【2022年5月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:シャンパンディライトとプラチナ特典をレポート!

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:シャンパンディライトとプラチナ特典をレポート!

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」には、残念ながらクラブラウンジの用意はありません。しかしながら、シャンパンが無料で振舞われる「シャンパンディライト」というイベントが、宿泊者向けに用意されています。ホテル内の「茶寮 八翠(Cafe Hassui)」というカフェで提供されるのですが、テラス席からは、保津川と嵐山の素晴らしい景色を楽しむことができます。当記事では、この「シャンパンディライト」の様子とプラチナ特典について、詳しくご紹介していきたいと思います。

目次

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都とは

世界的なホテルグループであるマリオット系列のラグジュアリーホテル

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」は世界的なホテルグループである「マリオット&SPG」系列のホテルです。ブランドとしては、「ラグジュアリーコレクション」となります。

「ラグジュアリーコレクション」は、「ザ・リッツ・カールトン」や「セントレジス 」と並び、「マリオット&SPG」グループの中で、最高級ブランドとして位置づけられています。

マリオット&SPGグループでは、ホテルのグレードをカテゴリーで表していますが「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」は、最上級のカテゴリー8に位置づけられています。(2019年初旬までは暫定的に「カテゴリー7」となっています。)

 

世界的な景勝地である「嵐山」に位置し、露天温泉を備える客室が特徴

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」は、世界的な景勝地である「嵐山」に位置しています。

嵐山御殿と称された「旧延命閣」を生かす形でリノベーションされたレストランや茶寮と、新たに建てられた3階建ての客室棟とで構成されています。2015年3月に開業しました。

また、ホテル内の全39室のうち、17室には天然温泉が楽しめる露天風呂を備えているのが特徴になります。

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」は、公式HPでは以下のように紹介されています。

清らかな保津川の流れと悠久の稜線が織りなす自然美を望む世界的景勝地、嵐山。 世界遺産「天龍寺」や「渡月橋」など数多くの名所・史跡を擁す、格式ある歴史と文化に育まれた地として知られ、 春には満開の桜、夏には豊かな緑と清流、秋には錦織る紅葉、そして冬には白銀の雪景色と、日本らしい四季折々の風景を堪能いただけます。 日本の伝統美を随所にあしらったモダンなデザインの客室 全39室のうち、17室には天然温泉が楽しめる露天風呂をご用意しています。ホテル内には、明治期の歴史的建造物を生かしたレストラン「京 翠嵐」や嵐山の絶景を一望できるカフェ「茶寮 八翠」、宴会場、プライベートスパ、そして伝統の風格に現代的なエッセンスが加えられた日本庭園など、嵐山が持つ自然美、四季折々の風景と共に、他では味わうことのできない格別な体験をご提供いたします。

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:公式HP

 

MEMO

マリオットのホテルプログラムである「マリオットボンヴォイ」の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

「マリオットボンヴォイ」には登録料・年会費など無料で利用することができます。まだ入会していない方はこちら公式サイトから新規登録しましょう。

「マリオット公式サイト」はこちら!

 

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:シャンパンディライトとプラチナ特典一覧

スポンサーリンク

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:シャンパンディライトとは

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」には、宿泊者向けにイベントが用意されています。それが「シャンパンディライト」です。

「シャンパンディライト」では、その名前のとおり、シャンパンが無料で振舞われる他、お酒が飲めない方向けにはソフトドリンクや、ちょっとした「おつまみ」などが提供されます。

場所は、ホテル内の「茶寮 八翠(Cafe Hassui)」というカフェ施設となっており、午後5時から7時までの2時間枠で開催されます。

チェックインの際に、こちらのような招待状が提供されます。

 

<シャンパンディライト>

  • 対象者:宿泊者
  • 時間:5:00pm – 7:00pm 6:30pm
  • 場所:茶寮 八翠(Cafe Hassui)

 

対象者は「宿泊者」ということで、会員レベルによらず参加できるのが嬉しいポイントです。通常、こういったイベントは、上級会員に対象を絞っていることが多いと思いますので、なかなかの太っ腹ですね。

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」は、全体でも39室しか客室がありませんので、こういったコンパクトさが故に、実現できているサービスかもしれません。

MEMO

シャンパンデライトの時間は、コロナ禍の前までは午後7時まででしたが、最近では午後6時半までに変更になっています。最新情報はホテルまでご確認ください。

 

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:プラチナ特典一覧

続いては、「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」のプラチナ特典をご紹介します。

プラチナ特典の場合、チェックイン時にいただける「キーカバー」に、特典一覧が記載されています。以下の写真では、一番左がそれに該当します。また、スイーツチケットも一緒に提供いただきました。

 

写真だとわかりづらいと思いますので、以下に転記してみます。

<プラチナ特典一覧>

  • ご滞在ごとに75%のボーナスポイント
  • ウェルカムギフトとして、ポイント、朝食、またはアメニティを進呈
  • 無料の、より高速な客室内インターネットアクセス
  • 午後4時までのレイトチェックアウト
  • スイーツチケットの提供(別紙での提供)

 

マリオット&SPGのプラチナ特典としては「クラブラウンジ」の利用というものが一般的に可能となっています。しかしながら、「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」にはクラブラウンジがないため、これは特典の対象外となっています。これはちょっと残念です。

ただし、先ほどご紹介した「シャンパンディライト」が用意されていることと、「スイーツチケット」が提供されていることで、これらが、クラブラウンジのサービスの一部代替と捉えることもできると思います。

MEMO

「スイーツチケット」は、「シャンパンディライト」の会場と同じ、「茶寮 八翠(Cafe Hassui)」というカフェで、スイーツが提供されるというものです。時間は特に決められていませんので、「茶寮 八翠(Cafe Hassui)」がオープンしている時間であれば、いつでもいただくことができます。

 

また、「朝食」に関しては、ウェルカムギフトの選択肢の一つとして用意されていました。どれを選択するのかは、チェックインの際に聞かれましたので、我々は「朝食」をいただくことにしました。(「朝食」の様子については、次の記事で詳しくご紹介したいと思います。)

ですので、ここでの「アメニティ」が何を指しているのかはわかりませんが、前回の記事でご紹介したとおり、客室には、「ウェルカムフルーツ」と、「翠嵐の石けん(手作りの石鹸)」が用意されていましたので、ウェルカムギフトとしては、十二分に楽しむことができました。

 

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:シャンパンディライトの様子をレポート

そんなこんなで、今回は「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」における宿泊者向けのイベントである「シャンパンディライト」の様子をご紹介していきたいと思います。

シャンパンディライト:外観と店内の雰囲気

前述のとおり、「シャンパンディライト」の会場は、「茶寮 八翠(Cafe Hassui)」というホテル内のカフェです。こんな感じの外観になっています。雅な和風の建物をいかした作りになっています。

 

横から見るとこんな感じです。保津川に面して、テラス席が用意されているのがわかりますね。とても気持ち良さそうです。

 

建物の中はこんな感じです。古い日本家屋を残しつつ、モダンなテーブル席が並べられています。和と洋の融合といった感じですね。照明も落とされて、とても良い雰囲気です。

 

テラス席はこんな感じです。保津川と嵐山の自然を真正面で感じられる、パノラマビューになっています。最高ですね。

 

我々も、この素晴らしい景色を堪能すべく、この日はテラス席に陣取ることにしました。

 

シャンパンディライト:メニュー

「シャンパンディライト」では、特にメニューの提供はなく、口頭での説明になります。アルコールのシャンパンの他、ノンアルコールのシャンパンと、コーヒー、紅茶などをいただくことができるということでした。

また、ちょっとした「おつまみ」もご提供いただけるということでした。

そこで我々は、アルコールとノンアルコールのシャンパンを、まずは1つずついただくことにしました。また、プラチナ特典としていただいていた「スイーツチケット」も、このタイミングで利用することにしました。

 

シャンパンディライト:いただいたドリンク&フード

そんなこんなで、いただいたものはこちらになります。

まずこちらは「おつまみ」。この日は、オムレツと豆をベースとした和菓子となっていました。ちょっとしたものですが、嬉しいですね。

 

そしてこちらが、アルコールとノンアルコールのシャンパンです。右手がアルコールのシャンパンで、銘柄は「ヴーヴ・クリコ」となっていました。小さくてちょっと見えませんが、グラスにも「Veuve Clicquot」と記載されています。さすが「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」、ちゃんとしたブランドのシャンパンを出してきますね。

 

左手はノンアルコールのシャンパン。ノンアルコールのシャンパンって聞きなれない響だったので、詳しく伺ってみました。

銘柄は「1688グラン・ロゼ」というもので、シャンパンの伝統的な製法に則って製造された、歴史あるノンアルコールのシャンパンだということでした。

 

ノンアルコールとはいえ、普通のジュースを持ってこないところに「シャンパンディライト」としてのこだわりを感じますね。お酒を飲める人も、飲めない人も、シャンパンを楽しめるようにという工夫がなされていました。

そして、最後にこちらが、「スイーツチケット」でいただいたスイーツです。和菓子の「翡翠もち」だということでした。保津川の「エメラルドグリーン」の色をイメージしているということでした。こちらは、夫婦2人で1品ずついただけました。

 

黒蜜ときな粉もセットになっていて、とても美味しくいただきました。

 

MEMO

2019年11月に宿泊時は、シャンパンの種類が「TATTINGER(テタンジェ)」に変更になっていました。「Veuve Clicquot(ヴーヴ・クリコ)」同様、質の良いものが提供されていますね。「ノンアルコールの「1688」はそのままです。また、日本酒も嵐山の地のものを選択できるようになっていました。

 

シャンパンディライト:利用した感想

今回体験した「シャンパンディライト」は、テラスからの景色と居心地が、とにかく最高でした。

保津川と嵐山の森の風景を眺めながら、鳥のさえずりなどを聞いていると、時間がゆったりと流れ、普段の生活でのストレスが消えていくのを感じ、とてもリフレッシュできました。

また、シャンパンも、アルコールとノンアルコールが用意されており、どちらもこだわりを感じさせる良いものであり、さすが、マリオット&SPGのグループの中でも、国内最高峰である「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」だな、と感心させられました。

とても素晴らしい時間を提供いただいて、感謝感謝です。

 

ちなみに、「シャンパンディライト」の後は、夜の「嵐山」の散策がオススメです。夜の嵐山は、観光客の数がぐっと減って、また違った印象になります。夜に散策できるのは、宿泊者の特権ですからね。

 

スポンサーリンク

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:場所とアクセス

世界遺産である「天龍寺」や「渡月橋」など、数多くの名所・史跡から徒歩圏内

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」は、世界的に人気な観光地である京都・嵐山に位置しています。

世界遺産である「天龍寺」や「渡月橋」など、数多くの名所・史跡から徒歩圏内という、素晴らしい立地となっています。

 

最寄駅からは徒歩10分から15分ほどの距離がありタクシーでのアクセスが便利

最寄駅は、「嵐山」を冠する以下の3駅となります。どの駅からも、徒歩10分から15分程度の距離となっています。

荷物が少なければ、周辺の素晴らしい景観を楽しみながら徒歩でアクセスできます。タクシーであればワンメーターほどの距離となっています。

<翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:最寄駅>

  • 嵐山駅(阪急):徒歩10分程度
  • 嵐山駅(京福電気鉄道):徒歩10分程度
  • 嵯峨嵐山駅(JR西日本嵯峨野線(山陰本線)):徒歩15分程度

 

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」の周辺地図は以下になります。

 

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:予約したお部屋とコスト、アップグレードの結果

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:利用したポイント数

今回、こちらの「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」には、SPGアメックスのポイントを利用して無料宿泊しました。

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」は、マリオット&SPGのカテゴリーでは「カテゴリー8」のホテルになります。

「カテゴリー8」の場合、無料宿泊に必要なポイント数は85,000マリオットポイント(スタンダードシーズン)となっています。

 

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:予約した客室のカテゴリーとコスト(費用)

予約した客室のカテゴリーは「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」の中で一番スタンダードである「モデレートツイン」でした。

<客室のカテゴリーと無料宿泊に必要なポイント数>

  • モデレートツイン:85,000マリオットポイント

 

ポイントを利用した無料宿泊の場合は、税金等はかかりません。よって今回は、完全無料で宿泊することができました。

 

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:アップグレードの結果

我々はマリオット&SPGにおけるプラチナ会員としてこちらのホテルに宿泊しました。上級会員になるとアップグレードの特典を受けられるため、チェックインの際は、いつもドキドキです。

そして、気になるアップグレードの結果はというと、

「モデレートツイン」から「デラックスツイン」へのアップグレードに成功しました!

これは、プラチナ会員の特典としてのアップグレードですので、当然、コストは発生していません。無料でのサービスということになります。

 

このアップグレードの結果と、アサインされた「デラックスツイン」のお部屋の詳細については、こちらの記事をご参照ください。

 

スポンサーリンク

マリオットの上級会員(ゴールド&プラチナ)に簡単になる方法

マリオットアメックス(プレミアム)保有でゴールド会員資格をもれなく獲得

マリオットの上級会員資格である「ゴールドエリート」を簡単に獲得する方法があります。それは「マリオットアメックス(プレミアム)」を保有することです。

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

 

マリオットアメックス(プレミアム)は、年会費は「49,500円(税込)」と高額ながらも、その費用を上回る豊富な特典によりホテル好き必携のクレジットカードになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)の主な特徴は以下になります。無料宿泊特典(5万円相当)だけでも年会費負担を相殺することができてしまいます。

また、ポイント還元率やマイル還元率の高さから陸マイラーからも絶大な人気を誇っています。

<マリオットアメックス(プレミアム)の主な特長>

  1. マリオット の「ゴールド会員資格」を自動的に獲得
  2. カード決済でポイント還元率3%&マイル還元率1.25%を実現
  3. マリオットのホテル利用でポイント還元率6%を実現
  4. ポイント有効期限は実質無期限
  5. 貯めたポイントはホテルの無料宿泊や世界40以上の航空マイルに交換可能
  6. 年15泊分の宿泊実績を獲得
  7. 年150万円以上の決済で無料宿泊特典を獲得(5万円相当)
  8. 年400万円以上の決済で「プラチナ会員資格」を獲得

 

マリオットアメックス(プレミアム)の特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

プラチナチャレンジでプラチナ会員へのステップアップも容易

私の場合は、マリオットの「ゴールドエリート」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、マリオットの「プラチナエリート」も獲得しました。

 

また、年400万円以上の決済が可能な方であれば、マリオットアメックス(プレミアム)の特典で「プラチナエリート」を獲得できるのもメリットですね。

プラチナ会員になるとマリオットのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになります。

加えて、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まりレイチェックアウトも午後4時まで可能になるなど、マリオットのホテル宿泊を最大限に満喫することができます。

ゴールドエリートとプラチナエリートの主なステータス特典は以下になります。

<ステータス特典(ゴールド&プラチナ)>

  ゴールド プラチナ
ポイントボーナス ◯(25%) ◯(50%)
レイトチェックアウト ◯(14時) ◯(16時)
レストラン割引 ◯(15%) ◯(20%)
ウェルカムギフト ◯(250 or 500ポイント) ◯(500 or 1,000ポイント、無料朝食、アメニティから選択)
客室のアップグレード ◯(スイート含む)
ラウンジへのアクセス  

 

入会キャンペーンで年会費負担も軽減可能

マリオットアメックス(プレミアム)では、最大45,000ポイント(=4.5万円相当)を獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担をほぼ相殺できるというお得さになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)に興味のある方にとっては大チャンスと言えますね。

入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、宿泊者向けのイベントである「シャンパンディライト」と、プラチナ会員向けに提供されている特典をご紹介しました。

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」には、残念ながらクラブラウンジの用意がありませんが、今回ご紹介した「シャンパンディライト」と「スイーツチケット」で、ある程度は補うことができているように思います。

特に「シャンパンディライト」は、提供されている空間とシャンパンの質のどちらもレベルが高く、素晴らしいものでした。

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」の宿泊における満足度が、とても高まりました。

 

次回は、プラチナ会員向けの特典として無料でいただくことができた「朝食」の様子をご紹介したいと思います。

次の記事==>

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

MEMO

マリオットのホテル予約は「最低価格保証(ベストレート保証)」を提供している公式サイトからが最もお得です。公式サイトは以下からご参照ください。

マリオット公式サイトはこちら!