【9月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

桃園空港MRTを台北駅から利用してみた体験レポート!路線図から所要時間まで!

桃園空港MRTを台北駅から利用してみた体験レポート!路線図から所要時間まで!

台北には、近隣に2つの空港があります。桃園空港と松山空港です。どちらも国際線の運航がありますが、桃園空港の方が台北市内から距離がある(バスで1時間程度)ため、若干のハズレ感じがあります。しかしながら、2017年3月に「桃園空港MRT」が開通したことで、事態が大きく改善しました。始発の台北駅から桃園空港(第1ターミナル)まで、急行で35分で向かうことができます。今回は、我々もこの「桃園空港MRT」を利用することができましたので、路線図から所要時間まで、その様子を詳しくレポートしたいと思います。

桃園空港MRTとは

「桃園空港MRT」とは、その名前のとおり、台北(台湾)の国際空港である「桃園空港」へアクセスするための鉄道(MRT)です。「桃園空港」と台北の主要ターミナル駅である「台北駅」間で運航をしています。2017年3月に正式に開通しました。

 

桃園空港MRT:路線図

「桃園空港MRT」の「路線図」は以下になります。始発の台北駅が「A1」で、桃園空港の第1ターミナルが「A12」、第2ターミナルが「A13」となっています。「桃園空港MRT」と言いながら、桃園空港が終点ではなく、その先まで接続しています。

<桃園空港MRT:路線図>

 

注意点としては「快速」と「普通」があることです。「快速」は上図の「紫」の駅のみ停車しますが、「普通」は「青」の駅の停車します。つまり、「普通」は各駅停車ですね。

桃園空港に向かう(もしくは台北駅に向かう)場合は「快速」が便利ですので、間違えて「普通」に乗らないように注意しましょう。

桃園空港MRT:運航時間と運航間隔

運航時間(始発列車時刻と終発列車時刻)

「桃園空港MRT」の運航時間(始発列車時刻と終発列車時刻)は以下になります。「快速」、「普通」ともに、朝6時ごろから夜23時ごろまで運航しています。

<桃園空港MRT:始発列車時刻>

 

<桃園空港MRT:終発列車時刻>

 

運航間隔

「桃園空港MRT」の運航間隔は、7.5分間隔です。「快速」と「普通」が交互に運航しています。ですので、桃園空港へのアクセスに便利な「快速」に限って言えば、15分間隔の運航ということになります。

時間によって多少のズレはあるようですが、15分という短い間隔で、空港行きの「快速」が運航しているというのは、とても魅力的ですね。

 

スポンサーリンク

桃園空港MRT:所要時間

「台北駅」と「桃園空港」間の所要時間は以下になります。第1ターミナル駅までが35分、第2ターミナル駅までが39分となっています。

<桃園空港MRT:所要時間>

 

「桃園空港MRT」ができるまでは、バスで1時間程度必要だったということですので、かなりの時間が短縮されたことがわかります。運航間隔も短いですし、便利になりましたね。

 

桃園空港MRT:利用料金

「桃園空港MRT」の利用料金は以下になります。「台北駅」と「桃園空港」間の料金は160TWDとなります。日本円にすると、約592円(1TWD=3.7円で計算)となります。なかなかリーズナブルですね。

<桃園空港MRT:利用料金>

 

「桃園空港MRT」の詳細情報については、こちら公式HPもご確認ください。

 

桃園空港MRT:体験レポート

さて、前置きが長くなりましたが、ここからは「桃園空港MRT」を実際に利用してみた体験レポートをお送りしたいと思います。我々の復路のフライトが「チャイナエアライン」でしたので、「台北駅」から「桃園空港」の第2ターミナル駅まで利用しました。

桃園空港MRT:台北駅へのアクセス

台北駅は台北の主要なターミナル駅です。MRTの複数路線や、台湾新幹線、台湾鉄道など、多くの交通機関が利用しています。東京で言えば「東京駅」のようなもので、巨大なターミナル駅です。

その中で「桃園空港MRT」はできたばかりの新駅ということで、昔からある交通機関の「台北駅」からは、はかなり離れた場所にあります。「東京駅」における「京葉線」みたいな立ち位置ですね(笑)。

慣れない「台北駅」内でスーツケースを転がしながら迷ってしまうと、かなりの体力と時間を消耗してしまうと考えたため、今回は、「桃園空港MRT」の台北駅まで、タクシーで直接乗り入れることにしました。

タクシーの運転手さんに「桃園空港MRT 台北駅」と書いたメモを渡すと「OK、OK」という感じで、「桃園空港MRT」の台北駅の車寄せまで、直接連れて行ってくれました。

「桃園空港MRT」の台北駅の車寄せはこんな感じです。

 

タクシーを降りると、目の前が「桃園空港MRT 台北駅」の入り口です。とっても便利でした。

 

ポイントは、「桃園空港MRT 台北駅」というように「桃園空港MRT 」という単語を入れることです。これをいれないと、台湾新幹線や台湾鉄道の方の「台北駅」に連れて行かれてしまう可能性があります。注意しましょう。

 

スポンサーリンク

桃園空港MRT:台北駅の雰囲気

「桃園空港MRT」の台北駅はこんな感じです。2017年3月にできたばかりということでピカピカです。駅の構内には、航空会社のチェックインカウンターがありますので、「インタウンチェックイン」をすることもできます。

 

桃園空港MRT:インタウンチェックイン

インタウンチェックインをすると、スーツケースをこちらで預けて、身軽になって空港に向かったり、余った時間を観光に充てるといったことも可能になります。

こちら「桃園空港MRT」の台北駅でのインタウンチェックインに対応しているのは、以下の航空会社になります。また、サービス時間は「06:00~21:30」で、フライトの3時間前に手続き業務を終了させる必要があります。

<インタウンチェックインに対応している航空会社>

  • チャイナエアライン
  • マンダリン航空
  • エバー航空
  • ユニー航空

 

実は、我々は「チャイナエアライン」で、この時は3時間前だったので、「インタウンチェックイン」をしようと思えばできたのですが、なんとなく不安だったので(荷物がちゃんと空港に届くのか・・。まあ、届くと思いますが)、「インタウンチェックイン」はせず、スーツケースを持ったまま空港に向かうことにしました。

 

桃園空港MRT:切符購入

「桃園空港MRT」は、自動券売機で切符を購入することができます。

 

実際の券売機の画面はこんな感じです。日本語にも切り替えることができます。行きたい場所と枚数をタップして、お金を入れるだけです。とても簡単ですね。

 

料金は、前半でご紹介したとおり、ひとり160TWD(=約592円)です。切符はこちらのような、プラスチック製の電子トークンとなっています。繰り返し利用できてエコですね。

 

桃園空港MRT:改札

「桃園空港MRT」の改札はこんな感じです。とても近代的な雰囲気です。日本の地下鉄の改札と同じように、自動改札に切符(電子トークン)を入れて入場します。

 

桃園空港MRT:プラットホーム

「桃園空港MRT」には、前半でご紹介したように「快速」と「普通」があります。「桃園空港MRT」では、プラットホームごとに、「快速」と「普通」が別れているため注意が必要です。「快速」は英語で「Express Train Platform」と書かれていますので、そちらに進みましょう。

 

「快速」の方のプラットフォームに降りると、電車が停車しているか、しばらく待つと電車がやってくると思いますので、そちらに乗車します。「桃園空港MRT」では「台北駅」が始発ですので、方向を間違える心配はありませんので安心ですね。

 

スポンサーリンク

桃園空港MRT:車内

「桃園空港MRT」車内はこんな感じです。駅と同様、まだまだピカピカです。車内は綺麗に清掃されていて、とても気持ち良いです。

 

車内は意外と空いていました。15分という短い運航間隔の割には、利用者がまだまだ少ないのかもしれません。

座席の後ろ、入り口近くには、スーツケース置き場もあります。空港線っぽい配慮が嬉しいですね。

 

車内では、「FREE Wi-Fi」も利用できます。

 

実際接続して利用してみましたが、スピードも良く、サクサクでした。

 

また、車内には、スマホなどの充電に利用できる、充電スタンドも用意されています。ワイヤレス充電器になっていて、用意されているコネクタをスマホなどに接続して、充電台に置くと充電が開始されます。ハイテクな仕様です。

 

マルチコネクタになっていて、「Lightning」、「μUSB」、「Type-C USB」の3つの規格に対応していました。とても親切ですね。至れり尽くせりです。

 

窓も大きくとられていますので、移動中、外の景色を楽しむことができます。台北の景色もこれが見納めかと思うと、感慨深いものがあります。

 

そんなこんなで、快適な電車の旅が終了し、「桃園空港」の第2ターミナル駅に到着しました。所要時間は39分ということで、約40分。あっという間でしたね。

 

台湾旅行2018のスケジュール

今回のゴールデンウィークの台湾旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、4泊5日のスケジュールとなります。

今回の記事は、台湾旅行5日目の桃園空港への移動の様子になります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:羽田から台北(松山)に移動(JL97便)、ル・メリディアン台北宿泊
  • 2日目:龍山寺観光、W台北宿泊
  • 3日目:九份観光、ウェスティン台北宿泊
  • 4日目:101観光、シェラトン・グランド台北宿泊
  • 5日目:台北(桃園)から成田に移動(CI104便)<=今ココ

 

今回の台湾旅行は、陸マイラー活動で貯めたマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な旅を実現しています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

桃園空港MRTを台北駅から利用してみた体験レポート!路線図から所要時間まで!のまとめ

今回、初めて「桃園空港MRT」を利用させていただきましたが、感想としては、早くて安くて快適そのもの、でした。これまで、「桃園空港」と聞くと、「遠くて時間がかかって嫌だな」と思っていたですが、「桃園空港MRT」を利用してみて、その常識が覆りました。「桃園空港」に対するネガティブなイメージが、かなり軽減される結果となりましたので、今後は「桃園空港便」も抵抗感なく利用できそうです。

 

==>次の記事

 

<==前の記事

 

<<台湾(台北)旅行記2018の目次、記事一覧>>

 

海外旅行好きな方は以下の記事も注目です。ハワイと香港、シンガポールで、貯めたマイルとSPGアメックスを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な海外旅行を実現しています。ぜひ合わせてご参照ください。

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: