【11月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク:クラブラウンジと朝食を体験レポート!

JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク:クラブラウンジと朝食を体験レポート!

今回は「JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク(JW Marriott Essex House New York)」のクラブラウンジと朝食の様子をご紹介したいと思います。我々は、プラチナ会員としてこちらのホテルに宿泊しましたので、その特典として、クラブラウンジを無料で利用することができました。クラブラウンジでは、時間帯に応じたフードのサービスを提供していますが、今回は朝食の時間帯で利用することができました。当記事では、クラブラウンジの営業時間やタイムテーブルと合わせて、朝食の様子を詳しくご紹介したいと思います。

JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨークとは

「JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク(JW Marriott Essex House New York)」は世界的なホテルグループである「マリオット&SPG」系列のホテルです。

ブランドとしては、マリオットの中でも高級ブランドに位置づけされている「JWマリオット」となります。

マリオット&SPGグループでは、ホテルのグレードをカテゴリーで表しています。「JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク」は、カテゴリー7のホテルとなります。カテゴリー8が最上位ですので、最上位に続くラグジュアリーなホテルということになります。

JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク:場所とアクセス

「JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク」は、ニューヨーク市民憩いの場である「セントラルパーク」の南側に隣接しているホテルです。セントラルパークから道を挟んで一本のところに位置しています。

最寄り駅は地下鉄の「57th Street-Seventh Ave」もしくは「59 St – Columbus Circle」となります。それぞれの駅からの所要時間は以下のようになります。

<アクセス(地下鉄)>

  • 地下鉄「57th Street-Seventh Ave」:徒歩3分程度
  • 地下鉄「59 St – Columbus Circle」:徒歩5分程度

 

「JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク」の周辺地図はこちらになります。

 

JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク:予約したお部屋とコスト、アップグレードの結果

JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク:利用したポイント数

今回、こちらの「JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク」には、SPGアメックスのポイントを利用して無料宿泊しました。

「JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク」は、マリオット&SPGの「カテゴリー7」のホテルであり、その場合、無料宿泊に必要なポイント数は60,000マリオットポイント(スタンダードシーズン)ということになります。

ただし、我々が予約した時点では、マリオット&SPGがプログラム統合する前で、旧「マリオット」の「カテゴリー9(ハイシーズン)」として予約しました。この当時で無料宿泊に必要なポイント数は15,000スターポイント(=45,000マリオットポイント)となっていました。

<客室のカテゴリーと無料宿泊に必要なポイント数>

  • エセックスルーム:15,000スターポイント(=45,000マリオットポイント)

 

JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク:アップグレードの結果

その後、当日チェックイン時に、「エセックスルーム」から「エセックスルーム(デラックス)」へのアップグレードに成功しました。

これは、プラチナ会員の特典としてのアップグレードですので、当然、コストは発生していません。無料でのサービスということになります。プラチナ会員特典、様様です。

 

このアップグレードと客室の詳細については、こちらの記事をご参照ください。

 

スポンサーリンク

JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク:クラブラウンジとは

クラブラウンジ:利用資格

「JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク」のクラブラウンジは、クラブフロア宿泊者、もしくは、マリオット&SPGのプラチナ会員以上が利用することができる特別な場所です。

我々は、マリオット&SPGのプラチナ会員としてこちらのホテルに宿泊しましたので、その特典として無料で利用することができました。

<クラブラウンジの利用資格>

  • クラブフロア宿泊者
  • マリオット&SPGのプラチナ会員以上 <=こちらの資格で利用

 

クラブラウンジ:営業時間とタイムテーブル

「JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク」のクラブラウンジの営業時間とタイムテーブルは以下になります。

朝食は毎日提供されていますが、イブニングカクテルは日曜日から木曜日までの提供ということで、金曜日と土曜日は提供されていませんので注意が必要です。

加えて、オールデイスナックは、月曜日から木曜日までの提供ということで、金曜日から日曜日までは提供されていません。こちらも注意が必要ですね。

 

<クラブラウンジの営業時間とタイムテーブル>

  • 朝食:
    • 月曜日から金曜日:06:30 – 11:00
    • 土曜日と日曜日:07:00 – 11:00
  • イブニングカクテル:
    • 日曜日から木曜日:17:00 – 22:00
    • 注意:金曜日、土曜日は提供なし!
  • オールデイスナック:
    • 月曜日から木曜日:06:30 – 22:00
    • 注意:金曜日、土曜日、日曜日は提供なし!

 

我々がこちらのホテルに宿泊したのは週末でしたので、「イブニングカクテル」も「オールデイスナック」も実施していない日程に当たってしまいました・・。事前に情報を入手できていれば、週末の宿泊を避けることもできたのですが・・。

この記事を読んでくださっている方で、「JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク」に宿泊を予定されている方は、上記クラブラウンジのタイムスケジュールに十分ご注意ください。せっかくであれば、クラブラウンジも十分満喫したいですからね。

 

スポンサーリンク

JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク:クラブラウンジでの朝食をレポート

そんなこんなで、今回は我々が体験することができた、クラブラウンジでの「朝食」の様子をご紹介したいと思います。

クラブラウンジ:全体像と雰囲気

「JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク」のクラブラウンジは、ホテルの1階に位置しています。こちらの写真のような、エレベーターホールの一角に入り口があります。白い扉がクラブラウンジの入り口です。

 

クラブラウンジの利用対象者には、チェックイン時に「ラウンジキー」が提供されます。ラウンジキーを入り口のところにかざすことで入室することができます。

 

クラブラウンジの中の雰囲気はこんな感じです。全体が白と黒のモノトーンでまとめられた、モダンな雰囲気の空間になっています。高い天井と、大型の液晶テレビが印象的です。

 

クラブラウンジ:朝食ビュッフェの様子

こちらの「クラブラウンジ」での朝食は、朝食ビュッフェになっています。フードもドリンクも、ビュッフェテーブルに用意されているものの中から、好きなものをいただくことができます。

朝食ビュッフェ:ドリンクの品揃え

まずは、ドリンクの品揃えから確認していきたいと思います。ドリンクのビュッフェテーブルはこんな感じになっており、ホットドリンクからコールドドリンクまで、幅広く用意されています。

 

こちらはコールドドリンク。オレンジジュースやグレープフルーツジュースなどなど。

 

こちらはホットドリンク。コーヒーは、通常のものに加えて、デカフェの用意もありました。

 

お水は冷蔵庫の中にスタンバイ済みです。ものすごい数。

 

ドリンクコーナーの一角には、ジャムやハチミツなどが用意されていました。こちらも大量にあります。

 

朝食ビュッフェ:フードの品揃え

続いては、フードの品揃えです。フードの品揃えはかなり充実しています。

 

こちらはパン各種。クロワッサンやデニッシュなどなど。

 

こちらは、ホットミール。ホテル朝食の定番である、かりかりベーコンと、ポテトのグリル。この他、スクランブルエッグやソーセージなども用意されていました。

 

こちらは、シリアル各種。カラフルに、複数の種類が用意されていました。

 

冷蔵庫の中には、ヨーグルトの他、牛乳やバターなども用意されていました。

 

こちらはオートミール。トッピングも豊富です。

 

こちらは、サラダとサーモン。サーモンがとても大きいです。

 

こちらはフルーツ。スイカ、パパイヤ、メロン、パイナップル、グレープ、いちご、などなど。

 

フルーツに関しては、りんごやバナナ、オレンジなどが、まるごとでも用意されていました。圧巻の品揃えです。

 

朝食ビュッフェ:いただいたもの

そんなこんなで、この日にいただいたものはこちらになります。

ベーコンやソーセージ、スクランブルエッグなど、ホットミールを中心に、モリモリといただきました。

 

クロワッサンは、焼きてた感はなく、普通な感じ。

 

フルーツは、どれも新鮮で美味しかったですね。フルーツが美味しいと、朝から幸せな気分になります。

 

クラブラウンジ:利用した感想

アメリカ系のホテルの朝食は、フードの品揃えが寂しいということが多いのですが、こちらのクラブラウンジでの朝食は、フードの品揃えが非常に充実していたのが印象的でした。

特に、フルーツが新鮮で、種類豊富に用意されていました。フルーツが美味しいレストランは、経験上、全体的なレベルが高いように思います。

結果として、とても満足度の高い朝食になりました。

一方で、朝食のレベルが高かっただけに、カクテルタイムやオールデイスナックなど、その他の時間帯のサービスを経験できなかったのがとても残念です・・。

次回利用する機会がれば、週末を避けて宿泊し、カクテルタイムやオールデイスナックなども体験してみたいと思います。

いずれにしても、プラチナ会員特典として、こんな素晴らしい朝食を、夫婦2人ともに無料で利用できたのは、ありがたいことです。

いつもながら、SPGアメックス&プラチナ会員、様様です。

 

スポンサーリンク

マリオット&SPGの上級会員(ゴールド、プラチナ)に簡単になる方法

マリオット&SPGの上級会員である「ゴールド会員資格」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスは、もれなくマリオット&SPGのゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

私の場合は、マリオット&SPGの「ゴールド会員」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、マリオット&SPGの「プラチナ会員」の資格も獲得しました。

 

プラチナ会員になると、マリオット&SPGのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになり、また、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まるため、SPGでのホテル宿泊をより楽しむことができます。

 

ニューヨーク旅行2018のスケジュール

今回の記事は、2018年夏休みのニューヨーク旅行の一部としてご紹介しました。今回のニューヨーク旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、5泊6日のスケジュールとなります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:東京(成田)からニューヨーク(JFK)に移動(JL4便)、シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア宿泊
  • 2日目:ザ・リッツ・カールトン セントラルパーク宿泊
  • 3日目:JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク宿泊 <=今ここ
  • 4日目:セントレジス・ニューヨーク宿泊
  • 5日目:ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア宿泊
  • 6日目:ニューヨーク(JFK)から東京(羽田)に移動(JL5便)

 

今回のニューヨーク旅行は、陸マイラー活動で貯めたマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼほぼ無料で豪華な旅を実現しています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は「JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク」のクラブラウンジと朝食の様子をご紹介しました。

我々は、今回、プラチナ会員としてこちらのホテルに宿泊しましたので、その特典として、クラブラウンジでの朝食を無料でいただくことができました。

クラブラウンジでの朝食は、種類豊富で充実した内容の朝食ビュッフェとなっており、非常に満足度の高いものでした。

一方で、こちらのクラブラウンジは、週末にはクローズしている時間帯が多くなることが要注意です。こちらのホテルに宿泊予定のある方は、クラブラウンジの営業時間とタイムテーブルを事前にご確認いただければと思います。

 

次の記事==>

(準備中)

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: