【2022年7月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

コンラッド東京:ダイヤモンド特典でスイートへのアップグレードに成功!アクセスからチェックインまで解説!

f:id:pipinobu:20170122165415j:plain

コンラッド東京:ダイヤモンド特典でスイートへのアップグレードに成功!アクセスからチェックインまで解説!

今回は、ヒルトンの最高級ブランドのひとつである、憧れのコンラッド東京に宿泊してきましたので、その様子をレポートしていきたいと思います。特に、チェックインでは、シティービューのキングルームから、ベイビュースイートのツインルームへのアップグレードに成功しましたので、そのあたりのコツや経緯を詳しくご紹介したいと思います。

コンラッドとは

コンラッドはヒルトンの最上級ブランドのひとつ

コンラッド・ホテル(Conrad Hotels)はヒルトン・ホテル社(Hilton Hotels Corporation)が世界的に展開している、同グループ内におけるホテルのブランドです。

「コンラッド」という名称はヒルトン・ホテル創業者コンラッド・ヒルトンのファースト・ネームより名付けられています。

コンラッド・ホテルは、ヒルトン・グループの中では、「ウォルドルフ=アストリア・コレクション」に次ぐ最上級ブランドと位置づけられています。

コンラッド・ホテル – Wikipedia

 

MEMO

ヒルトンの会員プログラムである「ヒルトンオナーズ」の入会方法から特典、エリートメンバーになる方法などの詳細はこちらの記事でまとめています。合わせてご参照ください。

 

コンラッド東京の基本情報

コンラッド東京は東京汐留ビルディングの高層階に位置

コンラッド東京は、東京都港区東新橋に位置しています。近年再開発された汐留エリアに、2005年に開業しました。

東京汐留ビルディングの28階から37階に入居しています。

<ロケーション>

コンラッド東京の最寄駅は、ゆりかもめ線の汐留駅からは徒歩1分と駅から直結しています。JRや都営地下鉄、地下鉄の新橋駅からは、徒歩7分ということで、若干の距離があります。

  • 都営大江戸線・ゆりかもめ線 汐留駅 徒歩1分
  • JR・都営浅草線・東京メトロ銀座線 新橋駅 徒歩7分

 

地図はこちらになります。

地図を見てわかるように、浜離宮恩賜庭園に面しているので、ホテルおよびホテルの客室からは、浜離宮恩賜庭園の豊かな緑が楽しめます。

また、その先には、レインボーブリッジやお台場、東京湾などの湾岸ビューの絶景を楽しむことができます。

 

スタンダードな客室でも48平米とゆとりのある設計の客室

30階から37階に客室が用意されていますが、一番狭いスタンダードの「シティ/ベイビュールーム」で48m2、天井高3mと、非常に広い、ゆったりとした作りになっています。

また、36階と37階はエグゼクティブフロアとなっています。エグゼクティブフロアの宿泊者には、エグゼクティブラウンジへのアクセス権がついています。

  • シティ/ベイビュールーム(48m2
  • エグゼクティブシティ/ベイビュールーム(48m2
  • シティ/ベイビュースイート(72m2
  • コーナーシティ/ベイビュースイート(72m2
  • エグゼクティブシティ/ベイビュースイート(72m2
  • エグゼクティブコーナーシティ/ベイビュースイート(72m2
  • デラックスベイビュースイート(130m2
  • ロイヤルスイート(226m2

 

基本情報をまとめると以下のようになります。

名称 コンラッド東京
所在地 〒105-7337 東京都港区東新橋1-9-1
TEL: 03-6388-8000 FAX:03-6388-8001
施設内容 室内有線・無線インターネット利用可能
喫煙ルームあり
4レストラン/1 バー
スパ/フィットネス/ビジネスセンター
290 客室
8 会議室
チェックイン
チェックアウト
チェックイン:15:00
チェックアウト:12:00
駐車場 ホテル施設内駐車場有り
・ホテルご宿泊の場合 3,000円/24時間
・通常 300円/30分

 

コンラッド東京の公式HPはこちらになります。詳細はこちらからご確認ください。

CONRAD TOKYO | コンラッド東京|汐留・銀座のホテル予約

 

スポンサーリンク

コンラッド東京:ヒルトンアプリでの事前チェックインの様子

ヒルトン公式HPからの予約はスマホアプリで事前チェックインが可能

ヒルトンの公式HPから予約を行なった場合は、スマホのヒルトンアプリ(ヒルトンHオナーズアプリ)を利用して、宿泊の前日から、事前チェックインが可能です。

 

我々は、2016年11月に実施していた、ヒルトンのタイムセールで今回の宿泊を予約していました。

予約した部屋のタイプは、一番お手頃価格になっていた「シティービュールーム」のキングベットのお部屋です。セール価格で約18,000円でした。税金やサービス料なども含めると、約22,000円です。

宿泊前日からスマホのヒルトンアプリで事前チェックインが可能で、この際に部屋の指定が可能になります。

内容を確認してみると、同じカテゴリーの部屋(シティービューのキングルーム)のみが選択できる状態で、「ベイビュー」や「エグゼクティブフロア」など、アップグレードした内容の部屋は選択できない状態でした。

アップグレードできないのであれば、あまり事前チェックインしておく必要はないのですが、部屋の階数と禁煙/喫煙ルームの指定はできたので、とりあえず、選べる中では一番高層階であった34階の禁煙ルームを指定しておきました。

この事前チェックインが、あとあと悪い影響を及ぼしてきます(笑)。

コンラッド東京:アクセスの様子

ゆりかもめ線「汐留駅」からアクセス

それでは、ここからは宿泊当日の様子をご紹介していきます。

前述のとおり、コンラッド東京の最寄駅は、ゆりかもめ線の汐留駅となっています。コンラッド東京は、東京汐留ビルディングに入居していますので、東京汐留ビルディングに向かいます。汐留駅からは案内に従って向かうとスムーズに到着できると思います。

f:id:pipinobu:20170122165313j:plain

 

コンラッド東京のエントランス

案内板に従い、地下から地上へのエレベーターを上がると、こちらのようなコンラッド東京の入り口が登場します。入り口からして上質な雰囲気を醸し出しています。

f:id:pipinobu:20170122165415j:plain

入り口の自動扉を抜けると、エントランスフロアに到着します。こちらは、レセプションがあるロビーではなく、あくまでエントランスフロアです。正面がタクシーやハイヤーなどの車で訪れた時の入り口で、右手がベルデスクになっています。

f:id:pipinobu:20170122165420j:plain

ベルデスクには、常に数名の方が待機しています。

我々は、いかにもチェックインにきましたよ、というような、ちょっと大きめの荷物をもっていたので、すかさず「チェックインでございますか?」と話しかけられます。

「はい、そうです。」とお答えすると、「それでは、ロビーまでご案内いたします。」と、ロビーまで案内してくださることになりました。

「荷物をお持ちいたします。」とのことでしたが、スタッフさんは女性だったので、妻の荷物だけお願いして、私の荷物は自分で持つことにしました(こういう時、女性のスタッフさんだと、どういう対応が良いのかちょっと迷いますよね・・)。

まさか、こんな入り口入ってすぐのところからスタッフさんにエスコートされるとは思っていませんでした。完全に油断していたので、この時から緊張度はMAXです(笑)。

 

エレベーターでロビーに移動

ロビーフロアは28階にあるので、エレベーターで28階に移動します。

まず、案内板に従って、長い廊下を抜けます。

f:id:pipinobu:20170122165424j:plain

すると、エレベータホールに到着します。高級ホテルなので、エレベーターは丸出しになっていません。

f:id:pipinobu:20170122165429j:plain

エレベーターホールには、こんな感じの、素敵なオブジェも置かれています。

f:id:pipinobu:20170122165439j:plain

エレベーターはこちら。このエレベーターは28階へ直通になっています。

f:id:pipinobu:20170122165435j:plain

軽く、スタッフさんと会話しながら、エレベーターに乗り込みます。緊張度は引き続きMAXなので、エレベーターが長く感じます(実際は一瞬です)。

 

高層階に位置するロビー

そんなこんなで、28階に到着。正面には浜離宮恩賜庭園が広がっています。

f:id:pipinobu:20170122165444j:plain

28階のロビーフロアは、29階と合わせて吹き抜けになっているので、天井がとても高い、明るく開放感のある空間になっています。

f:id:pipinobu:20170122212029j:plain

 

スポンサーリンク

コンラッド東京:ホテルでのチェックインの様子

レセプションでチェックイン

ロビーフロアのレセプションはこちら。こちらでチェックインを行います。

f:id:pipinobu:20170122165454j:plain

ここから、入り口からエスコートいただいたスタッフさんから、レセプションのスタッフさんに、バトンタッチです。

そして、毎度ドキドキのチェックインタイムに突入です。この時の時間は14:30過ぎぐらいの、15:00ちょっと前の時間でした。

今回、事前チェックインでは、アップグレードの選択ができなかったので、ここで部屋のアップグレードが成功するかどうかが決まります。正念場です。

アプリでの事前チェックインが裏目に

名前を告げると、スタッフさんが、カタカタと端末を操作。「シティービュールームのキングベッドのお部屋でご予約ですね。ご用意できておりますので、すぐにご案内できます」とのこと。

ん?ちょっと待ってください。正しいのは正しいのですが、アップグレードを期待していた我々としては、緊急事態です。予約そのままです。

なので、おずおずと、「アップグレードなどはしていただけないのでしょうか・・?」と聞いて見ました。

すると、「事前チェックインがお済みの場合は、我々(=ホテルスタッフ)の方で、勝手に部屋を変更できないことになっております。コンラッドでは、お客様のご希望を最大限お受けすることになっておりますので」とのこと。

つ、つまり、渋々選んだアプリでの部屋指定が、私の希望だと受けとられてしまいました・・。まあ、私が指定したので間違ってはいませんが。どんな意図で私が指定したかなんて、スタッフさんにはわかりませんからね(笑)。

こんな感じで、双方の想いがいき違い状態になっていることがわかったので、アップグレード希望であること、できれば、ベイビューの部屋が希望であることをお伝えました。

すると、改めて空室状況を調べてくださいました。実は、この日は金曜日だったこともあり、ベイビュー、禁煙、キングベッドの部屋は、あいにく満室でした。

ただし、喫煙ルームでもよければ、ベイビュー、キングベッドの部屋で用意ができるようです。ただし、部屋の準備がまだできていないので、1時間程待つ必要があるとのことでした。

ちなみに、コンラッド東京の場合は、スタンダートの部屋とエグゼクティブフロアの部屋では、部屋の広さや調度品などの仕様はまったく同じ、違うのは、階数(エグゼクティブフロアは36階と37階)と、エグゼクティブラウンジのアクセス権のみだということです。

我々はダイヤモンドメンバーなので、部屋のカテゴリーによらず、エグゼクティブラウンジを利用することができます。ですので、エグゼクティブフロアにこだわる理由はありません。

ですので、1時間待つ必要はありますが、希望どおりのベイビューの部屋だったので、それはそれで良かったのですが、ここまで会話して、違和感があることに気づきました。それはキングベッドについてです。

f:id:pipinobu:20170122215042j:plain

 

スイートルームにアップグレード成功

スタッフさんは、何度もキングベッドを連呼していたのですが、私は特にキングベッドにこだわりがあったわけではなく、なんとなく、ただ、本当になんとなく、キングベッドを指定しただけでした。

ですので、もしかしたら、と思い、「キングベッドにこだわりはないので、ツインでも大丈夫です。」と、新たに希望を伝え直しました、

すると、再度、空室状況を調べてくださいました。カチャカチャとしばらく端末を操作された後、信じられない一言をいただきました。

「喫煙のお部屋になりますが、ベイビュースイートのツインでしたら、清掃も終わっておりますので、すぐにご案内できます!」

「ス、スイートですか!良いに決まっているじゃないですか!!」と声には出しませんでしたが、心の中は小躍り状態(笑)。

そして、あんまりはしゃぐのも恥ずかしかったので、できるだけ平静を装って、そちらでお願いしました。

そんなこんなで、意外と長い戦い?になってしまいまいたが、思いがけず、スイートルームへのアップグレードに成功してしまいました。

ちなみに、喫煙ルームといっても、前回宿泊した方は、タバコは吸っていなかったので、タバコの匂いは気にならないはずだということでした。

それぞれの宿泊者が、タバコを吸っていたかどうかまで管理しているんですね。とても感心しました。

 

アップグレードを受ける際のコツ

今回の教訓として、コンラッド東京でアップグレードを受けたい場合のコツをまとめると以下になります。

  • アプリによる事前チェックインはしないこと
  • 希望(なにが希望でなにが希望でないか)は正確にお伝えすること

 

次回からはスタッフの方にご迷惑をおかけしないように、気をつけたいと思います。

部屋も無事に決まって、最終的なチェックインの手続きをしていただいている間は、レセプションのカウンターの上で、お茶(ルイボスティー)とおしぼりのサービスをいただきました。細かい気配りに感動です。

f:id:pipinobu:20170122165545j:plain

初めてのコンラッド東京で、緊張の連続だったので喉もカラカラ。美味しくルイボスティーをいただきました。

コンラッド東京:レセプションから客室への移動の様子

スタッフのエスコードで客室にアクセス

その後は、部屋も決まっているので、客室に移動します。部屋のカードキーをもらって自分で移動するのかと思いきや、スタッフの方が部屋まで案内してくださるとのこと。

ここで、レセプションの担当の方と、部屋への案内の方で、再びバトンタッチです。部屋への案内の方1名と、荷物を持ってくださる方の1名、合計2名体制で部屋までエスコートしてくださいました。

こんな丁寧な扱いをされたのは初めてだったのでとても緊張しましたが、同時に、とても感動してしまいました。

f:id:pipinobu:20170122211915j:plain

 

スポンサーリンク

ヒルトンの上級会員に簡単になる方法

ヒルトンアメックスの入会でもれなくゴールド会員資格を獲得

ヒルトンの会員プログラムである「ヒルトンオナーズ」の上級会員に簡単になる方法があります。それはヒルトンアメックス」に入会することです。

ヒルトンアメックスには「普通カード」と「プレミアムカード」の2種類がありますが、年会費の安い「普通カード」でも入会するだけで「ゴールド会員資格」を獲得することができます。

ゴールド会員資格で得られる主な特典は以下になります。

<ゴールド会員特典>

  1. 無料朝食サービス
  2. 客室のアップグレード(エグゼクティブまで)
  3. レイトチェックアウト
  4. ボーナスポイント加算(+80%)
  5. 会員向け割引
  6. 特典滞在時のリゾート料金不要
  7. デジタルチェックイン&客室の選択
  8. デジタルキー
  9. 客室内およびロビーでのWiFi
  10. 2人目のお客様宿泊無料
  11. ポイント譲渡およびポイントプール無料
  12. スタンダードルーム特典で5泊目無料
  13. ボトルウォーター2本
  14. エリート会員の繰越特典
  15. 無制限のマイルストーンボーナス

 

青字が重要な特典ですが、中でも「無料朝食サービス」を受けられるのが最大の魅力です。

この「無料朝食サービス」は、会員1名と会員と同室に宿泊の1名まで、つまり合計2名に適用されます。

ホテルでの朝食は平均して1人3,500円ほどが相場になりますので、1回2名で利用するだけで7,000円ほどの価値になります。

しかも、連泊した場合は滞在中の毎朝で利用することができます。

 

ヒルトンアメックス(普通カード)の年会費は「16,500円(税込)」ですのが、ヒルトンのホテルに年3回以上宿泊する方であれば、年会費の元を十分に回収することが可能です。

それに加えて、「客室のアップグレード」や「レイトチェックアウト」の特典も受けることができますので、ヒルトンでのホテル滞在がより快適で充実したものになります。

 

ヒルトンアメックスプレミアムの決済条件クリアでダイヤモンド会員資格を獲得

最上位の「ダイヤモンド会員資格」を獲得したい方は「ヒルトンアメックス(プレミアムカード)」がオススメです。

年会費は「年66,000円(税込)」と高額にはなるもの、年200万円以上の決済条件クリアで「ダイヤモンド会員資格」を獲得することができます。

ダイヤモンド会員になればゴールド会員の特典に「エグゼクティブラウンジへのアクセス権」が追加されるため、ホテル宿泊をより楽しく満喫することができるようになります。

また、「ウィークエンド無料宿泊特典」を継続で1泊分、年300万円以上でさらにもう1泊分、合計で最大2泊分獲得できるため、年間の決済金額が多い方であれば年会費の元を回収することも可能となっています。

 

ヒルトンアメックスはお得な入会キャンペーンを実施中

そんなヒルトンアメックスに最もお得に入会する方法は「紹介プログラム」を利用することです。

「紹介プログラム」では公式サイトよりもお得な入会キャンペーンを常に実施しており、活用することで初年度の年会費を大幅に上回るような特典を獲得することができます。

ヒルトンアメックスの入会キャンペーンの最新情報はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、コンラッド東京のアクセスからチェックインまでの様子をご紹介しました。

初めてのコンラッド東京で、緊張の連続でしたが、入り口からチェックイン、客室までの移動の最初の数ステップだけで、素晴らしいサービスに、すっかり心を掴まれてしまいました。

コンラッド東京のサービスは本当にすごいです。スタッフの数もこれまでのヒルトンとは違いますが、何より、ゲストをもてなそうという心構えのようなものの質が、根本的に違うように感じました。

飛行機で例えるなら、普通席とプレミアムクラスぐらいの違いがあります(笑)。

 

次の記事ではアップグレードされた「ベイビュースイート」の客室を詳しくご紹介していきたいと思います。

==>次の記事

コンラッド東京宿泊記:ベイビュースイートのお部屋を徹底レポート!

 

MEMO

ヒルトンのダイヤモンド特典で利用したクラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)とレストラン朝食の様子はこちらの記事でまとめています。合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

ヒルトン関連記事

ヒルトンの会員プログラム「ヒルトンオナーズ」のエリート到達基準から特典までの詳細はこちら。

 

日本国内の都道府県別、ブランド別、カテゴリー別などのヒルトンホテル一覧はこちら。

 

ヒルトンの最新セール情報はこちら。

 

ヒルトンの最新キャンペーン情報はこちら。

 

ヒルトンの宿泊予約で割引やキャッシュバックを実現する方法はこちら。

 

ヒルトンのアメックス提携カードである「ヒルトンアメックス」の詳細はこちら。