【12月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:朝食をレストラン「京 翠嵐」で体験レポート!

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:朝食をレストラン「京 翠嵐」で体験レポート!

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」では、プラチナ会員への特典として、ホテル内のレストランである「京 翠嵐」にて、無料で朝食をいただくことができます。「京 翠嵐」は歴史ある建造物を生かした趣のある高級レストランです。こんな素晴らしい場所で優雅に朝食をいただけるなんて、プラチナ会員の特権ですね。当記事では、この「京 翠嵐」でいただいた朝食の様子を、詳しくご紹介していきたいと思います。

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都とは

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」は世界的なホテルグループである「マリオット&SPG」系列のホテルです。ブランドとしては、「ラグジュアリーコレクション」となります。

「ラグジュアリーコレクション」は、「ザ・リッツ・カールトン」や「セントレジス 」と並び、「マリオット&SPG」グループの中で、最高級ブランドとして位置づけられています。

マリオット&SPGグループでは、ホテルのグレードをカテゴリーで表していますが「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」は、最上級のカテゴリー8に位置づけられています。(2019年初旬までは暫定的に「カテゴリー7」となっています。)

 

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」は、嵐山御殿と称された「旧延命閣」を生かす形でリノベーションされたレストランや茶寮と、新たに建てられた3階建ての客室棟とで構成されています。2015年3月に開業しました。

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」は、公式HPでは以下のように紹介されています。

清らかな保津川の流れと悠久の稜線が織りなす自然美を望む世界的景勝地、嵐山。 世界遺産「天龍寺」や「渡月橋」など数多くの名所・史跡を擁す、格式ある歴史と文化に育まれた地として知られ、 春には満開の桜、夏には豊かな緑と清流、秋には錦織る紅葉、そして冬には白銀の雪景色と、日本らしい四季折々の風景を堪能いただけます。 日本の伝統美を随所にあしらったモダンなデザインの客室 全39室のうち、17室には天然温泉が楽しめる露天風呂をご用意しています。ホテル内には、明治期の歴史的建造物を生かしたレストラン「京 翠嵐」や嵐山の絶景を一望できるカフェ「茶寮 八翠」、宴会場、プライベートスパ、そして伝統の風格に現代的なエッセンスが加えられた日本庭園など、嵐山が持つ自然美、四季折々の風景と共に、他では味わうことのできない格別な体験をご提供いたします。

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:公式HP

 

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:場所とアクセス

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」は、世界的に人気な観光地である京都・嵐山に位置しています。世界遺産である「天龍寺」や「渡月橋」など、数多くの名所・史跡から徒歩圏内という、素晴らしい立地となっています。

最寄駅は、「嵐山」を冠する以下の3駅となります。どの駅からも、徒歩10分から15分程度の距離となっています。荷物が少なければ、周辺の素晴らしい景観を楽しみながら徒歩でアクセスできます。タクシーであればワンメーターほどの距離となっています。

<翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:最寄駅>

  • 嵐山駅(阪急):徒歩10分程度
  • 嵐山駅(京福電気鉄道):徒歩10分程度
  • 嵯峨嵐山駅(JR西日本嵯峨野線(山陰本線)):徒歩15分程度

 

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」の周辺地図は以下になります。

 

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:予約したお部屋とコスト、アップグレードの結果

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:利用したポイント数

今回、こちらの「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」には、SPGアメックスのポイントを利用して無料宿泊しました。

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」は、前述のとおり、マリオット&SPGのカテゴリーでは「カテゴリー8」のホテルになります。

「カテゴリー8」の場合、無料宿泊に必要なポイント数は85,000マリオットポイント(スタンダードシーズン)となっています。

ただし、マリオット&SPGがプログラム統合する関係で、2019年初旬までは、暫定的に「カテゴリー7」となっていますので、60,000マリオットポイント(スタンダードシーズン)で予約することができました。

日本のホテルにおけるカテゴリーおよび無料宿泊に必要はポイント数については、こちらの記事もご参照ください。

 

スポンサーリンク

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:予約した客室のカテゴリーとコスト(費用)

予約した客室のカテゴリーは「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」の中で一番スタンダードである「モデレートツイン」でした。

<客室のカテゴリーと無料宿泊に必要なポイント数>

  • モデレートツイン:60,000マリオットポイント(=20,000スターポイント)

 

ポイントを利用した無料宿泊の場合は、税金等はかかりません。よって今回は、完全無料で宿泊することができました。

 

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:アップグレードの結果

我々はマリオット&SPGにおけるプラチナ会員としてこちらのホテルに宿泊しました。上級会員になるとアップグレードの特典を受けられるため、チェックインの際は、いつもドキドキです。

そして、気になるアップグレードの結果はというと、

「モデレートツイン」から「デラックスツイン」へのアップグレードに成功しました!

これは、プラチナ会員の特典としてのアップグレードですので、当然、コストは発生していません。無料でのサービスということになります。

 

このアップグレードの結果と、アサインされた「デラックスツイン」のお部屋の詳細については、こちらの記事をご参照ください。

 

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:プラチナ特典一覧

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」におけるプラチナ特典の一覧は以下になります。「朝食」に関しては、ウェルカムギフトの選択肢の一つとして用意されていました。

<プラチナ特典一覧>

  • ご滞在ごとに75%のボーナスポイント
  • ウェルカムギフトとして、ポイント、朝食、またはアメニティを進呈
  • 無料の、より高速な客室内インターネットアクセス
  • 午後4時までのレイトチェックアウト
  • スイーツチケットの提供(別紙での提供)

 

ウェルカムギフトのどれを選択するのかは、チェックインの際に聞かれましたので、我々は今回、「朝食」を選択することにしました。

「朝食」会場としては、ホテル内のレストランである「京 翠嵐」が指定されています。「京 翠嵐」は歴史ある建物を生かした趣のある高級レストランであり、とても楽しみです。公式HPには以下のように紹介されています。

華麗な庭園に囲まれた「京 翠嵐」では、丁寧に修復を施した明治時代の私邸の象徴的な雰囲気の中で、創造性に富んだフランス料理の手法と新鮮な地元産の食材を取り入れた和食をお出しいたしております。

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:レストラン

 

プラチナ特典のひとつである「スイーツチケット」および、宿泊者向けのイベンドである「シャンパンディライト」については、こちらの記事で詳しくご紹介しております。合わせてご参照ください。

 

スポンサーリンク

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都:「京 翠嵐」での朝食レポート

さて、そんなこんなで、前置きが長くなりましたが、ここからは、「京 翠嵐」での朝食の様子をご紹介したいと思います。

「京 翠嵐」での朝食:外観と店内の雰囲気

「京 翠嵐」はホテル内の1階に位置しています。ロビーの一角に入り口があります。入り口はこんな感じになっており、非常に高級感があります。

 

店内はこんな感じです。明治時代の歴史ある建築物を利用しているというだけあり、風格を感じます。また、朝の時間帯でも、照明はしっとりと落とし気味になっており、落ちついた雰囲気です。

 

店内は、窓が大きく取られており、ホテル内の日本庭園の景色を楽しめるようになっています。

 

「京 翠嵐」での朝食:メニュー

今回我々は、眺めの良い窓際の2人席に案内されました。席につくと、こちらの写真のようなメニューが提供されます。なんだか高級そうな表紙ですね。

 

メニューの中身は以下のようになっています。写真左手が、ジュース、前菜、チーズ、写真右手がメインディッシュとなっています。ジュース、前菜、チーズまでは共通で、メインディッシュを「洋食」か「和食」かを選択するシステムになっています。

 

写真だけでは分かりづらいと思いますので、以下に転記いたしました。メインディッシュは「洋食」か「和食」かの選択式ですが、共通となる「前菜」は、和洋折衷な感じになっていますね。

<「京 翠嵐」の朝食メニュー>

  • ジュース
    • キャロットジュース
    • トマトジュース
    • オレンジジュース
  • 前菜
    • スモークサーモン
    • 胡瓜のコンカッセ 紫蘇風味
    • 生ハムとトマト
    • ビーツのマリネ
    • パイナップル ライム風味
    • 豆腐料理
    • ヨーグルト
    • シリアル
    • 季節の炊き合わせ
  • チーズ
    • テット・ド・モワンヌ
  • メインディッシュ:洋食 <=どちらかを選択式
    • 卵料理 下記よりお選びください
      • オムレツ、スクランブルエッグ、目玉焼き
    • シャルキュトリー 下記よりお選びください
      • ベーコン、ソーセージ、ハム
    • 焼きトマト
    • ハッシュブラウン
    • クロワッサン・胡桃パン・トースト
  • メインディッシュ:和食 <=どちらかを選択式
    • 焼魚 薬味一式
    • おかゆ 鼈甲餡
    • 香の物

 

我々は、メインディッシュとして、「洋食」と「和食」を一品ずつ選択することにしました。洋食のメインディッシュとしては、「オムレツ&ベーコン」を選択しました。また、和食の「おかゆ」は「ごはん」も選択可能になっており、今回は「ごはん」を選択しました。

 

「京 翠嵐」での朝食:いただいたドリンク&フード

ここでは、朝食としていただいたドリンクやフードをご紹介していきます。

ドリンク

まず、ドリンクとしては、コーヒーや紅茶をオーダーすることができます。それに加えて、メニューに載っていた「ジュース」として、キャロットジュース、トマトジュース、オレンジジュースが提供されます。

