ANAのマイルで旅ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAのマイルで旅ブログ!

陸マイラーのピピノブが、飛行機に乗らずに貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、お得情報をどんどん発信していきます!

スポンサーリンク

ヒルトン東京(新宿)宿泊記:エグゼクティブルームの様子を詳細レポート

f:id:pipinobu:20161115102456j:plain

 

ヒルトン東京(新宿)宿泊記:エグゼクティブルームの様子を詳細レポート

ヒルトン東京(新宿)の宿泊記。今回は、エグゼクティブルームのお部屋の様子を詳しくレポートしたいと思います。ダイヤモンド特典を利用して、クイーンヒルトンからのアップグレードで獲得した、キングエグゼクティブルームの滞在です。内装は意外や意外、和のテイストあふれる客室でした。高層階からの新宿副都心のビル群の眺めもなかなかでしたよ。

 

<目次>

 

スポンサードリンク

 

 

ヒルトン東京とは

ヒルトン東京というと場所がイメージしづらいですが、場所は新宿になります。新宿副都心、新宿中央公園のすぐ近く。最寄駅は、メトロ丸の内線、西新宿駅になります。公式HPはこちらになります。

www.hiltontokyo.jp

 

ヒルトン東京の周辺地図はこちらになります。

 

これまでの経緯

私がヒルトンHオナーズのダイヤモンドステータスを入手した経緯、今回のホテル宿泊の目的や、アプリでの事前確認から当日チェックインまでの流れについては、こちらの記事にまとめております。


また、部屋の準備ができるまでちょっと時間があったため、準備ができるまでエグゼクティブラウンジでのアフタヌーンティーを楽しみました。その時の様子はこちらの記事にまとめております。

 

スポンサードリンク

 

 

エグゼクティブルームの様子を詳細レポート

それでは、さっそく我々が宿泊したエグゼクティブルームの様子をレポートしたいと思います。正確には、「キングエグゼクティブルーム」です。もともとの予約が、「クイーンヒルトン」というベッドひとつのお部屋の予約できしたので、そこからのアップグレードということで、ベッドひとつのお部屋になったようです。(多分、アップグレードの時にツインをリクエストすれば、ツインにもできたと思います)

 

お部屋の雰囲気は和テイスト

お部屋自体は、27階のお部屋でした。最上階が38階(ただし客室があるのは36階まで)なので、そこそこ高層のお部屋という感じでしょうか。

f:id:pipinobu:20161115102452j:plain

 

お部屋の中の様子はこんな感じです。ででーんと、中央にキングサイズのベッドが横たわっています。窓側には、ビジネス用のデスクと、革張りのリクライニングチェアがありますね。

f:id:pipinobu:20161115102456j:plain

 

全体的に、お部屋のテイストは「和」な雰囲気になっています。海外からのお客様が多いようですので、外国人うけを狙っているのかもしれませんね。正面の窓のサッシも、襖っぽい仕上がりになっています。

f:id:pipinobu:20161115102503j:plain

 

部屋のカーペットも、こんな感じで「書道」っぽいデザインになっています。

f:id:pipinobu:20161115102523j:plain

 

窓からは新宿副都心のビル群が望めます

襖を開けるとこんな感じになります。新宿副都心のビル群が望めます。夜はもっと綺麗そうですね。

f:id:pipinobu:20161115102512j:plain

f:id:pipinobu:20161115102518j:plain

 

ベットサイドには、エグゼクティブルームお決まりの、「GQ」と「VOGUE」が置かれています。エグゼクティブの愛読書なのでしょう(笑)。この号のGQの表紙はちょっとエッチですね・・。

f:id:pipinobu:20161115102507j:plain

 

部屋の中心部には、液晶の壁掛けテレビが置いてあります。37型ぐらいでしょうか。なかなかの大きさです。

f:id:pipinobu:20161115102527j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

バスルームはちょっとエッチなガラス張り

部屋の様子を一通り確認した後は、気になる水回りを見てみましょう。こちらのバスルームは、結構衝撃の作りになっていて、バスルームの壁がガラス張りになっていて、客室の方から中が見えてしまいます。もちろん、覗かれるのが嫌な場合は、襖で閉めることができます。ただし、襖を閉めることができるのは客室側からだけなので、客室側から突然開けたりして楽しむこともできます(笑)。

f:id:pipinobu:20161115102500j:plain

 

バスルームの中の様子はこんな感じです。トイレはちゃんとウォシュレットです。日本なので当然ですが、嬉しいポイントです。

f:id:pipinobu:20161115102531j:plain

 

洗面台はシングルボール。アメニティやハンドタオルが綺麗にセッティングされています。

f:id:pipinobu:20161115102534j:plain

 

アメニティは、世界のヒルトンで共通の「ピーター・トーマス・ロス」です。良くも悪くもなく、といった感じでしょうか。

f:id:pipinobu:20161115102538j:plain

 

トイレとバスルームは、ガラスの仕切りでちゃんと区切られています。客室側の襖を開けていますので、バスルームから客室の様子も見えますね。開放感があるといえば、解放感があります。破廉恥といえば破廉恥ですが(笑)。

f:id:pipinobu:20161115102542j:plain

 

バスタブは意外と大きくて、深さもたっぷり。ゆったりと湯船に浸かることができます。お風呂好きには嬉しいポイントです。

f:id:pipinobu:20161115102546j:plain

 

備品はそこそこの品揃え

バスルームの様子も確認できたので、最後に備品関係を確認したいと思います。こちらは、クローゼットの中の様子です。金庫やアイロン、アイロン台、スリッパ等々が用意されていました。スリッパはちゃんと2人分ありますね。

f:id:pipinobu:20161115102551j:plain

 

バスローブは用意されていなかったのですが、代わりに、浴衣が用意されていました。ここでも和風テイストを徹底していますね。ちなみに、パジャマはありませんので、この浴衣がパジャマも兼ねているということになります。

f:id:pipinobu:20161115102556j:plain

 

ドリンクコーナーはこんな感じです。こちらは無料のドリンクで、ミネラルウォーターのボトルが2本と、インスタントのコーヒー、紅茶、緑茶などが用意されていました。ミネラルウォーターのボトル2本は、ダイヤモンド特典で付いてくるやつですね。ネスプレッソが用意されていないのはちょっと残念。本格的なコーヒーが飲みたい場合は、エグゼクティブラウンジに来てね、という感じなのでしょう。

f:id:pipinobu:20161115102600j:plain

 

コーヒーやお茶を飲む用の、ポットやカップ等々は、ひととおり用意されています。

f:id:pipinobu:20161115102603j:plain

 

冷蔵庫の中はこんな感じ。結構びっしり入っていますね。こちらは全部有料です。アンタッチャブルです。これだけびっしり入っていると、自分で買った物は入らなそうです。残念。

f:id:pipinobu:20161115102608j:plain

 

この記事を書いていて気づいたのですが、そういえば、ウェルカムギフトがありませんでしたね。ダイヤモンド会員の特典として、ウェルカムギフトはだいたい用意されているのですが、忘れてしまったのでしょうか?今回は急遽、部屋を用意いただく形になったので、きっとバタバタしていて、忘れてしまったのでしょうね。ちょっと残念・・。

 

以上、キングエグゼクティブルームの様子をご紹介させていただきました。次回は、エグゼクティブランジでのカクテルタイムの様子をレポートさせていただきたいと思います。

 

追記:ヒルトン東京滞在記

ヒルトン東京滞在記はこんな感じで続いています。ぜひこちらもご参照ください。

 

まとめ

今回は、ヒルトン東京の滞在記の3回目ということで、エグゼクティブルームのお部屋の様子を詳しくレポートしました。ダイヤモンド特典を利用して、クイーンヒルトンからのアップグレードで獲得した、キングエグゼクティブルームの宿泊。内装は意外や意外、和のテイストあふれる客室でしたね。日本人にとってはくつろげる、外国人にとっては新鮮な雰囲気の客室になっていると思います。高層階からの新宿副都心のビル群の眺めもなかなかでした。兎にも角にも、お部屋がアップグレードされると、お得感がぐっと上がりますね。ダイヤモンド最高です。

 

ヒルトンおよびコンラッドの宿泊をお得に予約する方法は以下にまとめております。今回のヒルトン宿泊でもこちらの方法を利用しました。ぜひ一度ご参照ください。

 

また、私がこんなに快適なホテルライフを送ることができているのは、すべてこちらの「SPGアメックス」のおかげです。そんな「SPGアメックス」の魅力の全ては、こちらの記事でまとめておりますので、「SPGアメックス」って何?という方は、ぜひご参照ください。

 

それでは、また!

 

スポンサードリンク

 

 

おすすめ記事