【2022年11月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

ウェスティンホテル横浜の朝食をブログレポート!レストランで和洋ビュッフェを体験!

ウェスティンホテル横浜の朝食をブログレポート(Top画像)

ウェスティンホテル横浜の朝食をブログレポート!レストランで和洋ビュッフェを体験!

ウェスティンホテル横浜の朝食は3階に位置するレストラン「ブラッスリー・デュケ」でいただきました。こちらの朝食は和洋ビュッフェになっており充実した品揃えで品質も良く、満足度の高い内容になっていました。当記事では、外観と内観から営業時間(提供時間)、価格(料金)、ドリンクとフードの品揃え、感想まで詳しくご紹介していきます。

目次

ウェスティンホテル横浜とは

2022年6月オープンのマリオットインターナショナル系列のホテル

ウェスティンホテル横浜は、世界的なホテルチェーンである「マリオットインターナショナル」系列のホテルです。2022年6月にオープンしました。

ウェスティンホテル横浜の外観

 

「ウェスティン」はマリオットの中でプレミアムなブランドと位置付けられており、日本では6軒目のウェスティンブランドのホテルとなります。

<日本国内のウェスティンブランドのホテル>

  • ウェスティンホテル仙台
  • ウェスティン都ホテル京都
  • ウェスティンホテル大阪
  • ウェスティンホテル東京
  • ウェスティンルスツリゾート
  • ウェスティン横浜<=今回宿泊

 

マリオットボンヴォイのホテルブランド一覧(ウェスティン)

 

ウェスティンホテル横浜の朝食会場の選択肢

ブラッスリー・デュケおよびクラブラウンジで朝食を提供

ウェスティンホテル横浜は5つのダイニング施設を備えています。このうち「ブラッスリー・デュケ」で朝食を提供しています。

<ダイニング施設一覧>

  • ロビーラウンジ(23階)
  • アイアンベイ(23階)
  • コードバー(23階)
  • ブラッスリー・デュケ(3階)<=朝食を提供
  • 喫水線(3階)

 

また、クラブラウンジを利用可能な方であれば、そちらでも朝食をいただくことができます。クラブラウンジの朝食の様子はこちらの記事でご紹介しています。

 

プラチナ会員以上はウェルカムギフトから「無料朝食」を選択可能

私はマリオットの会員プログラムである「マリオットボンヴォイ」で上級会員となる「チタンエリート」となっています。

 

プラチナエリート以上の場合、ウェルカムアメニティーで「無料朝食」を選択することで、レストラン朝食を無料でいただくことができます(上限2名まで)。

ウェスティンホテル横浜の朝食チケット

 

そのため今回はレストラン「ブラッスリー・デュケ」で朝食をいただくことにしました。

<プラチナ会員の特典>

  • ポイントボーナス(50%)
  • レイトチェックアウト(16時)
  • ウェルカムギフト(以下から選択0
    • 1,000ポイント
    • 無料朝食<=今回選択
    • ウェルカムドリンク
  • 客室のアップグレード(スイート含む)
  • ラウンジへのアクセス

 

レストランの営業時間と朝食の提供時間、価格(料金)

ブラッスリー・デュケの営業時間は以下になります(2022年8月下旬時点)。朝食は「7:00 – 10:30」までの提供となっていました。

<営業時間>

  • 朝食:7:00 – 10:30(L.O 10:00)
  • 昼食:11:30 – 15:00(L.O 14:30)
  • 夕食:17:30 – 22:00(L.O 21:30)

 

朝食はビュッフェ形式で価格は大人1人「3,800円」となっていました。

<朝食料金>

  • 大人1人「3,800円」

 

MEMO

今回はこちらのホテルの「クラブコーナールーム」に宿泊していました。ウェスティンホテル横浜の宿泊記はこちらの記事をご参照ください。

 

スポンサーリンク

ウェスティンホテル横浜の朝食をブログレポート:レストランでビュッフェを体験

さて、それではここからは「ブラッスリー・デュケ」でいただいた朝食ビュッフェの内容をご紹介していきたいと思います。

レストランの外観

「ブラッスリー・デュケ」はホテルの3階に位置しています。3階には、客室用エレベーター、もしくはホテルのエントランスからエスカレーターででアクセスすることができます。

3階には、「ブラッスリー・デュケ」と「喫水線」という2つのレストランが入居しています。この2つのレストランは同じエリアに配置されており、入口側のエリアが「喫水線」、奥側のエリアが「ブラッスリー・デュケ」となっています。

朝食の時間帯は、2つのレストランの区別はなく、一体となって運営されています。

ウェスティンホテル横浜の朝食:レストランの外観

 

レストランのエントランスの一角にはレセプションが設けられており、こちらで部屋番号や朝食チケットなどを確認してから利用するというシステムになっています。

ウェスティンホテル横浜の朝食:レストランのレセプション

 

レストランの全体像と雰囲気

レストランの内観はこんな感じになっています。こちらは入口側「喫水線」のエリアになります。

「喫水線」は日本食レストランということで、木を生かした和風の内装となっています。組み木細工のような天井の装飾が印象的ですね。

ウェスティンホテル横浜の朝食:レストランの内観(喫水線1)

 

テーブルも木目を生かしたデザインになっており、和を感じさせる雰囲気になっています。

ウェスティンホテル横浜の朝食:レストランの内観(喫水線2)

 

こちらは奥側「ブラッスリー・デュケ」のエリアになります。「ブラッスリー・デュケ」はフレンチレストランということで、シックでモダンな内装になっています。

ウェスティンホテル横浜の朝食:レストランの内観(ブラッスリー・デュケ1)

 

窓が大きくとられており朝の時間帯はやわらかい日差しを受けて明るく開放感の高い雰囲気になってます。朝食にピッタリの会場ですね。

ウェスティンホテル横浜の朝食:レストランの内観(ブラッスリー・デュケ2)

 

朝食ビュッフェの品揃え:ドリンク

それではここからは、気になるドリンクとフードの品揃えを確認していきたいと思います。まずはドリンクからです。

まず、ホットドリンクについてはテーブルでのオーダーとなっています。コーヒーや紅茶の他、カフェラテなどのコーヒーメニューもオーダー可能となっていました。

コールドドリンクについてはドリンクカウンターが用意されており、こちらから好きなものをピックアップしてくるというシステムになっていました。

ドリンクカウンターはこんな感じです。あらかじめコップにドリンクが注がれており、それをピックアップする形になっています。カウンターの中にはスタッフが常駐しており、足りないものがあればオーダーすることもできます。

この日は、「オリジナルスムージー(ほうれん草、緑茶、りんご)」「オレンジジュース」「リンゴジュース」「グレープフルーツジュース」の4種類が用意されていました。

朝食ビュッフェのドリンク:ジュース

 

朝食ビュッフェの品揃え:フード

続いてはフードの品揃えを確認していきたいと思います。フードもビュッフェ形式になっていました。

コールドミール

まずこちらは「コールドミール」のコーナーです。サラダやハム、ヨーグルト、シリアルなどが用意されていました。

朝食ビュッフェのフード:コールドミール(全体像)

 

こちらは、サラダとサーモン、ハム、などなど。サラダは種類豊富で新鮮に見えました。ハムは「サラミ」「モルタデラ」「パストラミ」「スモークチキン」など4種類ほどが用意されていました。

朝食ビュッフェのフード:コールドミール(サラダとハム、サーモン)

 

ドレッシングは5種類ほど用意されておりこちらも種類豊富です。また「レモン」や「ケッパー」「かぼちゃの種」などトッピングも豊富に用意されています。自分好みにカスタマイズできるのは楽しいですね。

朝食ビュッフェのフード:コールドミール(ドレッシングと薬味)

 

こちらはヨーグルトとミューズリー、チーズなどなど。ヨーグルトは「マンゴーヨーグルト」「ストロベリーヨーグルト」「無脂肪ヨーグルト」などなど。

既製品のパックではなく、ガラス瓶で用意されているのはおしゃれでこだわりを感じます。

朝食ビュッフェのフード:コールドミール(ヨーグルトとチーズ)

 

こちらは「温泉卵」と「刺身こんにゃく」などなど。和食も一部こちらのコールドミールのコーナーに用意されていたため見落とし注意です。

朝食ビュッフェのフード:コールドミール(温泉卵と和惣菜)

 

シリアル

こちらは「シリアル」のコーナーです。

定番の「コーンフレーク」から「チョコレートフレーク」「グラノーラ」など各種取り揃えられています。クルミやナッツなどのトッピングもありますね。

朝食ビュッフェのフード:シリアル(全体像)

 

ミルクも、通常の「牛乳」のほか「無脂肪牛乳」「豆乳」などが用意されていました。

朝食ビュッフェのフード:シリアル(ミルクと豆乳)

 

フルーツ

続いてこちらは「フルーツ」のコーナーです。「パイナップル」「キウイ」「ミックスベリー」「メロン」などなど。「フルーツポンチ」の用意もありました。

朝食ビュッフェのフード:フルーツ

 

パン

こちらは「パン」のコーナーです。パンのコーナーはかなり広いスペースが割かれれており力を入れているのが感じられます。

朝食ビュッフェのフード:パン(全体像)

 

こちらは「クロワッサン」と「デニッシュ」「シューソン・オ・ポム」などなど。どれも焼きたて感が伝わってきて美味しそうです。

朝食ビュッフェのフード:パン(クロワッサンとデニッシュ)

 

ジャムも既製品の瓶ではなく、手作り感がありますね。特に「チェリーコンポート」はポーションも大きくて心惹かれます。

朝食ビュッフェのフード:パン(ジャム)

 

スポンサーリンク

ホットミール

続いては「ホットミール」のコーナーです。ホットミールはビュッフェカウンターの上にずらずらっと並べられています。

朝食ビュッフェのフード:ホットミール(全体像)

 

こちらは「ベーコン」や「ソーセージ」「グリル野菜」「ポテト」などなど。洋朝食の定番が勢揃いしています。この他にも「点心」なんかが用意されていました。

朝食ビュッフェのフード:ホットミール(ソーセージとベーコン、グリル野菜)

 

エッグステーション

ホットミールのコーナーの一角には「エッグステーション」も用意されていました。

エッグステーションのカウンターの上には、あらかじめ「プレーンオムレツ」と「アボガドトースト」「エッグベネディクト」などが並べられていました。

すぐ奥のカウンターの中で調理されているため熱々の状態で提供されていています。どれも美味しそうですね。

朝食ビュッフェのフード:エッグステーション

 

「目玉焼き」などその他卵料理については、オーダーすればその都度調理いただけるようなシステムになっていました。至れり尽くせりですね。

 

和食

最後は、「和食」のコーナーです。

ご飯は「土鍋」で用意されており、当然ながら「味噌汁」の用意もあります。和風の「卵焼き」のほか、「塩昆布」「ふりかけ」「漬物」なんかも用意されていました。

朝食ビュッフェのフード:和食(全体像)

 

こちらは「焼き魚」と「湯豆腐」「やきそば」などなど。焼き魚はグリルで暖かい状態に維持されていて良いですね。

朝食ビュッフェのフード:和食(焼き魚と湯豆腐)

 

こちらは「納豆」と「きんぴらごうぼう」「ひじき」などなど。

朝食ビュッフェのフード:和食(納豆と惣菜)

 

和食派の方も十分な品揃えですね。

 

朝食ビュッフェでいただいたもの

そんなこんなで、この日いただいたものをご紹介していきたいと思います。

こちらジュースとコーヒー。スムージーはほうれん草ベースということで苦味が強いかと思いきや、りんごがたくさん入っていて美味しくいただくことができました。

朝食ビュッフェの実食:ドリンク(コーヒーとジュース)

 

こちらはサラダとサーモン、ハムで前菜っぽい一皿。野菜は新鮮で、サーモンやハムも上質で美味しいです

。個人的には、サーモンとレモン、ケッパーの組み合わせが大好きなので、これが用意されていただけでポイント追加です。

朝食ビュッフェの実食:サラダ(生野菜とハム、サーモン)

 

こちらはエッグステーションからいただてきた「エッグベネディクト」と「アボガドトースト」です。見た目からしておしゃれで美味しそうです。

朝食ビュッフェの実食:卵料理(エッグベネディクトとアボガドトースト

 

エッグベネディクトにナイフを入れてみると、中の君がトロッと流れ出してきました。火加減も絶妙すね。卵とパンの間にはツナのペーストが敷かれおり、オランデーソースの酸味とマッチして美味でした。

ポーションも小さめで、いろいろな種類にトライできるのも嬉しいところです。

朝食ビュッフェの実食:エッグベネディクト(断面)

 

こちららはパンのコーナーから「小倉あんクロワッサン」と「フルーツデニッシュ」。どちらも表面がパリッと仕上げられており、焼きたて感が伝わってきます。パンもレベルが高いです。

朝食ビュッフェの実食:パン(クロワッサンとデニッシュ)

 

こちらはホットミールのコーナーから。サラダと卵料理、パンでお腹いっぱいになってきたのでちょっと控えめに。どれも悪くないお味です。

朝食ビュッフェの実食:ホットミール(ベーコンと焼売、グリル野菜など)

 

ここからはデザートに突入です。まずこちらはホットミールのコーナーに用意されていた「スフレパンケーキ」です。ふわふわな食感がいい感じです。

朝食ビュッフェの実食:スフレパンケーキ

 

こちらは「マンゴーヨーグルト」。なめらかなヨーグルトとマンゴーペースとの相性が良く美味です。

朝食ビュッフェの実食:ヨーグルト(マンゴーソース)

 

そして最後はフルーツをいただいてフィニッシュです。メロンがあるとやっぱりちょっと嬉しいですね。

朝食ビュッフェの実食:フルーツ

 

朝食を利用した感想

こちらウェスティンホテル横浜のレストラン朝食は、和洋を中心としたビュッフェでした。品数豊富かつ、ひとつひとつの品質も良く感じました。

特に、サラダと卵料理、パンが美味しく、洋食派の方が満足度が高いのではないかと思います。通常料金は大人1人3,800円とのことですが、コストバランスの取れた内容と感じました、

今回はプラチナ特典で大人2名分7,600円分を無料で利用できたということでお得すぎますね。プラチナ特典に感謝感謝です。

 

マリオットの上級会員(ゴールド&プラチナ)に簡単になる方法

マリオットアメックス(プレミアム)保有でゴールド会員資格をもれなく獲得

マリオットの上級会員資格である「ゴールドエリート」を簡単に獲得する方法があります。それは「マリオットアメックス(プレミアム)」を保有することです。

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

 

マリオットアメックス(プレミアム)は、年会費は「49,500円(税込)」と高額ながらも、その費用を上回る豊富な特典によりホテル好き必携のクレジットカードになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)の主な特徴は以下になります。無料宿泊特典(5万円相当)だけでも年会費負担を相殺することができてしまいます。

また、ポイント還元率やマイル還元率の高さから陸マイラーからも絶大な人気を誇っています。

<マリオットアメックス(プレミアム)の主な特長>

  1. マリオット の「ゴールド会員資格」を自動的に獲得
  2. カード決済でポイント還元率3%&マイル還元率1.25%を実現
  3. マリオットのホテル利用でポイント還元率6%を実現
  4. ポイント有効期限は実質無期限
  5. 貯めたポイントはホテルの無料宿泊や世界40以上の航空マイルに交換可能
  6. 年15泊分の宿泊実績を獲得
  7. 年150万円以上の決済で無料宿泊特典を獲得(5万円相当)
  8. 年400万円以上の決済で「プラチナ会員資格」を獲得

 

マリオットアメックス(プレミアム)の特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

プラチナチャレンジでプラチナ会員へのステップアップも容易

私の場合は、マリオットの「ゴールドエリート」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、マリオットの「プラチナエリート」も獲得しました。

プラチナチャレンジの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

また、年400万円以上の決済が可能な方であれば、マリオットアメックス(プレミアム)の特典で「プラチナエリート」を獲得できるのもメリットですね。

プラチナ会員になるとマリオットのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになります。

加えて、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まりレイチェックアウトも午後4時まで可能になるなど、マリオットのホテル宿泊をより満喫することができます。

ゴールドエリートとプラチナエリートの主なステータス特典は以下になります。

<ステータス特典(ゴールド&プラチナ)>

  ゴールド プラチナ
ポイントボーナス ◯(25%) ◯(50%)
レイトチェックアウト ◯(14時) ◯(16時)
ウェルカムギフト ◯(250 or 500ポイント) ◯(500 or 1,000ポイント、無料朝食、アメニティから選択)
客室のアップグレード ◯(スイート含む)
ラウンジへのアクセス  

 

スポンサーリンク

入会キャンペーンで年会費負担も軽減可能

マリオットアメックス(プレミアム)では、最大45,000ポイント(=4.5万円相当)を獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担をほぼ相殺できるというお得さになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)に興味のある方にとっては大チャンスと言えますね。

マリオットアメックスの入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

ウェスティンホテル横浜の宿泊料金

マリオットボンヴォイのポイントを利用して宿泊

今回こちらの「ウェスティン横浜」には、マリオットの会員プログラムである「マリオットボンヴォイ」のポイントを利用して宿泊しました。

消費したポイント数は「31,000ポイント」で、一番スタンダードである「デラックスキング」を予約しました。

 

会員の方はベストレート保証のある公式サイトからの予約がオススメ

ウェスティン横浜の宿泊料金は、スタンダードルームが平日で3万円前後、土日祝日で4万円前後というような価格設定となっています。

マリオットボンヴォイ会員の場合は、最低価格保証(ベストレート)を導入しているマリオット公式サイトからの予約がオススメです。

「マリオットボンヴォイ」公式サイトはこちら!

 

それ以外の方は、ホテル予約サイトの利用も便利です。最新の宿泊価格を以下リンクからご確認ください。

<最新の宿泊料金>

 

ウェスティンホテル横浜の場所とアクセス

みなとみらいの新商業地区に位置

ウェスティンホテル横浜は、神奈川県横浜市みなとみらいの新商業地区に位置しています。

最寄駅は地下鉄の「みなとみらい駅」で徒歩6分ほどの距離になっています。また、JR横浜駅の東口からは徒歩15分ほど、同じくJR桜木町駅からも徒歩12分ほどでアクセスすることもできます。

JRの駅からは歩けない距離ではないものの荷物が多い場合は、JR横浜駅の東口からタクシー利用が便利です。700円前後の料金でアクセスすることができます。

<鉄道でのアクセス>

  • 地下鉄「みなとみらい駅」:徒歩6分
  • JR「桜木町駅」:徒歩12分
  • JR「横浜駅」:東口から徒歩15分

 

ウェスティンホテル横浜の周辺地図はこちらになります。商業施設としては「横浜美術館」や「MARK ISみなとみらい」などが近くに位置してます。

「横浜ロイヤルパークホテル」や、それに隣接する「横浜ランドマークタワー」や「ランドマークプラザ」なども徒歩圏内でみなとみらい地区の観光に便利な立地となっています。

 

まとめ

今回は、ウェスティンホテル横浜のレストラン朝食を、外観と内観から営業時間(提供時間)、価格(料金)、ドリンクとフードの品揃え、感想まで詳しくご紹介していきました。

こちらの朝食は和洋ビュッフェになっており充実した品揃えで品質も良く、満足度の高い内容になっていました。

大人1人3,800円ということですがプラチナ特典のウェルカム特典で選択すれば無料で利用することができます。2人まで無料で利用できるというのはお得すぎますね。

 

次の記事では、宿泊者であれば無料で利用可能なプールとサウナ、ジムの様子をご紹介したいと思います。

==>次の記事

 

<==前の記事

 

それでは、また!