【8月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

點水樓(ディエンシュイロウ)台北の場所と行き方、メニューは?絶品 小籠包をレポート!

點水樓(ディエンシュイロウ)台北の場所と行き方、メニューは?絶品 小籠包をレポート!

「點水樓(ディエンシュイロウ)」は小籠包の有名店です。「點水樓」は、地元台湾のインターネットにおける小籠包人気投票で1位になったこともある実力店でもあります。「點水樓」は、その人気の高さから、台湾では8店舗、台北に限っては4店舗を展開しており、また、最近では、日本への進出も果たしているため、日本での知名度も高まりつつあります。当記事では、今回我々が伺うことができた、「點水樓(ディエンシュイロウ)」台北(南京店)の場所と行き方から、メニュー、看板商品である小籠包まで、詳しくレポートしていきたいと思います。

點水樓(ディエンシュイロウ)とは

「點水樓(ディエンシュイロウ)」は、2005年9月に南僑グループが運営するレストランとして営業を開始しました。江南料理と点心を中心に、杭州料理、蘇州料理、揚州料理、上海料理、寧波料理など、幅広い種類の料理を提供しています。

「點水樓」は、地元台湾のインターネットにおける小籠包人気投票で1位になったこともある、小籠包の人気店、実力店でもあります。「點水樓」は、その人気の高さから、台湾では8店舗、台北に限っては4店舗を展開しており、また、最近では、日本への進出も果たしているため、日本での知名度も高まりつつあります。

 

「點水樓」の公式HPはこちらになります。

 

點水樓(ディエンシュイロウ)台北 :場所と行き方、営業時間

前述のとおり、「點水樓(ディエンシュイロウ)」は、その人気の高さから、台湾では8店舗、台北に限っては4店舗を展開しています。台北の店舗は以下のとなります。

<點水樓 台北の店舗一覧>

  • 點水樓:南京店 <=今回伺ったお店
  • 點水樓:SOGO復興店
  • 點水樓:懷寧店
  • 點水樓:大直店

 

この中から、我々は、この日宿泊していたホテルからアクセスの良かった「點水樓(南京店)」に伺ってみました。

「點水樓(南京店)」の最寄駅はMRT「台北小巨蛋駅」となります。MRT「台北小巨蛋駅」から「點水樓(南京店)」までは、徒歩2-3分の距離にあり、アクセスは抜群です。

<點水樓(南京店)の基本情報>

  • 住所:台北市松山区南京東路四段61号
  • アクセス:MRT「台北小巨蛋駅」から徒歩2-3分
  • 営業時間:
    • ランチ:11:00 ~ 14:30(ラスオーダー14:000
    • ディナー:17:30 ~ 22:00(ラストオーダー21:30)
  • 休日:無休

 

「點水樓(南京店)」の周辺地図はこちらになります。

 

點水樓(ディエンシュイロウ)台北:お店の外観と待ち時間

「點水樓(南京店)」のお店の外観はこんな感じになります。なかなか、レトロな感じの建物となっています。3階建てほどのビルだと思いますが、全て「點水樓(南京店)」で占められているように見えます。

 

お店の入り口はこんな感じです。賑やかなディスプレイになっており、入りやすい雰囲気でした。

 

スポンサーリンク

點水樓(ディエンシュイロウ)台北:お店の雰囲気

「點水樓(南京店)」の店内はこんな感じです。至るところに、骨董品のディスプレイがなされおり、高級感のある雰囲気となっています。

 

入り口のところで、スタッフの方に人数を告げると、席に案内されます。この日は1階のフロアに案内されました。店内には、階段やエレベーターがありましたので、1階から上にも席があると思われます。

 

1階フロアの中心部はオープンキッチンになっており、調理している様子が眺められるようになっています。そういう意味では、1階フロアのカウンター席は特等席とも言えますね。

 

我々は、1階フロアの窓ぎわの、テーブル席の方に案内されました。

 

點水樓(ディエンシュイロウ)台北:メニューと値段

「京鼎樓(ジンディンロウ)」台北本店のメニューはこんな感じになります。

 

メニューを開けると、オススメメニューが10点、紹介されています。こうやって、一押しメニューが何か教えてもらえると、選択しやすくて良いですよね。また、中国語の他、日本語、韓国語の併記もあり、この点も親切です。

 

我々は、このオススメメニューの10点の中から、以下の3点を注文してみました。

<我々がオーダーしたメニュー>

  • 小籠包(10個入り):220TWD(=約840円)
  • 葱(ネギ)の包み揚げ:100TWD(=約380円)
  • カスタードまん:90TWD(=約340円)

 

點水樓(ディエンシュイロウ)台北:小籠包のレポート

そんなこんなで、注文後しばらく待っていると、料理が次々とやってきました。

こちらは、「小籠包(10個入り)」です。せいろに乗せられて、熱々の状態で席までやってきます。こちらの小籠包は、皮が薄めで繊細な作りになっているところが特徴です。見た目もとても美しいですね。

 

