【4月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

羽田空港(国際線)ラウンジまとめ!カードラウンジから航空会社ラウンジまで!

羽田空港(国際線)ラウンジまとめ!カードラウンジから航空会社ラウンジまで

空港ラウンジとしてはカードラウンジと航空会社ラウンジがあります。一般的に、カードラウンジは遠くて質素、航空会社ラウンジは近くて豪華、という特徴を持っていますが、羽田空港(国際線)の場合は事情が異なります。カードラウンジであっても出国後の制限エリアに位置しており、居心地も悪くありません。そのため、カードラウンジと航空会社ラウンジを「はしご」するといった楽しみ方もできます。また、同一のアライアンス内であれば航空会社ラウンジを「はしご」するという楽しみ方もあります。そこで当記事では、カードラウンジから航空会社ラウンジまで、羽田空港国際線ターミナルのラウンジをまとめていきたいと思います。

羽田空港(国際線)のカードラウンジ

カードラウンジとは

羽田空港カードラウンジのイメージ

 

まずは、羽田空港(国際線)のカードラウンジについてまとめたいと思います。

カードラウンジはその名前のとおり、特定のカード会員が利用できるラウンジです。基本的には、ゴールドカードやプラチナカードなど、上級カードの特典として利用が許可されるものです。

したがって、カードラウンジは、航空会社のマイレージプログラム上のステータスやアライアンスに関係なく利用することができます。必要なのは、対象となるクレジットカードです。

 

羽田空港(国際線)にはカードラウンジが4箇所

羽田空港(国際線)には、カードラウンジが4箇所あります。いずれも、カードラウンジでありながら、出国後の制限エリアに位置しています。中央エリアに2箇所、北エリアに2箇所、といった具合となっています。

中央エリアのカードラウンジ

ラウンジの場所(マップ)

中央エリアのカードラウンジは、以下の2箇所となっています。

<中央エリアのカードラウンジ>

  • SKY LOUNGE
  • TIAT LOUNGE

 

ラウンジの場所は以下になります。出国後に正面に進み、エスカレーターを登った4階となります。「SKY LOUNGE」と「TIAT LOUNGE」は受付は1つとなり、場所としては隣接しています。

中央エリアのカードラウンジの場所(マップ)

 

このうち「SKY LOUNGE」は純粋なカードラウンジとなっていますが、「TIAT LOUNGE」は一部航空会社の共用ラウンジとしての側面も持っています。

羽田空港「SKY LOUNGE」のイメージ

 

スポンサーリンク

SKY LOUNGE

<SKY LOUNGE >

  • 場所:出国後エリア 4階 ラウンジ(中央)
  • 営業時間:24時間
  • 電話番号:03-6428-0752
  • 利用料金:利用料金は以下の通りです。
    • 13歳以上:1,030円  4~12歳:520円  3歳以下:無料
  • 利用可能カード会社:
    • 
VJAグループ、JCB、Diners Club International、DC、UFJ、
NICOS、MUFG、UC、SAISON、AMERICAN EXPRESS、
JACCS、エポスカード
  • 利用条件(資格):
    • ご本人名義の上記カードと当日の搭乗券をお持ちの方は、無料でご利用いただけます。

 

TIAT LOUNGE

<TIAT LOUNGE >

  • 場所:出国後エリア 4階 ラウンジ(中央)
  • 営業時間 24時間
  • 電話番号:03-6428-0752
  • 利用可能航空会社:
    • チャイナ エアライン、デルタ航空、
ガルーダ・インドネシア航空、中国南方航空、上海吉祥航空、
天津航空、海南航空
  • ご利用可能カード会社:
    • TS CUBIC、Porsche Card、三越伊勢丹グループ MICARD、
LUXURY CARD、マンチェスターユナイテッドカード、
ボルシア・ドルトムントカード
  • 利用条件(資格):
    • ※一部カードを除き、ゴールドクラス以上のクレジットカードが対象です。
    • 
※ご本人名義の上記カードと当日の搭乗券をお持ちの方は、無料でご利用いただけます。
    • ※各航空会社発行のラウンジクーポンをお持ちの方は、ご利用頂けます。

 

MEMO

羽田空港(国際線)には「スカイチーム」加盟の航空会社ラウンジがないため、「TIAT LOUNGE」がスカイチーム加盟の、チャイナ エアライン、中国南方航空、デルタ航空、
ガルーダ・インドネシア航空、の指定ラウンジとなっています。

 

北エリアのカードラウンジ

ラウンジの場所(マップ)

北エリアのカードラウンジは、以下の2箇所です。こちらも、中央エリアと同じく、「SKY LOUNGE ANNEX」と「TIAT LOUNGE ANNEX」で構成されています。(中央エリアとの違いは「ANNEX」が付くかどうかですね)

<北エリアのカードラウンジ>

  • SKY LOUNGE ANNEX
  • TIAT LOUNGE ANNEX

 

ラウンジの場所は以下になります。基本的は同じ建物(棟)の中で、4階に「SKY LOUNGE ANNEX」、5階に「TIAT LOUNGE ANNEX」という配置になっています。

北エリアのカードラウンジの場所(マップ)

 

中央エリアと同じく、「SKY LOUNGE」は純粋なカードラウンジとなっていますが、「TIAT LOUNGE」は一部航空会社の共用ラウンジとしての側面も持っています。

羽田空港「SKY LOUNGE ANNEX」のイメージ

 

SKY LOUNGE ANNEX

<SKY LOUNGE ANNEX>

  • 場所:出国後エリア 4階 ラウンジ(北)
  • 営業時間 7:00~25:00
  • 電話番号:03-6428-0680
  • 利用料金:ご利用料金は以下の通りです。
    • 13歳以上:1,030円  4~12歳:520円  3歳以下:無料
 シャワー利用:1,030円/30分
  • 利用可能カード会社:
    • 
VJAグループ、JCB、Diners Club International、DC、UFJ、
NICOS、MUFG、UC、SAISON、AMERICAN EXPRESS、
JACCS、エポスカード
  • 利用条件(資格):
    • ご本人名義の上記カードと当日の搭乗券をお持ちの方は、無料でご利用いただけます。

 

TIAT LOUNGE ANNEX

<TIAT LOUNGE ANNEX >

  • 場所:出国後エリア 5階 ラウンジ(北)
  • 営業時間 7:00~25:00
  • 電話番号:03-6428-0680
  • 利用可能航空会社:
    • チャイナ エアライン、デルタ航空、
ガルーダ・インドネシア航空、中国南方航空、上海吉祥航空、天津航空、海南航空
  • 利用可能カード会社:
    • TS CUBIC、Porsche Card、三越伊勢丹グループ MICARD、
LUXURY CARD、マンチェスターユナイテッドカード、
ボルシア・ドルトムントカード
  • 利用条件(資格):
    • ※一部カードを除き、ゴールドクラス以上のクレジットカードが対象です。
    • ※ご本人名義の上記カードと当日の搭乗券をお持ちの方は、無料でご利用いただけます。
    • ※各航空会社発行のラウンジクーポンをお持ちの方は、ご利用頂けます。

 

SKY LOUNGEとTIAT LOUNGEの違い

「SKY LOUNGE」と「TIAT LOUNGE」はどちらもカードラウンジですが、利用できるクレジットカードとサービス内容に若干の違いがあります。

利用できるクレジットカード

「SKY LOUNGE」と「TIAT LOUNGE」では、利用できるクレジットカードのブランドが異なっています。具体的には以下のようになっています。

<利用できるクレジットカード>

カードブランドSKY LOUNGETIAT LOUNGE
VJAグループ
JCB
Diners Club International
DC
UFJ
NICOS
MUFG
UC
SAISON
AMERICAN EXPRESS
JACCS
エポスカード
TS CUBIC
Porsche Card
三越伊勢丹グループ MICARD
LUXURY CARD
マンチェスターユナイテッドカード
ボルシア・ドルトムントカード

 

「SKY LOUNGE」が利用できるクレジットカードは、普段耳にするものが多いと思いますが、「TIAT LOUNGE」が利用できるクレジットカードは、あまり聞いたことがない、ある意味では特殊なランナップとなっています。

また、「SKY LOUNGE」を利用できるのは、利用特典が付随しているクレジットカードを保有している本会員のみとなります。同伴者がいる場合は、別途有料で利用することになります。

ただし、アメリカン・エキスプレスのクレジットカードは、本会員カード1枚で、同伴者1名まで無料で利用することができます。これは、アメリカン・エキスプレスならではの、優れた特徴となっています。

 

MEMO

ここでいう「アメリカン・エキスプレス」のクレジットカードとは、アメリカン・エキスプレス自身が発行するプロパーカードを指しています(例としては、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードSPGアメックス、など)。国際ブランドとしてアメリカン・エキスプレスを採用しているクレジットカードは対象外です。

また、「JCB THE CLASS」や「ラグジュアリーカード」などの一部のハイステータスなカードでも、本会員カード1枚で同伴者1名まで利用可能となっています。

 

一方で、「TIAT LOUNGE」を利用できるのは、利用特典が付随しているクレジットカードを保有している本会員に加え、同伴者1名まで無料で利用できるものが多くなっています。

 

スポンサーリンク

サービス内容

「SKYLOUNGE」と「TIAT LOUNGE」のイメージ

 

「SKY LOUNGE」と「TIAT LOUNGE」では、サービス内容が大きく異なっています。「SKY LOUNGE」は純粋なカードラウンジとなっており、無料で提供されるのはソフトドリンクとスナックのみとなります。

一方で、「TIAT LOUNGE」は、前述のとおり航空会社ラウンジとしての側面も持つため、アルコールや軽食も無料で提供されています。また、シャワーも用意されており、こちらも無料で利用することができます。

この点から、もし「SKY LOUNGE」と「TIAT LOUNGE」の両方を利用可能である場合は、「TIAT LOUNGE」を利用するのがオススメです。

<サービス内容の違い>

サービス内容SKY LOUNGETIAT LOUNGE
ソフトドリンク無料無料
アルコール有料無料
シャワー有料無料

 

MEMO

「TIAT LOUNGE」を利用できる代表的なクレジットカードは「エムアイゴールドカード」と「エムアイカードプラスゴールド」です。どちらもポイントサイトで入会キャンペーンが実施されており、公式HPから入会するより断然お得になっています。詳細は以下をご参照ください。

 

羽田空港(国際線)の航空会社ラウンジ

航空会社ラウンジとは

羽田空港の航空会社ラウンジのイメージ

 

航空会社ラウンジはその名前のとおり、航空会社が運営するラウンジです。基本的には、各航空会社が設定しているマイレージプログラムのエリート会員、もしくは、ファーストクラスやビジネスクラス搭乗者のみが利用できるラウンジとなっています。

前出のカードラウンジに比べて利用条件が厳しいため、提供されるサービスはカードラウンジよりも優れたものになっています。

具体的には、カードラウンジの場合は、無料で提供されるのはソフトドリンクのみの場合が多くなっていますが、航空会社ラウンジの場合は、アルコール類も無料で提供されています。

また、カードラウンジの場合は、フードの提供がほとんどない(あってもスナックのみ)のですが、航空会社ラウンジの場合は、ホテルの朝食ビュッフェのような品揃えのフードが提供されているのが一般的です(国際線の場合。国内線の場合は航空会社ラウンジでもスナックのみ提供されている場合が多い)。

 

MEMO

空港ラウンジにおける、カードラウンジと航空会社ラウンジの違いについてはこちらの記事で詳しくまとめております。合わせてご参照ください。

 

国際線ではアライアンスにも注目

航空会社ラウンジは、基本的には、各航空会社が設定しているマイレージプログラムのエリート会員、もしくは、ファーストクラスやビジネスクラス搭乗者のみが利用できる特別なラウンジとなっています。

ただし、最近では多くの航空会社がアライアンス(航空連合)に参加しており、同じアライアンスの上級会員にも自社の航空会社ラウンジを解放しています。

そのため、空港内に同じアイライアンスに加盟する航空会社ラウンジが複数ある場合は、複数のラウンジを「はしご」することも可能となっています。

世界3大アライアンスとは

世界には3大アライアンスというものが存在しており、世界中の多くの航空会社はどこかのアライアンスに所属しています。具体的には、スターアライアンス、ワンワールド、スカイチーム、の3つです。

<世界3大アライアンス>

  • スターアライアンス
  • ワンワールド
  • スカイチーム

 

ラウンジの「はしご」を考える場合は、自身が利用する航空会社がどのアライアンスに所属しているのか、そして、利用する空港内に同一アライアンスの航空会社ラウンジがいくつ存在するのかを確認しておくことが重要となります。

 

 

羽田空港(国際線)には航空会社ラウンジが8箇所

成田空港には、航空会社ラウンジが全部で8箇所あります。いずれも、出国後の制限エリアに位置しています。中央エリアに4箇所、北エリアに4箇所、といった具合となっています。

中央エリアの航空会社ラウンジ

中央エリアの航空会社ラウンジは、以下の4箇所となります。スターアライアンスが2箇所、ワンワールドが2箇所という配置になっています。

<中央エリアの航空会社ラウンジ一覧>

ラウンジ名場所運営スターアライアンスワンワールドスカイチーム
ANA LOUNGE中央4FANA
ANA SUITE LOUNGE中央4FANA
サクララウンジ中央4F・5FJAL
ファーストクラスラウンジ中央4F・5FJAL

 

このうち、「ANA SUITE LOUNGE」およびJALの「ファーストクラスラウンジ」はファーストクラスラウンジであるため、利用できるのは、ANAおよびJALのダイヤモンド会員(JALの場合はJGPも可)およびファーストクラス搭乗者のみとなります。それより下のエリート会員およびビジネスクラス搭乗者は利用できないため注意が必要となります。

 

MEMO

羽田空港(国際線)には「スカイチーム」加盟の航空会社ラウンジがないため、JALの「サクララウンジ」が「スカイチーム」加盟の、エアロメヒコ航空、エールフランス、チャイナエアライン、中国東方航空、大韓航空、ベトナム航空、の指定ラウンジとなっています。

 

北エリアの航空会社ラウンジ

北エリアの航空会社ラウンジは、以下の4箇所となります。スターアライアンスが2箇所、ワンワールドが2箇所という配置になっています。

<北エリアの航空会社ラウンジ一覧>

ラウンジ名場所運営スターアライアンスワンワールドスカイチーム
ANA LOUNGE北4FANA
ANA SUITE LOUNGE北4FANA
サクララウンジ スカイビュー北5FJAL
ファーストアンドビジネスクラスクラスラウンジ北6Fキャセイパシフィック航空

 

この内、中央エリアにはなかったキャセイパシフィック航空の「ファーストアンドビジネスクラスラウンジ」が追加になっています。

このため、ワンワールド加盟の航空会社の航空券を持っている場合は、JALのラウンジに加えて、キャセイパシフィック航空のラウンジを「はしご」することができます。

 

MEMO

上級会員になれば、エコノミーのチケットでも航空会社ラウンジを利用することができます。上級会員になるための「マイル修行」についてはこちらをご参照ください。

 

スポンサーリンク

羽田空港(国際線)でのラウンジ体験レポート

スターアライアンス利用の場合(その1)

私自身は、2017年ゴールデンウィークのシドニー旅行時に、スターアライアンスのビジネスクラスラウンジである「ANA LOUNGE」と、カードラウンジである「SKY LOUNGE」「SKY LOUNGE ANNEX」の「はしご」を実施しました。

航空券はANAのビジネスクラスでしたので、「スターアライアンス」のビジネスクラス搭乗者として、「ANA LOUNGE」の利用資格を得ました。

ANA LOUNGE」は国際線エアラインのビジネスクラスラウンジということで、ドリンク、フードともに質の高いものが取り揃えられています。加えて、広さも十分で、シャワーなどの設備もいつも清潔に保たれており、非常に満足度の高いラウンジとなっています。

 

また、私は「アメリカン・エキスプレス」のプロパーカードである「SPGアメックス」をメインカードとして利用しており、このクレジットカードの特典として、夫婦2名ともに無料で「SKY LOUNGE」「SKY LOUNGE ANNEX」を利用することができました。

 

「SKY LOUNGE」「SKY LOUNGE ANNEX」ともに、アルコールやフードの提供はありませんが、おしゃれで広さは十分、混雑もあまりしていません。アルコールを飲まない方で「ANA LOUNGE」の混雑を回避したい方には、穴場のラウンジといえそうです。

 

スカイチームの利用の場合

私自身は、2018年年末年始の香港・シンガポール旅行時に、ワンワールドのビジネスクラスラウンジである「サクララウンジ」を利用しました。

航空券は中国東方航空のビジネスクラスでしたが、スカイチームに加盟する中国東方航空の指定ラウンジが「サクララウンジ」であったため、こちらのラウンジの利用資格を得ました。

私は基本的には「ANA陸マイラー」ですので、JALの「サクララウンジ」の利用はこれが初めての経験となりました。好みにもよりますが、和の趣を強く打ち出した雰囲気や、フードの質に関しては、「ANA LOUNGE」を超えるものがあり、感動したのを覚えています。

 

ワンワールド利用の場合

私自身は、2018年ゴールデンウィークの台湾旅行時に、ワンワールドのラウンジの「はしご」を実施しました。

訪れたのはJAL「サクララウンジ」とキャセイパシフィック航空「ファーストアンドビジネスクラスラウンジ」です。航空券はJALのビジネスクラスでしたので、「ワンワールド」のビジネスクラス搭乗者として、これらラウンジの利用資格を得ました。

JAL「サクララウンジ」については、前回が「スカイビュー」でしたので、この時は「本館」である中央エリアの方を利用しました。個人的には景色の良い「スカイビュー」の方が好みでしたが、「サクララウンジ」で提供されるフードやドリンクの質の高さを再確認することができました。

 

そして、この時のハイライトがキャセイパシフィック航空「ファーストアンドビジネスクラスラウンジ」の利用です。こちらはヌードルバーで提供される「担々麺」と「フレンチトースト」が名物料理になっているグルメなラウンジです。それ以外のフードに関しても「ホテルオークラ」が監修しているということで、期待を裏切らないレベルの高いものでした。

 

まとめ

今回は、羽田空港(国際線)のラウンジを、カードラウンジから航空会社ラウンジまでまとめさせていただきました。

羽田空港(国際線)の場合は、カードラウンジも航空会社ラウンジも、出国後の制限エリアに位置していますので、カードラウンジと航空会社ラウンジ間の「はしご」がしやすい環境になっています。

ただし、航空会社ラウンジについては数が少なく、スターアライアンスとスカイチームの場合は「はしご」できる航空会社ラウンジの選択肢がなく残念でもあります。

一方で、ワンワールドの場合は、JAL「サクララウンジ」とキャセイパシフィック航空「ファーストアンドビジネスクラスラウンジ」という、レベルの高い2つのラウンジを「はしご」することができます。

特に、キャセイパシフィック航空「ファーストアンドビジネスクラスラウンジ」は、グルメラウンジとして有名で、実際利用してみても、フードのレベルの高さには驚かされます。

ワンワールド利用で航空会社ラウンジの利用資格をお持ちの場合は、ぜひ、ラウンジの「はしご」を楽しんでいただければと思います。

 

MEMO

空港を利用する前には到着時間の目安を事前に確認しておきましょう!国際線国内線でそれぞれ解説しております。詳細は以下をご参照ください。

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: