【3月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

PP2倍 ANA「新型コロナウィルス」で特別対応!マイル&スカイコイン有効期限の延長も!

ANAの「新型コロナウィルス」の感染拡大によるANAマイレージクラブ(AMC)会員に対する救済策が3月19日に発表になりました。内容としては対象期間で獲得した「プレミアムポイント(PP)」を2倍にするというものと、マイル&スカイコインの有効期限を延長するというものです。特に「PP2倍」という対応は、予想だにしなかった大盤振る舞いとも言える内容になっています。以下で順番に確認していきたいと思います。

更新履歴(2020年3月26日):JALで発表になった救済策を追記しました。

ANA「新型コロナウィルス」感染拡大によるANAマイレージクラブ(AMC)会員に対する救済策

2020年3月19日にANAの「新型コロナウィルス」感染拡大によるANAマイレージクラブ(AMC)会員に対する救済策が公式HPで発表になりました。リンクは以下になります。

 

救済策の内容としては、大きく以下の2つになります。「1」は予想の範囲内(というかもっと期間を長くして欲しかった)という感じですが、「2」は予想もしていなかった衝撃の内容となりました。

<救済策の概要>

  1. マイル・ANA SKY コインの有効期限延長
  2. プレミアムポイントの特別倍率での積算

 

スポンサーリンク

マイル&ANA SKY コインの有効期限延長

まずは、1つ目の「マイル・ANA SKY コインの有効期限延長」から見ていきましょう。発表内容は以下になります。

<マイル・ANA SKY コインの有効期限延長>

  • 2020年3月31日(火)から2021年2月28日(日)までに有効期限を迎えるマイル・ANA SKY コインについて、2021年3月31日(水)まで有効期限を延長いたします。
  • 有効期限を迎えたマイル・ANA SKY コインは一度失効しますが、翌月下旬頃に、2021年3月31日(水)の有効期限として同数のマイル・ANA SKY コインを積算いたします。
  • お客様ご自身で申請していただく必要はありません。

 

2020年3月31日から2021年2月28日までに有効期限を迎える「マイル」および「ANA SKY コイン」の有効期限が、2021年3月31日まで延長になるというものです。延長される期間は1ヶ月から最大で1年間という計算になりますね。

 

現在の世界各国の新型コロナウィルスの感染状況からすると、少なくともゴールデンウィーク(GW)の海外旅行は難しくなってきており、「発券済み済みの国際線特典航空券をキャンセルした」という方も多いのではないかと思います(私もそうです・・)。

マイルの使い道が狭まっているような状況で、マイルおよびスカイコンの有効期限を延長してもらえるというのは、地味に助かりますね。

 

できれば、マイル口座全体のマイルの有効期限を、一律で1年ぐらい伸ばしてくれると嬉しいのですが、それはちょっと贅沢ですね(笑)。

ちなみに、有効期限の延長はシステムで自動的に行われるため、ユーザー側で何か手続きをする必要はありません。とても親切です。

<マイル口座残高照会の表示>

  • ご利用日:2018年3月付
  • 明細内容:新型コロナウイルス特別対応による調整マイル / コイン
  • 記載の内容は、各月の延長分マイル積算日から1カ月間、ご利用明細で確認できます。

<ANA SKY コイン口座残高の表示>

  • ご利用日:2020年3月付
  • 明細内容:新型コロナウイルス特別対応による調整マイル / コイン

 

プレミアムポイント(PP)の特別倍率での積算(PP2倍)

続いては、2つ目の「プレミアムポイントの特別倍率での積算」を見てみましょう。発表内容は以下になります。

<プレミアムポイントの特別倍率での積算>

  • 2020年1月1日(水)から2020年6月30日(火)までのANAおよびANAグループ運航便のご搭乗で獲得されたプレミアムポイント数を通常の2倍にいたします。

 

なんと、2020年1月1日から2020年6月30日までの期間で獲得したプレミアムポイント(PP)が2倍になるという内容になります。

まず、驚きポイント①は対象期間です。1月1日から適用となっています。1月や2月上旬はまだ、「新型コロナウィルス」の感染は本格化していなかったと思いますが、そこに遡って対象としています。ビックリですね。

 

驚きポイント②は、PPの倍率が「2倍」というところです。JALは路線や期間限定でFOP(ANAでいうPP)を2倍にするキャンペーンを実施していましたが、ANAではそのようなキャンペーンは実施していませんでした。

そのため、ANAはPPの付与には渋いという印象がありましたが、そこからのPP2倍です。そうとう思い切った対策を打ってきましたね。逆に言えば、それほど利用者数が落ち込んでいるのでしょうか・・。

 

対象期間、路線、運賃、積算期間等の詳細は以下になります。今回の対応策は「国内線・国際線全路線」および「国内線全運賃・国際線全予約クラス」が対象になります。凄まじいですね。

<対象期間>

  • 2020年1月1日(水)から2020年6月30日(火)ご搭乗分まで
  • 2020年1月1日(水)以降、すでにご搭乗いただいた分についても2倍で積算いたします。ご搭乗実績に応じてマイル口座に自動積算いたしますので、お客様ご自身で申請していただく必要はありません。

<対象路線>

  • ANAおよびANAグループ運航の国内線・国際線全路線

<対象運賃>

  • マイル積算可能な国内線全運賃・国際線全予約クラス

<対象者>

  • 対象期間中にご搭乗いただいたすべてのANAマイレージクラブ会員

<積算時期について>

  • ANAおよびANAグループ運航便のご搭乗により、通常積算されるプレミアムポイント数を月ごとに集計し、それと同じプレミアムポイント数を翌月末に積算いたします。

<特別倍率分のプレミアムポイント積算時期>

  • 2020年1月1日(水)から3月31日(火)までのご搭乗分:2020年4月下旬
  • 2020年4月1日(水)から4月30日(木)までのご搭乗分:2020年5月下旬
  • 2020年5月1日(金)から5月31日(日)までのご搭乗分:2020年6月下旬
  • 2020年6月1日(月)から6月30日(火)までのご搭乗分:2020年7月下旬
  • 通常のプレミアムポイント積算日はフライトマイル積算日と同日になります。
  • フライトマイルを事後登録された場合、搭乗日の翌月15日頃までの登録完了分を記載の日程で積算いたします。
  • 搭乗日の翌月16日頃から2020年7月31日(金)までの登録完了分については、2020年8月下旬に積算いたします。

<マイル口座残高照会の表示>

  • 新型コロナウイルス特別対応 プレミアムポイント2倍

 

「プレミアムポイントの特別倍率での積算について」の詳細は以下公式ウェブサイトもご参照ください。

参考 プレミアムポイントの特別倍率での積算についてANA

 

プレミアムポイント(PP)積算率が2倍となることの効果

今更ですが、ANAのステータス獲得基準は以下のようになっています。プラチナまで到達すると、ステータスを永続化できる「SFC」に申し込み可能になるというシステムとなっています。

<ANAのステイタス獲得基準>

ステイタス獲得条件(年間)
ブロンズ30,000PP以上獲得
プラチナ=>SFCへ申し込み可能50,000PP以上獲得
ダイヤモンド100,000PP以上獲得

 

そのため、ANAで飛行機修行される方の多くは、この「プラチナ」をまず目指すということになります。私も、この「SFC修行」を経て、現在はSFC会員となっています。

 

今回の「PP2倍」の救済策により、1月から6月に修行をしている方は、いつもの半分である「25,000PP」でプラチナおよびSFCになれてしまうということなりますね。

SFC修行のためのコストは、一般的には50万円前後と言われていますので、これが半分の25万円程度でクリアできるということにもなります。なんだかお得ですね。

 

さらに言えば、既に「SFC修行」を終えているような方、つまり、既に50,000PP以上を獲得できているような方は、これが倍の「100,000PP」に倍増するということになります。

期せずして、いきなり最上級の「ダイヤモンド」ですね。うらやましいと言っては不謹慎かもしれませんが、正直うらやましいです(笑)。

 

スポンサーリンク

プレミアムポイント(PP)積算率が2倍となることのメリットとデメリット

今回の「PP2倍」の救済策には、メリットとデメリットがあると思います。

メリットとしては、6月までに修行される方限定ですが、例年の半分のコストで「SFC修行」を終えることができるという点と、さらに上の「ダイヤモンド会員」を目指しやすくなるという点が挙げられると思います。

<メリット>

  • 例年の半分のコストで上級会員になることができる(6月までに修行した場合)
  • 例年と同等のコストでさらに上の上級会員になることができる(6月までに修行した場合)

 

一方でデメリットとしては、上級会員が増えることで、ANAラウンジおよびANAスイートラウンジがこれまで以上に混雑することが挙げられます。

<デメリット>

  • 上級会員が増えることでANAラウンジおよびANAスイートラウンジがこれまで以上に混雑する

 

特に、意図せず「ダイヤモンド会員」になれる方も増えるでしょうから、ANAスイートラウンジが混雑するようになるかもしれません。「PP2倍」の救済策がなくてもダイヤモンド会員になっていたような方にとっては、単純に喜べない話かもしれません。

ただ、飛行機需要の多くは出張族のサラリーマンです。サラリーマンの多くは、国内も海外も出張が制限されているような状況ですので、ここからのダイヤモンド会員は減少すると思われます。

そうすると、上級会員の総数は結果的には減少すると考えられるため、ラウンジの混雑については、それほど心配ないように思います。

 

ちなみに、既に100,000PPを保有している方は、倍の200,000PPとなるわけで、その場合、獲得できる「アップグレードポイント」も倍増します。

 

200,000PPで80ポイント、250,000PPまで行けば100ポイントです。すごいポイント数ですよね。

 

ANA「新型コロナウィルス」対応のリンク集

ANAでは、「新型コロナウィルス」対応として、国内線や国際線の航空券に対する特別対応も発表しています。こちらも必要に応じてご参照ください。

<ANA「新型コロナウィルス」対応のリンク集>

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、3月19日に発表になった、ANAの「新型コロナウィルス」の感染拡大によるANAマイレージクラブ会員に対する救済策をご紹介しました。

改めて、「プレミアムポイント(PP)」を2倍というのは、驚くべき内容です。もともと今年修行予定の方で、1月から2月にかけて既にフライトをこなしていた方が、とってもうらやましいです。

ただ、現在の状況からすると、6月末までの海外向けフライトはリスクが高いでしょうから、修行するにしても国内線がメインになると思われます。

すると、5月から6月にかけて、修行の定番である「東京=沖縄」や「東京=札幌」、もしくはこれらを絡めた「東京ー沖縄ー札幌ー東京」などの路線、特にPP効率の良いプレミアムクラスが大人気になるかもしれませんね。

それはそれで、ANAにとっては嬉しいことなのかもしれません。何にしても、早く「新型コロナウィルス」の感染拡大がおさまり、普通にフライトを楽しめる状況が待ち遠しいです。

MEMO

ライバルであるJALの救済策も発表になります。ANAに横並びとなる「FOP2倍」の対応となりました。ただ、期間が2月から7月までと、ANAとは1ヶ月ずらした設定となっています。詳細は以下をご参照ください。

 

それでは、また!

 

関連記事

ホテルチェーンの「マリオット」および「ヒルトン」の新型コロナウィルス対応は以下にまとめております。合わせてご参照ください。

 

error: