【2023年1月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

ROKU KYOTO(ロク京都)の朝食をブログレポート!レストラン「TENJIN」でビュッフェを体験!

ROKU KYOTOの朝食をブログレポート(Top画像)

ROKU KYOTO(ロク京都)の朝食はレストラン「TENJIN」でいただきました。こちらの朝食は、メニューからの選択式メインとビュッフェの組み合わせで充実した内容になっているのが特徴です。ゴールドやダイヤモンドといったエリート特典で無料でいただけるというのも嬉しいですね。当記事では、営業時間やメニュー、価格といった基本情報から、実際に体験してみたレポートまで詳しくご紹介していきます。

目次

ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts(ロク京都)とは

ヒルトン最高級ブランドのホテル

ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts(ロク京都)は、2021年9月にオープンした新しいホテルです。豊かな自然に囲まれた京都の奥座敷である「洛北」に位置しています。

「LXR Hotels & Resorts」は世界的なホテルチェーンであるヒルトンのブランドの一つです。WALDORF ASTORIA(ウォルドーフアストリア)やCONRAD(コンラッド)と並ぶ最上級ブランドに位置付けられています。

ROKU KYOTO(ロク京都)の看板(LXRリゾート)

 

公式サイトでは以下のように説明されています。

LXRホテルズ&リゾーツはヒルトンのラグジュアリーブランドです。世界中の魅力的なロケーションにあり、その土地、歴史、文化に根ざし、唯一無二かつ最高のサービスを提供します。

 

ROKU KYOTO(ロク京都)はLXR Hotels & Resortsブランドとしてはアジア初そして唯一のホテルとなっています。

ヒルトンのブランド一覧(LXR)

 

「Dive into Kyoto」がコンセプトで京都の奥深い魅力に浸る体験

ROKU KYOTO(ロク京都)は、「Dive into Kyoto」がコンセプトになっています。知られざる京都の奥深い魅力に浸る唯一無二の体験と非日常のリラクゼーション空間を提供しています。

敷地内には一級河川「天神川」が流れており、平安時代に川のほとりで紙を漉いた紙座があったという歴史があります。紙を漉く(ろく)という言葉が、ホテル名称の「ROKU(ろく)」と由来になっています。

ROKU KYOTO(ロク京都)の自然の風景

 

ヒルトンの会員プログラムである「ヒルトンオナーズ」に加盟

ROKU KYOTO(ロク京都)は、ヒルトンの会員プログラムである「ヒルトンオナーズ」に加盟しています。

そのため、ROKU KYOTO(ロク京都)での宿泊でヒルトンオナーズの宿泊実績やポイントを貯めることができます。また、エリート特典を利用することもできます。

 

ROKU KYOTO(ロク京都)の朝食会場の選択肢

レストラン「TENJIN」で朝食を提供

ROKU KYOTO(ロク京都)のホテル内には、ダイニング施設としてレストラン「TENJIN」が用意されています。

このTENJINは、内部で「オールデイダイニング」「シェフズテーブル」「ザ・バー」という3つのエリアに区切って営業されています。

朝食の時間帯は混雑するためこのエリアの区切りを廃止し、レストラン「TENJIN」全体で朝食を提供しています。

ROKU KYOTO(ロク京都)のレストラン「TENJIN」外観

 

レストラン「TENJIN」の朝食の提供時間と料金

レストラン「TENJIN」の朝食の提供時間と料金は以下になります。

朝食は朝7時から11時までの時間帯で提供していますが、ラストオーダーは10時となっているため注意が必要です。

<朝食の提供時間と料金>

  • 提供時間:7:00~11:00(10:00 L.O.)
  • 料金:1人5,692円(税サ込)から

 

レストラン「TENJIN」の朝食は、「ROKU BREAKFAST(ロク ブレックファスト)」という名称で、選択式のメインとビュッフェの組み合わせになっています。

基本セットの価格は1人「5,692円(税サ込)」ですが、選択したメインによって追加料金が必要になる場合があります。

 

スポンサーリンク

レストラン「TENJIN」の朝食はヒルトンオナーズのエリート特典(ゴールド&ダイヤモンド)で無料

レストラン「TENJIN」の朝食の価格は1人「5,692円(税サ込)」と安いものではありませんね。

しかしながら、ヒルトンオナーズのエリート特典(ゴールド&ダイヤモンド)として無料でいただくことができます。これは1室2名までに適用されます。

今回我々は夫婦2人で利用しましたが、夫婦2人ともに無料で利用することができました。合計すれば「11,384円」の価値ということでお得すぎますね。

<ロク京都のエリート特典一覧>

  ゴールド ダイヤモンド
アーリーチェックイン(最早12時から)
レイトチェックアウト(最遅15時まで)
アップグレード ◯(1ランクまで) ◯(プレミアデラックスまで)
朝食無料
エクスペリエンスクレジット  

 

ROKU KYOTO(ロク京都)の朝食をブログレポート:レストラン「TENJIN」でビュッフェを体験

さて、それではここからは、ROKU KYOTO(ロク京都)で実際に体験した朝食の様子をご紹介していきたいと思います。

利用したのは2022年11月下旬になります。

全体像と雰囲気

レストラン「TENJIN」はホテルの1階にあります。宿泊棟からは中央の水盤を挟んで向かい側のレストラン棟の中にあります。

レストラン「TENJIN」へのアプローチ

 

レストラン「TENJIN」のエントランスはこんな感じになっています。ガラスに店名である「TENJIN」が書かれたシンプルな仕様になっています。

レストラン「TENJIN」の看板

 

エントランスを抜けたすぐのところにはレセプションとしてカウンターが用意されています。こちらにスタッフが常駐していますので、部屋番号と名前を伝えて受付をします。

レセプションが設けられているエリアは「オールデイダイニング」になっています。天井が高く2方面が窓になっているため明るく開放感の高い雰囲気です。

エリアの中にはテーブル席がずらずらっと並べられています。

チェックインの際に8時以降は混雑すると聞いていたので7時40分ごろに伺いましたが、それでもこちらのエリアはほぼ満席のような状況でした。

レストラン「TENJIN」のレセプションと全体像

 

「オールデイダイニング」から奥に進むと「ザ・バー」のエリアがあります。こちらのエリアは3方向が窓になっていて、さらに開放感が高くなっています。

レストラン「TENJIN」の内観(テーブル&ソファー席)

 

「オールデイダイニング」から川のある方面に進むとテラス席が設けられています。こちらのテラス席は店内席(ENGAWA)と屋外席の2タイプが用意されています。

こちらの写真は店内席のENGAWA(縁側)エリアになります。川沿いに植えられている紅葉が綺麗ですね。外の景色を楽しむなら、こちらのテラス席は特等席と言えますね。

レストラン「TENJIN」の内観(縁側エリア)

 

屋外席はこんな感じです。我々が訪れたタイミングでは季節的に寒すぎるためオープンしていませんでした。春頃であれば、こちらの屋外席はとても気持ち良さそうですね。

レストラン「TENJIN」の内観(テラス席)

 

朝食メニュー

今回は「ザ・バー」のエリアの窓側席をアサインいただきました。店内は混雑していたのに窓側をゲットできるなんて朝からラッキーですね。

レストラン「TENJIN」のテーブルセッティング

 

席はサーマルプールの方を向いていて、水盤越しに「しょうざんリゾート」の借景を楽しむことができました。

レストラン「TENJIN」の眺望

 

ちなみに、東京の多くのヒルトンホテルでは、朝食の時間帯はダイヤモンドメンバー向けに条件の良い席を優先的にアサインする配慮がなされていますが、こちらのROKY KYOTO(ロク京都)では、そのようなオペレーションはされていないようでした。

空いた席に順番に案内するようなシンプルなシステムになっていると思われます。

 

席につくとメニューの説明がありました。こちらの朝食は「ROKU BREAKFAST(ロク ブレックファスト)という名称になっており、選択式のメインメニューとビュッフェの組み合わせになっています。

レストラン「TENJIN」の朝食メニュー

 

メインメニューを転記すると以下のようになります。卵料理を中心に豊富な選択肢が用意されていますね。

<メインディッシュ>

  • イエローオムレツ (プレーン または チーズ)
  • レッドスパイシーオムレツ(パプリカパウダー、一味唐辛子、トマト)
  • グリーンベジタブルオムレツ(ほうれん草、小松菜、春菊)
  • 季節のエッグベネディクト
  • 京鴨卵のフライドエッグ
    • ※上記には、厚切りベーコン、骨付きソーセージが付きます。
  • モーニングリブステーキ(グリル野菜)
    • ※別途追加料金が発生します。(+¥1.265)
  • ベジタリアンプレート(グリル野菜、豆腐ステーキ)
  • ジャパニーズプレート(出汁巻き卵、九条葱、本日のお魚料理、薬味、自家製漬物、ちりめん山椒、辛子明太子、御飯、味噌汁)

 

基本料金は1人「5,692円」ですが、メインに「モーニングステーキ」を選択すると「1,265円」が追加になるため注意が必要です。

洋食だけでなく、ジャパニーズプレートとして「和食」も用意されいるのは嬉しいポイントですね。

今回は夫婦2人で利用しましたので、メインディッシュは以下2品を選択しました。

<選択したメインディッシュ>

  • グリーンベジタブルオムレツ
  • ジャパニーズプレート

 

ドリンクの品揃え

ホットドリンク

ドリンクは、ホットドリンクはテーブルでのオーダー、コールドドリンクはビュッフェカウンターでの提供となっていました。

ホットドリンクは、コーヒーや紅茶を選択可能で、おかわり自由(追加オーダー可能)となっていました。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:ドリンクの品揃え(コーヒー)

 

ゴールドドリンク

こちらはビュッフェカンター上のドリンクです。ドリンクは「シェフズテーブル」のエリアの一角を利用して提供されていました。

左側に見えるのがフルーツジュースで、定番の「オレンジ」のほか、「ジンジャーグレープフルーツ」という珍しいものが並べられていました。

中央に見えるのは「水」と「ハーブ水」です。ちょっと手を加えられているところにこだわりを感じますね。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:ドリンクの品揃え(コールドドリンク)

 

右側に用意されているのは「トマトジュース」と「グリーンベジタブルジュース」になります。ラムネを入れるような「瓶」に詰められているのはおしゃれですね。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:ドリンクの品揃え(野菜ジュース)

 

フードの品揃え

「オールデイダイニング」のエリアの中央部分にフードのビュッフェカウンターが用意されています。

ホットミールはメニューからのオーダーになりますので、ビュッフェカウンターはコールドミール中心の品揃えになっていました。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:フードの品揃え(ビュッフェテーブル)

 

サラダ

まずこちらはサラダのコーナーです。レタス、トマト、水菜、人参、などなど。水菜は「京水菜」となっていました。どれも新鮮そうです。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:フードの品揃え(サラダ)

 

フルーツ

こちらはフルーツのコーナーです。みかん、グレープフルーツ、ぶどう、ブルーベリー、ライチ、パイナップル、などなど。品数豊富ですね。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:フードの品揃え(フルーツ)

 

ヨーグルト

こちらはヨーグルトのコーナーです。プレーンヨーグルトに加えて、柚子のコンフィや黒蜜、抹茶きなこなどが用意されていました。トッピングに京都らしさがあって良いですね。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:フードの品揃え(ヨーグルト)

 

冷菜

続いてはは冷菜のコーナーです。生ハム、サラミ、ハム、サーモン、などなど。どれも見た目からしてクオリティーが高いのが感じられます。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:フードの品揃え(ハムとサラミ、サーモン)

 

こちらはシーフードマリネと茸マリネ、檸檬チキン、牛蒡サラダ、などなど。魚介の冷菜があるのは珍しいですね。とても美味しそうです。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:フードの品揃え(シーフードマリネと茸マリネなど)

 

スポンサーリンク

カレー

ビュッフェテーブルは冷菜中心の用意となっていましたが、グリーンカレーココナッツとメキシカンチリサルサも用意されてました。

ソースとしての利用を想定しているのかもしれませんね。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:フードの品揃え(カレー)

 

パン

こちらはパンのコーナーです。クロワッサンとパン・オ・ショコラ、カレーパン、などなど。種類は少ないですが精鋭を揃えたという感じですね。

どれも表面がパリッと仕上がっていて焼きたて感が伝わってきます。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:フードの品揃え(パン)

 

パンコーナーの脇には、ブルーベリージャムとはちみつが用意されていました。どちらも「ROKU KYOTO」のロゴ入りの瓶に入っています。高級感がありますね。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:フードの品揃え(ジャム)

 

薬味

こちらのビュッフェカウンターで目立っていたのがこちらの薬味のコーナーです。テュミットペッパー、カンポットペッパー、ジャマイカペッパーなど、胡椒だけで3種類も用意されています。花山椒もありますね。

また、塩についても、アンデスの紅塩、黒トリュフ塩、フルールドセル、抹茶塩、柚子塩、など珍しいものが揃えられています。名前だけみても楽しくていろいろと試してみたくなりますね。

薬味に対するレストランの深いこだわりを感じます。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:フードの品揃え(薬味)

 

朝食でいただいたもの

そんなこんなで朝食でいただいたものをご紹介したいと思います。

洋食

まずこちらが「洋食」になります。右手に見えるのがメニューからオーダーしたメインディッシュの「グリーンベジタブルオムレツ」になります。

ほうれん草、小松菜、春菊などが練り込まれているということでグリーンな見た目が鮮烈ですね。ヘルシー感抜群です。中身は半熟でとろとろな絶妙な仕上がりいなっていました。

付け合わせのソーセージとベーコンも肉厚でジューシーで美味しいです。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:実食(洋食のメイン)

 

メインディッシュにはスープもセットになっていました。この日はカボチャのポタージュで優しい味わいでした。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:実食(洋食のスープ)

 

こちらはサラダ。野菜はどれも新鮮でしゃきしゃきしています。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:実食(洋食のサラダ)

 

こちらはパン。クロワッサンもパン・オ・ショコラも焼きたて感が伝わってくるカリカリな仕上がりです。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:実食(洋食のパン)

 

ROKU KYOTOのロゴの入ったはちみつも上質です。濃厚な味わいでパンやヨーグルトと相性抜群でした。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:実食(洋食のジャム)

 

こちらは前菜としていただいてきた生ハムやシーフードマリネと茸マリネなどなど。どれも食材の良さを活かしたナチュラルな味付けになっています。

ビュッフェテーブルに豊富に用意されていた薬味をつけていただくと味が締まって美味しさがグンとアップします。好みに応じてカスタマイズできるのは楽しいですね。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:実食(冷菜)

 

最後はデザートしてフルーツもいただきました。フルーツも新鮮で美味しくいただきました。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:実食(フルーツ)

 

和食

続いては「和食」をご紹介したいと思います。和食はこんな感じのプレートに乗ってやってきます。おかずにご飯とお味噌汁、漬物などがセットになっています。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:実食(和食の全体像)

 

この日のおかずは、出汁巻き卵と焼き魚でした。どちらも上品な味付けになっていて落ち着きます。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:実食(和食のメイン)

 

ご飯には、自家製漬物と辛子明太子、ちりめん山椒がセットになっています。どれも上質でご飯が進みますね。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:実食(和食のご飯と副菜)

 

和食は全体的なボリュームが少なめですが、ビュッフェも併用できるので足りない分は補うことができます。

ただ、ビュッフェで用意されているのは基本的には洋食になっています。個人的にはメインディッシュも洋食から選択した方が、全体的なバランスが良く満足度が高くなると感じました。

 

朝食を利用した感想

こちらレストラン「TENJIN」の朝食は、メニューからの選択式メインとビュッフェの組み合わせとなっていました。

メインディッシュでは卵料理を中心に暖かいものが提供されていました。メインディッシュは見た目も良く、出来立ての状態で提供されるためとても美味しいです。

単純なフルビュッフェよりも満足度がグッと高まりますね。

一方で、ビュッフェの方は冷菜が中心になりますが、用意されたサラダや前菜、パンなどはどれも美味しく、クオリティーの高さを感じることができました。

会場となったレストラン「TENJIN」も、窓が大きく明るく開放的で朝食にピッタリの雰囲気でした。美味しい朝食をいただくことができ、気持ちの良い1日のスタートになりました。

今回はエリート会員の特典で夫婦2人ともに無料で利用できたということで、合計で「11,384円」もお得になりました。エリート特典があるとホテル宿泊をより楽しめるだけでなく、節約にも繋がるのは嬉しいところですね。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の朝食:テラス席の風景

 

ヒルトンの上級会員に簡単になる方法

ヒルトンアメックスの入会でもれなくゴールド会員資格を獲得

ヒルトンの会員プログラムである「ヒルトンオナーズ」の上級会員に簡単になる方法があります。それはヒルトンアメックス」に入会することです。

ヒルトンアメックスの券面

 

ヒルトンアメックスには「普通カード」と「プレミアムカード」の2種類がありますが、年会費の安い「普通カード」でも入会するだけで「ゴールド会員資格」を獲得することができます。

ゴールド会員資格で得られる主な特典は以下になります。

<ゴールド会員特典>

  1. 無料朝食サービス
  2. 客室のアップグレード(エグゼクティブまで)
  3. レイトチェックアウト
  4. ボーナスポイント加算(+80%)
  5. 会員向け割引
  6. 特典滞在時のリゾート料金不要
  7. デジタルチェックイン&客室の選択
  8. デジタルキー
  9. 客室内およびロビーでのWiFi
  10. 2人目のお客様宿泊無料
  11. ポイント譲渡およびポイントプール無料
  12. スタンダードルーム特典で5泊目無料
  13. ボトルウォーター2本
  14. エリート会員の繰越特典
  15. 無制限のマイルストーンボーナス

 

青字が重要な特典ですが、中でも「無料朝食サービス」を受けられるのが最大の魅力です。

この「無料朝食サービス」は、会員1名と会員と同室に宿泊の1名まで、つまり合計2名に適用されます。

ホテルでの朝食は平均して1人3,500円ほどが相場になりますので、1回2名で利用するだけで7,000円ほどの価値になります。

しかも、連泊した場合は滞在中の毎朝で利用することができます。

 

ヒルトンアメックス(普通カード)の年会費は「16,500円(税込)」ですのが、ヒルトンのホテルに年3回以上宿泊する方であれば、年会費の元を十分に回収することが可能です。

それに加えて、「客室のアップグレード」や「レイトチェックアウト」の特典も受けることができますので、ヒルトンでのホテル滞在がより快適で充実したものになります。

 

ヒルトンアメックスプレミアムの決済条件クリアでダイヤモンド会員資格を獲得

最上位の「ダイヤモンド会員資格」を獲得したい方は「ヒルトンアメックス(プレミアムカード)」がオススメです。

年会費は「年66,000円(税込)」と高額にはなるもの、年200万円以上の決済条件クリアで「ダイヤモンド会員資格」を獲得することができます。

ダイヤモンド会員になれば「エグゼクティブラウンジへのアクセス権」が追加されるため、ホテル宿泊をより楽しく満喫することができるようになります。

また、「ウィークエンド無料宿泊特典」を継続で1泊分、年300万円以上でさらにもう1泊分、合計で最大2泊分獲得できるため、年会費以上の価値を獲得することも十分に可能となっています。

 

ヒルトンアメックスはお得な入会キャンペーンを実施中

そんなヒルトンアメックスに最もお得に入会する方法は「紹介プログラム」を利用することです。

「紹介プログラム」では公式サイトよりもお得な入会キャンペーンを常に実施しており、活用することで初年度の年会費を大幅に上回るような特典を獲得することができます。

ヒルトンアメックスの入会キャンペーンの最新情報はこちらの記事をご参照ください。

 

スポンサーリンク

ROKU KYOTO(ロク京都)の宿泊料金

ヒルトンオナーズのエリート特典を利用するには公式サイトからの予約が必要

ヒルトンオナーズのステータス特典を利用するには公式サイトからの予約が必要です。

私が利用したタイミングでは、一番スタンダードな客室である「デラックスルーム」は1泊1室で75,000円(サ別)ほどの価格設定になっていました。

ROKU  KYOTO(ロク京都)の宿泊料金(公式サイト)

 

ヒルトンオナーズの会員でない方はホテル予約サイトの利用も便利です。最新価格は以下のリンクからご確認いただけます。

  • 楽天トラベルの最新価格=>こちら
  • 一休の最新価格=>こちら
  • Yahoo!トラベルの最新価格=>こちら

 

MEMO

ヒルトン公式サイトでお得に予約する方法はこちらの記事をご参照ください。

 

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)会員なら宿泊料金が25%オフ

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)は会員制の優待プログラムです。

HPCJの会員になると、宿泊料金が25%オフになる他、以下のような魅力的な特典を受けることができます。ヒルトンのホテルをよく利用する方であれば入っておいて損のないプログラムとなっています。

<HPCJの主な特典>

  • 宿泊割引(25%オフ)
  • レストラン割引(最大20%オフ)
  • 割引券プレゼント(合計10,000円分)
  • シルバー会員資格プレゼント(初年度)
  • バースデーケーキをプレゼント

 

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)の詳細についてはこちらの記事をご参照ください。

 

ROKU KYOTO(ロク京都)の基本情報

全114室の客室のほかダイニングやスパ、サーマルプール、フィットネスなど設備充実

ROKU KYOTO(ロク京都)は、全114室の客室を備えています。客室は5つのタイプから成り、一番スタンダードな客室でも50平米とゆとりの広さが確保されています。

また、ダイニングとしてレストラン「TENJIN」、施設としてティーハウスやスパ、サーマルプールのほかフィットネスも備えています。

客室数は少ないながらも広大な敷地の中に設備が充実しており、ゆったりと過ごすことができるように工夫されています。

ROKU KYOTO(ロク京都)の基本情報を以下にまとめます。

<ホテルの基本情報>

ホテル名 ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts
住所 〒603-8451 京都府京都市北区衣笠鏡石町44-1
電話 075-320-0111
チェックイン時間 15:00
チェックアウト時間 12:00
客室数 114室
ダイニング TENJIN(オールデイダイニング、シェフズテーブル、ザ・バー)
施設 ティーハウス、スパ施設、サーマルプール、フットネス
公式サイト https://www.rokukyoto.com/

 

京都市北区の鷹峯に位置しており市内中心部からは車で30分ほどの距離

ROKU KYOTO(ロク京都)は、京都市北区の鷹峯に位置してます。こちらの地域は古くから避暑地として利用されており、市内中心部からは車で30分ほどの距離があります。

最寄駅は京都市営地下鉄「北大路駅」ですが、こちらからもタクシーで15分ほどの距離があり、アクセスは良いとは言えません。

しかしながら、中心部から距離があるだけに山間の豊かな自然と都会の喧騒から隔離された静寂を楽しむことができるようになっています。

<ホテルへのアクセス>

  • JR京都駅より:車(タクシー)で約30分
  • 京都市営地下鉄「北大路駅」より:車(タクシー)で約15分

 

ROKU KYOTO(ロク京都)の周辺地図はこちらになります。

ROKU KYOTO(ロク京都)自体は「しょうざんリゾート京都」という結婚式場(ブライダル施設)の敷地内の一角に位置しています。

また、徒歩5分ほどの距離には最高級リゾートホテルと名高い「アマン京都」も位置しています。

 

まとめ

今回は、ROKU KYOTO(ロク京都)の朝食をご紹介しました。

こちらの朝食は、レストラン「TENJIN」で提供されており、メニューからの選択式メインとビュッフェの組み合わせとなっていました。

選択式メインは一部別料金のものがあるものの、種類豊富でできたての暖かいフードを楽しむことができます。和食を選択できるのも良いですね。

ビュッフェの方は冷菜が中心になりますが、用意されたサラダや前菜、パンなどはどれも美味しく、クオリティーの高さを感じることができました。

会場となったレストラン「TENJIN」も、窓が大きく明るく開放的で朝食にピッタリの雰囲気でした。総合的には満足度の非常に高い内容になっていました。

今回はエリート会員の特典で夫婦2人ともに無料で利用できたということで、合計で「11,384円」もお得になりました。エリート特典があるとホテル宿泊をより楽しめるだけでなく、節約にも繋がるのは嬉しいところですね。

感謝感謝です。

 

次の記事では、同じくレストラン「TENJIN」で体験したアフタヌーンティーの様子をご紹介したいと思います。

==>次の記事

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

京都のホテル宿泊記