れんげの上に乗せて、皮に穴を開けると、肉汁がじゅわじゅわっと吹き出してきます。堪りませんね。

 

見た目はとても繊細ですが、味の方はどちらかというと、濃いめの味付けになっています。ソース(醤油と酢など)をつけなくても、美味しくいただくことができます。インターネットの人気投票で、1位になったことも頷けます。絶品でした。

 

続いてこちらは、「葱の包み揚げ」です。写真だとからりずらいですが、かなりの大きさで、ボリュームのある一品です。

 

断面はこんな感じで、中にはこれでもかと、ネギがたくさん詰まっています。台湾の方は、ネギがとても好きらしく、そういうところから人気メニューになっているようです。

 

皮がかりっと揚げられており、さくさくとした食感が楽しめました。とても美味しかったのですが、2人ではボリュームがありすぎて、食べきることができませんでした。4人ぐらいで頼むのがちょうどよさそうです。

 

そして最後はこちら、「カスタードまん」です。こちらも小籠包と同じく、せいろに乗せられて熱々の状態でやってきます。

 

割って見ると、中からトロトロのカスタードが溢れ出てきました。ふわふわトロトロの食感で、適度な甘さが絶妙でした。こちらも、小籠包に負けず劣らずの絶品でした。もう1セット、追加オーダーしたかったぐらいです。

 

スポンサーリンク

點水樓(ディエンシュイロウ)台北:お会計

そんなこんなで、今回のお会計は以下のようになりました。料理代金の他、サービス料が10%加算されて、合計では517TWD(=約1,965円)となりました。とってもリーズナブルですね。

 

<お会計>

  • 小籠包(10個入り):220TWD
  • 葱(ネギ)の包み揚げ:100TWD
  • カスタードまん:90TWD
  • サービス料:47TWD
  • 合計:517TWD(=約1,965円)

 

お茶については、何もオーダーしなかったところ、普通のプーアール茶が出てきましたが、そちらは料金には含まれていませんでしたので、無料だったようです。

 

點水樓(ディエンシュイロウ)台北:利用した感想

今回の台湾(台北)旅行では、有名店と言われている小籠包のお店を4軒ともに利用しました。

<今回の台湾(台北)旅行で訪れたお店>

 

この中でも、個人的には、今回ご紹介した「點水樓(ディエンシュイロウ)」の小籠包が、一番美味しく感じました。お店の高級な雰囲気に若干引っ張られているかもしれませんが、食感も味も繊細で、最高でした。

また、小籠包以外のメニューもとても美味しく、価格もお店の高級な雰囲気にもかかわらず、リーズナブルな点もポイントが高いですね。

次回、台湾(台北)に伺った際には、別のメニューもいろいろと試してみたいと思います。

 

それぞれのお店の体験レポートは、以下をご参照ください。

 

點水樓(ディエンシュイロウ)台北:予約方法

海外レストランを予約をしたいと思っても、国際電話や言語が問題になりますよね。そんな方にオススメしたいのが、海外レストラン予約サイトの「グルヤク」です。

グルヤクを利用すると、Webから日本語で海外レストランを簡単に予約することができます。人気のレストランでも事前予約しておけば、「行ってみたら満席で入店できなかった・・」という事態を避けることができますね。

點水樓(南京店)の予約はこちらから

 

スポンサーリンク

台湾旅行2018のスケジュール

今回のゴールデンウィークの台湾旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、4泊5日のスケジュールとなります。

今回の記事は、台湾旅行4日目の昼食の様子になります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:羽田から台北(松山)に移動(JL97便)、ル・メリディアン台北宿泊
  • 2日目:龍山寺観光、W台北宿泊
  • 3日目:九份観光、ウェスティン台北宿泊
  • 4日目:101観光、シェラトン・グランド台北宿泊 <=今ココ
  • 5日目:台北(桃園)から成田に移動(CI104便)

 

今回の台湾旅行は、陸マイラー活動で貯めたマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な旅を実現しています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

點水樓(ディエンシュイロウ)台北の場所と行き方、メニューは?絶品 小籠包をレポート!のまとめ

今回は、「點水樓(ディエンシュイロウ)」台北(南京店)の場所と行き方から、メニュー、看板商品である小籠包まで、詳しくレポートさせていただきました。

小籠包のお店として、一番の有名店は「鼎泰豊(ディンタイフォン)」ですので、台湾旅行としては、やはり「鼎泰豊(ディンタイフォン)」に一番に伺うのが王道ではないかと思います。

一方で、私個人的には、「點水樓(ディエンシュイロウ)」の小籠包が一番美味しく感じました。台湾(台北)には、美味しいと言われる小籠包のお店がたくさんありますので、いろいろ食べ歩いて見て、自分好みのお店を見つけるのも楽しいのではないかと思います。

 

==>次の記事

 

<==前の記事

 

<<台湾(台北)旅行記2018の目次、記事一覧>>

 

海外旅行好きな方は以下の記事も注目です。ハワイと香港、シンガポールで、貯めたマイルとSPGアメックスを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な海外旅行を実現しています。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: