【2024年6月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

ヒルトンアメックスのウィークエンド無料宿泊特典はいつもらえる?使い方から価値、獲得条件まで徹底解説!

ヒルトンアメックスのウィークエンド無料宿泊特典を徹底解説

ヒルトンアメックスのウィークエンド無料宿泊特典はいつもらえる?使い方から価値、獲得条件まで徹底解説!

ヒルトンアメックスには「ウィークエンド無料宿泊特典」があります。これは世界中のヒルトンホテルに金・土・日の週末に無料で1泊できるというものです。普通カードで1泊分、プレミアムカードで2泊分を獲得できます。うまく活用すれば1泊で10万円以上となり年会費負担を大きく上回る価値となるのが魅力となっています。当記事では、いつもらえる?といったタイミングから獲得条件、使い方、予約方法、価値、オススメのホテル、よくあるQAまで詳しく解説していきます。

目次

ヒルトンアメックスのウィークエンド無料宿泊特典とは

世界6,600軒以上のヒルトンホテルで週末に1泊の無料宿泊ができる

「ウィークエンド無料宿泊特典」は数あるヒルトンアメックスの特典のひとつです。世界6,600軒以上のヒルトンホテルから好きな対象施設を選んで無料で1泊することができます。

チェックイン日が「金・土・日」となる週末に、ホテルが定める標準的な「スタンダードルーム」に1室2名で宿泊できます。

一部対象外のホテルはあるもの、事前に定められた除外日(ブラックアウト日)がないため、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始といった繁忙期の週末にも利用できるのが特徴です。

ホテルの宿泊料金は週末の方が高くなる傾向がありますし、週末にしか休みが取れないという方も多い中で利用価値の高い特典となっています。

 

ヒルトンアメックスのウィークエンド無料宿泊特典の獲得条件

継続特典として普通カードで1泊分、プレミアムカードで2泊分を獲得できる

「ウィークエンド無料宿泊特典」は、ヒルトンアメックスの継続特典です。

普通カードの場合は「年150万円以上」の決済条件をクリアすることで1泊分を獲得することができます。

プレミアムカードの場合は、継続するだけで「無条件」で1泊分を獲得することができます。その上で「年300万円以上」の決済条件をクリアすることでもう1泊分が追加されます。

プレミアムカードの場合は最大で2泊分を獲得できるという計算になりますね。

獲得条件を表でまとめると以下のようになります。

<ウィークエンド無料宿泊特典の獲得条件>

  普通カード プレミアムカード
カード名称 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
年会費(基本カード) 16,500円(税込) 66,000円(税込)
年会費(家族カード) 1枚目無料、2枚目以降6,600円(税込) 3枚目まで無料、4枚目以降13,200円(税込)
継続特典(無条件) ウィークエンド無料宿泊特典(1泊)
継続特典(条件クリア) 年150万円以上でウィークエンド無料宿泊特典(1泊) 年300万円以上でウィークエンド無料宿泊特典(1泊)

 

ちなみに、ウィークエンド無料宿泊特典が付与されるのは「基本カード」のみです。「家族カード」にはウィークエンド無料宿泊特典は付与されませんのでご注意ください。

家族カードの利用金額は基本カードと合算されて、決済条件クリアのためにカウントされる仕組みになっています。

 

年間の利用金額は入会月を起点に1年間をプログラム期間としてカウントされる

年間の利用金額は、ヒルトンアメックスの入会日を起点として1年間のものが合算してカウントされます。例えば入会月が2月21日の場合は、翌年の2月20日までの1年間がプログラム期間となります。

このプログラム期間(1年間)に決済条件をクリアしていれば「ウィークエンド無料宿泊特典」を獲得できるいう形になります。

 

ヒルトンアメックスのウィークエンド無料宿泊特典はいつもらえる?

ウィークエンド無料宿泊特典はプログラム期間終了後から3ヶ月程度でやってくる

「ウィークエンド無料宿泊特典」は入会初年度は獲得することはできません。

もらえるのは2年目以降の継続時という形になります。

そして、実際にこの「ウィークエンド無料宿泊特典」がもらえるのは「プログラム期間終了後から3ヶ月程度」となっています。

私の場合、入会日は2022年2月21日となっていますのでプログラム期間は1年後の2023年2月20日までとなります。そのため、プログラム期間終了後から3ヶ月間というと「2023年3月20日から5月20日まで」が該当します。

そして、実際に「ウィークエンド無料宿泊特典」がやってきたのは2023年4月10日となっていました。プログラム期間終了後から約2ヶ月後という形になりますね。

<私の場合の付与タイミング>

  • 2022年2月21日に入会
  • 2023年2月20日までの1年がプログラム期間
  • 2023年4月10日にウィークエンド無料宿泊特典付与<=プログラム期間終了から約2ヶ月後

 

規約上は「プログラム期間終了後から3ヶ月程度」と記載されていますが、実際はもう少し早いタイミングでやってくるという感じになりますね。

 

ちなみに、プログラム期間は「アメックスアプリ」で確認することができます。年会費の請求日とは若干ずれていますので注意が必要です。

また、こちらのアプリではプログラム期間中にどれだけの金額を利用したかも合わせて確認できるようになっています。とても便利ですのでぜひ活用するようにしましょう。

アメックスアプリ「ウィークエンド無料宿痾泊特典の進捗状況」

アメックスアプリ「ウィークエンド無料宿痾泊特典の進捗状況」

 

ヒルトンオナーズに登録のメールアドレス宛に電子メールで送付

「ウィークエンド無料宿泊特典」の実物はこちらになります。ヒルトンオナーズに登録のメールアドレス宛に電子メールで送付されます。

私はプレミアムカード保有で年200万円の決済条件もクリアしていたため、2泊分がまとめてやってくるような形になっていました。

<ウィークエンド無料宿泊特典の例>

ウィークエンド無料宿泊特典の例

ウィークエンド無料宿泊特典の例

 

「プログラム期間終了後から3ヶ月程度経過しているのにまだ届かないな」という場合は、迷惑メールなどに紛れていないか確認してみましょう。

 

ウィークエンド無料宿泊特典の使い方と予約方法

ウィークエンド無料宿泊特典の予約方法は電話のみ

「ウィークエンド無料宿泊特典」はヒルトン・オナーズ・カスタマーケアに電話して利用します。電話番号は以下になります。ウェブでは予約できないため注意が必要です。

<ヒルトン・オナーズ・カスタマーケアの電話番号>

  • 0120-489-852

 

その際、自身の「ヒルトンオナーズの会員番号」と「特典番号」が必要になります。

「特典番号」は送付されてきた電子メールに記載されていますので間違って削除しないようしましょう。

ちなみに、特典番号は1泊につき番号1つが付与されます。プレミアムカードで2泊分を獲得した場合は、特典番号も2つ記載されています。

<ウィークエンド無料宿泊特典の使い方>

ウィークエンド無料宿泊特典の使い方

ウィークエンド無料宿泊特典の使い方

 

ヒルトンアプリからも無料宿泊特典が確認可能に

これまで無料宿泊特典は電子メールから確認する必要がありました。しかしながら、2023年5月になってヒルトンアプリからも確認可能になりました。

ヒルトンアプリから無料宿泊特典が確認可能に

 

確認方法は簡単です。画面下のメニューから「Account」を選択するだけです。

すると「Your Free Night Rewards」というセクションが新しくできていますので、そこで特典の付与を確認することができます。

ヒルトンアプリでの無料宿泊特典の確認方法

 

この画面からは「特典番号」も確認できるため安心です。利便性が格段に向上しましたね。

ただし、予約自体はこれまで通りヒルトン・オナーズ・カスタマーケアに電話する必要があります。ここも将来的にはオンラインでできるようになって欲しいですね。

 

ウィークエンド無料宿泊特典の有効期限は1年間

「ウィークエンド無料宿泊特典」の有効期限は発行から1年間となっています。有効期限切れにならないように計画的に利用しましょう。

 

ウィークエンド無料宿泊特典を利用するオススメのホテル

ウィークエンド無料宿泊特典の利用対象外ホテルはごく一部

「ウィークエンド無料宿泊特典」には利用対象外のホテルが定義されています。

対象外となっているのは、オールインクルーシブリゾートや、バケーションクラブに参加の一部のホテルで、全部で50軒ほどです。

ヒルトンワールドワイドの世界6,600軒のホテル数と比べると、対象外のホテル数は本当に微々たるものですね。日本国内には対象外のホテルが今のところないというのも嬉しいところです。

具体的には以下になります(2023年4月時点)。

<ウィークエンド無料宿泊特典の対象外ホテル>

  • オールインクルーシブリゾート:
    • ダブルツリー・リゾートbyヒルトン・セントラル・パシフィック・コスタリカ
    • ヒルトン・ボドルム・トゥルクブク・リゾート&スパ
    • ヒルトン・ダラマン・サリゲルメ・リゾート&スパ
    • ヒルトン・マルサ・アラム・ヌビアン・リゾート
    • ヒルトン・プエルト・バジャルタ・リゾート
    • ヒルトン・ローズホール・リゾート&スパ
    • ヒルトン・シャークスベイ・リゾート
  • その他の特典除外ホテル&リゾート:
    • コンラッド・コサムイ・レジデンス
    • エンバシー・スイーツbyヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ウォーク
    • キングストン・プランテーション・コンドズ
    • ヒルトン・サーファーズパラダイス・ホテル&レジデンス
    • ヒルトン・ラ・ロマーナ・オールインクルーシブリゾート&ウォーターパーク・プンタ・カナ
    • オーシャン22・バイ・ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ
    • ロイヤル・パームズ・コンドミニアムズ
    • エララbyヒルトン・グランド・バケーション
    • グランド・ワイキキアンbyヒルトン・グランド・バケーション
    • ザ・ヒルトンクラブ – ニューヨーク
    • ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ・アット・クレイゲンダロック・スイーツ
    • ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ・アット・マックアルピン – オーシャンプラザ
    • ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ・オン・パラダイス(コンベンションセンター)
    • ヒルトン・グランド・バケーション・アット・ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ
    • ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ・アット・シーワールド
    • ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ・アット・タスカニー・ビレッジ
    • ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ・アット・ザ・フラミンゴ(ラスベガス)
    • ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ・オン・ザ・ブルバード
    • ラス・パルメラス・ア・ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ
    • ホクラニ・ワイキキbyヒルトン・グランド・バケーション
    • キングズランド・バイ・ヒルトン・グランド・バケーション
    • コハラ・スイーツbyヒルトン・グランド・バケーション
    • パーク・ソレイユ・バイ・ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ
    • パークシティ・ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ
    • サンライズ・ロッジ・ア・ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ
    • ザ・ディストリクト・バイ・ヒルトン・クラブ
    • ヴァルドロ・マウンテン・ロッジ
    • ウエスト57thストリート・バイ・ヒルトン・クラブ
    • ホーレイ・アット・グランド・ワイレア
    • ラス・カシータス・ビレッジ・ウォルドーフ・アストリア・リゾート
    • ウォルドーフ・アストリア・ジェッダ・カスル・アル・シャルク

 

ウォルドーフアストリアやLXR、コンラッドといった高級ブランドのホテルが狙い目

ヒルトンのホテルは多種多様なブランドで構成されています。

その中でも特に高級ブランドに位置付けられているのが「WALDORF ASTORIA(ウォルドーフ・アストリア)」と「LXR(エルエックスアール)」「CONRAD(コンラッド)」の3つです。

また、地域のユニークな特徴を持つホテルが参加している「CURIO COLLECTION(キュリオ・コレクション)」も高級ホテルが多くなっています。

<ヒルトンのブランド構成>

ヒルトンのブランド構成

ヒルトンのブランド構成

 

せっかく「ウィークエンド無料宿泊特典」を利用するのであれば、これら高級ブランドのホテルを狙うことで価値を高めたいところですね。

<ヒルトンの高級ブランド3選+1>

  • WALDORF ASTORIA(ウォルドーフ・アストリア)
  • LXR(エルエックスアール)
  • CONRAD(コンラッド)
  • CURIO COLLECTION(キュリオ・コレクション)

 

ウィークエンド無料宿泊特典の価値と日本の対象ホテル一覧

ウィークエンド無料宿泊特典が使える日本のホテル一覧

「ウィークエンド無料宿泊特典」には利用対象外のホテルが一部あるものの、日本のホテルは含まれていません。

そのため、日本の全てのホテルでウィークエンド無料宿泊特典を利用可能となっています。日本の対象ホテル一覧は以下になります(2023年4月時点)。

<ウィークエンド無料宿泊特典が使える日本のホテル一覧>

  • 北海道地方
    • ヒルトンニセコビレッジ
  • 関東地方
    • ヒルトン東京
    • コンラッド東京
    • ヒルトン東京ベイ
    • ヒルトン東京お台場
    • ヒルトン小田原リゾート&スパ
    • ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブ 
    • ヒルトン成田
  • 中部地方
    • ヒルトン名古屋
    • 旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン
    • ダブルツリーbyヒルトン富山
  • 関西地方
    • ヒルトン大阪
    • コンラッド大阪
    • ROKU TOKYO, LXR Hotels & Resorts
    • ヒルトン・ガーデン・イン京都四条烏丸
  • 中国地方
    • ヒルトン広島
  • 九州地方
    • ヒルトン福岡シーホーク
    • ヒルトン長崎 
  • 沖縄地方
    • ヒルトン沖縄北谷リゾート
    • ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート
    • ダブルツリーbyヒルトン那覇
    • ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城
    • ヒルトン沖縄瀬底リゾート

 

また、2025年には大阪、2026年には東京に「WALDORF ASTORIA(ウォルドーフ・アストリア)」にオープンする予定です。

これらのホテルが「ウィークエンド無料宿泊特典」に対象になるのかは不明ですが、今からオープンが待ち遠しいですね。

<日本で開業予定のウォルドーフ・アストリアのホテル>

  • ウォルドーフ・アストリア大阪(2025年)
  • ウォルドーフ・アストリア東京日本橋(2026年)

 

 

日本でのオススメはコンラッド東京・大阪やROKU KYOTOなど

日本国内の対象ホテルの中で、宿泊料金の高いホテルは以下になります。これらのホテルの繁忙期や週末の宿泊価格は1泊10万円以上になる場合も多くなっています。

年1回から2回とは言え、クレジットカードの特典でこれら高級ホテルに無料で宿泊できるというのは驚異的なことですね。

コロナ禍が過ぎ去った後のインバウンド需要で東京や京都、大阪といった大都市圏ではホテルの宿泊価格が高騰しており、このウィークエンド無料宿泊特典の価値が高まる結果となっています。

<日本国内でウィークエンド無料宿泊特典を利用するオススメのホテル>

 

私は4軒ともに宿泊したことがありますが、どれも甲乙つけがい素晴らしいホテルばかりです。

中でも「ROKU KYOTO」は京都の自然を感じられるロケーションが素晴らしく、非日常感を存分に味わうことができました。

どこか一軒をと言われれれば、こちらのホテルを選択します。

ROKU KYOTO(ロク京都)の中庭

ROKU KYOTO(ロク京都)の中庭

ROKU KYOTO(ロク京都)のプール

ROKU KYOTO(ロク京都)のプール

ROKU KYOTO(ロク京都)の客室

ROKU KYOTO(ロク京都)の客室

 

「ROKU KYOTO」の宿泊記、およびプール朝食の様子はそれぞれ以下の記事にまとめています。

 

ウィークエンド無料宿泊特典の価値は10万円以上になる場合も

これら4軒のホテルでの2023年5月と8月の週末(金・土・日)の宿泊料金の価格帯(最低と最高のレンジ、および最多)を抽出すると以下のようになっていました。

どれも最多となる価格帯で6万円以上、最高レンジでは10万円を余裕で超えて20万円に達するところまであります。必ずしも全日程で利用できるとは限りませんが、ウィークエンド無料宿泊特典のお得さを確認することができますね。

<オススメのホテルの実際の価格帯>

  5月週末の価格帯 8月週末の価格帯
コンラッド東京 レンジ:67,620円から211,680円
最多:112,005円
レンジ:86,355円から129,105円
最多:112,005円
コンラッド大阪 レンジ:61,560円から94,050円
最多:76,905円
レンジ:61,560円から102,600円
最多:76,905円
ROKU KYOTO レンジ:81,255円から185,535円
最多:128,250
レンジ73,530円から153,900円
最多:89,775円
旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクション レンジ:42,750円から99,960円
最多:68,400円
レンジ:78,400円から99,960円
最多:93,100円

 

これらのホテルでウィークエンド無料宿泊特典を利用できれば、普通カードの年会費(16,500円)の数倍、プレミアムカードでも年会費(66,000円)の元を十分に回収することが可能になります。

ヒルトンアメックスは年1回以上、ヒルトンホテルに宿泊する機会のある方であれば入会する価値が十分すぎるほどあると言えますね。

ちなみに、上記の価格は税サ抜きのものです。実際はこれに10%の税金と15%のサービス料が加算されますのでさらにお得度はアップします。

 

ウィークエンド無料宿泊特典をコンラッド東京で使ってみた体験レポート

ウィークエンド無料宿泊特典をコンラッド東京で使ってみました。利用したのは2023年6月です。ここではその様子をご紹介したいと思います。

ダイヤモンド特典でベイビュースイートにアップグレード

私はヒルトンアメックスプレミアムを保有しており、年200万円の決済条件をクリアしていたためダイヤモンド会員となってました。

ウィークエンド無料宿泊特典を利用し、最初は一番スタンダードな「シティービュー」の客室を予約していましたが、ダイヤモンド会員特典で「ベイビュースイート」にアップグレードいただくことができました。

コロナ禍も過ぎた6月の週末ということでほぼ満室の状況ということでしたが、大幅なアップグレードをいただき感謝感謝です(注:アップグレードは確約ではありません。当日の空室状況に依存します)。

「ベイビュースイート」のお部屋は、リビングルームとベッドルームはそれぞれ別になった広々とした仕様でラグジュアリーな気分を満喫することができました。

コンラッド東京の客室(ベイビュースイートのリビングルーム)

コンラッド東京の客室(ベイビュースイートのリビングルーム)

コンラッド東京の客室(ベイビュースイートのベッドルーム)

コンラッド東京の客室(ベイビュースイートのベッドルーム)

コンラッド東京の客室(ベイビュースイートのバスルーム)

コンラッド東京の客室(ベイビュースイートのバスルーム)

 

ちなみに、宿泊当日の有償レートを確認していみると、オリジナル予約のシティービューが「88,578円(税サ込)」、アップアップグレード後のベイビュースイートが「140,346円(税サ込)」となっていました。

どちらであってもこの1泊だけでヒルトンアメックスプレミアムの年会費である「66,000円(税込)」を大きく上回ることができていますね。

コンラッド東京の宿泊料金(ベイビュースイート)

コンラッド東京の宿泊料金(ベイビュースイート)

 

ダイヤモンド特典でクラブラウンジも利用可能

コンラッド東京の場合、ダイヤモンド会員特典でクラブラウンジも無料で利用することができます。

こちらのクラブラウンジは37階に位置しており、高層階ならではの素晴らしい眺望を楽しめるのが特徴です。

コンラッド東京のクラブラウンジ(海側の眺望)

 

また、「アフタヌーンティー」「カクテルタイム」「朝食」という3つの時間帯でフードプレゼンテーションが行われており、それぞれフードとドリンクを楽しむことができます。

アフタヌーンティーの時間帯には美味しい紅茶とともにスイーツやサンドイッチ、スコーンなどをいただくことができます。

コンラッド東京のクラブラウンジ(アフタヌーンティー)

コンラッド東京のクラブラウンジ(アフタヌーンティー)

 

カクテルタイムの時間帯には、スパークリングワインやビールといったアルコールとともに、ホテル内のレストランで用意された各種オードブルをいただくことができます。

コンラッド東京のクラブラウンジ(カクテルタイム)

コンラッド東京のクラブラウンジ(カクテルタイム)

 

朝食の時間帯はハーブビュッフェになっており、テーブルから卵料理をオーダーすることができます。ウニのスクランブルエッグが絶品でした。

コンラッド東京のクラブラウンジ(朝食:卵料理)

コンラッド東京のクラブラウンジ(朝食:卵料理)

 

ビュッフェも和洋折衷で品数豊富でした。

コンラッド東京のクラブラウンジ(朝食:ビュッフェテーブル)

コンラッド東京のクラブラウンジ(朝食:ビュッフェテーブル)

 

ゴールド会員特典でレストラン朝食も無料

ヒルトンオナーズの場合、ゴールド会員特典でレストラン朝食も無料でいただくことができます。コンラッド東京の場合はレストラン「セリーズ」で提供されています。

「セリーズ」の朝食はハーフビュッフェになっており、種類豊富なビュッフェに加えてテーブルで卵料理をオーダーすることができます。

コンラッド東京のレストラン朝食(セリーズ:ビュッフェテーブル)

コンラッド東京のレストラン朝食(セリーズ:ビュッフェテーブル)

 

ロブスターオムレツをいただきましたがこちらも絶品でした。

コンラッド東京のレストラン朝食(セリーズ:卵料理)

コンラッド東京のレストラン朝食(セリーズ:卵料理)

 

ゴールド会員資格は、年会費16,500円(税込)のヒルトンアメックスの普通カードに入会するだけで獲得することができます。

簡単に獲得できるゴールド会員特典でレストラン朝食が無料になるというのはお得すぎますね。

 

ウィークエンド無料宿泊特典のよくあるQAと注意点

ここでは、ウィークエンド無料宿泊特典の注意点を、QA形式でまとめてご紹介したいと思います。

Q:有効期限はいつ?

A:ウィークエンド無料宿泊特典の有効期限は発行から1年間です。

Q:除外日はある?

A:事前に定められた除外日はありません。金・土・日がチェックイン日となる週末に利用できます。月から木までの平日には利用できません。

Q:対象外のホテルはある?

A:一部対象外のホテルがあります。詳細はこちら日本国内には対象外のホテルはありません(2023年4月時点)。

Q:何名まで利用できる?

A:1室2名までのスタンダードルームに宿泊できます。添い寝条件およびエクストラベッドの利用可否、および価格はホテルによって異なります。個別に問い合わせが必要です。

Q:キャンセル期限は?

A:キャンセルは前日まで無料となっています。

Q:決済条件はいつまでにクリアする?

A:入会月を起点として1年間(12ヶ月)がプログラム期間になります。プログラム期間中に利用金額を満たす必要があります。最終月の利用はうまくカウントされない場合もあるため注意が必要です。

Q:利用金額には家族カードの分もふくまれる?

A:決済条件には基本カードと家族カードの利用金額が合算してカウントされます。ただし年会費など一部含まれないものもあります。

Q:いつ付与される?

A:プログラム期間終了後から3ヶ月ほどで付与されます。プログラム期間はアメックスアプリで確認できます。

Q:どうやって送られてくる?

A:ヒルトンオナーズに登録のメールアドレス宛に電子メールで送られてきます。

Q:ヒルトンアメックスを解約した場合はどうなる?

A:ウィークエンド無料宿泊特典を獲得していても、ヒルトンアメックスを解約してしまうと利用できなくなります。また、返済遅延などが発生している場合なども特典は利用できなくなります。

Q:ヒルトンアメックスのグレードを切り替えた場合はどうなる?

A:ヒルトンアメックスのグレードを切り替えた場合、そこから新たなプログラム期間がスタートします。切り替え前のグレードでの利用金額はリセットされます。

また、カードの再発行などでカード番号が変更になった場合も、プログラム期間が変更になる場合があります。

Q:エリート特典は適用される?

A:ウィークエンド無料宿泊特典を利用して実際に宿泊する時点でのエリート特典が適用されます。ただし、客室のアップグレードなど特典の適用は空室状況に依存します。

 

ヒルトンアメックスの特典とお得な入会方法

普通カードとプレミアムカードの特典一覧

最後に、ヒルトンアメックスの普通カードとプレミアムカードの主な特典を一覧でまとめておきたいと思います。

具体的には以下になります。

<普通カードとプレミアムカードの特典一覧>

  普通カード プレミアムカード
年会費(基本カード) 16,500円(税込 66,000円(税込)
年会費(家族カード) 1枚目無料、2枚目以降6,600円(税込) 3枚目まで無料、4枚目以降13,200円(税込)
ポイントプログラム ヒルトン・オナーズポイント ヒルトン・オナーズポイント
ポイント還元(全般) 100円=2ポイント 100円=3ポイント
ポイント還元(ヒルトン内) 100円=3ポイント 100円=7ポイント
ステータス(無条件) ヒルトン・オナーズ・ゴールド ヒルトン・オナーズ・ゴールド
ステータス(利用条件クリア) 年200万円以上でダイヤモンド
継続特典(無条件) ウィークエンド無料宿泊特典(1泊)
継続特典(条件クリア) 年150万円以上でウィークエンド無料宿泊特典(1泊) 年300万円以上でウィークエンド無料宿泊特典(1泊)
HPCJ年会費優待 初年度から10,000円(税込) 初年度無料、次年度以降10,000円(税込)
旅行保険(国内) 最高2,000万円 最高5,000万円
旅行保険(海外) 最高3,000万円 最高1億円
空港ラウンジ
手荷物無料宅配
ショッピング・プロテクション
オンライン・プロテクション
リターン・プロテクション
キャンセル・プロテクション
スマートフォン・プロテクション
航空便遅延補償

 

プレミアムカードは普通カードよりも特典が豊富な分、年会費(66,000円)も高めに設定されています。年200万円以上の決済で「ダイヤモンド」のステータスを獲得できるのが最大の特徴です。

ダイヤモンドになれば客室のアップグレードにスイートルームが含まれる他、クラブラウンジのアクセス権が付与されるのが魅力的です。

また、プレミアムカードであれば1泊分のウィークエンド無料宿泊特典をもれなく獲得できますので、これを有効活用できる方であれば年会費負担を十分に回収することができます。

一方で、普通カードは年16,500円というリーズナブルな年会費で「ゴールド」のステータスをもれなく獲得することができます。

これにより「朝食無料」の特典を受けることができます。これは1室2名まで利用できますので2名で1回6,000円以上の価値があります。

夫婦やカップルなど2人での宿泊を年3回以上できる方であれば年会費の元を十分に回収できてしまいますね。年150万円まで決済できれば1泊分のウィークエンド無料宿泊特典を獲得できてさらにお得度はアップします。

ゴールドとダイヤモンドの主なエリート特典の違いを表でまとめると以下のようになります。

<ゴールドとダイヤモンドの主なエリート特典の違い>

特典内容 ゴールド ダイヤモンド
ボーナスポイント加算 +80% +100%
レイトチェックアウト
お部屋のアップグレード ◯(エグゼクティブまで) ◯(1ベッドスイートまで)
無料朝食サービス
エグゼクティブラウンジの利用  

 

以上の特徴から、年間の決済額が200万円以下の方には「普通カード」、それ以上の方には「プレミアムカード」が基本的なオススメになります。

もちろん、ウィークエンド無料宿泊特典をうまく活用できる方であれば、利用金額にかかわらずプレミアムカードを選択するのも良いですね。

ヒルトンアメックス(普通カード)の詳細はこちら。

 

ヒルトンアメックスプレミアムの詳細はこちらにそれぞれまとめています。ぜひ合わせてご参照ください。

 

ヒルトンアメックスでは入会キャンペーン実施中

そんなヒルトンアメックスでは入会キャンペーンを実施しています。

入会キャンペーンを活用すれば大量ポイントを獲得することができ、初年度の年会費負担を大きく軽減することができます。

ヒルトンアメックスの入会キャンペーンの最新情報はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、ヒルトンアメックスには「ウィークエンド無料宿泊特典」をご紹介しました。

「ウィークエンド無料宿泊特典」はヒルトンアメックスの継続特典で、世界中のヒルトンホテルに金・土・日の週末に無料で1泊することができるというものです。

あらかじめ定められた除外日はないため、うまく活用すれば1泊で10万円以上の価値にもなります。

1回利用するだけで、普通カードの年会費(16,500円)の数倍、プレミアムカードの年会費(66,000円)の元を回収することが十分に可能となっています。

「ウィークエンド無料宿泊特典」はヒルトンアメックスの魅力をグッと高めるものです。せっかく入会したのであれば、最高レベルに豪華なホテルで活用していきましょう。

 

それでは、また!

 

ヒルトンホテル宿泊記

ヒルトンホテルの宿泊記はそれぞれ以下の記事でまとめています。ぜひ合わせてご参照ください。