ジュースは3つの中から選択式かと思いきや、こちらの写真のように、3つセットで提供されます。どれかと聞かれても迷ってしまうと思うので、嬉しい心遣いですね。

 

前菜

「前菜」については、こちらの写真のように、お盆(トレイ?)の上に綺麗に載せられてやってきます。好きなものを、好きなだけいただくことができるようになっています。全部で9種類、よりどりみどりです。

 

何を取ったらよいのか、迷ってしまいましたが、ここでは、目についた6品をいただいたいてみました。ちょっと欲張り過ぎましたかね(笑)。

 

どれも、素材の良さと作りの丁寧さがわかる品ばかりです。1つ1つの量は少ないので、ペロリといただくことができました。

ちなみに、お代わり(追加)は、いつでも自由にいただけるということでした。食いしん坊も安心です。

 

チーズ

続いては「チーズ」です。こんな感じに、クラッカーの上に、ハード系のチーズが載せられています。こちらもチーズの味が絶品で、ペロリといただきました。

 

メインディッシュ(洋食)

続いては、お待ちかねの「メインディッシュ」をご紹介します。まずは「洋食」です。

「洋食」の場合は、パンもセットになっています。この日提供されたのは、トーストとクロワッサン、胡桃パンの3種類。どれもしっとり温かく、食べごろに調整されています。

 

バターが一緒に提供されると共に、テーブルの上には、瓶のジャムや蜂蜜などが用意されています。それと共にいただいてみましたが、外はサクサク、中はふわふわで完璧な仕上がりでした。

 

そしてこちらが、メインディッシュの「オムレツ」です。付け合わせは、選択した「ベーコン」と、ハッシュポテト、グリルトマト、という感じです。

オムレツは、写真をみていただくとわかるように、ぷるぷるの仕上がりになっています。とても美しいですね。

 

テーブルの上には、瓶のトマトケチャップが用意されていましたので、それと共にいただきました。ケチャップもオムレツも、上品な味付けとなっており、こちらも美味しくいただきました。

 

メインディッシュ(和食)

続いては、メインディッシュの「和食」です。和食の場合は、お盆の上にワンセットでやってきます。正しい日本の朝ごはんという感じですね。

 

こちらも、味付けはとても上品で、朝から良いものをいただいているなあ、と実感できる品々です。特に「焼魚」は、脂がたっぷりと載っていて、うっとりするほどでしたね。

「洋食」「和食」とも、ちょっとボリュームは控えめでしたが、「前菜」を欲張って取りすぎていたので、全体のバランスとしては、ちょうど良い感じでした。

 

スポンサーリンク

「京 翠嵐」での朝食:利用した感想

「京 翠嵐」での「朝食」は、明治時代のどこかのお屋敷に迷い込んだような雰囲気で、とても優雅な時間を過ごすことができました。

特に「前菜」はよりどりみどりで、見た目にも、味わい的にも、とても楽しむことができました。

全体的に、味付けは繊細な感じで、それが素材の良さを引き立てていて、朝から体に良いことをしているなあ、と幸せな気分になりました。

今回は、プラチナ特典として無料で利用することができましたが、普通であれば、ひとり4,000円、今回のように2人で利用した場合、8,000円も必要になってしまいます。

いつもながら、プラチナ特典、様様という感じです。ありがたいことです。ごちそうさまでした。

 

ちなみに、朝食の前、もしくは後には、朝の「嵐山」散策がオススメです。観光客がごったがえす人気の「渡月橋」や「竹林」も、早朝であれば人も少なくゆったりと観光することができます。空気が澄んでいて、とても気持ち良いですよ。

 

マリオット&SPGの上級会員(ゴールド、プラチナ)に簡単になる方法

マリオット&SPGの上級会員である「ゴールド会員資格」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスは、もれなくマリオット&SPGのゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

私の場合は、マリオット&SPGの「ゴールド会員」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、マリオット&SPGの「プラチナ会員」の資格も獲得しました。

 

プラチナ会員になると、マリオット&SPGのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになり、また、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まるため、SPGでのホテル宿泊をより楽しむことができます。

 

まとめ

今回は、「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」内のレストランである「京 翠嵐」での朝食の様子をご紹介しました。

内容としては、記事の中でご紹介させていただいたとおり、とても素晴らしいもので、別世界に迷い込んだような、非日常感を堪能することができました。

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」の宿泊の様子は、今回を含め3回の記事に分けてご紹介させていただきましたが、本当に素晴らしいものでした。

マリオット&SPGの中でも最高位である「カテゴリー8」にランクされるホテルは、国内にいくつかありますが、その中でも「別格」とも言える風格を備えています。

今回は、宿泊したのは、紅葉の季節に入るちょっと前でした。次回はぜひ、紅葉のまっさかりの季節に宿泊してみたいものです。

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: