陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラー ピピノブのANAのマイルで旅ブログ

陸マイラーのピピノブが、陸マイラー活動を通して貯めたマイルで世界中を旅するブログです!ANAマイルの貯め方・使い方を中心に、海外旅行記、ホテル宿泊記、SFC修行記などをお届けしています!

スポンサーリンク


<旅好き&陸マイラー注目記事!>

SPGアメックスとANAマイルで格安で豪華なハワイ旅行を実現!

SPGアメックス 入会紹介キャンペーン!一挙に17,000ポイント獲得可能!

f:id:pipinobu:20160721125038j:plain

 

SPGアメックス 入会紹介キャンペーン!一挙に17,000ポイント獲得可能!

SPGアメックス(AMEX)カードをメインのクレジットカードにするという私自身の選択を、当ブログにてご報告しました。その方針に従い、SPGアメックスの申し込みを早速行いましたので、今回は実際に行った、SPGアメックスの入会手順と審査期間、審査結果等をご紹介したいと思います。実は、私が申し込んだ当時はタイミングがよく、ポイントサイトによる高額のキャッシュバックを受けることができました。ですが、現在は、残念ながらそれらの案件は消滅中・・。ということで、その代替となる、SPGアメックスのお得な入会方法として、友達紹介キャンペーンについてもご紹介しております。友達紹介キャンペーンを利用すれば、一挙に17,000ポイントを獲得可能となり、とってもお得です。SPGアメックスのご入会をご検討の方は、ぜひご利用ください。

追記(2017年8月1日):最新情報に更新

 

<目次>

 

 

SPGアメックスとは

SPGアメックス、正式名称は「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」といます。スターウッドというホテルグループの会員カードとアメックスカードが合体したクレジットカードです。公式HPはこちらになります。

 

スターウッドというと、聞き覚えがないと思われるかもしれません。スターウッドは、シェラトンやウェスティン、セント レジスなどの有名なホテル・ブランドで構成されています。このSPGアメックスカードを保有することで、SPGというスターウッドの会員プログラムのエリートレベルである「ゴールド会員資格」が獲得できます。

 

また、ANA陸マイラーとしては一番気になるANAマイルへの還元率は1.25%という非常に高い値を実現できる、超優秀なクレジットカードです。

 

まさに、SPGのゴールド会員としてのメリットと高いANAマイル還元率を両取りできる非常に魅力的なクレジットカードとなっています。

 

SPGアメックスの特典からメリット・デメリットの詳細はこちらの記事でご解説していますので、ぜひご参照ください。

 

 

SPGアメックスの入会キャンペーン

SPGアメックスカードにお得に入会する方法は2つあります。①ポイントサイトを経由して入会するか、②友達に紹介してもらって入会するか、のどちらかを利用することです。

 

<SPGアメックスにお得に入会する方法>

  • ①ポイントサイトを経由して入会する
  • ②友達に紹介してもらって入会する

 

SPGアメックス入会キャンペーンの適用方法①:ポイントサイトを利用する場合

ポイントサイトを経由して、SPGアメックスに入会すると、アメックス側で実施しているキャンペーンとは別に、ポイントサイトのポイントを貯めることができます。

 

当記事を最初に執筆した、2016年7月の時点では、ポイントサイトで獲得できるポイントが高騰しており、ハピタスというポイントサイトの利用で、17000円相当のポイント還元が受けられていました。

 

以下が、2016年7月当時の案件の募集画面のキャプチャです。17000円というのはかなりお得でしたよね・・。

f:id:pipinobu:20160720182700p:plain 

ですが、その後は、ポイントサイトで獲得できるポイント数が次第に減額されていきました。そして、この記事を追記している、2017年4月現在では、どのポイントサイトからも、SPGアメックスの案件は消滅してしまいました・・。残念です。

 

SPGアメックス入会キャンペーンの適用方法②:友達からの紹介を利用する場合

①のポイントサイトの利用が現在使えなくなってしまったため、SPGアメックスにお得に入会する唯一の方法は、友達からの紹介キャンペーンを利用することです。

 

もし身近に、SPGアメックスの利用者がいて、その方に紹介いただけるようでしたら、友達からの紹介キャンペーンを利用することができます。

 

友達からの紹介キャンペーンを利用すると、

 

ボーナスポイントを17,000ポイント獲得

 

できます。

 

内訳としては、入会で7,000ポイント+入会後3ヶ月以内に合計10万円以上のクレジットカード利用で10,000ポイント獲得できます。

 

入会後3ヶ月以内に100,000円以上というのは、携帯電話の利用料金や光熱費などをSPGアメックスカードで支払うように設定すれば、無理なく達成できる数字ではないでしょうか。17,000スターポイントを貯めるには、通常であれば170万円のクレジットカード決済が必要ですので、かなりお得な特典といえます。

 

この友達紹介キャンペーンで獲得できるポイントは、SPGのスターポイントになります。前述のとおり、SPGの1スターポイントは、1.25マイルの価値があります。ですので、17,000ポイントは、21,250マイル相当となります。

 

一般的に、1マイルの価値は2円程度と言われていますので、ボーナスポイントとして獲得できる21,250マイル相当は、42,500円相当と考えることができます。

 

42,500円相当ということは、年会費の31,000円(+消費税)を上回る価値となりますね。

 

以上から、この友達紹介キャンペーンを利用すれば、1年間分の年会費を上回る価値のポイントを獲得できることがわかります。

 

無料宿泊特典を得ることができるには2年目以降なので、1年目の年会費の負担を軽くできるという意味で、この友達紹介キャンペーンでボーナスポイントを獲得できるのは非常に魅力的です。

 

もし、これを読んでくださっている方で、身近にSPGアメックスの利用者がいらっしゃらない場合は、私からご紹介させていただくことも可能です。

 

ただし、アメリカンエキスプレスの友達紹介キャンペーンは、ブログでの紹介を規約で禁止しています。しかしながら、メールでの紹介は許可されていますので、ご興味の方は、こちらからご連絡ください。追ってメールでご連絡させていただきます。

 

ちなみに、こちらのメールフォームからのやりとりは匿名で可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

<メールでのお問い合わせはこちらから>

==>こちらをクリック!

 

SPGアメックスの入会紹介キャンペーンの適用方法

ここでは、友達紹介キャンペーンを利用した、お得な入会手順をご説明していきたいと思います。

  • ステップ1:SPGへの会員登録
  • ステップ2:友たち紹介キャンペーンの利用
  • ステップ3:SPGアメックスカードの入会申し込み
  • ステップ4:審査結果の確認

 

SPGアメックス入会手順①:SPGへの会員登録

SPGアメックスカードの新規入会には、事前にSPGの会員プログラムに登録している必要があります。新規入会は以下の公式HPから行えます。

スターウッドプリファードゲスト(SPG)ロイヤリティープログラム

 

若干わかりづらいところがあるので、最初の部分中心に詳しくみていきたいと思います。まずは、上記公式HPから、「ログイン」を選択します。

f:id:pipinobu:20160720181734p:plain

 

すると、以下の画面が表示されるので、「今すぐ登録」を選択します。

f:id:pipinobu:20160720181749p:plain

 

すると、必要事項の入力が求められますので、フォームに従って入力します。

f:id:pipinobu:20160720182006p:plain

 

必要事項を入力後「入会完了」を押すと、入会が完了するとともに確認のメールが送信されます。

f:id:pipinobu:20160720182155p:plain

 

確認メールには「SPG会員番号」が記載されています。この番号はとても重要です。後で必要になりますので控えておきましょう。

 

SPGアメックス入会手順②:友達紹介キャンペーンの利用

当記事の前半でご紹介した方法で、SPGアメックスカード保有者から、友達紹介を受けてください。友達紹介を受けると、友達紹介専用のURLがメールで送られてくると思いますので、そのURLをクリックします。

 

すると、以下のような、友達紹介キャンペーン専用のページに移動すると思います。キャンペーン特典の内容を再度確認し、OKであれば、「お申し込みはこちら」をクリックします。

f:id:pipinobu:20170219225641p:plain

 

 

SPGアメックス入会手順③:SPGアメックスカードの入会申し込み

まず最初に「SPG会員番号」の入力が求められます。「ステップ1」で控えておいた「SPG会員番号」を入力し、「お申し込みへ」を押します。

f:id:pipinobu:20160721104731p:plain

 

その後は、入力フォームに従って、必要事項を入力していくことになります。アメックスカードは日本のクレジットカード会社に比べて、入力項目が少ないので、それほど大変ではないと思います。

 

すべての必須項目を入力後、申し込みを実施すると、以下の画面が表示されます。審査には、通常10日ほど必要となります。ただ、人によっては(例:すでにアメックスカードを保有しており利用実績に問題のない方)、その場で審査結果がわかるそうです。

f:id:pipinobu:20160721105159p:plain

 

SPGアメックス入会手順④:審査結果の確認

私の場合、まるまる2週間待たされましたが、無事、審査通過しました。(^_^;)

審査を通過すると、まずSPG側から、以下のようなメールが届きます。「You're golden」っていうのが、かっこよすぎます。

f:id:pipinobu:20160721105945j:plain

 

その後、しばらくすると、アメックス側からも以下のようなメールが届きます。

f:id:pipinobu:20160721110108p:plain

 

ここまでくれば、もう安心です。後は、本人限定受取郵便の案内が届きますので、案内にしたがって、現物の「SPGアメックスカード」を受け取るのみです。

 

おつかれさまでした。(^_^;)
 

SPGアメックスの入会紹介キャンペーンのまとめ

今回は、SPGアメックスカードの私が実際に行った入会手順等をご紹介させていただきました。SPGアメックスカードを手にいれることで、無宿泊にもかかわらず、SPGの上級会員資格である「ゴールド会員資格」を獲得できるのはすごいことですよね。

 

今度の夏休みにSPGのホテルを利用する予定なので、早くその威力を確認してみたくてウズウズしています。(^_^)

 

SPGアメックスカード入手後の活用レポート

ここでは、私が実際にSPGアメックスを利用して、活躍したレポートをご紹介したいと思います。

 

こちらの記事では、SPGアメックスカードで貯めたポイントを使って、「東京マリオットホテル」に無料宿泊にチャレンジしています。ポイントを使っての無料宿泊でしたが、エグゼグティブルームへのアップグレードや、ウェルカムギフトやウェルカムドリンクなど、ゴールド会員としての特典を満喫することができました。

 

こちらの記事では、2016年の夏休みにSPGのホテルを利用し、様々な特典を受けられた結果をレポートしています。当たり前ですが、SPGアメックスは日本だけではなく、世界中にあるSPGやマリオット、リッツカールトンでそのメリットを享受することができます。世界中になるこれら高級ホテルで上顧客扱いされるのは、とても素晴らしい経験です。


 

こちらの記事では、SPGアメックスカードを利用したステータスマッチで、ヒルトンHオナーズの最上級会員資格であるダイヤモンドステータス(宿泊だと年間30滞在もしくは60泊が必要)を獲得しています。ステータスマッチは誰でも成功するものではありませんが、SPGアメックスのステータスの高さをを実感できました。

 

また、こちらの記事では、2016年9月に開始された、SPGとマリオット、リッツ・カールトン間で会員資格のステータスマッチの結果をレポートしています。このステータスマッチは申し込みを行えば自動的にリンクされるものなので、SPGアメックスカードを保有していれば、SPGのゴールド会員資格だけでなく、マリオットとリッツ・カールトンのゴールド会員資格まで合わせて獲得可能になっています。SPGアメックスカードの価値が、ますます高まる結果となっています。

 

私は、上記でご紹介したように、SPGアメックスを起点としたステータスマッチとステータスリンクで、以下のホテルグループにおける上級会員資格を獲得できています。

 

これだけ多くのホテルグループで上級会員資格を獲得できると、旅行するのが楽しくてしょうがありません。これらどのホテルに行っても、良い待遇を得て、豊富な特典を受けることができます。旅行好きであれば、たまらない魅力ですね。正直、人生観が変わります。

  • SPG:ゴールド会員
  • マリオット:ゴールド会員
  • リッツカールトン:ゴールド会員
  • ヒルトン:ダイヤモンド会員

 

たとえば、ヒルトンの最高級ホテルである「コンラッド東京」に先日宿泊した際には、セールで購入した一番安いカテゴリーの部屋だったにもかかわらず、スイートルームへのアップグレードに成功したりしています。夢のような体験です。

 

これらはすべて、SPGアメックスカードを手にいれることで実現できたものです。正にSPGアメックスカード様様です!

 

それでは、また!

 

 

おすすめ記事