずアクセスできます。

途中には大通りを超える必要があるため実際は徒歩で5分ほどの時間がかかりますが、それでも便利であることは間違いありません。

主要駅からのアクセスをまとめると以下のようになります。

<主要駅からのアクセス>

  • JR「大阪駅」:徒歩2分
  • JR「北新地駅」:徒歩2分
  • 阪神電車「梅田駅」:徒歩1分
  • 四つ橋線「西梅田駅」:徒歩1分
  • 御堂筋線「梅田駅」:徒歩5分
  • 谷町線「東梅田駅」:徒歩7分

 

また、空港からのアクセスも隣接している「大阪マルビル」にリムジンバスが発着しているためとても便利です。

ヒルトン大阪の周辺地図はこちらになります。JR大阪駅(大阪梅田)のすぐ近くに位置しているのがよくわかりますね。

 

まとめ

今回は、ヒルトン大阪のプールとジム、サウナなど、フィットネス施設をご紹介しました。ホテルの7階に位置しています。

プールはちょっと手狭な印象でしたが、ジムはそこそこのスペースがあり、マシン類も充実していました。また、ロッカールーム内にはホットバスやサウナも備えており、トレーニングで疲れた体を気持ちよく癒すこともできます。

ところどころ古さを感じるところもありましたが、宿泊者であれば無料で利用できるというのは嬉しいですね。滞在中のリラックス感がグッと高まりました。

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

ヒルトン大阪関連記事

 

大阪のホテル宿泊記