【10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

【クラブラウンジ】グランドプリンスホテル新高輪の朝食からカクテルタイムまで体験レポート!

【クラブラウンジ】グランドプリンスホテル新高輪の朝食からカクテルタイムまで体験レポート!

今回は「グランドプリンスホテル新高輪」のクラブラウンジ「Club Lounge」をご紹介したいと思います。こちらの「Club Lounge」は、2018年12月にリニューアル オープンしたばかりの新しいものです。以前は16階に位置していましたが、テラスを備える1階に新設されました。当ブログではこの「Club Lounge」を、朝食からティータイム、カクテルタイムまで、詳しくご紹介(レビュー)していきたいと思います。

グランドプリンスホテル新高輪とは

「グランドプリンスホテル新高輪」は、東京品川、高輪エリアにある「プリンスホテル」系列のホテルです。高輪エリアには、3つのプリンスホテルでプリンス村を形成していますが、その一角を形成するホテルとなります。

 

<高輪エリアの3つのプリンスホテル>

  • グランドプリンスホテル高輪
  • グランドプリンスホテル高輪 <=今回のテーマはこちら
  • ザ・プリンスさくらタワー東京

 

「グランドプリンスホテル新高輪」は、全ての客室にバルコニーが付いているのが特徴になります。方角によっては、東京タワーの眺望も楽しめるようになっています。

 

アクセスとロケーション

「グランドプリンスホテル新高輪」の最寄駅は以下になります。東京の主要ターミナルである品川駅から徒歩圏内ということで、観光にもビジネスにも抜群のアクセスとなっています。

<アクセス>

  • 新幹線・JR線・京急線の品川駅(高輪口)から徒歩約5分
  • 都営地下鉄浅草線高輪台駅から徒歩約3分
  • 京急線 羽田空港駅から最速11分。

 

「グランドプリンスホテル新高輪」の周辺地図は以下になります。

 

「グランドプリンスホテル新高輪」の公式HPはこちらになります。

 

クラブラウンジ「Club Lounge」とは

「Club Lounge」は、「グランドプリンスホテル新高輪」のクラブラウンジです。2018年12月にリニューアル オープンしました。以前は16階に位置していましたが、テラスを備える1階に新設されています。

クラブラウンジ:利用資格

クラブラウンジ「Club Lounge」は、「グランドプリンスホテル新高輪」のクラブフロア宿泊者用のラウンジとなります。そのため、利用するには「グランドプリンスホテル新高輪」のクラブフロアに宿泊する必要があります。

ただし、高輪エリアの3つのプリンスホテルでは、2019年1月からクラブラウンジの相互アクセスが可能となりました。そのため、これら3つのホテルのどこかでクラブラウンジへのアクセス権を得ることができれば、全てのクラブラウンジを利用できるということになります。

3つのクラブラウンジ相互アクセスのイメージ

 

私は今回「ザ・プリンスさくらタワー東京」への宿泊でしたが、「マリオット・ボンヴォイ」の「チタンエリート」特典でクラブラウンジへのアクセス権の特典を得ることができました。これにより、こちらの「Club Lounge」を利用することができました。

3つのクラブラウンジ利用資格のイメージ

 

「ザ・プリンスさくらタワー東京」の「Executive Lounge」、「グランドプリンスホテル高輪」の「花雅」のレポートについては、以下の記事をご参照ください。

 

MEMO

「マリオット・ボンヴォイ」は、マリオットの会員プログラムの名称です。「ザ・プリンスさくらタワー東京」はプリンスホテル系列のホテルでありながら、「オートグラフコレクション」というマリオットのブランドにも属しています。そのため、「ザ・プリンスさくらタワー東京」では、マリオットのエリート特典を受けることができます。詳細については以下もご参照ください。

 

スポンサーリンク

クラブラウンジ:営業時間

クラブラウンジ「Club Lounge」の営業時間は以下になります。時間帯に応じたフードやドリンクの提供サービスが行われています。

<営業時間>

  • 朝食:7:00A.M.~10:00A.M.
  • ティータイム:10:00A.M.~5:00P.M.
  • カクテルタイム:5:00P.M.~7:00P.M.
  • ナイトキャップ:7:00P.M.~9:00P.M.

