【12月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ザ・キャピトルホテル東急のクラブラウンジをブログレポート!<The Capitol Lounge SaRyoh>

ザ・キャピトルホテル東急のクラブラウンジをブログレポート!

ザ・キャピトルホテル東急のクラブラウンジをブログレポート!<The Capitol Lounge SaRyoh>

今回は、「ザ・キャピトルホテル東急」のクラブラウンジである「The Capitol Lounge SaRyoh」をご紹介したいと思います。こちらのクラブラウンジでは、朝食からティータイム、アフタヌーンティー、カクテルタイムまで、1日4回のフードプレゼンテーションが提供されています。どれもクオリティーが高く、内容の充実度は都内のホテルでもトップレベルのものでした。当記事では、クラブラウンジの利用資格から営業時間、タイムテーブル、各サービスの提供内容まで、詳しくご紹介していきたいと思います。

ザ・キャピトルホテル東急とは

「ザ・キャピトルホテル東急」は、「東急ホテルズ」系列のフラッグシップとなるラグジュグアリーホテルです。

ザ・キャピトルホテル東急の外観

 

1963年に開業した「東京ヒルトンホテル」がルーツで、それを受け継いだのが前身となる「キャピトル東急ホテル」でした。

その後、43年の歴史を持つ「キャピトル東急ホテル」の営業を2006年に終了し、2010年10月22日に「ザ・キャピトルホテル東急」としてリニューアルオープンしました。

世界的に権威ある「フォーブス・トラベルガイド」が発表した2021年の格付けにおいて「ホテル部門」で最高評価となる5つ星を獲得しており、内外からの評価の高いホテルとなっています。

 

ザ・キャピトルホテル東急:クラブラウンジ「The Capitol Lounge SaRyoh」とは

名前の由来

「ザ・キャピトルホテル東急」には、ホテルの上層階である27階から29階にクラブフロアが設置されています。その一角である27階にはクラブラウンジが用意されており、「The Capitol Lounge SaRyoh」という名前で運営されています。

この「The Capitol Lounge SaRyoh」というネーミングの由来は公式サイトで以下のように解説されています。日本語の「茶寮」がベースとなっており、和のおもてなしを大切にする空間であることが理解できますね。

 ホテルが建つ日枝神社の小高い丘は、古来、星の眺めがきれいな景勝地として知られ、大正末期から昭和初期には、稀代の美食家・北大路魯山人が会員制料亭「星岡茶寮」を主宰して交歓の場として栄えました。脈々と受け継がれるおもてなしの心に加え、和モダンのエッセンスを各所に散りばめ、新たな感動をお贈りするという気持ちを込めて「The Capitol Lounge SaRyoh」と名づけました。

クラブラウンジ/ザ・キャピトルホテル東急

 

利用資格

クラブラウンジ「The Capitol Lounge SaRyoh」は、クラブフロアおよびスイートルーム宿泊者のみが利用できる特別な場所です。

<利用資格>

  • クラブフロア宿泊者
  • スイートルーム宿泊者

 

「ザ・キャピトルホテル東急」およびそれを統括する「東急ホテルズ」にも会員制度はありますが、その特典としてクラブラウンジへのアクセス権は提供されていません。

参考 コンフォートクラブ東急ホテルズ

 

そのため、「The Capitol Lounge SaRyoh」の利用者は対象となる客室の宿泊者のみに限定されているため、利用者の数も限られ、静かでゆったりと寛ぐことができる場所になっています。

ちなみに、クラブフロアに宿泊でない方をクラブラウンジへ招待する場合は、利用毎に1人あたり6,000円(税別)のビジター料が必要となります。また、ビジターの利用は2名までと限定されています。

 

提供サービスと営業時間

クラブラウンジ「The Capitol Lounge SaRyoh」では時間帯に応じたドリンクとフードが提供される「飲食サービス」が実施されています。この提供スケジュールは以下のようになっています。

<スケジュール>

  • 朝食
    • 平日:07:30~11:00(L.O.10:30)
    • 土・日・祝日:07:00~11:00(L.O.10:30)
  • ティータイム
    • 11:30~13:30
  • アフタヌーンティー
    • 14:00~16:00
  • カクテルタイム
    • 17:00~21:00(L.O.20:30)

 

朝食からティータイム、アフタヌーンティー、カクテルタイムという具合に、1日4回の充実したフードプレゼンテーションが実施されるのが特徴となっています。

MEMO

カクテルタイム(17:00以降)の利用は13歳以上に限定されています。

 

また、クラブフロアおよびスイートルーム宿泊者への「限定サービス」として以下も提供されています。

<限定サービス>

  • ラウンジ内でのチェックイン・チェックアウト
  • ウェルカムドリンク
  • 駐車場、バレーパーキングご利用無料
  • 無料プレスサービス(1滞在につき3着まで)
  • 15F フィットネスクラブ プール・ジムのご利用無料
  • 15F フィットネスクラブ レンタル品のご利用無料(ゴーグル除く)
  • ラウンジ内ミーティングルーム1時間ご利用無料

 

クラブフロアでのチェックイン&チェックアウトやウェルカムドリンクの提供に加えて、フィットネスクラブの利用料やレンタル品が無料で利用できるというのは嬉しいポイントですね。

 

スポンサーリンク

ザ・キャピトルホテル東急:クラブラウンジのフードプレゼンテーションをブログレポート

さて、前置きが長くなりましたが、ここからはクラブラウンジ「The Capitol Lounge SaRyoh」で実際に体験することができたフードプレゼンテーションの内容をご紹介していきたいと思います。

ただし、「朝食」に関してはコロナ禍の対応としてレストラン「ORIGAMI(オリガミ )」での提供に代替されていました。

そのため当記事では、チェックイン時にいただいた「ウェルカムドリンク」と、「ティータイム」「アフタヌーンティー」「カクテルタイム」の3つの時間帯についてご紹介したいと思います。

レストラン「ORIGAMI(オリガミ )」での朝食の様子は別記事としてご紹介したいと思います。

 

全体像と雰囲気

クラブラウンジ「The Capitol Lounge SaRyoh」の外観はこんな感じになります。入ってすぐのところにレセプションがあり、そちらで部屋番号と名前を告げて利用します。

ただ、名前等を確認するのは初回利用だけです。後はスタッフの方が顔を覚えてくださるので、そのままスルーで利用できます。さすがの対応です。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:エントランス

 

ラウンジの中はこんな感じになっています。ホテルのロビーと同様、白木を利用した和モダンな内装となっています。至るところに用意された間接照明が温かみのある雰囲気を演出していますね。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:ダイニング

 

ラウンジは壁側一面が窓となっているため、高層階からの眺望を楽しむことができるようになっています。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:カウンター

 

特に、国会議事堂や総理大臣官邸の方面を向いているため、眼下にそららの建物を見下ろすことができます。素晴らしい絶景ですね。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:テーブル&チェア

 

ラウンジ内は、基本はテーブル席の用意になりますが、一角には畳のスペースが用意されており、「茶寮」としての面影を残しています。そして、こちらの掛け軸は、あの有名な「伊達政宗公」の作品だということで驚かされます。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:茶寮

 

それ以外にも、ラウンジ内には著名な作家の作品が多数展示されており、高級感のある雰囲気を演出しています。スタッフの方にお願いをすると、各作品の目録も参照することができます。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:オブジェ

 

ウェルカムドリンクの様子

「ウェルカムドリンク」は、初日のチェクイン時に利用しました。利用したのは2020年10月上旬の土日、午後2時半ごろになります。

メニュー

席に着くとウェルカムドリンクのメニューが提供されます。具体的には以下になります。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:メニュー(ウェルカムドリンク)

 

メニューに記載されているのは以下5種類のみですが、ラウンジで提供しているドリンクであれば何でもOKという雰囲気でした。

<ウェルカムドリンク>

  • 緑茶
  • コーヒー
  • 紅茶
  • ペリエ
  • シャンパン

 

いただいたもの

私の場合は、せっかくだからということでシャンパンをオーダーしました。そして、やってきたのはなんと「BOLLINGER(ボランジェ)」でした。さすが、良いものを用意していますね。レストランであれば3,000円ぐらいは軽く取られそうです。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:シャンパン(ボランジェ)

 

また、ウェルカムスイーツも一緒に提供されました。内容はこちらのように、5種類のスイーツの盛り合わせになっています。洋菓子と和菓子がミックスされており、また、どれも丁寧に作られているのが感じられる、とても美味しいものばかりでした。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:ウェルカムスイーツ

 

高級シャンパンとスイーツをいただきながら、行列とは無縁の状態で座ってチェックインできるなんて優雅ですね。しかも、目の前には、国会議事堂や総理大臣官邸を見下ろす絶景が広がっています。本当に贅沢な時間でした。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:眺望

 

アフタヌーンティーの様子

「アフタヌーンティー」は、チェックインからの流れで、そのまま継続して利用しました。

アフタヌーンティーの時間帯には、サンドウィッチや日替わりのスイーツ、チョコレート、焼き菓子などが提供されており、ドリンクとともにいただくことができます。

メニュー

ドリンクメニューはこちらになります。コーヒー、紅茶、ソフトドリンク、コーディアル、その他、というカテゴリーで構成されており、それぞれ数種類ずつ用意されています。とても種類豊富ですね。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:ドリンクメニュー

 

コーヒーの中では「ミカフェート ハンドドリップコーヒー」というのが目を引きますね。「ミカフェート(MICAFETO)」というのは有名なコーヒー豆の輸入販売業者で、JALや無印良品などにコーヒーを提供しています。

紅茶は有名ブランドである「TWG」ですね。

アルコールについては、シャンパンの他、ビールについてはすでに提供されているようでした。フルラインナップでないにしても、日中からアルコールが提供されているのは嬉しいポイントですね。

 

スポンサーリンク

ビュッフェカウンター

フードについてはビュッフェカウンターの上に用意されており、こちらから自由にいただいてくるというシステムになっていました。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:ビュッフェカウンター(全体像)

 

こちらは和菓子で、赤坂柿山のおかきやお煎餅など。味も醤油から胡麻、海苔、など、豊富に揃えられていました。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:和菓子

 

続いてこちらは洋菓子。「VARHONA(ヴァローナ)」のビターチョコレートや、「Salon de Royal(サロンドロワイヤル)」のミルクチョコレート、ホテルメイドのオランジェット、マンディアンなどが並べられています。どれも良い品ばかりで、素晴らしいですね。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:チョコレート

 

こちらは、ペストリーブティックから運ばれてくるミニブレッド。ちょっと品数が減ってしまっていますが、どれも美味しそうです。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:パン

 

こちらはサンドウィッチ。プラスチックのケースに入っており安心ですね。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:サンドイッチ

 

シンプルに、ミックスナッツなんかもあります。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:スナック

 

その他、スイーツとドリンクは冷蔵庫の中に収納されていました。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:冷蔵庫(全体像)

 

こちらはシートケーキ。苺やベリーが鮮やかです。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:スイーツ1

 

こちらはカップケーキ。マンゴープリンやモンブランなど、どれも美味しそうです。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:スイーツ2

 

ドリンクはこんな感じです。ミネラルウォーター、ペリエ、コーラー、ジンジャーエールの他、フルーツジュースやお茶など、種類豊富に用意されています。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:ジュース

 

ビールも、プレミアムモルツやサッポロ黒ラベルの他、あまり見たことのない地ビールっぽいラベルのものも用意されています。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:ビール

 

いただいたもの

そんなこんなで、いただいたものはこちらになります。ウェルカムスイーツでスイーツはいただいていたため、基本はそれ以外のものをいただきました。

まずこちらはドリンクでいただいた「ミカフェート ハンドドリップコーヒー」。オーダーすると、カウンターでハンドドリップして淹れてくれます。すっきりとした中にもコクがあるとても美味しいコーヒーです。カップも綺麗ですね。こだわりを感じます。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:コーヒー

 

続いてこちらは、サンドウィッチとミニブレッド。サンドイッチは卵サンドとハムサンドの2種類で、どちらも丁寧な作りです。付け合わせのピクルスも本格的でした。ミニブレッドもとても美味しいです。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:実食(パン、サンドイッチ)

 

続いてこちらは、ホテルメイドのオランジェットとマンディアン。オランジェットは、オレンジの酸っぱさとちょっとビターなチョコの甘さがマッチしていて、これまでのオランジェット史上で最高の美味しさ。

マンディアンも、ホワイトチョコとドライフルーツの食感の組み合わせが最高で、どちらも絶品でした。無限にいただけてしまいそうです。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:実食(チョコレート)

 

アフタヌーンティーをいただいただけで、こちらのホテルのクラブラウンジのクオリティーの高さをまじまじと見せつけられる結果になりました。カクテルタイムに俄然、期待が高まります。

 

カクテルタイムの様子

続いては「カクテルタイム」の様子をご紹介します。こちらは、宿泊日の夕方6時半ごろに利用しました。

カクテルタイムでは、多彩なアミューズやオードブルが用意されており、アルコールとともにいただくことができます。

テーブルに着くと、テーブルの上にキャンドルが用意されていました。外に広がる夜景とともに、大人な雰囲気を演出しています。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:テーブル

 

メニュー

カクテルタイムになると、アルコールがフルラインアップで提供されます。メニューはこちらになります。ビール、シャンパン、ワイン、ウィスキー、日本酒、焼酎、梅酒、柚子酒、リキュールというように、種類豊富に用意されています。

特に、ワインは赤・白ともに、ぶどうの異なる2種類ずつの用意でこだわりを感じますね。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:ドリンクメニュー(アルコール)

 

カウンターの上には、ボトルがずらずらっと並べられます。なかなか、壮観な眺めですね。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:アルコール(カウンター)

 

ビュッフェテーブル

カクテルタイムになると、ブッフェテーブルの上の品揃えも、アミューズやオードブル中心に入れ替えられます。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:ビュッフェテーブル(カクテルタイム)

 

こちらはオードブルの盛り合わせ。サーモンと生ハムを中心にしたものと、ローストビーフとアワビを中心にしたものの2種類が用意されています。どちらもプラスチックの容器で小分けにされており安心です。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:カナッペ1

 

こちらは、チーズの盛り合わせ。こちらも小分けになっています。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:カナッペ2

 

冷蔵庫の中には、アミューズとデザートが用意されています。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:カナッペ3

 

アミューズはこんな感じで、バーニャカウダやスープのジュレがカクテルグラスに綺麗に盛り付けられています。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:カナッペ4

 

デザートについては、アフタヌーンティーで用意されていたものが、そのまま続投されていました。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:スイーツ(カクテルタイム)1

 

また、ウェルカムスイーツとして振る舞われていたプレートもデザートとして提供されていました。デザートの品揃えはかなり豊富と言えますね。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:スイーツ(カクテルタイム)2

 

そして、カクテルタイムの目玉はライブキッチンでのフードの提供です。この日はステーキが提供されていました。ラウンジ内にお肉が焼ける良い匂いが充満しており、食欲がそそられます。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:ライブキッチン(ステーキ)

 

いただいたもの

そんなこんなで、カクテルタイムでいただいたものをご紹介していきたいと思います。

こちらは、アミューズの盛り合わせ。提供されていたものをひととおりいただいてきました。色とりどりでとても綺麗ですね。楽しい気分が盛り上がります。味の方も、どれもレストランで提供されるようなレベルの高いものばかりです。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:実食(カクテルタイム)1

 

こちらは、オードブルの盛り合わせ。魚(サーモン)を中心にしたものと、肉(ローストビーフ)を中心にしたものの2種類が用意されているのが嬉しいところ。サーモンには生ハム、ローストビーフにはからすみもセットになっており、どちらも素材の良さが伝わってくる確かな美味しさ。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:実食(カクテルタイム)2

 

こちらはチーズの盛り合わせ。チーズもどれも本当に美味しいです。クラブラウンジでいただくチーズの中では、トップとも言えるクオリティーの高さでした。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:実食(カクテルタイム)3

 

そして、こちらがメインのステーキ。黒トリュフのソースがかけられた本格派です。焼きたてでお肉も柔らかく、レストランで提供されていてもおかしくないクオリティーで絶品でした。ボリュームはちょっと少なめですが、パンも合わせて提供されるため、満足度も高いです。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:実食(ステーキ)

 

フードもひととおりいただいたところで、最後にはデザートもいただきました。カクテルタイムでこれだけデザートが充実しているのも珍しいですよね。上質なものばかりで、とても美味しくいただきました。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:実食(デザート)

 

カクテルタイムというと、ボリュームが物足りなかったり、逆にボリュームがあっても味がいまいちだったりします。

しかしながら、こちら「The Capitol Lounge SaRyoh」のカクテルタイムは、ディナーとしても十分通用する構成とボリュームになっており、味も間違いのないものばかりでした。

これまで、いくつものホテルのクラブラウンジを巡ってきましたが、カクテルタイムのクオリティーとしては間違いなくトップレベルだと言える満足度の高さでした。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:夜景

 

スポンサーリンク

ティータイムの様子

最後に、「ティータイム」の様子をご紹介したいと思います。こちらのティータイムは、チェックアウト時(午後1時ごろ)に利用しました。

ビュッフェカウンター

ティータイムは、基本的にはアフタヌーンティーと同じような構成となっていましたが、心なしか、ミニブレッドの品揃えが豊富な印象を受けました。

こちらのように、スコーンやデニッシュのほか、「ザ・キャピトルホテル東急」の名物ともなっているバナナブレッド(写真中央)も用意されていました。どれも見た目も美しく、美味しそうですね。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:パン(ティータイム)

 

トースターも用意されているため、ちょっと温めてからいただくこともできます。トースターは、流行りの「BALMUDA(バルミューダ)」ですね。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:トースター

 

デザートについては、7割方は昨日と同じものでしたが、新しいものも追加になっていました。入れ替えがあると飽きなくて嬉しいですよね。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:冷蔵庫(ティータイム)1

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:冷蔵庫(ティータイム)2

 

ティータイムでのシャンパンは提供可能ということで、最後に再び「BOLLINGER(ボランジェ)」をいただきました。合計で何杯いただいたのか記憶が定かではありませんが、シャンパン漬けのとっても楽しい滞在でした(笑)。

ザ・キャピトルホテル東急「クラブラウンジ」:シャンパン(ティータイム)

 

ザ・キャピトルホテル東急:予約した客室とコスト

今回、こちらの「ザ・キャピトルホテル東急」の宿泊には、予約サイトである「一休」のプライベートセールを利用しました。

グレードは「クラブデラックスキング」で、価格は2名1室「58,000円」でしたが、そこからポイントの即時割引と「GoToトラベルキャンペーン」の割引により、「31,030円」で利用することができました。

また、地域共通クーポンとして「9,000円」分も獲得できましたので、実質22,000円ほどで宿泊できたということになります。クラブフロアの客室を思ったよりリーズナブルに利用することができ、感謝感謝です。

<宿泊コスト>

  • 宿泊料:58,000円
  • ポイント即時割引:-8,700円
  • GoToTravel割引:-18,270円
  • 差し引き:31,030円
  • 地域共通クーポン:+9,000円

 

一休ではクラブフロア以外でも、いろいろな特典のついた豊富なプランが用意されています。「ザ・キャピトルホテル東急」の最新価格はこちらからご確認ください。

「ザ・キャピトルホテル東急」の最新価格はこちら!

 

また、東京都内における「GoToトラベルキャンペーン」のおすすめホテルはこちらの記事でもご紹介しております。合わせてご参照ください。

 

ザ・キャピトルホテル東急の宿泊記はYouTubeでも公開中!

「ザ・キャピトルホテル東急」の宿泊記は動画にまとめてYouTubeにも公開しております。ホテル全体の空気感は動画の方が伝わりやすいと思いますので、こちらもぜひ合わせてご参照ください。

 

まとめ

今回は、「ザ・キャピトルホテル東急」のクラブラウンジである「The Capitol Lounge SaRyoh」を、利用資格から営業時間、タイムテーブル、各サービスの提供内容まで、詳しくご紹介していきました。

こちらのクラブラウンジは、雰囲気や眺望も最高で、スタッフの方のサービスも行き届いています。また、各フードプレゼンテーションで提供されるドリンクとフードの質が高く、内容も充実しています。

トータルとして、非常に満足度の高いクラブラウンジで、都内のホテルの中でもトップレベルと言えます。

事前に口コミなどでこちらのクラブラウンジの評価の良さは把握していましたが、期待を裏切らない素晴らしいものでした。またいつの日か再訪できる日を楽しみにしたいと思います。

 

次の記事では、レストラン「ORIGAMI(オリガミ )」でいただいた朝食の様子をご紹介したいと思います。洋食と和食をいただきましたが、こちらも素晴らしい内容でした。

==>次の記事

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

東京のラグジュアリーホテル関連記事