【2022年10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

ザ・プリンス さくらタワー東京の朝食をブログレポート!絶品ビュッフェをラウンジで満喫!

f:id:pipinobu:20171024225056j:plain

ザ・プリンス さくらタワー東京の朝食をブログレポート!絶品ビュッフェをラウンジで満喫!

今回は「ザ・プリンス さくらタワー東京 オートグラフ コレクション」の朝食の様子をレポートします。マリオット・リワードのエリート会員の場合、その特典として無料で朝食をいただくことができます。こちらのホテルでは、朝食会場としてエグゼクティブラウンジが指定されていますので、我々もそちらで朝食をいただくことにしました。エグゼクティブラウンジでの朝食は、朝食ビュッフェとなっています。種類こそ、それほど多くはありませんでしたが、用意されているものは、どれも上質なものばかり。量より質を重視した朝食ビュッフェで、満足感の高いものでした。

更新履歴(2020年3月31日):宿泊記動画のリンクを追記しました。

ザ・プリンス さくらタワー東京とは

ザ・プリンス さくらタワー東京は「プリンスホテル」と「オートグラフ コレクション」のダブルネームのホテル

ザ・プリンス さくらタワー東京、正式名称は「ザ・プリンス さくらタワー東京オートグラフ コレクション」と言います。とても長いですね・・。

こちらのホテルは、その名前のとおり「プリンスホテル」と「オートグラフ コレクション」のダブルネームのホテルです。

もともとは、1998年に「高輪プリンスホテル さくらタワー」として開業しましたが、2013年に改装し、このタイミングでオートグラフコレクションに加盟することで、現在のホテル名となりました。

ザ・プリンス さくらタワー東京はJR品川駅の東口の「プリンス村」の一角に位置

ザ・プリンス さくらタワー東京の周辺地図はこちらになります。

JR品川駅の東口にある、通称「プリンス村(複数のプリンスホテルが集合しているエリア)」の一角に位置しています。JR品川駅からは、徒歩7-8分というアクセスの良い場所にあります。

 

「ザ・プリンス さくらタワー東京オートグラフ コレクション」の公式HPはこちらになります。詳細はこちらもご参照ください。

トップページ |ザ・プリンス さくらタワー東京

ザ・プリンス さくらタワー東京はマリオットのグループホテル

「ザ・プリンス さくらタワー東京 オートグラフ コレクション」は、その名前だけではわかりづらいですが、マリオットのグループホテルとなっています。

「オートグラフ コレクション」がマリオットのブランドの一つであるため、そのような位置付けになっています。

そのため、マリオットの会員制度のエリート会員資格の特典を受けることが可能となっています。

また、マリオットの公式HPから予約や、マリオットのポイントを使っての宿泊も可能ですし、宿泊によりポイントを貯めることができます。

スポンサーリンク

ザ・プリンス さくらタワー東京:朝食の提供場所と時間、料金

私はマリオットのプラチナ会員となっており、その特典として、無料で朝食をいただくことができます。

「ザ・プリンス さくらタワー東京」の場合、この無料の朝食の提供場所は「エグゼクティブラウンジ」が指定されます。

朝食の提供時間は、朝6時から10時までとなっていました。

<朝食の提供時間>

  • 朝食:6:30A.M.~10:00A.M.

 

また、マリオットのプラチナ会員の場合、同室に宿泊の同伴者1名まで、無料で朝食をいただくことができます。2人目以降の追加の同伴者については、ひとりあたり3,000円の料金が必要となります。

<同伴者料金>

  • 朝食:3,000円/人

 

我々は、今回、夫婦2人ともに無料で利用できましたので、ある意味、6,000円分の価値のある朝食が、ただで利用できたとも言えます。こう考えると、なかなかお得ですね。

ちなみに、同じエグゼクティブラウンジで提供されたティータイム、カクテルタイム、ナイトキャップのサービス内容につきましては、こちらの記事でご紹介しておりますので、合わせてご参照ください。

 

MEMO

マリオットのホテルプログラムである「マリオットボンヴォイ」の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

「マリオットボンヴォイ」には登録料・年会費など無料で利用することができます。まだ入会していない方はこちら公式サイトから新規登録しましょう。

「マリオット公式サイト」はこちら!

 

ザ・プリンス さくらタワー東京:朝食の様子をレポート

朝食レポート:エグゼクティブラウンジの雰囲気

それではここからは、「ザ・プリンス さくらタワー東京」での朝食の様子をレポートしていきます。

エグゼクティブラウンジは、中庭に面しているので、朝方はちょっと明るい雰囲気になります。この日は、窓際のテーブル席を確保しました。

f:id:pipinobu:20171024224819j:plain

エグゼクティブラウンジの朝食は、ビュッフェ形式になっていますので、こちらを起点に、好きなものをいただいてきます。

朝食レポート:ドリンクの品揃え

朝食の時間帯は、ソフトドリンクのみの提供になります。アルコールは提供されていませんので、朝からビール、もしくは、シャンパンはできませんよ(笑)。

ソフトドリンクとしては、こちらの写真のようにフルーツジュースが3種類ほど用意されていました。

この辺りは、ティータイムやカクテルタイムも同じですが、朝食の特徴としては、デトックスウォーター(フレーバーウォーター)とミルクが追加になっていました。健康的!

f:id:pipinobu:20171024225033j:plain

写真は撮り忘れましたが、コーヒーメーカーやティーセットの用意もありますので、もちろん、ホットドリンクもいただくことができます。

朝食レポート:フードの品揃え

続いては、気になるフードの品揃えです。まず、特筆すべきは、パンの品揃えです。こちらの写真のように、たくさんの種類のパンがずらずらっと並べられます。そして、どれもとても美味しそうです。質がよさそうなのが、見た目でもわかります。

f:id:pipinobu:20171024225056j:plain

パンに合わせて、はちみつやメープルシロップなどの用意もあります。

f:id:pipinobu:20171024225111j:plain

こちらは、サラダ系。レタスやブロッコリー、水菜など定番の野菜が並んでいます。ドレッシングは3種類ほど用意されていました。

f:id:pipinobu:20171024225409j:plain

こちらは、チーズやサーモン、サラミなど。サーモンとサラミはカクテルタイムの時もそうでしたが、質の良さがひとめでわかる、みずみずしいもの。

f:id:pipinobu:20171024225102j:plain

こちらは、ホットミール系。ホテル朝食の定番であるカリカリベーコンやソーセージ、スクランブルエッグなどが並びます。珍しいところでは、タジン鍋で蒸された温野菜がありました。なかなかおしゃれ。

f:id:pipinobu:20171024225404j:plain

フルーツも種類豊富です。グレープフルーツやキウイの他、メロンやスイカなど、高めのフルーツも盛り盛りに用意されていますね。

f:id:pipinobu:20171024225359j:plain

こちらはフルーツカクテル。色鮮やかで美味しそうでした。

f:id:pipinobu:20171024225107j:plain

あとは、朝食の定番であるシリアルの用意もありました。ナッツなどと合わせて用意されており、ディスプレイも美味しそうです。

f:id:pipinobu:20171024225118j:plain

f:id:pipinobu:20171024225123j:plain

スポンサーリンク

朝食レポート:いただいたもの

そんなこんなで、朝食でいただいたものはこちらになります。

まずは、とても美味しそうだったパンをいくつか。どれも見た目通りのサクサクで、絶品。

f:id:pipinobu:20171024225635j:plain

f:id:pipinobu:20171024225639j:plain

サラダとサーモン、サラミなど。こちらも素材の良さがわかる美味しさ。

f:id:pipinobu:20171024225657j:plain

こちらはホットミール。カリカリベーコンがとても長いのが特徴的。なんとなくオシャレです。味はどれも良いです。

f:id:pipinobu:20171024225705j:plain

最後は、フルーツを盛り盛りにいただきました。ホテルの朝食でなければ、朝からこれだけたくさんのフルーツは食べれらません。大満足。

f:id:pipinobu:20171024225701j:plain

「ザ・プリンス さくらタワー東京 オートグラフ コレクション」のエグゼクティブラウンジでの朝食ビュッフェは、品数こそ、それほど多くはありませんが、用意されているものは、どれも上質とわかるもので、味もとてもよかったです。

少数精鋭の朝食ビュッフェという表現が、ぴったりくると思います。たくさん種類があっても、結局は食べられるものは限られますので、十分に満足できる内容でした。やっぱり、歳を取ってくると、量より質ですね(笑)。

ザ・プリンス さくらタワー東京で予約したお部屋と料金

今回の「ザ・プリンス さくらタワー東京 オートグラフ コレクション」への宿泊には、SPGアメックスのポイントを利用して宿泊しました。

SPGアメックスのポイントを利用して無料宿泊

今回の「ザ・プリンス さくらタワー東京 」への宿泊には、SPGアメックスのポイントを利用して宿泊しました。

予約したのは、「ザ・プリンス さくらタワー東京」の中で一番標準的なお部屋である「デラックスルーム」になります。

マリオットのホテルはカテゴリーでホテルのグレードを表現しています。

「ザ・プリンス さくらタワー東京」は、カテゴリー6に位置していますので、無料宿泊に必要なポイント数は「40,000ポイントから60,000ポイント」となっています(必要ポイント数は時期によって変動)。

ちなみに、利用したのは、8月の中旬、夏休み真っ盛りの時期でした。土曜日からの1泊で利用しました。

SPGアメックスのエリート会員特典で「タワーサイド・デラックス」へアップグレード

私は、SPGアメックスというクレジットカードを保有しており、その特典として、マリオットのエリート会員となっています。

マリオットのエリート会員の場合、当日の空室状況により、客室のアップグレードを受けることができます。

そして、今回もありがたいことに、「タワーサイド・デラックス」ルームへのアップグレードに成功しました。

この当日アップグレードの詳しい経緯、および、「タワーサイド・デラックス」ルームのお部屋の詳細レポートはこちらご参照ください。

 

マリオットの上級会員(ゴールド&プラチナ)に簡単になる方法

スポンサーリンク

マリオットアメックス(プレミアム)保有でゴールド会員資格をもれなく獲得

マリオットの上級会員資格である「ゴールドエリート」を簡単に獲得する方法があります。それは「マリオットアメックス(プレミアム)」を保有することです。

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

 

マリオットアメックス(プレミアム)は、年会費は「49,500円(税込)」と高額ながらも、その費用を上回る豊富な特典によりホテル好き必携のクレジットカードになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)の主な特徴は以下になります。無料宿泊特典(5万円相当)だけでも年会費負担を相殺することができてしまいます。

また、ポイント還元率やマイル還元率の高さから陸マイラーからも絶大な人気を誇っています。

<マリオットアメックス(プレミアム)の主な特長>

  1. マリオット の「ゴールド会員資格」を自動的に獲得
  2. カード決済でポイント還元率3%&マイル還元率1.25%を実現
  3. マリオットのホテル利用でポイント還元率6%を実現
  4. ポイント有効期限は実質無期限
  5. 貯めたポイントはホテルの無料宿泊や世界40以上の航空マイルに交換可能
  6. 年15泊分の宿泊実績を獲得
  7. 年150万円以上の決済で無料宿泊特典を獲得(5万円相当)
  8. 年400万円以上の決済で「プラチナ会員資格」を獲得

 

マリオットアメックス(プレミアム)の特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

プラチナチャレンジでプラチナ会員へのステップアップも容易

私の場合は、マリオットの「ゴールドエリート」となった後にプラチナチャレンジ」を実施することで、マリオットの「プラチナエリート」も獲得しました。

 

また、年400万円以上の決済が可能な方であれば、マリオットアメックス(プレミアム)の特典で「プラチナエリート」を獲得できるのもメリットですね。

プラチナ会員になるとマリオットのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになります。

加えて、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まりレイチェックアウトも午後4時まで可能になるなど、マリオットのホテル宿泊を最大限に満喫することができます。

ゴールドエリートとプラチナエリートの主なステータス特典は以下になります。

<ステータス特典(ゴールド&プラチナ)>

  ゴールド プラチナ
ポイントボーナス ◯(25%) ◯(50%)
レイトチェックアウト ◯(14時) ◯(16時)
ウェルカムギフト ◯(250 or 500ポイント) ◯(500 or 1,000ポイント、無料朝食、アメニティから選択)
客室のアップグレード ◯(スイート含む)
ラウンジへのアクセス  

 

入会キャンペーンで年会費負担も軽減可能

マリオットアメックス(プレミアム)では、最大88,500ポイント(=8.8万円相当)を獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担を大幅に上回るというお得さになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)に興味のある方にとっては大チャンスと言えますね。

マリオットアメックスの入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

ザ・プリンス さくらタワー東京の宿泊記は動画でも公開中

「ザ・プリンス さくらタワー東京」の宿泊の様子は動画にしてYouTubeでも公開しております。2020年3月中旬の桜咲く季節の最新の様子です。ぜひこちらも合わせてご艦首ください。

 

まとめ

今回は「ザ・プリンス さくらタワー東京 オートグラフ コレクション」の朝食の様子をレポートしました。

マリオットのプラチナ会員の場合、その特典として無料で朝食をいただくことができました。

朝食の提供は、エグゼクティブラウンジでの朝食ビュッフェとなっています。夫婦2人で利用した場合、合計で6,000円ほど価値があり、かなりのお得度です。

こちらの朝食ビュッフェは、種類こそ、それほど多くはありませんでしたが、用意されているものは、どれも上質なものばかり。量より質を重視した朝食ビュッフェで、大満足です。

次回は、こちらもマリオットのエリート会員の特典として無料で利用することができたプールの様子をご紹介したいと思います。

 

==>次の記事

ザ・プリンス さくらタワー東京:プールもマリオットのエリート会員なら無料で利用可能!

<==前の記事

ザ・プリンス さくらタワー東京:エグゼクティブラウンジのティータイムとカクテルタイムをブログレポート!

 

旅行好きの方はこちらの記事も注目です。陸マイラーとしてSPGアメックスとANAマイルを利用することで、低コストで豪華なハワイ旅行を実践しています。

夫婦2人でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円(税金・サーチャージ等)だけの現金持ち出しだけで実現しています。

しかも、部屋の超絶アップグレードも受けられたというおまけ付きです。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

MEMO

マリオットのホテル予約は「最低価格保証(ベストレート保証)」を提供している公式サイトからが最もお得です。公式サイトは以下からご参照ください。

マリオット公式サイトはこちら!