 

この時間帯の内、「カクテルタイム」と「ナイトキャップ」ではアルコールが提供されます。それ以外の時間帯は、ソフトドリンクのみの提供となります。

今回私は、「ティータイム」「カクテルタイム」「朝食」の3つの時間帯を体験することができましたので、その様子をレポートしていきたいと思います。

 

クラブラウンジ「Club Lounge」の体験レポート

「Club Lounge」の全体像と雰囲気

「グランドプリンスホテル新高輪」のクラブラウンジである「Club Lounge」は、ホテルの1階に位置しています。場所は、日本庭園へのアクセス通路のほど近くとなっており、「グランドプリンスホテル高輪」や「ザ・プリンスさくらタワー東京」からアクセスする場合、便利な導線となっています。

こちらが「Club Lounge」の入り口になります。入室には、チェックイン時に提供される「ラウンジカード」を利用します。

 

こちらのクラブラウンジの全体像は以下のようになっています。横長の構成になっており、「レセプション」から、「ダイニングルーム」、「ガーデンラウンジ」、「プライベードラウンジ」、と続くような形になっています。また、ガーデンテラスということで、テラス席が用意されているのが特徴になります。

 

こちらは、入り口から入ってすぐ、「レセプション」です。豪華な生け花(造花?)がセッティングされており、高級感を醸し出しています。

 

こちらは、「ダイニングルーム」。食事が取りやすいようにテーブル席が並んでいます。また、反対側にはビュッフェテーブルが配置されています。

 

こちらは、「ガーデンラウンジ」。ソファー席が並べられており、ゆったりと寛ぐことができるようになっています。

 

窓からは、日本庭園を挟んで反対側に位置する「グランドプリンスホテル高輪」を臨むことができます。

 

こちらの「ガーデンラウンジ」からは、外の「ガーデンテラス」に出られるようになっています。

 

「ガーデンテラス」はこんな感じです。生垣があるため日本庭園はほとんど見ることができませんが、オープンテラスということで、夏場はなどは気持ちよさそうです。

 

ティータイムをレポート

まずは「ティータイム」の様子をご紹介したいと思います。「ティータイム」は「10:00A.M.~5:00P.M.」での提供となります。我々は午後3時半ごろに伺いました。

ティータイム:ドリンクの品揃え

クラブラウンジのスケジュール表を見ると、アルコールの提供は午後5時からのはずですが、この時間帯でもすでにアルコールがセッティングされていました。用意されていたのは、日本酒や洋酒などなど。ただし、ワインに関しては用意されておらず、これはカクテルタイムからの登場となっていました。

 

冷蔵庫の中には、ビールやシードル、ソーダ、などなどが用意されていました。こちらにも、アルコールの提供時間に関する注意書きがありません。ラウンジを見渡してみても、ビールやシードルを飲んでいらっしゃる方がちらほら。やはり、この時間から飲んでも大丈夫なようです。

 

こちらは、冷蔵庫の続き。コーラやジンジャーエール、トマトジュース、烏龍茶、などなど。

 

ホットドリンクについては、コーヒーメーカーが用意されていました。

 

また、紅茶はティーパックの用意になります。

 

紅茶の銘柄は「TEARTH」となっていました。私は存じ上げなかったのですが、大阪にある紅茶とハーブティーの専門店だということです。有名なのかもしれません。

 

ティータイム:フードの品揃え

続いては、フードの品揃えです。フードに関しては、冷蔵型のケースの中に常時保管されています。とても衛生的ですね。

 

上から覗くとこんな感じです。ティータイムの時間帯には、チョコレートやムースケーキなどの洋菓子が並べられていました。

 

冷蔵ケースの周辺には、常温保存の焼き菓子(マドレーヌやフィナンシェ、クッキーなど)や、ミックスナッツやドライフルーツなどが用意されていました。

 

ティータイム:いただいたもの

そんなこんなでいただいたものはこちらになります。アルコール利用がOKっぽかったので、早速ビールをいただいてみました。陽の高いうちから飲むビールは最高です。しかも、プレミアムモルツが用意されていたのは嬉しいポイントでした。

 

こちらは、お菓子の数々。ケーキが3種類とチョコレートですね。

 

「グランドプリンスホテル高輪」のクラブラウンジである「花雅」では、和菓子の品揃えが充実していたのですが、こちら「Club Lounge」では、洋菓子中心の品揃えになっていました。ラウンジによって特色があるのは、はしごする楽しみが増えて嬉しいですね。

 

スポンサーリンク

カクテルタイムをレポート

続いては「カクテルタイム」の様子をご紹介したいと思います。「カクテルタイム」は「5:00P.M.~7:00P.M.」での提供となります。我々は午後6時過ぎに伺いました。

 

カクテルタイム:ドリンクの品揃え

まずは、ドリンクの品揃えです。カクテルタイムになると、ティータイムで用意されていたドリンクに加え、ワインが追加になりました。

 

こちらは、スパークリングワイン。

 

こちらは、白ワイン。

 

こちらは、赤ワインです。

 

用意されている銘柄は、「グランドプリンスホテル高輪」のクラブラウンジである「花雅」と、基本は同じとなっていました。

 

カクテルタイム:フードの品揃え

続いては、フードの品揃えです。カクテルタイムには、お酒に合いそうなオードブルが提供されるようになります。

 

冷蔵庫の中はこんな感じになっています。こちらは、生ハムやサラミ、ハムなどなど。

 

カクテルタイム:いただいたもの

そんなこんなで、いただいたものはこちらになります。冷蔵庫にシードルがあったので試しにいただいてみました。アップルジュースのような甘さがあり、アルコールが得意でない方にはちょうど良いかもしれません。この後は、ビールやスパークリングワインなどもいただきました。

 

フードに関しては、生ハムやサーモンなどを中心に。お酒に合いそうなものを、ちょこちょこと。

 

ドリンクの品揃えに関しては、「グランドプリンスホテル高輪」のクラブラウンジである「花雅」と、基本は同じでしたが、フードに関しては異なる構成になっていました。

特に、ハム類に関してはこちらの「Club Lounge」の方が充実していましたね。ただ、どちらもオードブル中心で、お腹いっぱいにはなりませんので、ディナーは別途用意するのがオススメです。

 

朝食をレポート

最後は「朝食」の様子をご紹介します。朝食は「7:00A.M.~10:00A.M.」での提供となります。我々は午前9時半ごろに伺いました。

朝食:ドリンクの品揃え

まずは、ドリンクの品揃えです。ドリンクに関しては、基本はティータイムと同じ品揃えになります。ただし、オレンジジュースや水などのピッチャーが追加になっていますね。

 

スポンサーリンク

朝食:フードの品揃え

続いては、フードの品揃えです。冷蔵型のケースの中には、フルーツやサラダなどが用意されていました。

 

こちらは、ソーセージやベーコン、スクランブルエッグなどの、ホットミール、などなど。

 

種類は少ないですが、味噌汁やご飯などの、日本食の用意もありました。

 

こちらは、朝食の定番であるシリアル。3種類ほどの用意。

 

こちらは、パン各種です。パンの種類に関しては、「グランドプリンスホテル高輪」のクラブラウンジである「花雅」よりも充実していました。

 

あとは、こちらの「Club Lounge」にも、エッグステーションの用意がありました。シェフの方が常駐されており、その場でオムレツなどの卵料理をオーダーすることが可能となっていました。

 

朝食:いただいたもの

そんなこんなで、いただいたものはこちらになります。実は、こちらの「Club Lounge」に伺う前に、「グランドプリンスホテル高輪」のクラブラウンジである「花雅」の方に伺っており、お腹いっぱいの状態でした・・。

ですので、こちらの「Club Lounge」では、デザート的に、コーヒーとヨーグルトのみをいただきました。

 

ヨーグルトの上には、マンゴーをトッピングしてみました。マンゴーは、こちらの「Club Lounge」にしか用意はありませんでしたが、プルプルしていて、とても美味しかったですね。

 

マリオット(&SPG)の上級会員に簡単になる方法

マリオット(&SPG)の上級会員である「ゴールド会員資格」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスは、もれなくマリオット(&SPG)のゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

SPGアメックスは39,000ポイントを獲得できる入会キャンペーンを実施中です。このキャンペーンを利用すれば、初年度の年会費負担を大きく軽減することができます。ぜひご利用ください。

 

まとめ

今回は「グランドプリンスホテル新高輪」のクラブラウンジ「Club Lounge」をご紹介しました。

こちらの「Club Lounge」は、2018年12月にリニューアル オープンしたばかりということで、どこもまだピカピカ。モダンな内装で広さも十分、とても居心地の良いラウンジでした。

今回の滞在では、「グランドプリンスホテル高輪」のクラブラウンジである「花雅」と比較しながら利用させていただきましたが、それぞれの特色は以下となります。

<「花雅」の特色>

  • 日本庭園を望む景色が素晴らしい
  • 和食、和菓子が充実

 

<「Club Lounge」の特色>

  • テラス席が気持ち良い
  • 洋食、洋菓子が充実
  • ティータイムでもアルコールが楽しめる(非公認?)

 

「花雅」は和の趣を、「Club Lounge」の方は洋の趣をそれぞれ大切にしているように感じました。それぞれ特色を持たせているのは、はしごする楽しみが増えて良いですね。

私は今回「ザ・プリンスさくらタワー東京」への宿泊でしたが、3つのラウンジが相互アクセス可能になったことにより、高輪エリアのプリンスホテルへの宿泊の満足度が、グッと高くなったように感じました。

 

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: