陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!


< 旅好き&陸マイラー注目記事! >

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

アメックスゴールドが年会費無料&30,000ボーナスポイント!

ポイントサイトの入会はここからがお得!入会特典ランキング!

スポンサーリンク

ヒルトンハワイアンビレッジ:チェックイン時の当日アップグレードでレインボータワーのオーシャンフロントへ!

f:id:pipinobu:20170925233750j:plain

 

ヒルトンハワイアンビレッジ:チェックイン時の当日アップグレードでレインボータワーのオーシャンフロントへ!

今回は、ハワイ旅行2017(夏休み編)の4軒目で利用した「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート(Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort、ヒルトンハワイアンビレッジ)」でのチェックインの様子をご紹介します。私は、ヒルトンオナーズ(ヒルトンの会員制度)の最上級会員資格である「ダイヤモンド会員」となっています。ダイヤモンド会員の場合、当日の空室状況に応じて、客室のアップグレードを受けることができます。大人気の観光地である「ハワイ」でも、ダイヤモンド会員特典を利用して、客室のアップグレードを受けられるのかどうか、実際に検証してきましたので、その結果をご報告したいと思います。当記事では、もともと予約してあった部屋のカテゴリー、利用したポイント、料金から、ヒルトンオナーズアプリでのアップグレードの可否、および、現地での当日アップグレードの様子まで、詳しくご紹介したいと思います。 

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ハワイ旅行2017のスケジュール

今回のハワイ旅行のスケジュールは以下になります。夏休みを利用したハワイ旅行で、時期としては7月下旬になります。ハワイ旅行としては典型的な4泊6日のスケジュールで、今回の記事はその4日目の様子になります。

 

<スケジュール概要>

  • 1日目:成田からホノルルに移動(NH182便)、シェラトンワイキキ宿泊
  • 2日目:ワイケレでのアウトレットショッピング、ロイヤルハワイアン宿泊 
  • 3日目:モアナサーフライダー宿泊
  • 4日目:ヒルトンハワイアンビレッジ宿泊 <=今ココ
  • 5日目:ホノルルから成田に移動(NH183便)
  • 6日目:成田に到着

 

今回のハワイ旅行のテーマは「SPGアメックスとANAマイルで行く低コストで豪華なハワイ旅行」です。夫婦でANAのビジネスクラスでハワイに行き、高級ホテルに4連泊するプランを約50,000円だけの現金持ち出しだけで実現しています。詳細についてはこちらご参照ください。

 

ヒルトンハワイアンビレッジとは

ヒルトンハワイアンビレッジは、正式名称を、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート(Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort)と言います。その名前のとおりハワイのワイキキに位置しており、ヒルトンのホテル群で巨大な村を形成しています。

 

ヒルトンハワイアンビレッジの公式HPでは、次のように紹介されています。

ハワイの楽園、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートにようこそ! ワイキキ屈指のビーチに面した9万平米もの敷地では、楽園そのもののリゾート体験をお楽しみいただけます。目の前に広がるデューク・カハナモク・ビーチは、2014年、アメリカの著名なビーチランキングで第1位を獲得。その美しさはまさにお墨付きです。

ホテル紹介|ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート|ヒルトン・ホテルズ&リゾート

 

ヒルトンハワイアンビレッジは、9万平方メートルの敷地内に、タイムシェア・リゾート専用タワーを含めた7つのタワーに3,000室を超える客室、6つのプール、22店のレストラン&バー、90店以上のショップを構えています。ハワイ最大のホテルといっても過言ではありません。

 

こちらは、ヒルトンハワイアンビレッジのチェックインの際にいただくことができる、ヒルトンハワイアンビレッジの全体図です。星印をつけたものが、7つのタワーです。その中心の丸印が各タワー共通のレセプションがあるメインロビー(Main Lobby)となっています。

f:id:pipinobu:20170925232216j:plain

 

ヒルトンハワイアンビレッジの7つのタワーとそれぞれの特徴は以下になります。

 

<ヒルトンハワイアンビレッジのタワー>

  • アリイ・タワー(ALI'I TOWER):ビーチフロントのタワーで、高級なサービスが特徴である。
  • レインボー・タワー(RAINBOW TOWER):ビーチフロントで、かつ「デューク・カハナモク・ラグーン」に隣接している31階建てのタワー。虹色のモザイクが施された外観が特徴の、最初に作られたタワーである。
  • カリア・タワー(KALIA TOWER):最新のタワーである。315室。
  • タパ・タワー(TAPA TOWER):「タパ・コンファレンス・センター」があるタワー。
  • ダイヤモンド・ヘッド・タワー(DIAMOND HEAD TOWER):レストランやショップに隣接したタワー。1階にビジネスセンターがある。
  • ラグーン・タワー(LAGOON TOWER):全ての部屋にキッチンが付いているリゾート・コンドミニアム・タイプの客室を中心としたタイムシェアプログラムのオーナーのみが宿泊可能である。
  • グランド・ワイキキアン(GRAND WAIKIKIAN):2009年3月にオープンした39階建てのワイキキ初のタイムシェア専用タワー。タイムシェアプログラムのオーナーのみが宿泊可能である。331室。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾート&スパ - Wikipedia

 

どのタワーが良いということもありませんが、「アリイ・タワー(ALI'I TOWER)」は高級なサービスかつビーチフロントのタワーで人気があります。ただ、宿泊料金もそれに比例して高くなっています。

 

日本人に人気があるのは「レインボー・タワー(RAINBOW TOWER)」です。こちらは一番古いタワーなのですが、古いだけあって立地は一番良く、ビーチフロントにありますので、眺望がとても素晴らしいことで有名です。

 

その他のタワーは、新しいものにしたがって、設備は新しくなるのですが、ビーチからは遠くなるので、眺望的には不利なるという傾向があります。

 

ヒルトンハワイアンビレッジの周辺地図はこちらになります。観光客の多いワイキキエリアからは、ちょっと距離があります。ただし、観光客に人気の「アラモアナショッピングセンター」には、その分、近くなります。ワイキキエリアとアラモアナショッピングセンターの、ちょうど中間あたりに位置すると考えると、イメージしやすいのではないかと思います。

 

ちなみに、ワイキキエリアからヒルトンハワイアンビレッジへの移動に、我々はUber(ウーバー)を利用しました。ハワイでUber(ウーバー)はかなり普及しており、安くて早くて利便性抜群です。

 

ヒルトンハワイアンビレッジ:予約したお部屋と料金

今回宿泊した、ヒルトンハワイアンビレッジには、ヒルトンのポイントを利用して無料宿泊しました。予約した客室のカテゴリーは「カリアタワーシティービュー」、利用したヒルトンのポイントは「50,000ポイント」でした。

 

カリアタワーシティービューといっても、ヒルトンハワイアンビレッジにはたくさんのホテル棟があるのでよくわからないと思います。私もよくわかりませんでした(笑)。

 

カリアタワーというのは、ヒルトンハワイアンビレッジの中でも海から一番遠いホテル棟で、ポイントで予約できる部屋の中で一番安いお部屋がこちらでした。ヒルトンのポイントは50,000ポイントぎりぎりしかもっていなかったので、それ以外に選択肢がなかったんですね・・。

 

ヒルトンの場合、私は最上級の会員資格であるダイヤモンド会員なので、ダイヤモンド会員パワーによる客室のアップグレードに全力で期待した予約です。

 

<利用したポイントと現金>

  • 客室のカテゴリー:カリアタワーシティービュー
  • 利用したヒルトンポイント:50,000ポイント
  • 必要な現金(リゾートフィー):35.00ドル

 

スポンサードリンク

 

 

ヒルトンオナーズのダイヤモンド会員資格を手に入れた経緯

私は「SPGアメックスカード」というクレジットカードをメインカードにしています。 「SPGアメックスカード」は、SPG(シェラトンやウェスティンなど)、マリオット、リッツ・カールトンの3つのホテルグループのゴールド会員資格の獲得や、2年目以降の無料宿泊(1泊)など、様々な特典が用意された非常に優秀なクレジットカードです。

 

SPGアメックス:特典からメリット・デメリットまで徹底解説!

 

SPGアメックスカードにはSPGのゴールド会員資格が付いてくるので、せっかくなのでとヒルトンにステータスマッチをしてみたところ、ヒルトンのダイヤモンド会員資格を獲得できてしまいました。

 

ヒルトンのダイヤモンド会員は以下のような特典を受けることができます。

 

<ヒルトンのダイヤモンド会員特典>

  • 割引保証
  • デジタルチェックイン
  • ご滞在中の客室内およびロビーでのプレミアムWi-Fi接続無料
  • ご希望の客室タイプに合わせた、スピーディなご予約とチェックイン
  • レイト・チェックアウト
  • エクスプレス・チェックアウト
  • 2人目のお客様はご宿泊無料
  • フィットネスセンターとヘルスクラブのご利用
  • 1滞在につき無料のボトルウォーター2本
  • 空室状況に基づくプリファードルームへのアップグレード
  • 1滞在につき1,000 Hオナーズ・ボーナスポイント
  • ご滞在中に毎日無料でご提供するコンチネンタルブレックファスト(会員様および同室にご宿泊のお客様1名様まで)
  • エグゼクティブフロア・ラウンジのご利用(一部のホテル)

 

ダイヤモンド会員特典は多岐に渡りますが、特に有用なのは、上記の赤文字の特典です。空室状況に応じて、客室のアップグレードを受けられる他、レイト・チェックアウトや、無料の朝食、エグゼクティブ・ラウンジの利用などが可能となります。

 

SPGアメックスを利用したヒルトンへのステータスマッチの詳しい経緯はこちらご参照ください。

 

ヒルトンハワイアンビレッジ:ヒルトン・オナーズ・アプリの状況

ヒルトンオナーズ(ヒルトンホテルの会員プログラムの名称です)会員、かつ、ヒルトンの公式HPから予約を実施した場合、「ヒルトン・オナーズ・アプリ」を使って、宿泊日予定日の前日から、アプリを使った事前チェックインが可能になります。

 

この際、ダイヤモンド会員やゴールド会員など上級会員の場合は、アップグレードされた部屋の選択も可能です。どれくらいアップグレードされた部屋まで選択可能かは、ホテルによっても、また、当日の空室状況によっても異なります。

 

ということで、私も「ヒルトン・オナーズ・アプリ」でのアップグレード可否の状況を確認してみました。こちらは、チェックイン当日の早朝の様子です。

 

チェックイン当日には「カリアタワー」の1室が「プレアサイン(Pre Assigned)」ということで、仮予約状態になっていました。カリアタワー(Kalia Tower)意外にも、ダイヤモンドヘッドタワー(Diamond Head Tower)や、タパタワー(Tapa Tower)なども選択可能であることがわかります。

f:id:pipinobu:20170925122819p:plain

 

実際に、カリアタワーでプレアサインされていたお部屋はこちらになります。カリアタワのオーシャンビュールームです。しかも25階の高層階のお部屋がアサインされています。

f:id:pipinobu:20170925122821p:plain

 

もともと予約してあったお部屋は、同じカリアタワーの眺望なしでしたので、そこから比べるとかなりの出世ぶりです。

 

ちなみにですが、選択可能であったタパタワーやダイヤモンドヘッドタワーでも、上層階のお部屋を選択可能になっていました。

 

ただ、ここで、何らかのお部屋を選択してしまうと、それが私の希望だと受け取られて、これ以上のアップグレードが受けにくくなるという弊害があります。これは、以前、コンラッド東京でスイートへのアップグレードに成功した際に、ホテルのスタッフの方との会話で示唆されたものです。

 

そのため、ここで条件の良いお部屋で確定してしまいたくなる気持ちをぐっと抑えて、より条件の良いお部屋へのアサインを期待して、現地レセプションでのチェックインに望むことにしました。

 

ヒルトン・オナーズ・アプリの使い方については、こちらの記事でもご紹介しておりますので、合わせてご参照ください。

 

ヒルトンハワイアンビレッジ:チェックインの方法

それでは、ここからは、ヒルトンハワイアンビレッジでの当日チェックインの様子をご紹介します。

 

ヒルトンハワイアンビレッジでは、チェックインの方法がいくつかあります。自分が宿泊するタワーが確定している場合は、そのタワーのレセプションに向かって、そこで直接チェックインすることができます。

 

もしくは、まだ宿泊するタワーが確定していない場合は、ホテル全体のレセプションでチェックインを行います。

 

ヒルトンハワイアンビレッジでは、ホテル全体のレセプションは「メインロビー(Main Lobby)」に位置してます。

 

私の場合、どのタワーに泊まるか、まだ、ふわふわした状態でしたので、まずは「メインロビー(Main Lobby)」にある、ホテル全体のレセプションに向かうことにしました。

 

ヒルトンハワイアンビレッジ:当チェックインの様子

ヒルトンハワイアンビレッジの、ホテル全体のレセプションの様子はこちらになります。レセプションの前には、こんな看板があり、「ヒルトンオナーズ」の会員と、そうでない方(非会員)の方で、並ぶ列が分けられています。

f:id:pipinobu:20170925170630j:plain

 

こちらの写真が、ヒルトンオナーズ非会員の列になります。かなり混雑していますね・・。

f:id:pipinobu:20170925170635j:plain

 

そしてこちらが、ヒルトンオナーズ会員の列です。明らかに空いています。ヒルトンオナーズの会員になるのは無料ですので、上級会員になるかどうかは置いておいて、会員になっておいた方が、明らかにお得ですね。

f:id:pipinobu:20170925170641j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

ヒルトンハワイアンビレッジ:当日アップグレードの結果

そんなこんなで、私はヒルトンオナーズ会員ですので、もちろんヒルトンオナーズ会員用の空いている方の列に並んでチェックインを行いました。

 

そして、当日チェックインの結果はというと・・、

  

「カリアタワーシティービュー」から「レインボータワー、オーシャンフロント」への超絶アップグレードに成功しました!

 

こちらはもちろん、ヒルトンのダイヤモンド会員の特典による無償アップグレードです。

  

レインボータワーというのは、ヒルトンハワイアンビレッジの中でも、海に一番近いタワーで、観光客、とくに、日本人観光客に一番人気のタワーです。その中でも、今回アップグレードしていただいたのは、海が真正面に見えるオーシャンフロントです。

 

最高レベルのアップグレードと言えると思います。

 

この時、こちらから特にアップグレードをお願いしたわけではありませんでした。

 

「ヒルトンハワイアンビレッジに宿泊するのは、今回が初めてなんです。」

 

という何気ない会話をしていると、ホテルのスタッフの方の方から、

 

「ダイヤモンド会員様、いつもありがとうございます。日本人に一番人気のレインボータワーに空きがないか調べてみますね!」

 

という感じで、トントン拍子にアップグレードが決まっていきました。

 

実はこの時の時刻は朝の11時です。通常のチェックイン時間は15時ですので、4時間も早い時間になりますが、普通にアーリー・チェックインもできてしまいました。

 

時期的にも、7月の最終週ということで、そこそこ繁忙期であるはずなのに、至れり尽くせりの対応に感動。ヒルトンハワイアンビレッジでは、ダイヤモンド会員を大切にしている感が、とても伝わってきました。

 

f:id:pipinobu:20170925233750j:plain

 

ヒルトンハワイアンビレッジ:レインボータワーオーシャンフロントの価値

私が宿泊した日付で「レインボータワー、オーシャンフロント」のお部屋を現金で予約しようとした場合、「400ドル」ちょうどとなっていました。リゾートフィーを合わせると、「435.00ドル」となります。

 

一方、もともと予約してあった「カリアタワー、シティービュー」のお部屋の宿泊代金は「250ドル」ほどでした。

 

ですので、150ドルほどの価値のあるアップグレードを無償で受けられたということになります。

 

まとめると以下となります。

 

<全額現金で支払った場合>

  • 客室のカテゴリー:レインボータワー、オーシャンフロント
  • 必要な現金(リゾートフィー込み):435.00ドル

 

今回私は、ポイントを利用しての無料宿泊でしたので、「435.00ドル」の価値がある素晴らしいお部屋に、リゾートフィーだけの「35.00ドル」で宿泊できてしまったということになります。しかも、泊まることができたのは、一番人気のレインボータワー、オーシャンフロントです。文句のつけようがありません。

 

部屋をアサインしてくださった、ホテルのレセプションの方、そして、ダイヤモンド会員パワーに、感謝感謝です。

 

f:id:pipinobu:20170925172057j:plain

 

ヒルトンハワイアンビレッジ:チェックイン時の当日アップグレードでレインボータワーのオーシャンフロントへ!のまとめ

今回は、「ヒルトンハワイアンビレッジ」でのチェックインの様子をご紹介しました。結果は、「タパタワーの眺望なし」のお部屋から、「レインボータワーのオーシャンフロント」への超絶アップグレードに成功しました。これによって、大人気の観光地である「ハワイ」でも、ダイヤモンド会員特典を利用して、客室のアップグレードを受けられるということを、証明することができました。もちろん、客室のアップグレードは、当日の空室状況に依存しますので、保証されるものではありませんが、当日アップグレードの事例としては、なかなか貴重なのではないかと思います。

 

次回の記事では、「レインボータワー、オーシャンフロント」の素晴らしいお部屋の様子を、詳しくご紹介したいと思います。

 

==>次の記事

ヒルトンハワイアンビレッジ宿泊記:レインボータワーのオーシャンフロントのお部屋を徹底レポート!

 

<==前の記事

モアナサーフライダー:プールと専用ビーチで優雅なハワイを満喫!場所と料金は?<SPG>

 

<全体の目次、記事一覧>

ハワイ旅行記2017(夏休み編):全体の目次、記事一覧はこちら!

 

私が今回のハワイ旅行で、ヒルトンを始め、ロイヤルハワイアンやシェラトンワイキキ、モアナサーフライダーなど、いろいろなホテルでの宿泊を満喫できたのは、全てSPGアメックスのおかげです。SPGアメックスでは、現在、入会紹介キャンペーンを実施しています。私からの紹介でのご入会で17,000ポイントを獲得できます。SPGアメックスの公式HPからご入会するより、7,000ポイント分もお得です。SPGアメックスをお持ちでない方は、ぜひこちらの記事もご参照ください。

  

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事