【12月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ザ・キャピトルホテル東急の朝食をブログレポート!レストラン「オリガミ(ORIGAMI)」の洋食&和食をレビュー!

ザ・キャピトルホテル東急の朝食をブログレポート!レストラン「オリガミ(ORIGAMI)」の洋食&和食をレビュー!

ザ・キャピトルホテル東急の朝食をブログレポート!レストラン「オリガミ(ORIGAMI)」の洋食&和食をレビュー!

今回は、「ザ・キャピトルホテル東急」のレストラン「オリガミ (ORIGAMI)」で体験した朝食の様子をご紹介したいと思います。セットメニューとしては、アメリカンブレックファーストやモーニングステーキブレックファーストといった洋食と、和朝食などからなる5種類が用意されています。どれを選択しても朝食ドリンクメニューがセットになっており、非常に充実した内容でした。当記事では、会場の雰囲気からメニュー、価格、洋朝食と和朝食の内容まで、詳しくご紹介していきたいと思います。

ザ・キャピトルホテル東急とは

「ザ・キャピトルホテル東急」は、「東急ホテルズ」系列のフラッグシップとなるラジュグアリーホテルです。

ザ・キャピトルホテル東急の外観(日枝神社から)

 

1963年に開業した「東京ヒルトンホテル」がルーツで、それを受け継いだのが前身となる「キャピトル東急ホテル」でした。

その後、43年の歴史を持つ「キャピトル東急ホテル」の営業を2006年に終了し、2010年10月22日に「ザ・キャピトルホテル東急」としてリニューアルオープンしました。

世界的に権威ある「フォーブス・トラベルガイド」が発表した2021年の格付けにおいて「ホテル部門」で最高評価となる5つ星を獲得しており、内外からの評価の高いホテルとなっています。

「ザ・キャピトルホテル東急」の公式サイトはこちらになります。

参考 Topページザ・キャピトルホテル東急

 

ザ・キャピトルホテル東急:朝食会場の選択肢

今回私は、こちらの「ザ・キャピトルホテル東急」のクラブフロアに宿泊していました。

クラブフロアに宿泊の場合、通常であれば27階に用意されているクラブラウンジ「The Capitol Lounge SaRyoh 」で朝食をいただくことができます。

ただし、私が利用した2020年10月上旬の段階では、コロナ禍の影響でクラブラウンジでの朝食は、レストラン「オリガミ (ORIGAMI)」での提供に振替になっていました。

個人的には一度、レストラン「オリガミ (ORIGAMI)」を利用してみたいと考えていたためラッキーとも言える対応でした。

いずれにしても、そんな事情で今回は、レストラン「オリガミ (ORIGAMI)」でいただくことができた朝食の様子をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ザ・キャピトルホテル東急:レストラン「オリガミ (ORIGAMI)」とは

「オリガミ (ORIGAMI)」は、ホテルのロビーフロアである3階に位置するレストランです。

「オリガミ (ORIGAMI)」は、正確には、ラウンジ「ORIGAMI」とオールデイダイニング「ORIGAMI」の2つのエリアに分かれています。

ラウンジ「ORIGAMI」は入り口に近いエリアと位置しており、こちらではコーヒー、紅茶やスイーツ、軽食などが中心に提供されています。また、ペストリーコーナーも併設されています。

オールデイダイニング「ORIGAMI」は、奥のエリアに位置しており、旧キャピトル東急ホテル時代から続く名物メニューから、ブイヤベースやローストビーフなどといった本格的なメニューまで、バラエティー豊かなアラカルトが提供されています。

<「オリガミ (ORIGAMI)」の構成>

  • ラウンジ「ORIGAMI」:手前のエリアでカフェメニューを提供
  • オールデイダイニング「ORIGAMI」:奥のエリアで本格的なアラカルトメニューを提供

 

今回朝食として利用したのは、オールデイダイニング「ORIGAMI」のエリアになります。営業時間は共通で以下のようになっています。

<「オリガミ (ORIGAMI)」の営業時間>

  • 10:00~22:00 (L.O.21:30)

 

ザ・キャピトルホテル東急:朝食をブログレポート(洋食&和食)

さて、前置きが長くなりましたが、ここからはレストラン「オリガミ (ORIGAMI)」で体験した朝食の様子をご紹介したいと思います。私が利用したのは2020年10月上旬の土日になります。

全体像と雰囲気

レストラン「オリガミ (ORIGAMI)」の入り口はこんな感じです。入り口を入ったすぐの左手にはペストリーコーナーがあり、ホテルメイドのパンやスイーツなどをテイクアウトできるようになっています。

ザ・キャピトルホテル東急の朝食「外観と雰囲気」:レストランの外観

 

入り口を入って右手には、ラウンジ「ORIGAMI」のエリアがあります。こちらは、ローテーブルとソファーが多く配置されており、カフェに適してたスペースになっています。

ザ・キャピトルホテル東急の朝食「外観と雰囲気」:カフェ「オリガミ 」のエントランス

 

そして、一番奥にあるのがオールデイダイニング「ORIGAMI」のエリアです。こちらには、ダイニングテーブルがすらずらっと並べられており、食事に適したスペースになっています。

ザ・キャピトルホテル東急の朝食「外観と雰囲気」:レストラン「オリガミ 」の全体像

 

こちらのエリアは窓が大きくとられており、日本庭園の池の景色を眺められるようになっています。朝は太陽の明るい光が注ぎ込み、明るく開放感のある雰囲気になっています。

ザ・キャピトルホテル東急の朝食「外観と雰囲気」:レストラン「オリガミ 」からの眺望

 

朝食メニュー

今回はクラブフロアの朝食利用ということで、オールデイダイニング「ORIGAMI」の方に案内いただきました。席につくと早速朝食メニューの説明があります。

朝食メニューはこちらになります。左手側にセットメニュー、右手側にアラカルトメニューが掲載されています。

ザ・キャピトルホテル東急の朝食「メニュー」:セット&アラカルト

 

クラブフロアの朝食利用の場合、以下5つのセットメニューから選択可能ということでした。

<朝食セットメニュー>

  • アメリカンブレックファースト:4,000円
  • コンチネンタルブレックファースト:2,800円
  • 和朝食:4,000円
  • シーズナルブレックファースト:4,000円
  • モーニングステーキブレックファースト:5,500円

 

価格から考えると圧倒的に「モーニングステーキブレックファースト」がお得ですね。

ただ、昨晩はクラブラウンジのカクテルタイムでおいしいステーキをいただいていたので、今回は夫婦で「アメリカンブレックファースト」と「和朝食」をそれぞれひとつずつオーダーすることにしました。

 

ちなみに、セットメニューにはドリンクも付いています。朝食ドリンクメニューはこちらになります。コーヒー、紅茶、フルーツジュースまで、種類豊富に用意されていますね。

ザ・キャピトルホテル東急の朝食「メニュー」:ドリンク

 

最初は1杯だけ無料なのかと思いましたが、実際には食事中に種類の変更も可能でおかわりも自由になっていました。至れりつくせりですね。

 

スポンサーリンク

洋食セット(洋朝食)の内容

さて、そんなこんなで、まずは洋朝食となる「アメリカンブレックファースト」の内容をご紹介していきたいと思います。

テーブルセットはこんな感じです。「ORIGMI」と書かれたおしぼりが可愛いですね。

ザ・キャピトルホテル東急の朝食「洋食」:テーブルセット

 

最初にやってきたのは、朝食ドリンクメニューから選択した「オレンジジュース」と、ヨーグルト、フルーツです。オレンジジュースは搾りたての果実感のあるもので、とても美味しくいただきました。

ヨーグルトはカスピ海のプレーンヨーグルトということでシンプルなものですね。フルーツのカットも小さめで、ヨーグルトに入れていただくのにちょうど良いですね。

ザ・キャピトルホテル東急の朝食「洋食」:ドリンク、フルーツ、ヨーグルト

 

続いてこちらはサラダです。野菜はどれも新鮮で、こちらも美味しくいただきました。

ザ・キャピトルホテル東急の朝食「洋食」:サラダ

 

続いてこちらはパンバスケット。クロワッサン、トースト、デニッシュ、など、一人分でこのボリュームです。トーストは焼きたてで、他のパンもほんのりと温められています。どのパンも焼きたて感の伝わるもので、表面はパリッと仕上がっており、どれも絶品でした。

ザ・キャピトルホテル東急の朝食「洋食」:パン

 

トーストには、ジャムとバターもセットになっています。バターはさすがの「ECHIRE(エシレ)」です。サイズも大きくて使いきれないのがもったいないぐらいです。焼きたてパンとの相性は抜群で、美味しさをさらに底上げしていました。

ザ・キャピトルホテル東急の朝食「洋食」:ジャム&バター

 

そして、こちらがメインとなる卵料理です。スクランブルエッグ、フライドエッグ、オムレツから選択可能になっており、今回は「オムレツ」を選択しました。卵の黄身の濃さが伝わってくるような、綺麗なオレンジ色をしています。卵にもこだわりがありそうです。中身はプレーンで半熟になっており、火加減もばっちりでした。

ザ・キャピトルホテル東急の朝食「洋食」:オムレツ

 

付け合わせについても、ハム、ベーコン、ソーセージから選択することができ、ベーコンに至っては、焼き加減をカリカリとソフトから選択することができます。細かい心遣いが素晴らしいですね。味、ボリュームともに大満足の内容でした。

 

和食セット(和朝食)の内容

続いては、「和朝食」の内容をご紹介したいと思います。和朝食はこんか感じで、ご飯とお味噌汁などが載せられたメインのお盆と、小鉢のセットで構成されています。盛り沢山な内容で、見た目から楽しめますね。ちなみに、和朝食は日本料理「水簾(すいれん)」から提供されているそうです。

ザ・キャピトルホテル東急の朝食「和食」:全体像

 

この日のメインは金目鯛でした。朝から豪華で嬉しいですね。2切れ入っておりボリュームもなかなか。栗もあしらわれており、季節感も演出していますね。

ザ・キャピトルホテル東急の朝食「和食」:小鉢1

 

小鉢の方も、どれも良い素材を使って丁寧に作られているのが伝わってくるやさしい美味しさです。和食の場合、様々な料理をちょっとずついただけるのが楽しいですね。

ザ・キャピトルホテル東急の朝食「和食」:小鉢2

 

最後は、水菓子(くだもの)の提供もありました。柿が使われており、こちらも季節を感じさせますね。ごちそうさまでした。とても美味しくいただきました。

ザ・キャピトルホテル東急の朝食「和食」:コーヒー、水菓子

 

ザ・キャピトルホテル東急:予約した客室とコスト

今回、こちらの「ザ・キャピトルホテル東急」の宿泊には、予約サイトである「一休」のプライベートセールを利用しました。

グレードは「クラブデラックスキング」で、価格は2名1室「58,000円」でしたが、そこからポイントの即時割引と「GoToトラベルキャンペーン」の割引により、「31,030円」で利用することができました。

また、地域共通クーポンとして「9,000円」分も獲得できましたので、実質22,000円ほどで宿泊できたということになります。クラブフロアの客室を思ったよりリーズナブルに利用することができ、感謝感謝です。

<宿泊コスト>

  • 宿泊料:58,000円
  • ポイント即時割引:-8,700円
  • GoToTravel割引:-18,270円
  • 差し引き:31,030円
  • 地域共通クーポン:+9,000円

 

一休ではクラブフロア以外でも、いろいろな特典のついた豊富なプランが用意されています。「ザ・キャピトルホテル東急」の最新価格はこちらからご確認ください。

「ザ・キャピトルホテル東急」の最新価格はこちら!

 

また、東京都内における「GoToトラベルキャンペーン」のおすすめホテルはこちらの記事でもご紹介しております。合わせてご参照ください。

 

スポンサーリンク

ザ・キャピトルホテル東急の宿泊記はYouTubeでも公開中!

「ザ・キャピトルホテル東急」の宿泊記は動画にまとめてYouTubeにも公開しております。ホテル全体の空気感は動画の方が伝わりやすいと思いますので、こちらもぜひ合わせてご参照ください。

 

まとめ

今回は、「ザ・キャピトルホテル東急」のレストラン「オリガミ (ORIGAMI)」で体験した朝食レポートとして、会場の雰囲気からメニュー、価格、洋朝食と和朝食の内容まで、詳しくご紹介していきました。

今回は、夫婦で洋朝食と和朝食の両方をいただきましたが、甲乙をつけがたいほど、どちらもとても美味しくいただきました。

朝食会場となっているレストラン「オリガミ (ORIGAMI)」自体の雰囲気もよく、また、スタッフのサービスも至れり尽せりで、非常に満足度の高い朝食となりました。

もし次回利用する機会があれば、「モーニングステーキブレックファースト」にチャレンジしてみたいと思います。

 

次の記事では、プールと温浴施設の様子をご紹介したいと思います。どちらも素晴らしい施設でとても楽しむことができました。

==>次の記事

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

東京のラグジュアリーホテル関連記事