【9月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

JWマリオット香港:エグゼクティブラウンジでの朝食とカクテルタイム!プールもご紹介!

f:id:pipinobu:20180124154245j:plain

JWマリオット香港:エグゼクティブラウンジでの朝食とカクテルタイム!プールもご紹介!

今回は、JWマリオット香港のエグゼクティブラウンジ(クラブラウンジ)をご紹介します。エグゼクティブラウンジは、基本はエグゼクティブフロア宿泊者が利用できるラウンジですが、マリオットリワードの上級会員(ゴールドもしくはプラチナ)であれば、客室のグレードに関係なく利用することができます。我々はプラチナ会員でしたので、その特典として無料で利用することができました。今回は、朝食とカクテルタイム(カクテル&オードブル)、2つの時間帯で利用することができましたので、その様子をレポートしたいと思います。また、JWマリオットには、おしゃれなプールもありますので、その様子も少しご紹介したいと思います。

JWマリオット香港とは

マリオットは世界最大のホテルチェーンであり、複数のブランドを抱えるホテルグループです。JWマリオットは、その中でも最高級のブランドに位置付けられるものです。

JWマリオット香港は、香港の高級な5つ星ホテルです。香港のアドミラルティ地区の中心部に位置する「パシフィック・プレイス・モール」の上に客室を構えています。

602の客室とスイートを備えており、客室では、無料のWi-Fiアクセス、24時間対応のルームサービス、などを提供しています。

また、ホテル設備としては、温水屋外プールや、24時間オープンのヘルスクラブ、8つのホテル内のレストラン、バー、ラウンジなどを備えています。

通常のチェックイン時間は14時から、チェックアウト時間は12時となっています。

<JWマリオット香港:概要>

  • 住所:Pacific Place, 88 Queensway, 香港, 中国
  • チェックイン時間: 14:00
  • チェックアウト:時間 12:00

 

JWマリオット香港の周辺地図はこちらになります。

 

JWマリオット香港:予約した部屋とアップグレードの結果

JWマリオット香港には今回、SPGアメックスのスターポイントを利用して無料宿泊しました。予約した客室のカテゴリーは一番ベーシックな「デラックスルーム(シティービュー)」、利用したポイントは15,000スターポイントとなります。

<無料宿泊に必要なポイント数と客室のカテゴリー>

  • デラックスルーム(シティービュー):15,000スターポイント(=45,000リワードポイント)

 

その後、チェックイン時の当日アップグレードによって、 「JWスイート(ハーバービュー)」というスイートルームへのアップグレードに成功しました。

これは、当初予約のグレードから比べると、6段階のアップグレードになります。プラチナ会員の威力をまざまざと見せつけられる結果となりました。

<JWマリオット香港ので客室のカテゴリー>

  • デラックスルーム(シティービュー) <=当初予約
  • プレミアルーム(マウンテンビュー)
  • プレミアルーム(ハーバービュー)
  • エグゼクティブルーム(マウンテンビュー)
  • エグゼクティブルーム(ハーバービュー)
  • JWスイート(マウンテンビュー)
  • JWスイート(ハーバービュー) <=アップグレード後

 

このアップグレードと、JWスイート(ハーバービュー)のお部屋の様子の詳細につきましては、こちらの記事をご参照ください。

 

JWマリオット香港:エグゼクティブラウンジ概要

エグゼクティブラウンジを利用できるのは?

JWマリオット香港のエグゼクティブラウンジは、ホテルの33階および34階に位置しています。2フロア構成です。受付が33階で、席が34階にも広がっているようなイメージです。

JWマリオット香港でエグゼクティブラウンジを利用するには、以下の条件を満たす必要があります。

<JWマリオット香港でのエグゼクティブラウンジ利用条件>

  • エグゼクティブフロア宿泊者
  • マリオットリワードのゴールド会員およびプラチナ会員

 

マリオットリワードのゴールド会員およびプラチナ会員の場合は、宿泊している客室のグレードに関係なく、エグゼクティブラウンジを利用することができます。

我々はプラチナ会員でしたので、今回、エグゼクティブラウンジを利用できることになりました。

エグゼクティブラウンジのタイムテーブル

エグゼクティブラウンジの利用対象者には、チェックインの際に、利用方法やタイムテーブル等を記した紙が提供されます。現物はこんな感じです。

f:id:pipinobu:20180124134628j:plain

写真だとわかりづらいと思いますので、内容を翻訳して以下に転記します。

<エグゼクティブラウンジのタイムテーブル>

  • 朝食:6時から10時半(月曜から金曜)、6時から11時(土日、祝日)
  • アフタヌーンティー:14時から16時
  • カクテル:16時半から20時半
  • オードブル:17時半から20時
  • イブニングスナック:21時から24時
  • その他リフレッシュメント:全日

 

我々は今回、上記赤字の朝食とカクテル&オードブルを体験してきましたので、内容をレポートしていきたいと思います。

ちなみに、注意点として以下も記載されていました。ご参考までにこちらも転記しておきます。

<エグゼクティブラウンジの注意点>

  • 利用者を追加するには、一人当たり400HKD(=約5,800円)が必要
  • 12歳以下の利用は無料(ただし、6時から18時までの利用に限る。また保護者の同伴が必要)
  • ドレスコード有り(スマートカジュアル。バスローブやスリッパでの利用は不可)

 

JWマリオット香港:エグゼクティブラウンジの全体像

まずは、JWマリオット香港のエグゼクティブラウンジの全体像についてご説明します。JWマリオット香港のエグゼクティブラウンジは、前述のとおり、33階と34階に位置しています。

こちらの写真は、33階にある、エグゼクティブラウンジへの入り口です。

f:id:pipinobu:20180124152234j:plain

エグゼクティブラウンジ全体としては、6時から24時までの営業時間になります。

f:id:pipinobu:20180124152237j:plain

入り口を開けると、こんな感じになっています。こちらの左側にカウンターがあり、スタッフの方がいる時は、部屋番号や名前などを告げて入室します。そうでない場合は、テーブルに座っているタイミングで確認を受ける場合があります。

f:id:pipinobu:20180124152300j:plain

こちらの入り口の脇には階段が用意されており、上の階(34階)に移動することができます。

f:id:pipinobu:20180124152323j:plain

基本的には、33階にフードやドリンクが用意されていますので、33階に陣取った方が、フードやドリンクのピックアップには便利です。

ただし、33階は便利が故に混雑しているので、混雑が嫌いな方は、34階がお勧めです。

こちらは、カクテルタイム時の33階の様子です。とても混雑しており、空席がないような状況でした。このような時でも34階は比較的余裕がありました。

f:id:pipinobu:20180124152303j:plain

こちらは、朝食時の34階の様子です。窓が大きくとられており、明るく開放感がありますね。ハーバービューがとても綺麗で爽快です。

f:id:pipinobu:20180124152243j:plain

ちなみに、34階にはフードの用意はありませんが、一部のドリンクはあります。一部といったのは、カクテルタイム時にはアルコールの提供があるのですが、アルコールは33階のみに用意があります。34階には、常時ソフトドリンクのみの用意になります。

f:id:pipinobu:20180124152314j:plain

 

スポンサーリンク

JWマリオット香港:エグゼクティブラウンジでのカクテルタイムの様子

さて、そんなこんなで、まずは初日のカクテルタイム(カクテル&オードブル)の様子をご紹介します。

我々が訪れたのは18時ごろで、すでに33階は満席になっており、34階に陣取ることになりました。

カクテルタイム:フードの品揃え

カクテルタイムではオードブルが提供されます。サラダやハム、チーズなどの冷菜から、点心のような温菜まで、幅広く用意されています。

全体的には、こちらの写真のようなビュッフェテーブル上に、料理が所狭しと並べられています。品数はかなり豊富です。

こちらの写真では、中央部にチーズやナッツ、ドライフルーツなどが並べられています。また、棚の上部には、カップ状の前菜がいくつか並べられています。

f:id:pipinobu:20180124153837j:plain

f:id:pipinobu:20180124153844j:plain

こちらは、温菜ですね。焼き鳥やフィッシュボール、焼き豚、焼きそば、などなど。写真には撮り忘れましたが、シュウマイや餃子などの点心もありました。

f:id:pipinobu:20180124153913j:plain

特徴的だったのが、デザートの品揃えが豊富だったことです。こちらの写真のように、ミニケーキやマカロンなどが、ずらずらっと並べられています。女性には嬉しいポイントですね。

f:id:pipinobu:20180124153900j:plain

カクテルタイム:ドリンクの品揃え

ドリンクについても、基本はビュッフェテーブル上に、ずらずらっと並べられています。

f:id:pipinobu:20180124153712j:plain

ワインは、赤ワイン、白ワインの他、スパークリングワインの用意もありました。

f:id:pipinobu:20180124153730j:plain
f:id:pipinobu:20180124153736j:plain

ビールは、冷蔵庫の中にスタンバイされています。

f:id:pipinobu:20180124153741j:plain

その他、ソフトドリンクとしては、フルーツジュースやアイスティーなどの他、コーヒーや紅茶の用意もありました。

f:id:pipinobu:20180124153726j:plain

カクテルタイム:いただいたもの

そんなこんなで、いただいたものはこちらになります。まずは、青島ビールで乾杯。

f:id:pipinobu:20180124154152j:plain

その後は、おしゃれな感じの小皿系の前菜をいくつか。意外なことに、お寿司もありました。

f:id:pipinobu:20180124154211j:plain

続いては、香港ぽく、中華の点心などなど。なかなかのお味。

f:id:pipinobu:20180124155707j:plain

こちらは、カクテルタイムの定番である、生ハムやサラミなどなど。安定の美味しさ。

f:id:pipinobu:20180124154204j:plain

こちらは、サラダと、串焼きやフィッシュボール、焼き豚、焼きそばなどなど。こちらも、なかなかのお味。

f:id:pipinobu:20180124154201j:plain

最後は、種類豊富なデザートから、一通りいただいてきました。色とりどりで、とても綺麗です。味の方も、とても良かったですね。大満足。

f:id:pipinobu:20180124154214j:plain

スポンサーリンク

カクテルタイム:利用した感想

33階は混みすぎていましたが、34階は比較的空いており、平和でゆったりと過ごすことができました。落とされた照明の中、ハーバービューの夜景を楽しむことができ、雰囲気も、なかなかです。

料理の品揃えは豊富で、ボリュームもあるので、夕食の代わりとしても十分成り立ちます。特に、デザートの品揃えは圧巻で、それだけでも満足度がかなり高まりました。

ただ、料理の味に関しては、まずまずといったところで、特別に美味しいというわけでもありません。点心がありますので、香港感も若干味わえますが、それだけといえばそれだけです。

香港には、美味しいものがいっぱいありますので、本格的な夕食は、街に繰り出していただいた方が、思い出にもなりますし、満足度も高いのではないかと思います。

我々の場合は、空港でロストバゲージにあうというアクシデントがあり、街に繰り出す元気が失われていたので、こちらのエグゼクティブラウンジで夕食の代替にしました。

こういう不測の事態には、ラウンジが使えるというのは保険にもなって安心感がありますね。とても助かりました。

 

JWマリオット香港:エグゼクティブラウンジでの朝食の様子

続いては、翌朝の朝食の様子です。朝食時も33階はいっぱいだと言われてしまい、34階でいただくことになりました。

朝食:フードの品揃え

朝食も、フードの品揃えは豊富です。こちらはサラダ。ハムやチーズの用意もあります。

f:id:pipinobu:20180124154040j:plain

こちらはパン各種。ずらずらっと並べられており圧巻です。

f:id:pipinobu:20180124153946j:plain

こちらはエッグステーション。好きな卵料理を作っていただくこともできます。

f:id:pipinobu:20180124153953j:plain

こちらは、香港ぽく、おかゆですね。おかゆと揚げパンに加え、ピータンなどのトッピングなどなど。

f:id:pipinobu:20180124154004j:plain

ホットミールは、ベーコンやソーセージ、スクランブルエッグなどの、ホテル朝食の定番はもちろん用意されています。

f:id:pipinobu:20180124154009j:plain
f:id:pipinobu:20180124154020j:plain

それに加えて、餃子やシュウマイなどの点心もあります。こちらも、香港ぽくて良いですね。

f:id:pipinobu:20180124154025j:plain

カクテルタイムのように、ケーキなどのデザートの用意はありませんが、フルーツは種類豊富に用意されていました。

f:id:pipinobu:20180124153959j:plain

朝食:ドリンクの品揃え

ドリンクについては、朝食ではアルコールの提供はありませんので、基本はコーヒーや紅茶、フルーツジュースなどのソフトドリンクの提供になります。

お茶に関しては、こちらの写真のように、紅茶の他にも、中国茶の用意もありました。

f:id:pipinobu:20180124154406j:plain

朝食:いただいたもの

そんなこんなで、いただいたものはこちらになります。サラダとハム、サーモンなどなど。この中では、特にサーモンが美味しかったですね。

f:id:pipinobu:20180124154238j:plain

こちらはホットミール各種。ちょっとずつ、いろいろ頂いてみました。どれも味はなかなかです。

f:id:pipinobu:20180124154242j:plain

この後、パンなどもいただき、最後はフルーツをいただきました。マンゴーやドラゴンフルーツ、ベリーの用意もあり、フルーツ好きには大満足の内容でした。

f:id:pipinobu:20180124154244j:plain

朝食:利用した感想

朝食は全体的に種類豊富で、ホテル朝食としては、満足できるレベルのものでした。特に、パンとフルーツの品揃えは圧巻で、これらが好きな方には、満足度は高いのではないかと思います。

ただ、あくまで、西洋式の朝食であり、香港感が特別にあるわけではありません。

香港感を求める方は、ホテルの外に出かけるのがオススメです。JWマリオットは中環(セントラル)にも近いので、そこまで出ると、おかゆや麺の有名店がたくさんあります。

その後、ホテルに戻って、フルーツとコーヒーなんかをゆっくりいただくというのが、理想的な使い方かもしれません。

スポンサーリンク

JWマリオット香港:プールの様子

JWマリオット香港にはホテル施設としてプールの用意があります。プールは宿泊者であれば、無料で利用することができます。

我々は、カクテルタイム後に、ちょっと様子を伺ってみました。プールの様子はこんな感じです。うっすらとライトアップされていて、とても良い雰囲気です。

f:id:pipinobu:20180124165002j:plain

周辺は、高層ビルに囲まれているので、ビルを眺めながら、プールでゆったりするのも良さそうです。ちなみに、プールの周辺にはスタッフの方が常駐されていて、タオルをお借りすることができます。

f:id:pipinobu:20180124165006j:plain

この時は、1月ということで、若干肌寒い感じではありましたが、ジャクジーも用意されているので安心です。プールには人気はありませんでしたが、ジャクジーの方は、ちらほら利用されている方がいらっしゃいました。

f:id:pipinobu:20180124165009j:plain

我々も、本当は利用したかったのですが、ロストバゲージのせいで、この時手元に水着がなく、利用は断念しました・・。

次回チャンスがあれば、ぜひ利用してみたいところです。

マリオットおよびSPGの上級会員に簡単になる方法

SPGおよびマリオットの上級会員である「ゴールド会員資格」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスは、年会費が31,000円(税抜)のクレジットカードですが、もれなくSPGおよびマリオットのゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

マリオットの場合、ゴールド会員からラウンジ利用の利用をはじめ、客室のアップグレードやレイトチェックアウト、朝食提供の特典を受けらるため、とってもお得です。

<マリオット、SPGの会員特典まとめ>

特典の内容

マリオット

SPG

ゴールド

プラチナ

ゴールド

プラチナ

客室のアップグレード

レイトチェックアウト

ラウンジ利用

朝食提供

 

現在は、SPGアメックス保有者からの紹介で、最大13,000スターポイントを獲得できるキャンペーンも実施中で、初年度における年会費の負担を軽減することもできます。ご興味のある方は、ぜひこのお得なタイミングでご検討ください。

 

また、SPGアメックスによって、SPGおよびマリオットのゴールド会員となった後は、プラチナチャレンジを実施することで、比較的容易に、SPGおよびマリオットのプラチナ会員になることも可能です。

プラチナチャレンジの詳細については、こちらの記事をご参照ください。

 

プラチナ会員になると、SPGのホテルでもエグゼクティブラウンジ(クラブラウンジ)や無料朝食の特典などが利用できるようになります。また、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まります。

プラチナ会員の特典とメリットおよび必要コストについては、こちらもご参照ください。

 

香港・シンガポール旅行2018のスケジュール

今回の香港・シンガポール旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、5泊6日のスケジュールで、香港に2泊、シンガポールに3泊というスケジュールになります。

今回の記事は、旅行1日目および2日目の、JWマリオット香港でのエグゼクティブラウンジ利用の様子になります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:羽田から香港に移動(MU576、MU503便)、JWマリオット(香港)宿泊 <=今ココ
  • 2日目:ザ・リッツカールトン(香港)宿泊
  • 3日目:香港からシンガポールに移動(SQ863)、コンラッド(シンガポール)宿泊
  • 4日目:セントレジス(シンガポール)宿泊
  • 5日目:シェラトン・タワーズ(シンガポール)宿泊
  • 6日目:シンガポールから成田に移動(DL166)

 

今回の、香港・シンガポール旅行の全体的な計画についてはこちらをご参照ください。SPGアメックスと陸マイラー活動で貯めたマイルを活用することで、スイートルームやビジネスクラスを利用した豪華な海外旅行を低コストで実現しています。

 

JWマリオット香港:エグゼクティブラウンジでの朝食とカクテルタイム!プールもご紹介!のまとめ

今回は、JWマリオット香港のエグゼクティブラウンジ(クラブラウンジ)をご紹介しました。

香港のようなグルメな都市では、ホテルの外に美味しいものが溢れているわけで、そもそもラウンジの利用価値なんてあるのか、と最初は思っていました。

ですが、我々のようにトラブルにあう可能性もあるわけで、いつでも利用できるラウンジが用意されているというのは、やはり安心感がありますね。

特に、JWマリオット香港のエグゼクティブラウンジは、ホテルのラウンジとしては、かなり充実している部類に入りますので、利用価値は高いのではないかと思いました。

==>次の記事

ビクトリアピークの行き方!タクシー利用の料金と時間は?

<==前の記事

JWマリオット香港 宿泊記:SPGアメックスとプラチナ特典でスイートルームにアップグレード!

<香港・シンガポール旅行記の目次>

香港・シンガポール旅行記2018:全体の目次、記事一覧はこちら!

 

海外旅行好きの方はこちらの記事も注目です。SPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実現しています。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

関連記事

 

error: